アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「薬物密輸・密売」のブログ記事

みんなの「薬物密輸・密売」ブログ


昔の手法が復活|急増する覚せい剤密輸

2016/09/09 22:25
今年に入って、100キロ超の大型覚せい剤密輸事件の摘発が相次いでいるところへ、今度は、中国からの船便で、LED照明器具の中に隠した覚せい剤154キロを密輸したとして、台湾国籍の男性3人が逮捕されたと、ニュースが伝えています。今年7月、コンテナ貨物として東京港に陸揚げされた貨物です。

<ニュースから>*****
●覚せい剤154キロ密輸容疑=107億円相当、台湾人ら逮捕−警視庁
覚せい剤約154キロを中国から営利目的で密輸したとして、警視庁組織犯罪対策5課などは5日までに、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)容疑で、住所不定、職業不詳の台湾人・・・ら3人を逮捕した。鄭容疑者らはいずれも容疑を否認している。同課などは密輸の全容解明とともに国内での流通ルートの解明を進める。
逮捕容疑は7月2日、覚せい剤約154キロ(末端価格約107億8000万円)を発光ダイオード(LED)照明器具の中に隠し、船便で中国から埼玉県川口市の中国人の男宛てに発送。同7日、東京都江東区青海の青海コンテナ埠頭(ふとう)に陸揚げさせ、密輸した疑い。
時事通信(2016/09/05-12:45)
*****

折から、昨日警察庁が『平成28 年上半期における薬物・銃器情勢(暫定値)』を発表しましたが、そこでの話題は、やはり、激増した覚せい剤密輸押収量で、「上半期の覚醒剤の密輸入押収量は771.7kg(前年同期比+654.2kg、+556.8%)と、大幅に増加した。」と報告されています(下記参照@)。

●息を吹き返したか、東アジア圏からの大型密輸
相次いで摘発された大型密輸事件は、いずれも、中国や台湾など東アジア圏内から日本に密輸されたと思われるケースです。そして、その背後に、密輸計画に密接に関与している暴力団の影も垣間見えています。

【100キロ超の覚せい剤密輸事件・2016年1〜9月摘発分】
A 東シナ海で洋上取引・・・2016年2月
約100キロの覚せい剤を徳之島に陸揚げしたとして、暴力団幹部ら5人が逮捕されました。東シナ海で外国船との間で洋上取引を行い、覚せい剤を密輸したとして起訴されています。捜査段階で、覚せい剤の受け渡しに先立って被告人らが中国に渡航したことが判明、覚せい剤取引の関係者と接触したのではないかとみられています。
B 過去最大の約600キロ、那覇港のヨットから発見・・・2016年5月
沖縄、那覇港に停泊中のヨットの船内から、約600キロの覚せい剤が見つかり、乗組員の台湾人らが逮捕されました。このケースでも、ヨットの乗組員らは、東シナ海の洋上で外国船から覚せい剤を受け取り、日本に密輸しようとしたといいます。
C そして今回は、船便のコンテナ貨物を利用した密輸です。貨物の積出し地は中国、逮捕された台湾国籍の男性らは、貨物の到着時期に合せて来日していたといいます。

中国や北朝鮮などの近隣国から、海上ルートや商業貨物を使って、一度に100キロ超の覚せい剤を密輸する・・・ひと昔前には、こうした大型密輸が頻繁に摘発されていたのですが、そういえば近年では、こうしたケースを目にすることが減りました。
洋上で覚せい剤を受け渡しする手口は、かつて、北朝鮮や中国からの大量密輸の代表的な手法でしたが、2001年に北朝鮮不審船問題が浮かび上がり、領海の警備が強化されたことから急速に姿を消していました。
また、中国からの船便貨物を使った大型密輸も、かつては頻繁に摘発されましたが、この10年ほどは、ほとんど見かけなくなりました。

相次ぐ大型摘発で密輸組織が弱体化したともいわれ、また、中国国内での取り締まりが強化され、日本の暴力団が送り込んでいた現地の買付拠点が壊滅したともいわれます。詳しいことはわかりませんが、当時の大型密輸を支えてきた人材や拠点が、急速に活動力を失ったことは確かです。

ところがここへ来て、近隣諸国からの大型密輸が、急速に息を吹き返しています。洋上で覚せい剤の受け渡しを行う手口も、大型コンテナ貨物を使う手法も、昔のパターンそのままです。
一度は壊滅したかに思われた密輸組織が、体制を立て直して、ふたたび活動し始めたのでしょうか。
あるいは、暴力団をめぐる勢力関係が流動化していることから、利益の大きい覚せい剤密輸に、再び手を伸ばす組織が出てきたのでしょうか。なにしろ、暴力団にとって、覚せい剤は第二の通貨ともいわれる、重要な存在なのですから。

●メキシコからの大型密輸は減少
もうひとつ、気になる動きがあります。東アジアの近隣諸国からの大型密輸が途絶えた後、それを埋め合わせるかのように、2013年ころから急速に増えていたのが、メキシコ(米国の場合も)発の商業貨物便を使った大型密輸です。

100キロ超の大型摘発だけでも、次のようなものがありました(下記参照A)。
D 模造鉄鉱石の内部に194キロ・・・2013年5月
神戸税関は、メキシコから神戸港へ到着した海上コンテナ貨物の検査において、模造鉄鉱石に隠匿していた覚醒剤 約194sを発見、摘発した。
E 製粉機の内部に240キロ・・・2013年3月
横浜税関は、メキシコから横浜港へ到着した海上コンテナ貨物の検査において、製粉機のローラー内部に隠匿していた覚醒剤 約240sを発見、摘発した。
F 石材に隠匿していた覚醒剤を摘発・・・2014年1月
門司税関は、メキシコから到着した海上コンテナ貨物の検査において、石材に隠匿していた覚醒剤 約145kgを発見、摘発した。
G 洋酒瓶内に隠匿していた覚醒剤を摘発・・・2015年10月
横浜税関は、メキシコから到着した海上コンテナ貨物の検査において、液体に溶かしてテキーラ瓶1,026本に隠匿していた覚醒剤 約171kgを発見、摘発した。

ところが、東アジア圏からの大型密輸の復活に呼応するかのように、今度は、メキシコ発の大型密輸が減少しているのです。今年に入ってからは、2月に摘発された、トラの置物に約25キロを隠して密輸したケースくらいです。

中国系の密輸組織と、メキシコのカルテルは、覚せい剤密造原料の調達から覚せい剤の密輸まで、様々な形で連携しているといわれます。この両者が、臨機応変に連携しながら、日本の密売市場に向けて、途切れなく覚せい剤を送り込んでいるのかもしれないと、私の連想は膨らみます。

[参照]
@警察庁刑事局組織犯罪対策部薬物銃器対策課『平成28年上半期における薬物・銃器情勢(暫定値)』2016年9月
http://www.npa.go.jp/sosikihanzai/yakubutujyuki/yakujyuu/yakujyuu1/h28_yakujyuu_jousei.pdf
A財務省関税局調査課『白い粉・黒い武器レポート』
平成27年版http://www.customs.go.jp/mizugiwa/mitsuyu/report2015/index.htm
平成26年版http://www.customs.go.jp/mizugiwa/mitsuyu/report2014/index.htm
平成25年版http://www.customs.go.jp/mizugiwa/mitsuyu/report2013/index.htm
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1


覚せい剤密輸、日本南方の海上が何やら騒がしい

2016/05/20 16:48
沖縄の那覇港に停泊していた外国籍のヨットから、約600キロという大量の覚せい剤が見つかり、台湾人の乗組員が逮捕されました。このヨットは、台湾から石垣島を経由して那覇港に入港、その後は鹿児島に向かう予定だったといいます。

<ニュースから>*****
●ヨットに覚醒剤600キロ 県内最大、末端420億円
第11管区海上保安本部と沖縄地区税関が、那覇市通堂町の那覇港那覇ふ頭に停泊中のマレーシア船籍のヨットから、覚醒剤約600キロを押収していたことが18日までに分かった。末端価格約420億円に相当する。捜査関係者によると一度に600キロの覚醒剤が摘発されるのは県内で過去最大とみられる。11管などは県内外で覚醒剤を販売しようとしていた可能性もあるとみて捜査している。
ヨットの台湾人乗組員6人は11日、麻薬ケタミンを共同所持していたとして麻薬及び向精神薬取締法違反で逮捕されていた。11管は覚醒剤の鑑定などを終え次第、覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで再逮捕する方針(以下省略)。
2016年5月19日 10:09琉球新報
*****

今年2月には、鹿児島県の徳之島に、約100キロの覚せい剤が陸揚げされた事件が摘発されました。密輸グループは、複数の漁船を使って、東シナ海の公海上で外国から来た船と落合い、覚せい剤約100キロを受け取り、国内に輸入したとみられています。

近年はすっかり影をひそめていた、東シナ海を舞台にした、海上ルートでの大型覚せい剤密輸が、このところ動き始めているような気配です。密輸用に船舶を動かし、運搬人員を雇い、1回で数百キロの覚せい剤を運ぶという手口からして、このように組織的な大規模密輸を取り仕切るのは、香港系の密輸グループなどの組織でしょうか。
でも、こうした大型密輸では、日本側で覚せい剤を受け取り、運搬し、買受人の手に届ける人物やグループがいるはずです。上記の徳之島に約100キロが陸揚げされた事件では、神戸山口組系の暴力団幹部らが逮捕されています。今回の事件では、運搬グループが日本側の荷受役と接触する前に、船内の捜索で覚せい剤が発見されているので、捜査は手間取るかもしれませんが、荷受役をあぶりだす努力が続けられていることでしょう。

1990年代末から2000年代初頭にかけて、日本の港や周辺海域で、大型覚せい剤密輸の摘発が相次いだことがありました。この時期にもっぱら世間の耳目を集めていたのは、北朝鮮からの組織的な大量密輸事案の数々ですが、実はその陰で、中国系密輸グループが主導する、海上ルートによる日本への覚せい剤密輸も連綿と続いていたのです。

たとえば、2008年に北九州市の門司港に入港したシエラレオネ船籍の貨物船によって、約300キロの覚せい剤が密輸された事件の場合は、香港系の密輸組織による、大規模な密輸計画だったといいます。密輸組織の幹部は、国籍不明の外国人とシンガポール人、インドネシア人などで、 配下に東南アジアでの密造役、日本への運搬役、受け取り役などがいました。
逮捕されたインドネシア人の乗組員12人は、密輸船の乗組員として中国の密輸組織に雇われていました。密輸に使われたUNIVERSAL号は、西アフリカのシエラレオネ船籍の貨物船ですが、船主は香港の会社だといいます。
密輸のために雇われた船員たちは、リン鉱石を積み込んだ貨物船に乗り込んで、中国南部の港を出港。船員らは、密輸組織の指示役の指示を受けながら、香港沖の海上で別の船と落ち合って覚せい剤を受け取り、貨物船を日本まで航行させて、覚せい剤を運搬しました。

この組織は、同様の手口で日本への覚せい剤密輸を繰り返していたとみられています。日本側で覚せい剤を受け取り運送する実行責任者として逮捕された男性は、@2007年苅田港に陸揚げした覚せい剤約500キロの輸入、A2008年門司港に陸揚げした覚せい剤約298キロの輸入について有罪とされ、無期懲役及び罰金800万円を言い渡されました(福岡地方裁判所平成22年5月18日判決、覚せい剤取締法違反等被告事件)。

東シナ海を舞台にした大型覚せい剤密輸事件が、すっかり鳴りを潜めて10年近くたった今、この海域で何やら不穏な動きが目につき始めました。そういえば、最近の日本では、国内にかなり大量の覚せい剤が流通している模様で、末端での密売価格も、かつての大量供給時代に近づいています。
大量密輸の復活に、警戒しなければなりません。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


米サンディエゴ郊外でまたしても薬物密輸トンネルを発見

2016/04/25 23:38
メキシコと米国をつなぐ薬物密輸トンネルが、またしても発見されました。CNNのニュース記事によると(下記参照@)、トンネルが見つかったのは、カリフォルニア州サンディエゴ南郊のオタイ・メサ工業団地の一画。木製パレットが積み上げられた、資材置き場の地面に、ぽっかり空いた直径1メートルほどの穴が、密輸トンネルの出口でした。
画像


↑密輸トンネルの発見を報じるCNNの記事
http://edition.cnn.com/2016/04/20/us/u-s-mexico-drug-tunnel/index.html

トンネルは、地表から約16メートルの深さに掘られ、国境をまたいで約730メートルにわたって延びていました。
トンネルの向こう側は、国境を越えたメキシコ、ティファナ市内の住居の内部です。大型クローゼット内に備え付けたエレベータで、薬物はトンネル内に運び込まれ、トロッコ風の台車に載せられて、米国側の出口までレール沿いに運ばれます。
米国側の出口では、地面に空いた穴を塞ぐように、大型の廃材容器が置かれ、薬物はこの容器のなかへと荷揚げされるのです。フォークリフトで廃材容器を動かし、トラックに積んで移動しても、見た目には、木くずが入った廃材容器を出し入れしているとしかみえません。

この大型廃材容器内で発見されたのは、約650キロもの大麻でした。さらに、容器の中身を運んでいたトラックからは1トンを超えるコカインと、500キロ近い大麻も押収されました(CNN記事ではコカイン2トンとなっていますが、DEAの発表によると1トンのようです)。

最近、カリフォルニア州で、相次いで密輸トンネルが発見されています。
今回と同じオタイ・メサ工業団地では、昨年10月にも大型のトンネルが発見され、大麻12トンが押収されました。
また、太平洋岸から150キロほど内陸に入ったカレクシコという小さな街では、今年3月と4月に相次いでトンネルが発見されたばかりです。

トンネルが集中しているのは、国境をまたいで市街地が広がっている地域です。オタイ・メサ工業団地の一帯は、国境をはさんで米国側はサンディエゴ市、メキシコ側にはティファナ市という大都市が広がっていて、国境沿いの道路を走ると、フェンスのすぐ向こうにメキシコの家並みが見える場所もたくさんあります。上記のカレクシコという街も、国境の南側はメキシコのメヒカリ市街地と接しています。

もうひとつ、密輸トンネルに欠かせない条件が、地盤の構造だとか。米国メディアのなかには、サンディエゴ周辺の地盤が比較的やわらかい砂岩でできていることから、スコップで楽に掘り進めることができると解説している記事もありました。

1990年5月、アリゾナ州で最初のトンネルが見つかって以来、米国・メキシコ国境では、150を超える密輸トンネルが発見されてきたといいます。海上、陸路、空路、そして地下トンネルと、ありとあらゆる手段で、薬物は国境を越えて運ばれています。
今日もまた、どこかで新しいトンネルが掘りすすめられているのでしょうか。

[参照]
@密輸トンネル発見を報じる記事
CNN / U.S.-Mexico drug tunnel spanned 800 yards, held 2 tons of cocaine(April 21, 2016
http://edition.cnn.com/2016/04/20/us/u-s-mexico-drug-tunnel/index.html
ADEAサンディエゴ支局の報道発表
Feds Seize Longest Tunnel on California-Mexico Border(April 20, 2016)
http://www.dea.gov/divisions/sd/2016/sd042016.shtml
*なお、本文中のカリフォルニア州でのトンネル発見は、いずれもDEAサンディエゴ支局のニュースからひろったものです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今どきの密売人は、覚せい剤プラス各種薬物を品揃え

2016/04/13 23:46
愛知県警が、名古屋市から西三河地方一帯で覚せい剤などを密売していたとして、愛知県西尾市に住む男女を逮捕したというニュースがありました。関係先から押収された薬物は、末端価格にして2億円以上になるといいます。
この量からみると、手先となる売り手をかなりの人数抱える密売グループが背後にあるのか、密売組織の中間に位置する卸売業者なのか、いずれにしても、密売品の流れをたどる捜査活動は、まだまだ続きそうです。

<ニュースから>*****
●覚せい剤所持容疑で西尾の男女逮捕 薬物2億円超分を押収
愛知県警は11日、覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで、同県西尾市・・・、職業不詳M(55)と、同居の無職U(47)の両容疑者を逮捕、送検したと発表した。自宅などから末端価格で計2億1400万円相当の違法薬物を押収しており、県警は2人が密売人とみて、入手先や背後関係を調べている。
逮捕容疑では、共謀して9日午前10時10分ごろ、自宅アパートで、覚醒剤30グラム(末端価格210万円)を営利目的で所持したとされる。2人とも容疑を認めている。
県警によると、自宅や、M容疑者が名古屋市内で借りていたトランクルームなどから、覚醒剤2キロ(同1億4千万円)、コカイン900グラム(同5400万円)、大麻4キロ(同2千万円)が見つかった(以下省略)。
中日新聞-Apr 11, 2016
*****

この事件で押収された薬物は、覚せい剤、大麻、コカインとバラエティに富んでいて、しかも大麻やコカインもかなり多量です。こうした品ぞろえは、先進的な若者の嗜好を意識した、都市型の密売メニューといってよいでしょう。
そういえば、3月下旬には、大阪市内で密売人グループが逮捕されたというニュースがありましたが、そこでも、覚せい剤、大麻、コカインなど各種薬物が押収されていました(産経ニュース2016年3月16日)。

日本の密売市場は、圧倒的に覚せい剤が中心で回ってきたのですが、その状況に変化が生まれ始めているのでしょうか。
画像

↑コカイン
米DEAのMulti-Media Libraryより
http://www.dea.gov/media.shtml

密売市場に出回る薬物の多様化が一気に進んだのは、今から15年ほど前、2000年代前半のことです。それまで、覚せい剤一辺倒だった日本の薬物市場に、世界各地から、大麻やMDMA、コカインといった薬物が流れ込み始めたのです。
クラブや音楽イベントに集まる若者は、目新しい錠剤型のMDMAに興味を示し、また、それまでは大都市中心で流通していた大麻が、地方にも流れ始め、日本の密売市場は様変わりしました。

実は、この時期に、日本の薬物市場に多様化をもたらした原動力は、覚せい剤の品薄という事情でした。北朝鮮からの大量覚せい剤密輸のルートが遮断されて、日本に流入する覚せい剤が不足したとき、そのスキマを埋める商品として、多様な薬物が入ってきたのです。
しかし、その後、覚せい剤の新たな密輸ルートが生まれ、日本国内に豊富な覚せい剤が供給され始めると、再び密売市場は覚せい剤中心になり、一時期は急増したMDMAも今では目立たない存在になりました。
でも、大麻は定着したようです。密売人が逮捕されると、その手元から、覚せい剤とともに大麻が押収されることが、今では一般的になっています。

さて、次なるアイテムは・・・と考えると、やはりコカインでしょうか。香港や中国、太平洋地域では、近年、コカインの大量押収がしばしば報じられています。日本にも、一定量が流入してはずです。
今のところ、日本には、大量の覚せい剤が流通しており、コカインの出番は限られているようにみえますが、固定化が進む覚せい剤ユーザーの実態を考えれば、密売人たちは、新たに若い世代を取り込む手段を模索していることでしょう。その切り札として、コカインが密かに広がりつつあるのではないか・・・。そんな気がしてなりません。
画像

↑主な薬物の押収量・2015年
警察庁「平成27年における薬物・銃器情勢」のデータに基づき筆者がグラフ化したもの
元資料:http://www.npa.go.jp/sosikihanzai/yakubutujyuki/yakujyuu/yakujyuu1/h27_yakujyuu_jousei.pdf
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


インターネット上の薬物密売情報が増えている

2016/03/09 23:38
覚せい剤や大麻などの薬物に興味をもった人が、初めて薬物を入手するきっかけとして、いちばん多いのは友人などからの情報です。でも、誰にも知られたくないと考える人が、インターネットを通じて入手する例も少なくありません。
このところ、メディアは連日のように薬物問題を取り上げています。こうした報道に刺激されて、薬物に対する好奇心が嵩じて、インターネットを検索している人もあるのではないでしょうか。

怪しげな掲示板サイトに、覚せい剤や大麻などの販売情報を書き込んで、顧客を集めるのが、こうした密売です。書き込みされた密売広告は、なにやら判じ物みたいですが、愛好者には、これでけっこう通じているようです。
<薬物密売の書き込み例>*****
 野菜   1g6000〜
 アイス  0.25 10000
      0.50 18000
      P1本1000 
 コーク  1g 25000
*****
こうした隠語を使うのは、取締り機関の目に留まることを避けるためと、また、イザ摘発されたときに、言い逃れたいという意図もあるのでしょうか。
上の例で、「野菜」は大麻のこと、「アイス」は覚せい剤、「P」は注射器、「コーク」はコカインのことです。
使われる隠語は、めまぐるしく変化しています。たとえば、大麻を指す用語として、クサ、ハッパ、ウィードといった比較的ポピュラーな用語と、これをさらにもじって、「クサ→93」といった呼び方も登場します。最近では「野菜」と呼ぶことが多いようです。

●巧妙化する密売サイト
久しぶりに私も、インターネット上の薬物密売情報を検索してみて、驚きました。関係機関の努力によって、ひところは、薬物密売情報を載せるサイトがずいぶん減ったのですが、いつの間にか、また増えています。

インターネット上の違法・有害情報の通報受付窓口になっているインターネット・ホットラインセンターの統計によると、薬物の密売情報は、2014年末ころから急激に増加し始めたようです。どうやら、危険ドラッグ販売サイトが壊滅すると同時に、今度は覚せい剤や大麻の密売情報を載せるサイトが急増したことになります。
 ■規制薬物の広告(下記参照)
  2013年上半期・・・586件
  2014年上半期・・・375件
  2015年上半期・・・2,721件
しかも、対策の手が及びにくい海外のプロバイダーを使っているものが多いのです。そのなかには、インターネット上の情報を管理する国際団体に所属していないものや、そもそも管理者の所在すらわからないものもあるといいます。

さらに、最近では、インターネット上の密売人は、摘発の手から逃れるために、様々な仕掛けを使っています。
■匿名化
まず、サイトにアクセスした人のIPアドレスが簡単にわからないよう、匿名化の技術を使っている(らしい)サイトがあります。薬物からハッキング用プログラムまで何でもありの闇サイト「シルクロード」と同じように、Torネットワーク経由でしかアクセスできない日本語のサイトも、すでにあるといいます。
■使い捨てメールアドレス
密売広告を書き込む人たちは、顧客からの返信を受け取らなければ商売ができません。書き込みには、返信用のメールアドレスが載っていますが、使われるのは使い捨てのフリー・アドレスです。1回の書き込みで、1個のアドレスを使い捨てて、追跡を難しくしているのです。
■電話番号の転送
顧客からの返信用に、電話番号を載せている書き込みもあります。なかには、固定電話の番号のようにみえるものを堂々と掲載しているものもあるのです。
でも、これも騙しのテクニック、最近広まっている通信転送サービスを使うと、電話の受発信にいろんな番号を使い分けることが簡単にできるとか。かつて主流だった、トバシのケータイさえ、使う必要がないといいます。

インターネットという人目に付く場所を使いながら、あの手、この手で追跡をかわそうとする密売情報サイト。縮小期を超えて、急速に拡大し始めたいま、その動向が気になります。
そういえば、欧米では、「シルクロード」の摘発以降も、本格的な闇サイトが次々と開設され、薬物密売の新たな脅威となっているといいます。
日本では、インターネットを通じた薬物密売広告は、今のところ、まだ小規模なものにとどまっていますが、やがて活動領域を広げていく危険性をはらんでいます。危険ドラッグ販売サイトのような悪夢を繰り返さないために、本格的な対策が望まれるところです。

[参照]
インターネット・ホットラインセンター
■トップページ
https://www.internethotline.jp/index.html
■統計情報
https://www.internethotline.jp/statistics/index.html
■違法・有害情報の通報窓口
https://www.internethotline.jp/hotlinecenter/illegal-full.html
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2


メキシコからの覚せい剤密輸摘発、トラの置物から25キロ

2016/03/06 22:05
覚せい剤の密輸手口が、運び屋による小口密輸から、貨物便による大量密輸へと急速に移行しつつあるなかで、また貨物便による密輸が摘発されました。
貨物の発送地は、またしてもメキシコ。航空貨物として到着した大きな陶製のトラの置物の内部から、約25キロの覚せい剤が発見されたということです。

<ニュースから>*****
●トラの置物に17億円相当の覚醒剤 密輸容疑でメキシコ人2人を逮捕 警視庁
トラの置物に覚醒剤約25キロ(末端価格約17億5千万円相当)を隠して密輸したとして、警視庁組織犯罪対策5課は、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)容疑で、ともにメキシコ国籍で住居不詳の運転手C(24)と、農業のA(49)の両容疑者を再逮捕した。同課によると、ともに容疑を否認している。
同課によると、覚醒剤は陶器製で全長約190センチのトラの置物の中に袋に分けて入っていた。メキシコから横浜市内の会社を経由し、千葉県いすみ市内に郵送された。2人が覚醒剤を取り出してスーツケースに入れ、車で持ち出そうとしたところを同課が同法違反(営利目的共同所持)容疑で現行犯逮捕していた。
再逮捕容疑は1月下旬、覚醒剤約25キロ入りの航空貨物をメキシコから成田空港に輸入したとしている。
2016年3月4日 17:36産経ニュース
*****

この数年、日本に流れ込んでくる覚せい剤の供給源として、メキシコの存在感が強まっています。先日、財務省が発表した税関での密輸取り締まり状況の報告によると、2015年中に摘発された覚せい剤密輸事案では、メキシコを仕出し地とするものが、押収量の半分以上を占めています。
伝統的に、日本の覚せい剤の供給源として主要な地位を占めてきた中国・香港と、急速に存在感を増してきたメキシコ、世界の覚せい剤の2大供給拠点が、日本の密売市場を分かち合っているかのようです。
画像

↑税関で摘発された密輸覚せい剤の仕出し地・2015年
税関の発表データ(下記参照@)に基づいて筆者がグラフ化したもの

●世界を二分する覚せい剤の巨大マーケット
現在、日本で「覚せい剤」として流通しているのはメタンフェタミンです。
このタイプの薬物が最も広まっているのは、東アジアから東南アジア、オセアニアにかけての地域で、国連薬物犯罪事務所の推計によると、この地域での覚せい剤ユーザーはおよそ950万人に及ぶとみられています(UNODC, Trends and Patterns of Amphetamine-type Stimulants and New Psychoactive Substances, 2015)。ここでは、この地域を「アジア太平洋圏」と呼ぶことにしましょう。
アジア太平洋圏で最大のメタンフェタミン供給基地は、中国・香港です。日本への伝統的な供給地であるだけでなく、韓国、オーストラリアといった購買力の高い市場への主要な供給基地となってきました。

いっぽう、太平洋をはさんだ北米(メキシコと米国)にも、覚せい剤の大きなマーケットがあります。この地域を「北アメリカ圏」と呼ぶことにしましょう。
主な消費地はアメリカ合衆国ですが、メタンフェタミンは、乱用薬物として決してメジャーな存在とはいえず、ユーザーは150万人程度です。公的な調査によると、メタンフェタミンの使用経験のある人は12歳以上のアメリカ人の4.90%、過去1年以内の使用者は0.5%で、コカインの場合は使用経験のある人が14.80%、過去1年以内の使用者が1.70%であるのと比べて、かなり少ない数字になっています(National Survey of Drug Use and Health・2014年)。

ところが、この地域内に流通しているメタンフェタミンの量は極めて多く、その意味では巨大流通圏であるということができます。
流通量の目安となるのは地域内での押収量ですが、2011年から2012年にかけてメキシコでトン単位の大型押収が続いたことから、この時期には、世界全体の押収量の約半分をこの地域が占めていました。2013年には押収が減少しましたが、それでもアジア太平洋圏を上回る量のメタンフェタミンが、北アメリカ圏で押収されています。
画像

↑世界の2大覚せい剤流通圏
 筆者がアジア太平洋圏、北アメリカ圏の概要をまとめたもの

米国にメタンフェタミンが本格的に広まったのは、1980年代ころからですが、当初は国内で小規模に密造されたものが圏内にでまわってきました。ところが、2000年代半ばに米国でメタンフェタミン密造に対する取締まりが強化されたことから、密造拠点が国境を越えたメキシコに移ったといわれます。その後、メキシコでのメタンフェタミン密造は次第に大規模化し、2010年ころから、メキシコ各地で工場規模の密造施設が相次いで摘発されるようになりました。
現在では、北アメリカ圏では、圏内の需要をはるかに上回る量のメタンフェタミンが流通しているとみられています。

これと対照的に、大量のユーザーを抱えたアジア太平洋圏では、常に需要が供給を上回っている感があります。

その結果は、誰が考えてもわかることです。供給過剰の北アメリカ圏から、品薄感のあるアジア太平洋圏に、メタンフェタミンが流入し始めたのです。
日本では、2013年ころからメキシコ仕出しの覚せい剤密輸が目につき始めましたが、これは日本だけの現象ではありません。同じころ、韓国でもメキシコ仕出しの覚せい剤密輸が摘発され、フィリピンではメキシコ系組織が関与した密造施設が摘発されています。またオーストラリアでもメキシコ系組織の活動が活発化していると報告されています(UNODC, Trends and Patterns of Amphetamine-type Stimulants and New Psychoactive Substances, 2015)。

つまり、これまで中国・香港ルートからの供給に頼ってきた、アジア太平洋圏の主要な消費市場に対して、いまや、メキシコからの供給が本格化しているのです。
しかし、この2大供給勢力が、メタンフェタミンの有力市場をめぐって競争や衝突を展開しているようにも見えません。両者の間に、何らかの提携や協力関係があるのかどうか、残念ながらその実態はなかなか見えてきません。
記事へかわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


転換期を迎えた覚せい剤密輸|税関の密輸摘発報告

2016/02/21 16:39
財務省が、2015年の税関での密輸取り締まり状況を発表しました。覚せい剤密輸の摘発が、件数、押収量ともに減少したいっぽうで、指定薬物の輸入事犯が激増し、税関での摘発件数を押し上げました(下記参照@)。

●覚せい剤密輸ルートは、再び大きな転換期に
今回の発表でまず目につくのは、航空機旅客(運び屋)による密輸入が大幅に減少したことです。近年では、全国の税関で摘発された運び屋事案(覚せい剤)の件数は概ね100件を超えていたのですが、2015年では37件にとどまりました。訪日観光客が増加し、有力な仕出し地域からの訪日客も増加している中で、摘発が大きく減少したのですから、運び屋を使う覚せい剤密輸が減少したとみてよいでしょう。

運び屋を使った手法が、覚せい剤密輸の代表的な手口になったのは、この10年ほどのことです。1990年代末ころから、日本には、北朝鮮や中国から船舶を使った洋上取引(いわゆる瀬取り)によって、大量の覚せい剤が密輸されましたが、やがて領海警備が厳しくなり、また相次ぐ大型検挙によって密輸組織の活動が封じられたことから、瀬取りによる覚せい剤密輸は姿を消しました。
その後、主流になったのが、運び屋による密輸手法です。手荷物や身辺に覚せい剤を隠した運び屋が、観光客を装って日本にやってくるのです。1回に運ぶ量は限られますが、発見されにくい手法として、この10年ほどは日本への覚せい剤密輸の代表的な手法になっていました。

それが急速に減少した背景として、航空機の搭乗検査が厳しくなったことが挙げられるでしょう。世界の主要空港には全身スキャナーが導入され、また機内に積み込む手荷物も細かく確認されます。運び屋にとっては、実にやりにくい状況になったわけです。

しかし、日本への覚せい剤密輸が減ったようには見えません。末端での密売価格が1グラム3〜4万円程度と比較的低価格(欧米に比較すれば高価ですが)で安定していることからみると、日本の国内には相変わらず大量の覚せい剤が流通している様子です。
低調になった運び屋に代わる、新たな密輸手法がすでに動き出していると考えざるを得ません。
画像

↑覚せい剤密輸の推移(1996〜2015年)
税関の各年度の発表データに基づいて私がグラフ化したもの

次の主流となる手法を考えるうえで、気になっているのが、商業貨物による大量密輸です。この数年、貨物便で届いた荷物に隠された大量の覚せい剤が押収されるケースが目につきます。
なかでも、液体に溶かし込んで飲料や雑貨に偽装する手口が増加しています。同じ日に発表された東京税関の報告は、2014年以来摘発が増えている、液体状での密輸手口について写真入りで取り上げています(下記参照A)。

●ようやく峠を越えた指定薬物密輸事犯
危険ドラッグ対策の一環として、指定薬物が関税法上の「輸入してはならない貨物」に追加されたのが昨年4月のことでした。それ以来、各税関では、世界の各地から送られてくる危険ドラッグから、続々と指定薬物が検出され、年間の摘発件数は1,462件に達しました。件数からいえば、税関で摘発される不正薬物の約8割を占めたといいます。
押収された指定薬物の9割までが、亜硝酸エステル類(いわゆる「ラッシュ」)。1件当たりの押収量は小瓶3〜4本という少量の事案が多かったといいますから、インターネットを通じて外国の販売サイトに注文した、小口の個人輸入だったのでしょう。

私は、指定薬物に対する税関の取り扱いが周知されれば、いずれ違反摘発も減るだろうとみていたのですが、違反摘発の流れはなかなか収まりませんでした。税関の報告には「月別の摘発件数をみると、8月までは200件前後と高水準で推移していたが、9月以降は減少傾向となり、最も多かった月の半数以下となった。」とあります。どうやら、指定薬物の個人輸入問題も、峠を越えたようです。
画像

↑指定薬物の月別摘発件数(2015年4〜12月)
下記参照@の税関発表資料より転載

しかし、昨年中に発見された指定薬物の事案の事件処理は、まだ進行中のようです。少量といえども、薬物の密輸事犯となれば、事件処理にはかなりの手間がかかります。税関でも、警察でも、まだまだ山積の事件との格闘が続いていることでしょう。

[参照]
@平成27年の全国の税関における関税法違反事件の取締り状況(2016年2月19日)
http://www.mof.go.jp/customs_tariff/trade/safe_society/mitsuyu/cy2015/index.htm
A東京税関・平成27年密輸摘発概況(2016年2月19日)
http://www.customs.go.jp/tokyo/content/20160219tekihatsujokyo.pdf
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 5


オーストラリアで覚せい剤大量密輸を摘発|狙われるアジア太平洋市場

2016/02/18 05:19
覚せい剤(メタンフェタミン)乱用が深刻さを増しているオーストラリアで、大型の密輸摘発が発表されました。
捜索押収が行われたのは昨年12月下旬のこと、4か所の倉庫から押収された絵の具や接着剤、さらに香港から到着したコンテナ貨物内からは、ブラジャーに装着するジェル状パッド・・・、さまざまに偽装された液体状覚せい剤がみつかり、合計720リットルに及びました。

<ニュースから>*****
●ブラジャーから覚せい剤=大量密輸で4人逮捕−豪
【シドニー時事】オーストラリア連邦警察は15日、液体状にした大量の覚せい剤をブラジャーや絵の具、接着剤に隠して船荷で輸入したとして、中国や香港の男女4人を逮捕したと発表した。
押収量は、乾燥した覚せい剤が2キロ、液体状が720リットル。キーナン司法相は「末端価格は12億6000万豪ドル(約1000億円)相当」と指摘した。液体状の覚せい剤押収としては豪国内で過去最大という。
時事ドットコム 2016/02/15-16:02
*****
画像

↑大量押収を報じるオーストラリアのニュースサイト
Sydney Morning Herald(February 16, 2016)
http://www.smh.com.au/national/ice-worth-1-billion-seized-in-joint-crime-group-operation-20160215-gmu4nz.html

近年、オーストラリアで覚せい剤密輸の大量押収が報じられると、その仕出し地として頻繁に登場するのが香港や中国の名です。この事件でも、逮捕されたのは、香港および中国籍の男女4人だといいます。
中国・香港ルートが目立っている事情は、日本でも同じこと。この10年ほど、密輸覚せい剤の仕出し地がどんどん多様化しているとはいえ、依然として、中国・香港ルートは常に上位に名を連ねています。

香港とその近傍に位置するシンセンあたりは、アジア太平洋地域の覚せい剤流通のハブ基地になっているとみられています。世界中で密造された覚せい剤がこの地に集められ、ここを起点に、再び世界の各地に密輸されていくのです。

オーストラリアと日本は、ともに同じ地域から、同じ覚せい剤を供給されているわけです。しかも、周囲を海に囲まれている条件も同じとなると、当然、密輸の手法も同じようなものになるはずです。オーストラリアで摘発された同じ手口、同じ隠匿手法のものが、日本にも届いているとみるのが自然でしょう。
液体状の覚せい剤が様々な形に偽装され、香港から到着する大量の貨物にまぎれて、すでに日本にも送り込まれているのではないでしょうか。
画像

↑世界の覚せい剤の流れ
国連犯罪事務所編「2015年版世界薬物報告書」より転載(下記参照@)

●日本、オーストラリア、韓国がアジア太平洋地域の3大市場
世界の各地で乱用されている覚せい剤ですが、なかでも需要と流通が集中しているのがアジア太平洋地域です。
この地域の流通動向を左右しているのが日本、オーストラリア、韓国の3国で、覚せい剤の3大マーケットを構成しているのです。

この3大市場は、とてもよく似た性格をもっています。
まず、覚せい剤の末端密売価格が、世界でも群を抜いて高値である点です。アジア圏では、薬物の末端価格をきちんと統計化する体制が立ち遅れているため(日本も含めて)、比較は難しいのですが、ざっくり比べてみましょう。

日本では、警察などが公式に発表している覚せい剤の末端価格は、1グラム当たり7万円、私の私見による実勢価格は3〜5万円程度です。
韓国では、日本よりやや高めで取引されているようです。
オーストラリアでは、昨年3月に政府機関が発表した覚せい剤問題の報告書によると、日本円に換算して、1グラム当り54,000円(下記参照A)。また同国の報道をみると、警察発表の数字は、これより高く、1グラム当たり11万円ほど。実勢価格は、日本と同程度か、やや高めとみてよいでしょう。

これは、世界でも際立った高価格です。日本の公式な末端価格を基準にしてみると、覚せい剤の巨大市場であるアメリカ合衆国や中国に比べて2〜3倍、フィリピンやタイの7〜8倍という水準なのです。
画像

↑アジア地域での覚せい剤末端価格の比較
国連薬物犯罪事務所の2015資料より転載(下記参照B)

この3大市場には、覚せい剤への強い需要があり、際立った高価格で取引され、しかも国内には緻密な密売ルートが張り巡らされ、相当な量を売りさばく能力もあります。これは、供給側にとっては、かけがえのない魅力にあふれた市場ということになります。
供給側にとっての難点があるとすれば、海に囲まれているため、水際の守りが固いことで、国力に相応した新鋭の装備で通関検査が行われるため、雑な手口で密輸品を隠しても、すぐに発見されてしまいます。

検査装置の高度化に対応して、当然、密輸のための隠匿・偽装にも次々と新たな手口が登場し、イタチごっこを展開しています。
目下のところ、最新の攻防点のひとつが、液体状での覚せい剤密輸で、エックス線検査装置が大型化し、高性能化するのに対抗して、検査の目をすり抜けるための手口として、急速に広まっているようです。

この攻防戦を勝ち抜き、覚せい剤密輸を阻止する決め手は、おそらく、情報の活用でしょう。同じルートから送り込まれる消費国どおしの連携、仕出し地側との情報交換、情報の間口を広げることで、防止効果は大きく向上するはずです。
とりあえず、私も、オーストラリアから発信される密輸摘発のニュースに、もう少し敏感になってみることにしましょうか。

関連の過去記事
@国連犯罪事務所編「2015年版世界薬物報告書」
UNODC, World Drug Report 2015(上記グラフは68ページ)
https://www.unodc.org/documents/wdr2015/World_Drug_Report_2015.pdf
Aオーストラリア犯罪委員会の報告書
The Australian methylamphetamine market
https://www.crimecommission.gov.au/publications/intelligence-products/unclassified-strategic-assessments/australian-methylamphetamine
B国連薬物犯罪事務所の2015資料
The Challenge of Synthetic Drugs in East and South-East Asia and Oceania(上記グラフは8ページ),
https://www.unodc.org/documents/southeastasiaandpacific/Publications/2015/drugs/ATS_2015_Report_web.pdf
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


復活か?暴力団主導の大型覚せい剤密輸

2016/02/13 23:08
2000年代前半に壊滅したと思われていた、海上ルートでの覚せい剤大量密輸が摘発されました。昔の手法そのままに、洋上で覚せい剤を受けとり、漁船で小さな漁港に水揚げするという、「瀬取り」による密輸が行われたといいます。
逮捕されたのは、暴力団の幹部や漁船の関係者など・・・。ひと昔前の大型密輸がそっくりそのままの姿で復活していたようです。

<ニュースから>*****
●暴力団幹部ら、洋上取引で密輸か 覚醒剤100キロ押収
鹿児島県の徳之島に陸揚げされた覚醒剤約100キロが押収された事件で、陸揚げに使われた漁船は逮捕された暴力団グループが所有していたことが、福岡県警への取材でわかった。覚醒剤は外国船との洋上取引を通じて同島に持ち込まれたとみられ、県警などが流通ルートを調べている。
・・・覚醒剤100キロの末端価格は約70億円に上り、今年に入って押収された量としては全国で最多。県警は鹿児島県の徳之島を経由して密輸しようとしたとみている。
朝日新聞デジタル(2016年2月12日)
*****

かつて、日本の暴力団は覚せい剤密輸を取り仕切って、莫大な利益を挙げてきました。とくに1990年代末から2000年代前半にかけて、中国や北朝鮮で密造される覚せい剤が、海上ルートで大量に密輸された時期には、覚せい剤の密輸・密売による利益が、暴力団の有力な資金源になったといわれます。
暴力団関係者が、買い付けから運搬まで、すべてを自ら取り仕切ったのですから、密輸が成功すれば、破格の収益を手にすることができたわけです。

このころの密輸手法とは、仕出し地の中国や北朝鮮側から漁船などに覚せい剤を積み込んで出港し、あらかじめ定めた受け渡し地点で積み荷を洋上に流します。いっぽう、日本側からは受取役の漁船が受け渡し地点に向かい、積荷につけられたGPS発信装置の電波を頼りに積荷を回収して、日本の小さな港に持ち帰り、ひそかに陸揚げするというものです。1回に100キロ、200キロという大量の覚せい剤が密輸されました。この手法は、親船で運搬した荷物を小舟に移して陸揚げするところから、「瀬取り」方式と呼ばれました。

こうした大型密輸は、時間をかけて仕出し地側と折衝し、受け取り側では、目立たない小さな港を選び、回収に向かう漁船、運搬するトラック、陸揚げした荷物を保管する倉庫などを用意するという綿密な準備が必要です。密輸計画の中枢では、仕出し地側との調整役、実行組織の指揮役など、特有のノウハウを身につけた人たちが活動していたといわれます。

しかし、ときには計画が破たんするケースもありました。
1998年8月、高知県沖の海上でポリ袋に入った覚せい剤が相次いで見つかりましたが、これは、暴力団組長らが計画した覚せい剤密輸で、漁船「玉丸」が東シナ海上で、北朝鮮の工作船から覚せい剤約300キロを受け取ったものの、海上保安庁の巡視船に追跡され、高知沖で海上に投棄したものでした。
2002年11月、鳥取海岸では200キロを超える覚せい剤が漂着して大騒ぎになりました。北朝鮮から運搬された覚せい剤を日本海の海上で回収するため、密輸グループが小型船で出港したものの、悪天候のため受け渡し地点に到達できず、覚せい剤が海岸に漂着したものでした。

2000年をはさむ数年間、北朝鮮を仕出地とする覚せい剤密輸の大型摘発が相次ぎましたが、やがて北朝鮮不審船事件をきっかけに領海の警備が厳しくなり、また相次ぐ大型密輸摘発によって暴力団の密輸活動が封じられたことから、瀬取りによる覚せい剤密輸は姿を消しました。
画像

↑北朝鮮を仕出地とする覚せい剤密輸入事件
平成19年版警察白書 第2章・組織犯罪対策の推進 P.133より転載

それが、今頃になってなぜ復活したのかと考えをめぐらすうちに、思い当たったのが、かつて密輸を取り仕切った中心メンバーの社会復帰です。
2000年代なかばころ、裁判所では、大型密輸事件で検挙された関係者の裁判が続きました。首謀者や調整役とされた暴力団幹部や、洋上で覚せい剤を回収し港へ運んだ漁船の船長や乗組員、陸揚げした覚せい剤を陸送した暴力団の配下など、密輸に加担した多様な人たちが被告人として登場し、それぞれの役割に応じて、懲役14年、12年などの刑を言い渡されました。
そういえば、受刑していた人たちが、順に社会復帰しているころでしょう。

瀬取りによる覚せい剤密輸が終焉を迎えた頃から、暴力団は次第に密輸計画の表舞台から退き、もっぱら、外国人密輸グループなどの手によって日本国内に密輸された覚せい剤を買い受ける立場にまわっていました。でも、リスクを回避すれば、その分、利益は少なくなります。
かつて瀬取りによって大型密輸を取り仕切ったグループのなかには、社会復帰とともに、昔の夢を再び追う人たちもいるのかもしれません。

現在では、北朝鮮での組織的な覚せい剤密造と密輸は確認されていませんが、国際社会の暗部で流通する覚せい剤の総量は、急速に増加しています。瀬取りによる密輸の復活に、警戒が必要です。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1


紆余曲折の覚せい剤輸入事件、控訴審で逆転無罪が続く

2016/01/16 17:07
裁判員裁判がスタートして以来、なにかと話題になってきた覚せい剤輸入事件の裁判に、また新しい流れが生まれるのでしょうか。
この1月13日、東京高裁は覚せい剤輸入事件の控訴審で、米国籍の被告人に逆転無罪の判決を言い渡しました。一審の千葉地裁の裁判員裁判では有罪で、懲役6年6月、罰金400万円を言い渡された事件です。
昨年12月22日にも、同じ東京高裁で、ウガンダからからの覚せい剤輸入事件で逆転無罪判決が出たところです。こちらも、千葉地裁の裁判員裁判では懲役8年、罰金300万円の有罪判決を破棄して、無罪を言い渡したものです。

<ニュースから>*****
●米国籍男性に逆転無罪=覚せい剤密輸、裁判員判決破棄−東京高裁
覚せい剤約3キロをスーツケースに隠して密輸したとして、覚せい剤取締法違反などの罪に問われ、一審千葉地裁の裁判員裁判で懲役6年6月、罰金400万円とされた米国籍の男性(79)の控訴審判決が13日、東京高裁であった。藤井敏明裁判長は一審判決を破棄し、無罪を言い渡した。
男性は公判で、「金融エキスパート」を名乗る人物から、400万ドルの報酬で現金を洗浄する特殊なオイルを運ぶよう頼まれたと主張。洗脳されて信じ込んでおり、違法薬物とは知らなかったと訴えていた。
藤井裁判長は、男性の主張を裏付ける証拠があるとし、「大企業の重役を務め、引退後は年5万ドル余りの年金を受給していた。不自由なく生活しており、重大なリスクを冒すことはあり得ない」と指摘。高齢で心臓病を抱え、認知障害もあるため、荒唐無稽な話を信用したことにも理由があると認定した。・・・
時事通信(2016/01/13-20:23)
*****

裁判員裁判の対象事件のなかでも、わかりにくい要素が多いといわれるのが、覚せい剤の輸入事件です。
隠密裏に行われる密輸取引では、密輸計画や運搬の依頼を裏付ける客観的な証拠は限られます。しかも、裁判を受ける被告人の多くは、運び屋として利用された人たちで、覚せい剤や密輸組織と密接な関係があるわけではありません。何重にも仲介者を経て渡された荷物の中に、覚せい剤が入っていることを知らなかったという主張の真偽を見極めるのは、たしかに難しいことです。それだけに、裁判員の皆さんが、検察官が示す証拠だけでは、決め手に欠けると感じるのは、無理もないと思います。

裁判員の迷いやためらいは、相次ぐ無罪判決となって現れました。裁判員裁判で審理された覚せい剤輸入事件では、これまでに、実に18人の被告人に全面無罪が言い渡されてきました。(このほかに他の罪状と合わせて審理された被告人で、覚せい剤輸入部分について無罪判決があったものが、私が把握しているだけで3人あります。)
最新速報値の2015年10月末までの集計で、無罪率(無罪人員/終局人員総数)を計算してみましょう。
・裁判員裁判・覚せい剤輸入事件の無罪率・・・2.42%
・裁判員裁判全体の無罪率・・・・・・・・・・0.56%
日本の刑事裁判では、戦後の時期を除けば、無罪率が1%を超えたことはなく、近年では0.1%台で推移していることを考えれば、2.42%という数字が、関係者にもたらした衝撃の大きさがお分かりいただけるでしょう。

しかし、この流れは、その後紆余曲折を辿ることになります。
まず、高裁による逆転有罪判決という動きが目立ち始めました。2010年6月、千葉地裁の裁判員裁判が下した最初の無罪判決(千葉地裁平成22年6月23日)に対して、検察官が控訴、控訴審を担当した東京高裁は逆転有罪を言い渡したのです(東京高裁平成23年3月30日)。マレーシアから空路帰国した被告人のボストンバッグから覚せい剤約1キロが隠匿されたチョコレート缶が発見されたという事件です。
たしかに、無罪判決のなかには、これまで裁判官裁判で積み上げてきた精緻な認定手法から見ると、大きな開きが感じられるものもありました。高裁は、改めて証拠を調べ直し、より精緻に独自に判断し、1審で無罪とされた覚せい剤輸入事件の被告人のうち、これまでに5名に対して逆転有罪の判決を下し(うち1名は1審で一部無罪)、また1事件は地裁に差し戻しました。

さらに、最高裁の判断も裁判の流れに大きな影響を及ぼし始めます。
当初、最高裁は、1審の裁判員裁判の判断を尊重する方向を示しました。裁判員裁判で無罪になった第1号事件で、高裁による逆転無罪判決を破棄して、改めて無罪を言い渡したのです。
しかし、その後は、高裁で逆転有罪となった事件について、最高裁は一貫して高裁の判断を支持し、上告を棄却する決定をしています。しかも決定に際して、「所論に鑑み、職権で判断する」として、最高裁の見解を示すケースが続きました。
ちなみに、最高裁が上告を棄却する場合、たいていは、ごく簡単に要点だけを記載した決定書が交付されますが(内輪ではこれを「ミクダリハン」などと呼びます)、上告棄却の決定に際して最高裁の見解が示される場合、私たちはそれを重要判例として特にマークするのが通例になっています。

2014年春以降、重要判例とされる最高裁決定が相次いで3回示されていますが、そこでは、裁判官、検察官の責任などにまで踏み込んで、1審での認定のあり方について具体的な意見を述べたものもありました。
たとえば、平成25年4月16日決定は、1審で密輸組織との共謀が否定されて無罪となった事件に関するものですが、補足意見において、「共謀」という法的な概念について裁判員に説明することは裁判官の役目であるとして、「裁判員に対し、適切な説明を行って職責を十分に果たすよう配慮する趣旨においても、法的概念についての共通の理解と認識に向けて、一層の研究と裁判官(長)の説明努力が期待されるところである。」としています。
また、平成26年3月10日決定は、覚せい剤を密輸した運び屋グループの首謀者であるとして起訴された被告人が、主に通話記録の検討から無罪となった事件ですが、補足意見において、「公判前整理手続における争点整理及び審理計画の策定が不適切なままで終わったことには裁判所のみならず当事者の対応にも問題があったと考えられるところであり、分けても本件公訴事実について立証責任を負う検察官の訴訟活動には問題があったといわざるを得ない。」とされました。

こうした最高裁の姿勢は、その後の裁判の流れに大きな影響をもたらしたようで、1審の裁判員裁判で無罪判決が目に見えて減少し始め、昨年はゼロとなりました。
しかし、最高裁の見解には、裁判員裁判を萎縮させたところもあったのではないでしょうか。最高裁の見解を重く受け止め、従来の判断基準と大きく異なる認定をしないよう心がける裁判官の態度が裁判員の自由な意見を束縛し、無罪の言い渡しを恐れる雰囲気が生まれてしまっていないでしょうか。

このたび、相次いで控訴審で逆転無罪の言い渡しがあったことは、この間の雰囲気を象徴しているように思えます。
裁判の認定が、気まぐれに変動することは好ましくないことはもちろんです。しかし、裁判員制度には、一般人の率直な意見が判決の方向を左右することも、当然含まれているはずです。これまでの認定基準と異なるものを排斥してきた流れは、果たして正しかったのでしょうか。
ひところは相次ぐ逆転有罪、そして今度は逆転無罪、こうした紆余曲折を繰り返すことで、刑事裁判や裁判員裁判に対する信頼が失われていくことが、はるかに問題だと感じるのは、私だけではないと思います。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


タイトル 日 時
薬物カルテル首領を拘束、自伝映画の計画から潜伏先が露見
昨年7月、メキシコの重警備刑務所から脱走した、薬物カルテルの首領ホアキン・グスマンをメキシコ軍が拘束したというニュースがありました。グスマンは、メキシコの治安を揺るがしている犯罪組織のなかでも最大勢力をもつシナロアの首領、しかも、二度目の脱走とあって、メキシコ政府が威信にかけて行方を追っていたところでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/10 08:08
メキシコで就任直後の市長殺害|カルテルと暴力
相次ぐ誘拐や殺戮・・・、メキシコの薬物カルテルによる暴力事件も、この1年ほどはやや落ち着きをみせていましたが、その平穏が、年明け早々に破られてしまいました。1月2日、メキシコ中部のテミスコ市で、就任したばかりの新市長がわずか1日で殺害されるという事件が発生したのです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/01/04 23:53
名古屋の集団襲撃事件、密売グループに関係か
名古屋市で起きた集団襲撃事件が、イラン人密売グループに関係しているとの見方が出てきました。襲撃事件の現場近くで、注射器数十本がみつかったといいます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/12/23 11:34
メキシコ発、テキーラ瓶に覚せい剤160キロ
メキシコ発、テキーラ瓶に覚せい剤160キロ 今年に入って、メキシコ発の覚せい剤大型密輸の摘発が途絶え気味で推移していることが、私にはずっと気になっていました。いま日本にはふんだんな覚せい剤が出回っている現状から考えると、水面下では、大型密輸が行われているのではないかと思えてならなかったのです。 当サイト11月25日付の記事でそんな私見を述べたところへ(下記参照@)、やっぱり・・・。メキシコ発の覚せい剤大型密輸摘発のニュースが届きました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/04 06:03
覚せい剤密輸の摘発が大幅減|成田空港
覚せい剤密輸の摘発が大幅減|成田空港 成田空港の税関で、年初から10月末までの密輸摘発実績の発表がありました。覚せい剤密輸は、摘発件数、押収量ともに、昨年より大幅に減少したということです。 先日、当ブログに、「税関での密輸摘発、減る覚せい剤、増える金地金」という記事を載せ、今年の覚せい剤密輸摘発はかなり減少しそうだと書いたのですが、そのとおりの発表となりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/25 22:49
ジハードとアンフェタミン
ジハードとアンフェタミン パリ同時多発テロの発生で、イスラム過激派の動きに世界の視線が注がれるなかで、過激派に参集する若い兵士たちが、薬物を与えられて戦闘に駆り出されているという話題が、繰り返し流れています。 これまでのイスラム過激派といえば、宗教的な指導者に率いられ、イスラムの教義を厳格に守る集団と思われてきたため、薬物使用など想定外だったのですが、I.S.(イスラム国)の下に参集した欧米育ちの若者たちがジハードに投じる姿には、薬物による異様な興奮状態の影を感じるのでしょうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/23 06:02
税関での密輸摘発、減る覚せい剤、増える金地金
税関での密輸摘発、減る覚せい剤、増える金地金 このところ、覚せい剤密輸のニュースが途絶えていたところへ、関空での摘発が報じられました。 <税関の報道発表から>***** ●中国マカオ来航空旅客による覚醒剤密輸入事犯を摘発!! 大阪税関関西空港税関支署は、平成27年10月20日、中国マカオから関西国際空港に入国したドイツ人男性が、自身が携行するボストンバックに収納したリュックサックの背あて部分に隠匿した覚醒剤1,497.3グラムを密輸入しようとしたところを摘発し、大阪府関西空港警察署と共同調査の上、11月9日、関税法違反容疑で大阪地方検... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/16 13:45
今度はタイ、覚せい剤で日本人男性逮捕
今度はタイ、覚せい剤で日本人男性逮捕 つい先日、マレーシアで覚せい剤を密輸したとされた日本人女性に対する死刑判決が確定したばかりだというのに、今度はタイから、覚せい剤に関係して日本人男性が逮捕されたというニュースが届きました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/10/26 05:17
マレーシアで日本人女性の死刑が確定、覚せい剤密輸事件
マレーシアで日本人女性の死刑が確定、覚せい剤密輸事件 2009年にマレーシアの国際空港に、覚せい剤3・5キロを密輸したとして、日本人女性が逮捕され、裁判が行われていました。1審、2審とも死刑の判決が出た後、日本の最高裁にあたる裁判所で審理が行われていましたが、10月15日に上告が棄却され、死刑判決が確定しました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/17 05:04
北朝鮮の覚せい剤に関与の韓国人3人に判決、ソウル
北朝鮮の覚せい剤に関与の韓国人3人に判決、ソウル 1990年代後半、北朝鮮で密造された覚せい剤が、日本や中国などに膨大な規模で密輸された時期があります。日本では100キロを超える大量押収事件が相次ぎ、1997(平成9)年から数年間は、日本で押収される覚せい剤の半分近くを北朝鮮産のものが占めるという状態が続きました。 外貨不足に悩む北朝鮮による国家的規模での覚せい剤密造、と国際社会は非難を強めましたが、しかし、秘密のベールに厚く覆われた国の内部については、明らかにならないまま、いつしか時間が経過していました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/29 23:40
覚せい剤密輸で暴力団組長を逮捕
覚せい剤密輸で暴力団組長を逮捕 中国からEMS(国際スピード郵便)で覚せい剤を密輸した事件で、受取人の周辺を丹念に捜査した結果、暴力団の組長の検挙に至ったというニュースがありました。密輸事件の陰に真の首謀者が潜んでいることはわかっても、捜査の手がそこまで及ぶのはまれなことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/09/17 23:37
全国でラッシュ輸入事件の処分が続く
このところ、各地から、ラッシュの個人輸入に関連した、逮捕や裁判の報道が発信されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2015/08/13 23:50
逃走中のグスマンに500万ドルの懸賞金
逃走中のグスマンに500万ドルの懸賞金 メキシコの薬物カルテルの首領ホアキン・グスマンが、24時間監視の重警備刑務所を脱走して、間もなく1か月が過ぎようとしています。 この人物は、米国にとっても、長年その行方を追跡してきた重要犯罪者で、アリゾナ、カリフォルニア、テキサスなど多くの州の地方裁判所に麻薬関連犯罪やマネーロンダリングで告発されていて、2014年に、グスマンがメキシコ政府によって逮捕されて以来、米国はその身柄の引き渡しをメキシコ政府に要請してきました。 今回の脱走は、メキシコだけでなく、米国にとっても、国境地域の安定を揺る... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/07 23:48
英スーパーにコカイン入りバナナ
7月末、英国の大手スーパーマーケット、テスコのウォーキンガム店(ロンドンの西郊)に届いたバナナの箱から、なんとコカインの包みが発見されました。 流通センターから届いた商品を整理していた従業員が、バナナの下に隠されていた包みを見つけ、警察に通報したのですが、山積みされたバナナの箱の中に、赤いテープがついているものがあるのが目にとまり、箱を開いてみたのだといいます。 箱に隠されていたのは、コカイン1キロ入りのパックが5個、英国での末端価格にして、約100万ポンド(日本円ではおよそ1億7,400万... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/05 04:09
警視庁特別捜査本部が、密売グループ「新宿の薬局」を壊滅
警視庁特別捜査本部が、密売グループ「新宿の薬局」を壊滅 警視庁の特別捜査本部は、新宿歌舞伎町を拠点に覚せい剤などの密売を繰り返していた、暴力団による密売グループを壊滅状態に追い込んだと発表しました。1年半に及ぶ捜査活動で、暴力団関係者39人と、購入客33人を逮捕したといいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2015/07/28 21:47
日本向け覚せい剤密輸ルート摘発|台湾
台湾の高尾港で、日本に向けて出荷される準備が整った冷凍マグロから、合計138キロの覚せい剤が見つかったと、ニュースが伝えています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2015/07/23 16:58
中国で邦人の死刑を執行|薬物密輸と死刑の問題
中国で、すでに刑が確定していた日本人男性に対して、6月下旬に死刑が執行されたと発表されました。 薬物の売買や密輸罪に対しても、最高刑を死刑と定めている中国では、年間数千人に対して死刑が執行されているといわれますが、そのなかには、薬物取引や密輸に関わった外国人も含まれています。 2010年4月、4人の日本人男性に対する死刑が執行されて以来、これで6人目となりますが、いずれも、覚せい剤の売買や密輸に関わったとして死刑を宣告されていた日本人です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/18 11:30
メールで運び屋募集|覚せい剤密輸事件
覚せい剤密輸の運び屋の募集に、新たな手法が登場しているようです。 6月28日、愛知県の中部国際空港に到着した2人の旅行客の手荷物から、相次いで大量の覚せい剤が発見されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2015/07/17 06:55
西アフリカ系密輸グループを摘発|覚せい剤密輸
昨年末、羽田空港で摘発された運び屋の背景を捜査していた警視庁が、密輸組織にたどり着いたようです。都内で暮らすナイジェリア人3人が、覚せい剤輸入で逮捕されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/06 15:45
増えてきた、液体状での覚せい剤密輸
ラー油に擬装して、液体状の覚せい剤を密輸し、それを国内の拠点で製品化していたグループの存在が明らかになりました。 <ニュースから>***** ●ラー油装い覚醒剤密輸、中国人逮捕…液赤く着色 中国から東京都内の台湾料理店宛てに空輸された「ラー油」の瓶40本の中から、覚醒剤の液体計約8リットルが見つかり、東京税関に押収されていたことが、捜査関係者への取材でわかった。 税関から通報を受けた警視庁が捜査したところ、この料理店に出入りしていた中国人の男の自宅から、覚醒剤の粉末や製造マニュアルを発見... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/04 10:54
アジアで覚せい剤流通が急増|国連の合成薬物報告書2015
アジアで覚せい剤流通が急増|国連の合成薬物報告書2015 5月25日、国連薬物犯罪事務所は2015年版の合成薬物報告書をバンコクで発表しました。アジア圏の急速な経済発展と、アジア太平洋地域の経済統合の加速に便乗して、不法薬物の国際流通もまた、記録的な拡大を続けています。 日本では、この数年、覚せい剤問題は沈静化しているようにみえますが、日本を取り巻く地域では、覚せい剤(メタンフェタミン)の流通量が急増しているのです。この波が、どんな形で日本に影響してくるか、あらためてアジアのいまが気になります ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/27 23:46
覚せい剤大国メキシコと薬物カルテル
覚せい剤大国メキシコと薬物カルテル 税関検査で、メキシコから届いた航空貨物の中に隠された覚せい剤44キロが発見され、受取役の在日メキシコ人が起訴されました。 <ニュースから>***** ●金属製タンクで覚せい剤44キロ空輸企てる メキシコ男を起訴 千葉地検 千葉地検は20日、覚せい剤約44キロ(末端価格約11億円相当)を密輸しようとしたとして覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)罪などで、メキシコ国籍の作業員F容疑者(28)=茨城県鹿嶋市=を起訴したと明らかにした。起訴は11日付。 ・・・県警などは、メキシコと日本との間に密輸... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/22 23:48
覚せい剤大国メキシコからの密輸を摘発
覚せい剤大国メキシコからの密輸を摘発 成田空国でメキシコ国籍の女子大生が、覚せい剤を密輸したとして逮捕されました。特産のテキーラ瓶に詰められていたのは、液体状の覚せい剤、乾燥重量にして約1.6キロでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/05/17 13:13
インドネシアで死刑執行|薬物密輸と死刑の問題
5月22日加筆***** 5月20日、インドネシアで行われていた覚せい剤密輸事件の裁判で、日本人男性の被告人に終身刑の判決が言い渡されました。 NHKニュースによると、裁判所は、かばんの中に覚醒剤が入っているとは知らなかったとする被告人の主張をしりぞけ、そのうえで「被告の行いはインドネシア政府による麻薬の撲滅の取り組みに反する」として禁錮16年の求刑に対し、終身刑を言い渡したそうです(NHK NewsWeb「覚醒剤密輸の罪 インドネシアで邦人に終身刑」5月20日 21時53分)。 ****... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/30 09:55
またタイから覚せい剤密輸、気になる新たな流通ルート
またタイから覚せい剤密輸、気になる新たな流通ルート 昨年、成田空港をはじめ各地の空国で、タイからの覚せい剤密輸が次々と摘発され、なかでも、若い女性を運び屋に仕立てて、体内に覚せい剤を隠して持ち込む手法が目につきました。 税関の報告書によると、2014年に全国の税関で、覚せい剤の密輸で摘発されたタイ人は30人、そのうち25人までが20〜30歳代の女性でした。しかも、その半数近い12人が、体内隠匿によって覚せい剤を持ち込んでいました(下記参照@)。 気になる新たな動きですが、この流れは、まだ終わっていません。またしても、そっくり同じ手口の密輸事件... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/03/31 23:54
覚せい剤密輸事件、差し戻し審で逆転有罪判決
2009年7月、実行役の男性がトルコから関西国際空港に覚せい剤約4キロが入ったスーツケースを持ち込んだ事件で、輸入の指示をしたとして起訴されたイラン人男性の差し戻し審(裁判員裁判)が、大阪地裁で行われていましたが、3月24日、被告人を有罪とする判決が言い渡されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/25 23:54
2014年の密輸摘発状況|税関の発表
2014年の密輸摘発状況|税関の発表 財務省が、全国の税関が空港や港湾等において、不正薬物の密輸入等の関税法違反事件を取り締まった実績を発表しました。 発表された資料には、 ・不正薬物の押収量が3年連続で600kg超え ・覚醒剤の摘発件数が過去2番目を記録 と記載され、覚せい剤を中心に、わが国への薬物密輸が依然として深刻な状態にあることが記されています(下記参照@)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/21 01:14
薬物密売と通信傍受
薬物密売と通信傍受 通信傍受法(正確にいうと「犯罪捜査のための通信傍受に関する法律」)が、改正に向けて動き出しています。1999年に制定されたこの法律は、組織的に行われる薬物犯罪などの捜査で、通信の傍受によらなければ犯罪の捜査が著しく困難な場合に、個人間で交わされる電話やメールを傍受することについて定めています。 対象となる事件は、薬物犯罪、銃器犯罪、組織的殺人、集団密航に限定されていますが、近年では主に、覚せい剤などの組織的な密売事件の捜査に使われています。私も、傍受された電話の会話が証拠として提出された覚せい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2015/02/17 23:41
覚せい剤密輸で日本人が中国で拘束|年末のニュースから
覚せい剤密輸で日本人が中国で拘束|年末のニュースから 遅ればせながら、年頭のご挨拶を申し上げます。 2015年も、日本と世界の薬物問題について考えていきたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/07 17:16
稲沢市議の覚せい剤事件、中国広東省で公判開始
中国から覚せい剤約3キロを日本に密輸しようとしたとして、広東省の地方空国で逮捕された稲沢市議の公判が、広州市の裁判所で開始されました。8月26日、27日の両日で結審する予定とのことです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/08/27 04:50
中国で日本人男性に死刑執行、覚せい剤密輸で5人目
7月25日、中国で、麻薬密輸罪で死刑判決が確定していた日本人男性に対する死刑が執行されました。2010年4月に、相次いで4人の日本人男性に対する執行が行われてから4年余り、5人目に対する死刑執行となります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/27 11:55
千葉地裁で無罪判決|覚せい剤輸入事件
千葉地裁で無罪判決|覚せい剤輸入事件 千葉地裁の裁判員裁判で審理されていた覚せい剤輸入事件で、また無罪が言い渡されました。第一審の裁判員裁判での全面無罪、これで17人目となりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/14 23:54
医師から密売人へ、注射器を横流し
覚せい剤密売人にとって、覚せい剤とともに顧客に提供する、重要な商売道具のひとつが注射器ですが、密売人の手元から大量に押収された注射器が、実は、医師が横流しした物だったことが明らかになりました。 覚せい剤密売人を検挙した兵庫県警が、その手元から押収した注射器の入手先を捜査し、容器に記載された顧客番号を追って容疑者を検挙したということです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/05/30 16:27
中国での覚せい剤密造 | 覚せい剤密輸の半世紀9
中国での覚せい剤密造 | 覚せい剤密輸の半世紀9 2、中国大陸への密造拠点の移転  1990年代初めころ、韓国や台湾は覚せい剤に対する取り締まりを強化し、国内での密造を制圧しました。覚せい剤供給の源泉を断ったことで、韓国や台湾では、拡大し始めた覚せい剤乱用問題が鎮静化し、わが国でも、密輸される覚せい剤が減少し、品薄状態となりました。一時的には、大成功をおさめたことになります。  しかし、その裏では、密造グループの手で、中国大陸への密造拠点の移転が行われており、間もなく、新たな生産地から覚せい剤が供給され始めるのです。取り締まりの厳しくなった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/11 16:48
ダークネットで薬物取引|日本に覚せい剤密輸の男性逮捕
ダークネットで薬物取引|日本に覚せい剤密輸の男性逮捕 薬物、盗品、ハッキング用プログラム・・・何でもありのインターネット取引サイト‘シルクロード’が米FBIによって摘発されたのは、昨年秋のことでした(下記参照@)。しかし、摘発から数か月経ったころ、インターネット上には同じ‘シルクロード’を名乗るサイトが復活しただけでなく、似たようなサイトが続々と登場し、以前にも増した活況を呈しているといいます。 日本でも、こうしたダークネットを利用して薬物を購入した人がいたようです。麻薬密売サイトを通して覚せい剤を購入し、ビットコインで決済した男性が逮捕されまし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/09 23:49
密造拠点の中国への移動 | 覚せい剤密輸の半世紀8
覚せい剤密輸の半世紀 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/05/05 23:58
覚せい剤密輸のニュースをまとめて
このところ、成田、福岡、中部と各地の国際空港で覚せい剤密輸摘発のニュースが続きました。密輸の仕出し地は、メキシコ、西アフリカ、香港、韓国と多彩、そして検挙された人たちの国籍も、西アフリカ、オーストラリア、日本、そして在日の韓国人と多様です。 わずか1週間ほどの間に報道された事件ですが、まるで、覚せい剤密輸の見本集のようにあらゆるパターンが出そろいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/03 06:17
覚せい剤密輸事件 | 覚せい剤密輸の半世紀7
6、覚せい剤密輸事件  1970年代、韓国や台湾などの近隣国で密造される覚せい剤が日本に密輸されるようになり、日本国内で密売される覚せい剤が次第に増加し始めます。覚せい剤密輸の草分けともいえるこの時期に、どんな人たちが、どのような手法で密輸を行っていたのか、実際の事件を通じてみておきましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/28 16:21
密売人検挙のニュースで覚せい剤の流通経路をまとめてみた
大阪で密売人検挙のニュースが、相次いで報じられました。逮捕されたのは、100グラムを仕入れて営利目的での譲り受けに問われている密売グループと、密売用の覚せい剤267グラムを営利目的で所持したとされる密売人。 両者とも、取り扱った覚せい剤の量からみると、いわゆる中卸(なかおろし)と呼ばれる中間密売人なのでしょうか。 4月18日のニュースには、密売グループが約100グラムの覚せい剤を105万円で仕入れたとあります。1グラム当たりにすると10500円。この1例だけを取り上げて云々することはできませ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/20 23:12
台湾への進出 | 覚せい剤密輸の半世紀6
台湾への進出 | 覚せい剤密輸の半世紀6 5、台湾への進出  1975(昭和50)年ころになると、わが国で摘発される覚せい剤密輸事件の仕出し地として、台湾、タイ、香港などが散見されるようになります。なかでも台湾は、その後わが国への主要な供給地になり、それまでわが国への覚せい剤供給地として第一位を占めていた韓国に代わって、1984(昭和59)年以降は、台湾が仕出し地の首位を占めるようになります。  台湾に覚せい剤密造の技術を持ち込んだのは、日本の暴力団だといいます。当時の警察庁幹部による論考には「(密造地としての台湾の)特徴としては、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/12 17:13
密造拠点の拡散 | 覚せい剤密輸の半世紀5
4、韓国での取り締まり強化と密造拠点の拡散 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/08 23:39
え、暴力団が薬物乱用撲滅サイトとは・・・
多忙にしていたため、数日ぶりにニュースのチェックをしていたところ、英国のニュースサイトに「日本の暴力団がウェブサイトを立ち上げ」という記事があることに気づきました。 ザ・ガーディアンが、4月2日付で掲載した「日本の暴力団が独自のウェブサイトを立ち上げ」という記事(AFP配信)から、少し拾い読みしてみましょう(下記参照@)。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/04/06 23:41
密造拠点は韓国へ|覚せい剤密輸の半世紀4
覚せい剤密輸の半世紀を振り返る連続記事です。 第1章 密造から密輸へ・・・1970年代〜 を続けます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/04 23:46
シャブ時代の開幕|覚せい剤密輸の半世紀3
覚せい剤密輸の半世紀を振り返る連続記事です。 前記事は ヒロポン時代の終焉|覚せい剤密輸の半世紀2 (2014/03/28) http://33765910.at.webry.info/201403/article_13.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/30 04:32
ヒロポン時代の終焉|覚せい剤密輸の半世紀2
現在、日本の乱用市場に出回る覚せい剤のほとんどは、外国で密造され、不正な手段で密輸されたものです。 最初は国内で密造されていた覚せい剤が、外国から密輸されるようになったのは1970(昭和45)年ころのことで、それ以来およそ半世紀にわたって、日本の乱用市場は、もっぱらアジアの近隣国からの覚せい剤を受け入れながら拡大し、成熟してきました。いっぽう、視点を変えるなら、この半世紀は、日本の覚せい剤マーケットが、近隣国に供給拠点を拡散しながら、同時に各地に覚せい剤乱用を広げてきた軌跡でもあるのです。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/28 22:04
控訴審で逆転有罪|覚せい剤輸入事件
2013年2月に、千葉地裁の裁判員裁判で無罪が言い渡された覚せい剤密輸事件の控訴審で、今日、東京高裁が逆転有罪の判決を下しました。このところ、1審の無罪判決を破棄して有罪を言い渡す高裁判決が続いているうえ、さらに、逆転有罪を支持する上告審の判断も相次いで出て、いくらか流れが変わったなと感じています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/24 21:11
日本の覚せい剤密輸を振り返る|覚せい剤密輸の半世紀1
現在、日本の乱用市場に出回る覚せい剤のほとんどは、外国で密造され、不正な手段で密輸されたものです。 最初は国内で密造されていた覚せい剤が、外国から密輸されるようになったのは1970(昭和45)年ころのことで、それ以来、日本の乱用市場に向けて、外国産の覚せい剤が密輸され続けていることになります。 日本への覚せい剤密輸が始まって、やがて半世紀を迎えようとする今、日本に運び込まれる覚せい剤は、その産地も、密輸を取り仕切る組織も、大きく変貌しようとしています。その変わり目を目の当たりにして、あらため... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/18 23:51
カルテルの標的はアジア太平洋地域|石材に隠した大量覚せい剤密輸
メキシコからの船積貨物を使った、覚せい剤の大型密輸が続々と摘発されています。今度は、重さ20トンの石材の中に大量の覚せい剤が隠されていたという事件。どうやら、これまでの密輸とは、少し違う流れが見え隠れしているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/07 17:46
地下鉄車両に「Sモノ」手書きビラ
大阪の地下鉄車両に手書きビラを貼りまわったとして、男性が追送検されました。事件は、昨年10月から11月、始発時間帯の地下鉄車両のドアに、覚せい剤などの密売を持ちかける内容の、手書きの広告ビラを貼ったというもの。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/05 23:55
ネット通販を利用、米国からの大麻密輸を摘発
ネット通販の利用者宛てに、誤配送を装って大麻を隠した商品を送り付け、転送してもらうという凝った手口で、米国から大麻を密輸したグループの受取役が逮捕されました。米国での発送役と、日本での受取役の役割分担と、前例のない凝った手口で注目を集めていますが、本格的な薬物犯罪組織による密輸とは、どこか異質なものを感じる密輸グループです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/27 23:54
メキシコでカルテル首領を逮捕、日本の覚せい剤密輸への影響は
この週末、アメリカのメディアはメキシコでの逮捕劇を大きく報じていました。米DEAとメキシコ海兵隊の共同作戦によって逮捕されたのは、メキシコで最大勢力となっているシナロア・カルテルの首領ホアキン・グスマン。米国に流入する薬物の多くを手中におさめ、ヨーロッパをはじめ世界の薬物密流通を支配するといわれる巨大組織の首領をついに追い詰めた成果に、メキシコ大統領は治安当局を称え、米司法長官も声明を出したといいます。 ↑グスマンの逮捕を報じるCBSニュースの記事(February 23, 2014) ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/24 16:07
アジアから世界へ、日本の覚せい剤調達圏の変化
先日発表された税関の報告書(下記参照@)は、わが国の密売市場に出回る、覚せい剤の変化をはっきりと示しているようです。2001年ころからおよそ10年にわたってわが国に出回る覚せい剤が少ない時期が続きましたが、この縮小の10年を経て、覚せい剤の密輸経路が大きく変化しているのです。 環境変化や取り締まり強化によって、覚せい剤不足に追い詰められながらも、薬物組織は、新たな密輸ルートを模索しながら縮小の10年をしぶとく生き延び、いまや世界規模の覚せい剤マーケットという世界へ手を伸ばしています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/22 02:36
覚せい剤密輸摘発が13年ぶりの高水準|税関の2013年レポート
2013年の税関による密輸取り締まり実績が、発表されました。ここ数年増え続けていた覚せい剤などの密輸摘発が、件数、押収量とも昨年はいちだんと増加、不正薬物の押収量が1トンを上回るという深刻な状況が明らかになりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/18 23:03
コイン精米所が密売人の隠し場所に
覚せい剤密売人が隠し場所に選んだのは、スーパーマーケットの駐車場に設けられたコイン精米所でした。多くの人が出入りするスーパーマーケットという日常的な場所が、覚せい剤取引に使われていた意外さに驚かれる方も多いでしょう。 でも、適度に人が出入りする場所ほど、密売人にとっては好都合な取引スポットになるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/27 23:48
中国広東省で覚せい剤密造村の一斉捜索
お正月モードですっかり気が緩んでいたところへ、中国発のニュースが舞い込んできました。広東省沿岸部に位置する、人口14000人の小さな村で、警察官ら3千人を動員し、ヘリコプターや高速艇も駆り出して、ものものしい一斉捜索が行われたということです。捜索を受けた陸豊市博社村は、覚せい剤密造地として悪名高い村だったとか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/04 17:33
スーパー・カルテル|コカインの世界戦略4
現在、コロンビアのコカインを支配している組織の実態は、きわめて見えにくくなっています。とはいえ、巨額の資金の流れ、無造作に使い捨てられる高価な飛行機や潜水艇、そして数トンのコカインを運ぶ密輸船、こうしたコマをつなぎ合わせると、浮かび上がってくるのは豊富な資金力を持つ巨大組織の存在です。 最近、米国機関の捜査によって明らかになった、コロンビア系コカイン組織の一端を紹介しましょう。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/12 04:44
コロンビア組織|コカインの世界戦略3
国連薬物犯罪事務所の資料によれば、世界のコカインの総市場は約850億ドル。この膨大な市場を支配し、想像を絶する収益をあげているといわれるのが、コロンビア系の薬物犯罪組織です。世界に名をはせた巨大カルテルが崩壊して以来、コカインをめぐって薬物組織間の競争が激化し、集合離散が繰り返されているため、その実態はますます把握しにくくなっているといいます。 実をいうと、私にも、あまりよくわかっていないのですが、国連やEUの資料を手掛かりに、コロンビア系の薬物組織の輪郭を紹介してみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/09 04:03
アンデス3か国|コカインの世界戦略2
●アンデス山地でのコカ栽培 コカインの原料はコカ葉、アンデスの産地に自生する低灌木の葉で、古くからこの地域では民間薬や健康増進薬として、コカの葉を噛む習慣があったといいます。 戦前には、日本占領下の台湾や、ドイツが占領していたジャワでコカが栽培され、日本やドイツの製薬会社がコカインを生産したこともありますが、現在では、この植物の栽培地は、コロンビア、ボリビア、ペルーの3か国にまたがるアンデス山地に限られています。 コカの栽培地は、衛星写真なども用いた観測網で監視され、毎年の収穫量も綿密に推... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/03 23:58
南太平洋拠点|コカインの世界戦略1
三浦半島に漂着した120キロのコカインが気になって、この数日、いろいろと資料を読み漁っていました。11月21日付の記事でも書いたように、このコカインの出所は、これまでわが国に密輸されたものと、違う気がしてならないのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/01 23:53
フロリダの海岸でもコカイン漂着が続いているようだ
横須賀、葉山の海岸に120キロものコカインが漂着して私たちを驚かせましたが、米フロリダ州でも、今年5月以来、各地の海岸にしばしばコカインが漂着して、話題になっているようです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/29 02:40
コインロッカーがイラン人密売組織の金庫
実に久しぶりに、イラン人密売組織に関するニュースです。逮捕された密売人が保管していたのは、覚せい剤約1.5キロと、売上金とみられる現金約3,000万円。大掛かりな密売組織が金庫代わりに使っていたのは、横浜市街地のコインロッカーでした。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/24 02:51
横須賀など海岸にコカイン120キロが漂着
海岸に漂着したリュックサックなどから見つかったのは、大量のコカイン。これまでに横須賀や葉山の海岸などで発見されたコカインは、合わせて120キログラムに及ぶといいます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/11/21 23:51
中国で日本人が拘束、覚せい剤3キロとの情報も
またしても中国で、日本人が拘束されました。見つかったのは、覚せい剤3キロとの報道もあります。薬物密輸に対して非常に厳しい姿勢で臨む中国、仮に有罪となれば、死刑が言い渡されるおそれもあります。 中国では、2010年に相次いで4人の日本人に対して死刑が執行されましたが、その後も、中国で拘束される日本人は絶えません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/15 23:46
第1審で無罪の輸入事件の最高裁決定、高裁の逆転有罪判決を支持
10月23日午前加筆***** 最高裁HPに本決定の全文が搭載されました。 平成25年10月21日 第一小法廷決定 平成24年(あ)第724号 覚せい剤取締法違反,関税法違反被告事件 http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20131023092307.pdf ***** ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/22 23:11
米で大型薬物密売サイトを摘発|インターネットと薬物密売
ユーザーのアクセス経路が追跡されないようTORネットワークでIPアドレスを匿名化し、ネット上の仮想通貨ビットコインで取引するという、闇サイト「シルクロード」を米FBIが摘発し、サイト運営者を逮捕していたというニュースが流れています。 この闇サイトは、国際的な薬物掲示板でのチャットを通じて、世界中に広まり、世界各国から多くのユーザーが登録していたそうです。扱うのは「違法」もので、ヘロインやコカインといった薬物が頻繁に取引され、ハッキングや爆発物関連のソフトなども掲載されていたといいます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/04 14:25
覚せい剤輸入事件、大阪地裁で2被告人に無罪|全面無罪事件のまとめ
先週末、大阪地裁は、裁判員裁判として審理されていた覚せい剤輸入事件で、手配役と実行役(運搬役)として起訴されていた2人の被告人に対して、それぞれ無罪を言い渡しました。平成21年5月に裁判員制度が導入されて以来、覚せい剤輸入事件で全面無罪を言い渡された被告人は、これで15人になりました。 下記に、現時点でのまとめを載せました。今回の大阪地裁判決は番号Mです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/30 12:27
宅配便の発送・受取りにIDカード|中国広東省
身分証明書で身元を明らかにしなければ、宅配貨物便や郵送貨物の発送・受取りはお断り。中国広東省で、こんな新制度が導入されるそうです。英文ニュースChina Dailyによると、とりあえず恵州市、珠海市で今年年末までに導入のうえ、省内全域で実施される予定だということです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/19 15:14
紅茶パックに覚せい剤6.7キロ、インド発の密輸を摘発
メキシコ、アフリカ、ヨーロッパ・・・文字通り世界中から日本の空港へ向けて、覚せい剤が送り込まれてくるなかでも、インド発の覚せい剤密輸とは、ちょっと珍しいケースです。 いかにもインド発らしく、紅茶パックを用いて、しかも相当に手の込んだ擬装を施した密輸とは。もしかすると、覚せい剤の密輸ルートに新たな中継拠点が生まれているのかもしれません。いささか気になるニュースです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/30 23:33
変わる密輸ルート|ヘロインを語る2
国連薬物犯罪事務所は、世界の主要なけし栽培地域の観測や、各地での押収データなどに基づいて、世界のヘロイン需給状況に関して、毎年、精密な推計を発表しています。このデータによると、世界中の薬物市場に供給されているヘロインの総量は、年間430〜450トンと推定されています。最大の生産地域はアフガニスタンで、年間380トンがヘロインまたはモルヒネとして、この地域から世界中へ運ばれています。第二の生産地域はミャンマー及びラオスで、年間50トンほどが生産されています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/16 23:51
成田空港でヘロインの飲み込み密輸を摘発
ヘロインの塊47個、重量にして約700グラムを体内に飲み込んで、南アフリカから成田へ到着した運び屋が逮捕され、起訴されました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/10 23:52
名古屋港で船員らによる覚せい剤密輸を摘発
6月中旬、名古屋港に入港した外国からの貨物船に隠して、覚せい剤約10キロを密輸した船員と、これを受け取った2人(いずれも外国人)が逮捕されました。 貨物船などの船員による薬物密輸、防止対策が整った近年では減少傾向にありますが、いまだ連綿と続いているパターンのひとつです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/05 23:55
2004年のMDMA密輸事件、犯罪人引渡で元米兵が日本へ
名前だけは聞いていたけれど、これまで特に注意を払ったことのない犯罪人引渡条約。日本と米国の間で締結されているこの条約によって、麻薬密輸事件の米国人被疑者が日本に引き渡されるそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/23 23:24
フロリダ沖でコカイン運搬船を捕獲
今日のCNNニュースは、米沿岸警備隊が、7月14日、フロリダ沖でコカインを積んだ高速艇を捕獲したと伝えています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/22 23:57
メキシコ/US国境の密輸摘発にも財政難のかげ
メキシコと国境を接するテキサス州、国境をまたいで伸びる主要国道は、大量の物資と人を運ぶ大動脈であると同時に、麻薬密輸の幹線道路でもあります。 ここブルックス郡では、国境警備隊がメキシコから密輸される麻薬類に目を光らせ、連日密輸事犯を摘発していますが、ところがせっかく摘発した密輸犯の多くが、合衆国での刑事手続きを経ないまま、メキシコへ送り返されていると、7月11日付のCBSニュースが報じています。 [参照] CBS>Drug smugglers set free for lack of mo... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/13 17:22
ゴールデントライアングルが活発化|グローバル化する覚せい剤
経済発展の夜明けを迎えようとしているミャンマーから、最近は、明るいニュースが届いていますが、少数民族が暮らす奥地には、いまだ情勢不安定な地域も多いといわれます。ゴールデントライアングルの本拠地といわれるシャン州もそうした地域のひとつ。 あへん、ヘロインの生産地として、また近年ではメタンフェタミン(覚せい剤)の密造地として知られるゴールデントライアングルでは、どうやら、薬物活動が活発化している模様です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/19 23:56
覚せい剤輸入事件、大阪、東京で相次いで無罪
5月28日には東京地裁で、そして29日には大阪地裁で、覚せい剤輸入事件の裁判員裁判で無罪判決が出ました。裁判員裁判で、覚せい剤輸入事件に全面無罪判決が出たのは、この2件を加えるとすると、14件目になるはずです。 なお、東京の事件では、同時に審理された入管法違反事件(不法在留)で被告人は有罪となっているため、全面無罪事件としてカウントすることはできないかもしれませんが、覚せい剤輸入に関する部分(覚せい剤取締法違反と関税法違反)については無罪の判決です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/30 22:35
ナイジェリア・マフィア・3|グローバル化する覚せい剤
前回の記事から引き続き、世界の薬物流通のハブ基地となっている西アフリカ地域で暗躍する、ナイジェリアの薬物犯罪組織、俗にナイジェリア・マフィアと呼ばれるグループの実態を探っています。今回は、動き出した対策について。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/26 22:57
ナイジェリア・マフィア・2|グローバル化する覚せい剤
アジア産のヘロインをアメリカへ、南米産のコカインをヨーロッパへ、そしてわが国やアジア諸国には覚せい剤(メタンフェタミン)を・・・。今や、世界の薬物流通のハブ基地となっている西アフリカ地域で暗躍する、ナイジェリアの薬物犯罪組織、俗にナイジェリア・マフィアと呼ばれるグループの実態を探っています。前回の記事からの続きです。 このグループが最も得意とするのが、運び屋を旅行客に仕立てて、薬物を運搬させる手口で、アジア向けの覚せい剤(メタンフェタミン)の密輸でも、これまでに摘発されたケースのほとんどが、運... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/24 23:48
ナイジェリア・マフィア・1|グローバル化する覚せい剤
アジア産のヘロインをアメリカへ、南米産のコカインをヨーロッパへ、そしてわが国やアジア諸国には覚せい剤(メタンフェタミン)を・・・。西アフリカ、とりわけナイジェリアは、今や、世界の薬物生産地と消費地を結びつける、流通のハブ基地となってしまいました。 その流通を取り仕切っているのが、ナイジェリアの薬物犯罪組織、俗にナイジェリア・マフィアと呼ばれるグループです。「マフィア」の名で呼ばれる薬物犯罪組織といえば、中南米のカルテルや香港の三合会、日本の暴力団など、高度に組織化され、鉄壁の秘密を守る集団を思... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/22 03:01
西アフリカは今や覚せい剤の生産地
まず、アルジャジーラの英語ニュースサイトに、今年4月に掲載されたビデオをご覧ください(下記参照@)。 ニュースは、ナイジェリアの最大都市ラゴスの近郊で、麻薬取締局がメタンフェタミン(覚せい剤)密造施設を摘発したと伝えています。百キロを超えるメタンフェタミンや原料化学品が押収され、密造にかかわっていた関係者が逮捕されましたが、そのなかには3人のボリビア人が含まれていたといいます。麻薬取締局の幹部は、ナイジェリア国内で行われる密造の背景には国際的なネットワークが広がっていると語ります。 この1年... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/19 22:50
尼僧の衣の下にコカイン|コロンビアの運び屋逮捕
いささか間抜けで、ちょっと哀しいコカイン密輸犯が、カリブ海の小島の空港で逮捕されたと、BBCのラテンアメリカ版ニュースが伝えています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/08 23:41
台湾からの覚せい剤密輸事件、その背後には・・・
近年ではあまり目立たなくなった、台湾からの覚せい剤密輸、2月に羽田空港で摘発された密輸の背後に捜査の手が及んだというニュースです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/07 23:49
インターネット上の密売情報が大幅に減少
掲示板に「S専門、0.25 ¥7000」などと書き込んで、薬物密売の買い手を探すのが、インターネットを通じて薬物を密売する手口ですが、2012年中に、こうした違法情報が大きく減少したと発表されました。インターネット上の違法情報、有害情報に関して、一般からの通報を受け付け、サイト管理者に対して削除を要請する活動をしているインターネット・ホットラインセンターが、2012年の状況を公表したものです。 とはいえ、わいせつ、児童ポルノ、預金口座の不正販売など、他の件数は増加して、違法情報全体では過去最高... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/03 02:14
今度は覚せい剤240キロ、貨物便利用の密輸
昨年12月、船積みのコンテナ貨物として博多港に運ばれたロードローラーから、覚せい剤約110Kgが発見された事件がまだ記憶に新しいところへ、今度は、神戸港に着いた船積み貨物の製粉機から、約240キロという大量の覚せい剤密輸が摘発されました。このところ、船積みの大型貨物をつかった大量密輸の摘発が続いています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/22 23:45
法的概念としての共謀|覚せい剤輸入の逆転有罪事件・2
メキシコから送られた約6キロの覚せい剤輸入で、貨物の受取役を務めたメキシコ人男性に対して、第一審では無罪、控訴審で逆転有罪が言い渡された事件。最高裁は16日、被告人の上告を棄却する決定を下しました。本決定は、依頼者である犯罪組織と、実行役を引き受けた被告人の間の共謀の認定について、改めて整理したものだと思われます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/21 08:20
覚せい剤輸入の逆転有罪事件、最高裁の判断が出ました
メキシコから送られた約6キロの覚せい剤輸入で、貨物の受取役を務めたメキシコ人男性に対して、第一審では無罪、控訴審で逆転有罪が言い渡された事件。最高裁は16日、控訴審での有罪判決を支持し、被告人の上告を棄却する決定を下しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/19 04:14
覚せい剤4.2キロ、末端価格で3億円
成田空港で摘発された、覚せい剤密輸事件が報道されています。鳥をかたどった民芸品ふうの木彫2体から取り出されたのは、合計約4.2キログラムの覚せい剤、末端価格で約3億円になるとか。 さて、この「末端価格」とはいったいどんな数字なのか、いささか執拗にこだわってみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/04/17 05:47
中国発の覚せい剤密輸オーストラリアで摘発|グローバル化する覚せい剤2
日本で摘発された覚せい剤密輸事件に、国際的な薬物犯罪組織の関与を思わせるケースが続発しています。ひと昔前には、中国や韓国、台湾など日本周辺の地域から、暴力団の手によってもたらされるものが中心だった覚せい剤の国際流通が、近年では大きく変貌し、国際的な薬物犯罪組織の手によってグローバルな規模で大規模に流通していることが、いよいよ鮮明になってきました。 折から、オーストラリアでは、中国から積み出された貨物コンテナ中に、大量の覚せい剤が発見されたというニュースが届きました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/01 12:06
2012年の覚せい剤密輸摘発は過去10年で最多
2月18日、財務省は2012年の全国の税関での関税法違反事件の取締り状況を発表しました。 覚せい剤の密輸摘発は141件、押収量は約482sとこの10年間では最多を記録しました。大型密輸事件の摘発が相次いだことが、押収量を押し上げたようです。いっぽう、航空機旅客による密輸入も依然として多く、押収量は3年連続で200sを超えました。 覚せい剤の密輸ルートは、ますます多様化しています。覚せい剤の仕出し地として、近年目立っていた「アフリカ・欧州」がやや減少し、昨年は世界のあらゆる地域からわが国に覚せ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/23 03:13
注目のウガンダ人覚せい剤密輸事件で有罪判決
2011年5月、関西国際空港で2人のウガンダ人男性が体内に覚せい剤を飲み込んで密輸したとして逮捕された事件の判決が出ました。主犯とされたT被告人には懲役7年及び罰金300万円、S被告人に対しては懲役5年及び罰金150万円。 大阪地方裁判所は、税関検査時に職員が暴言を吐くなどしてエックス線検査を強要したとして、T被告人の飲み込んだ覚せい剤などを証拠採用しないと決定。検察官は、T被告人から押収された覚せい剤について立証を断念し、S被告人から押収された分の覚せい剤について、2人の共謀を主張していまし... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/18 23:54
千葉と東京で相次いで無罪|覚せい剤輸入事件
本日、東京地裁の裁判員裁判で、覚せい剤輸入事件の被告人に対してまた無罪の言い渡しがありました。つい先日、千葉地裁でも、覚せい剤輸入事件で無罪判決が言い渡されたばかりです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/14 03:08
東アフリカ発の覚せい剤密輸|グローバル化する覚せい剤
人も貨物も動きが大きくなる年末は、覚せい剤密輸にとってまたとないチャンス、例年この時期には密輸の摘発も増加するのですが、このところ、ケニア発とみられる覚せい剤が海から、空から日本に運ばれ、立て続けに摘発されています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/15 23:39
2ちゃんねるの違法情報放置問題
インターネット上の掲示板などに掲載される、薬物密売人による違法書き込みの放置をめぐって、2ちゃんねるがまた話題になっています。今年春、警視庁が関係先の捜索に踏み切って以来、何かと物議をかもしていますが・・・。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/28 02:35
2名に逆転無罪―鳥取海岸覚せい剤密輸事件
2002年、北朝鮮から船舶で運搬された覚せい剤を島根、鳥取など日本海沿岸へ陸揚げして密輸した一連の覚せい剤輸入事件で、一審では首謀者として無期懲役を言い渡された被告人2名に対して、東京高等裁判所が逆転無罪の判決を言い渡しました。 被告人両名が関与を否定する中で、一審で被告人両名を有罪とした最大の決め手は共犯者とされたFの供述ですが、その信用性の評価について、全く逆の判断が示されたことになります。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/15 17:16
グローバル化する覚せい剤密輸ルート
先月末、薬物密輸に関して、私にとって興味深いニュースが報じられていました。近年急速に増えている西アフリカからの覚せい剤密輸ルートの解明につながるのでしょうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/12/04 23:59
船積み貨物に覚せい剤40キロ|貨物の受取人の役割とは
東京港に陸揚げされた輸入貨物から、覚せい剤約40キログラムが発見され、貨物の配達先にいた4人が逮捕されたというニュースです。輸入1回あたりの押収量としては、珍しい大量押収事件です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/21 23:36
指定薬物をニセ覚せい剤として密輸?|南大東島薬物密輸
台湾から密輸された大量の薬物、ルートも手法も典型的な覚せい剤密輸の手口であるにもかかわらず、押収した薬物を鑑定してみたら、覚せい剤は検出されず、指定薬物だった・・・。なにやら複雑な背景のありそうなニュースが伝えられています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/10/04 23:52
顧客が密売人に変身|インターネットで覚せい剤密売
ネットゲームで知り合ったグループが、2ちゃんねるの掲示板を利用して広告し、覚せい剤を密売したとして、今年5月に検挙された事件の続報です。報道によると、先に逮捕された男女5人のグループから覚せい剤を購入した顧客が、やがて密売グループと親しくなり、自らも掲示板に書き込みをするようになったと報じられています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/02 23:55
覚せい剤密輸事件、裁判員裁判で9件目の無罪判決
加筆修正 これまでの無罪判決事案のうちGの内容がまちがっていましたので、書き換えました。 ***** ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/09/12 23:17
海外旅行の季節、薬物密輸に巻き込まれないで!
夏休みの海外旅行客の出国がピークを迎えていると、今日のニュースが取り上げていました。帰国ラッシュは来週末ころになりそうだとか。さて、旅行客で混雑するこの時期に、ところで、薬物密輸組織も旅行客で混雑するこの時期を待ち構えていたことでしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/08/12 04:27
運び屋に対する死刑を見直し|シンガポール
シンガポールは、薬物密輸や売買を厳しく取り締まり、違反者に対しては、外国人であっても、死刑を科す国として知られてきました。同国の薬物乱用法では、薬物の[取引]、[製造]、[輸出入]などの違反に対しては、有罪となれば、科される刑は死刑に限定されており、また、一定量以上の薬物を所持した場合、反証がない限り、[取引]目的であると推定されるなど、非常に厳しい規定があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/09 23:51
イランで邦人4人が逮捕|薬物犯罪と死刑の問題
イランの空港で、薬物を国外へ持ち出そうとした日本人4人が逮捕されたと報じられています。イランは、中国と並んで、薬物犯罪者に対する死刑執行が多い国、薬物密輸犯罪に関係しての逮捕となると、今後の展開が気になります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/25 16:26
覚せい剤密輸|税関検査の可視化を問う
今朝、羽田空港で11キロの覚せい剤密輸が摘発されたと、NNNのTVニュースが伝えています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/05/18 23:48
横浜でベトナム人のヘロイン密売グループ摘発
横浜で、ヘロインの密売グループが検挙されたと、ニュースが報じています。このグループは、ストローに詰めたヘロインを1個5千円という、比較的身近な単価で密売しており、購入客のなかには日本人もいたといいます。一部地域で出回っているストロー詰めのヘロイン、捜査の進展とともに、意外に浸透している実態が浮かび上がってくるのかもしれません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/08 02:32
裁判員裁判で無罪の覚せい剤輸入事件、2012年4月4日現在でのまとめ
英国籍男性による覚せい剤輸入事件の控訴審で、東京高裁は、裁判員裁判による無罪の判決を破棄し、被告人に懲役10年、罰金500万円の逆転有罪を言い渡しました。(下記Cの控訴審) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/04 23:30
メキシコの麻薬カルテルと覚せい剤3
●密造覚せい剤は北へ向かう もともとメキシコの薬物犯罪組織は、アメリカの巨大市場に向けて各種薬物を供給することで、勢力を拡大してきました。覚せい剤の場合も、その主要なターゲットはアメリカです。メキシコからアメリカへ、あらゆる手段を利用して密輸されており、近年では国境を潜り抜ける秘密の地下トンネルや、潜水艇、超軽量飛行機など、新手の密輸手段の摘発が続いています。 2010年、アメリカ合衆国のメキシコ国境地帯での薬物押収量は、コカイン約17.8トン、メタンフェタミン(覚せい剤)約4.5トン、大麻... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/02 23:50
メキシコの麻薬カルテルと覚せい剤2
● 化学工場並みの設備と規模の密造所 これまで、公的機関の発表を通じて私たちが触れてきたメタンフェタミン(覚せい剤)の密造所といえば、バラック建ての作業小屋の床に無数のポリタンクやドラム缶が並ぶといった、いかにも粗末なものでした。ところが、最近メキシコで摘発される密造所のケースでは、まったく異なる光景に出会うのです。 たとえば、今年2月に15トンという記録的な覚せい剤が押収されたハリスコ州の密造所のケースでは、ニュース画面は本格的な化学工場並みの装置の一部を捉えています。また、2011年7月... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/31 23:31
メキシコの麻薬カルテルと覚せい剤1
3月26日、覚せい剤5250グラムをメキシコから密輸入したとして メキシコ国籍の男性が再逮捕されたというニュースが報じられました。 容疑者は仲間と共謀の上、メキシコ国内の郵便局からサプリメントを装って2回にわたり覚せい剤を日本に送ったほか、工業用水ポンプのシリンダー内に覚醒剤を隠すなどして、2回にわたり覚せい剤を密輸入しており、一連の事件で押収された覚せい剤は合計5キロを超えるといいます(下記資料@)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/30 23:49
掲示板管理者と薬物犯罪のあおり・そそのかし
薬物密売の書き込みで、しばしば名前があがる巨大掲示板2ちゃんねるの関係先に対し、警視庁が捜索を行ったと報道されています。覚せい剤などの密売を広告する書き込みを削除せずに放置したことが、麻薬等特例法(あおり・唆し)の幇助に当たるとして、警視庁は捜索に踏み切ったと伝えられています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/03/08 03:47
最高裁は無罪を支持|チョコレート缶覚せい剤密輸事件
1審の裁判員裁判で無罪、その後高裁判決では逆転して有罪となり、上告審で審理されていた覚せい剤輸入事件(仮称チョコレート缶覚せい剤輸入事件)について、最高裁判所が判決を言い渡しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/02/14 08:33
2011薬物密輸動向|税関の報道発表
本日、財務省が2011年の税関での密輸取締り状況を発表しました。昨年、全国の税関で摘発された覚せい剤密輸件数は、過去最多の185件、押収された覚せい剤は約402kgにのぼりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/06 23:48
年末年始は薬物密輸がザクザク
この数日、薬物密輸事件の報道発表が続いています。そういえば、今頃はこの年末から年明けにかけて逮捕された被告人が勾留の満期を迎えて、事件が起訴される頃にあたるので、事件発発表も相次ぎます。今年も、年末繁忙期に摘発された薬物密輸事件が、そろそろ出揃ったようです。 貨物も旅行客も一気に増えるこの時期には、例年、薬物密輸もピークを迎えるのですが、今年もまた、多彩です。しかも、航空機利用の旅客による携帯密輸から、国際郵便、コンテナ貨物と、密輸の手口もバラエティに富んでいて、まるで薬物密輸の見本帳のような... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/20 23:47
あへん密輸は基幹産業並み|アフガニスタンあへん調査
国連薬物犯罪事務所(UNODC)が「2011年版アフガンあへん調査Afghan Opium Survey for 2011」を発表しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/13 23:48
死者47,515人に、メキシコの薬物戦争
国境地帯のあちこちで日ごとに凄惨な死体が発見されているメキシコ。メキシコ政府は、2011年1〜9月の9か月間で、麻薬カルテルとの薬物戦争に関連した死亡者数は12,903人と発表しました。 メキシコでは、2006年末にカルデロン大統領が麻薬カルテルの制圧を宣言して以来、麻薬取引に関連した暴力行為が急速に増加し、殺害事件による死亡者数が増加し続けていました。「薬物戦争」と呼ばれる状態が続くなかで、今回発表された数字を加えると、2006年以来の累計で47,515人の犠牲者が出たことになります。 メ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/12 14:44
縮小期の覚せい剤市場|薬物問題2012
前々回の記事の続編です。 日本の薬物乱用の中心を構成してきた覚せい剤の市場は、いま、長期的な縮小傾向をみせています。縮小期と考える根拠は、@末端での密売価格が高水準を維持して品不足を示している、A覚せい剤取締法違反での検挙者が減少している、B検挙者の平均年齢が上がり高齢化がみられる、C検挙者中の若年初犯者が減少している、などです。 しかし、さすがの縮小トレンドもそろそろ底を打った様子です。2001年ころから高騰していた末端での覚せい剤密売価格が、この数年、少しずつ値下がりし始め、市場に供給さ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/09 23:57
ナイジェリア国際空港の運び屋たち
わが国の空港では、いま西アフリカからの覚せい剤密輸摘発が増え続けています。彼らの出発地のひとつが、ナイジェリアの国際空港ですが、その出発前の検査でも、多数の密輸犯が摘発されています。ナイジェリアのニュースから紹介します。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/12 23:54
千葉地裁、覚せい剤輸入に無罪判決の続報
前回の記事の続報がいくらか報道されています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/12/11 23:55
千葉地裁、覚せい剤輸入の裁判員裁判で無罪
折から、昨日の記事の続報が入りました。 今日、千葉地裁の裁判員裁判で、覚せい剤を営利輸入したとして起訴されていた女性被告人に対して、また無罪の判決が言い渡されたそうです。現時点では、簡単な第一報が発表されているだけで、事件の内容や裁判所の判断については伝えられていません。追って、もう少し詳しい内容が報道されるのを待ちたいと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/09 22:12
裁判員裁判で無罪の覚せい剤輸入事件、また逆転有罪
覚せい剤密輸事件の控訴審で、今日、東京高裁は被告人を有罪として懲役12年、罰金600万円を言い渡しました。第1審は裁判員裁判として東京地裁で審理され、今年7月に無罪判決が出ていたものです。 裁判員裁判で審理された覚せい剤輸入事件では、相次いで5件の全面無罪判決が出されて話題を集めてきました。うち捜査段階で問題のあった1件は、検察側が控訴を断念したと伝えられ、判決が確定していますが、他の4件については、無罪の判決を不服として検察官が控訴を申したてており、これまでに控訴審判決の出た2件がいずれも逆... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/08 23:59
コントロールド・デリバリー|航空便で大麻樹脂6キロ
航空便で送られた貨物の中に隠された大麻樹脂6キロを密輸したとして、荷物の受取人が逮捕されたとニュースが伝えています。税関検査で大麻樹脂が発見され、ライブ・コントロールド・デリバリーが実施されたようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/30 22:52
香港でコカイン押収が増加、日本でも・・・?
先日、関西空港でコカイン13キロという密輸事件の摘発がありました[1]。 そういえば、東京税関が今年1−9月の密輸摘発の状況を発表した資料でも、コカインの押収量は24キログラムを超えており、前年同期比(押収量)で1899.0%という増加を示しています[2]。今年の集計では、コカインの密輸摘発重量は数年ぶりの高いレベルになりそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/28 23:49
船員による覚せい剤密輸|岡山港で覚せい剤3キロ
覚せい剤密輸の摘発が増加していると、東京税関が11月上旬に発表していました。東京税関が摘発した覚せい剤密輸事件が大幅に増え、平成23年1月から9月までに東京税関が押収した覚せい剤は213キログラムで昨年同期の143%と大幅に増加(不正薬物全体の押収量は270s)しているといいます。 近年では、警戒が手薄だと思われがちな地方空港や港からの密輸が目に付きますが、今日は、岡山港で船員による覚せい剤密輸が摘発されたというニュースがありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/26 23:27
運び屋の雇い主に迫る|覚せい剤密輸
このところ、覚せい剤密輸の首謀者の検挙に向けて、警察の懸命な捜査が行われているようです。運び屋が摘発され、大量の覚せい剤が押収されると、世間の目は密輸事件の犯人として運び屋に集まります。でも、運び屋の背後で糸を引く雇い主の姿は、なかなか見えてきません。 それでも捜査陣の努力によって、密輸計画を取り仕切る暴力団などの存在が、少しずつ明らかにされているようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/23 17:44
インターネットで薬物チャット|中国で12000人を逮捕
中国では、インターネットの会員制交流サイトで薬物乱用者のコミュニティが活発化、当局の一斉取り締まりが行われ、約12000人が逮捕されたというニュースがありました。10月30日の英語版中国ニュースから紹介します。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/12 23:51
インターネット利用の密売グループ11人逮捕
11月12日加筆 数字の誤記があったので、下線部分を訂正しました。 ***** ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/11 23:56
在日ブラジル人がコカイン13キロを密輸
日本に在留する外国人では、中国人、韓国人に次いで多いのがブラジル人で、しかもその祖国は、コカインの国際流通にとって欠かせない中継地となっているという事情にもかかわらず、これまで、在日ブラジル人が薬物密輸事件に関係した例は、ごく限られていました。ところが、そのブラジルから、1度に約13キロという大量のコカインが関空に運び込まれた密輸事件。薬物密輸の仕出し地としてのブラジルを見直しておきましょう。 <大阪税関の報道発表> ■ブラジル来のコカイン密輸入事犯を摘発 (2011.11.8 ) htt... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/11/10 00:54
中国・大連に覚せい剤密輸拠点|暴力団関係者を逮捕
中国からの覚せい剤密輸を指示していたとして、暴力団の組長2人が逮捕されたとニュースが伝えています。仲介役とみられる組長は、密輸の直前、中国への渡航を繰り返していたといいます。 先に逮捕された実行役の男の妻は、中国・大連で覚せい剤1.8キロを所持しているところを摘発され、覚せい剤は中国の警察に押収されています。 中国東北部に活動拠点を設け、現地の薬物組織と連携して、日本に覚せい剤を密輸する・・・日本の暴力団が関係する覚せい剤の国際流通の大きな輪が、またひとつ明らかにされようとしています。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/02 00:31
マレーシアで日本女性に死刑の判決|薬物密輸
<ニュースから>***** ●37歳邦人女性に死刑判決 覚醒剤持ち込み マレーシア 覚醒剤を持ち込んだとして危険薬物不正取引の罪に問われた元看護師、竹内真理子被告(37)の判決公判が25日、マレーシアの首都クアラルンプール郊外の高等裁判所で開かれ、死刑判決が言い渡された。 同国では一定量以上の薬物所持で有罪が確定した場合の法定刑は死刑。起訴状によると、竹内被告は2009年10月、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイからクアラルンプール国際空港に到着した際、スーツケースに覚醒剤約3・5キロを隠... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 70 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/25 20:37
コロンビアでコカインの「メガラボ」を摘発|薬物犯罪組織の実態
コロンビア警察は、コロンビア東部メタ州で、最大級のコカイン密造所を摘発したと発表しました。BBCラテンアメリカが、この巨大密造所の様子を写真ニュースで報じています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/10/16 23:53
タイの覚せい剤事情|世界ATSアセスメント7
タイで船積みされた家具に隠した、覚せい剤約17キロの密輸が摘発されたと、ニュースが伝えています。数年来、押収が少なかった船便貨物を利用した密輸ですが、6月に横浜港で発見された自動車の燃料タンクを利用した密輸に続いての摘発。船便貨物利用の密輸は、1回に運ぶ量の多さが特徴です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/07 22:29
トルコから国際宅配便で覚せい剤密輸
<ニュースから>***** ●カレールーと梱包 覚醒剤約2キロ密輸容疑でトルコ人を逮捕 航空便で密輸された覚醒(せい)剤を受け取ったとして、警視庁組織犯罪対策5課と東京税関などの共同捜査本部は、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)の疑いで、トルコ国籍で東京都板橋区、バイク店経営の容疑者(41)を逮捕した。 同課によると、容疑者は、知人のイスラエル国籍の男(37)から荷物の受け取りを頼まれており、同課は同法違反容疑で男の逮捕状を取って行方を追っている。男はすでに出国している。容疑者は調べに、「... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/09/30 01:53
メキシコ発の覚せい剤密輸|世界ATSアセスメント6
国連薬物犯罪事務所(UNODC)が発表したATSに関する報告書を手がかりに、わが国に流入する覚せい剤の産地や流通ルートの新たな流れを探っています。 ここでは、とくに記載しない場合、出典は『2011年版世界ATSアセスメント2011 Global ATS Assessment』です。他の資料に基づいている箇所では、出典を示しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/26 22:45
韓国でもアフリカ発密輸が急増|世界ATSアセスメント5
今日は、国連薬物犯罪事務所(UNODC)が発表したATSに関する報告書『2011年版世界ATS報告書』に関する連載記事の番外編です。世界的な視野でメタンフェタミンの流れをとらえた場合、日本と韓国はいろんな意味でひとくくりに位置づけられるようで、この報告書では、日本と韓国はワンセットの覚せい剤市場として扱われています。 たしかに、薬物乱用の状況がそれほど深刻ではない点も、乱用される薬物の代表が覚せい剤である点も、日本と韓国の事情はよく似ているようです。 その韓国から、覚せい剤密輸が急増、しかも... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/24 23:40
イラン系薬物犯罪組織|世界ATSアセスメント4
国連薬物犯罪事務所(UNODC)が発表したATSに関する報告書を手がかりに、わが国に流入する覚せい剤の産地や流通ルートの新たな流れを探っています。 ここでは、とくに記載しない場合、出典は『2011年版世界ATSアセスメント2011 Global ATS Assessment』です。他の資料に基づいている箇所では、出典を示しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/20 21:10
新たな供給ルート|世界ATSアセスメント3
国連薬物犯罪事務所(UNODC)が発表したATSに関する報告書を手がかりに、わが国に流入する覚せい剤の産地や流通ルートの新たな流れを探っています。 ここでは、とくに記載しない場合、出典は『2011年版世界ATSアセスメント2011 Global ATS Assessment』です。他の資料に基づいている箇所では、出典を示しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/19 23:43
覚せい剤流通の変化|世界ATSアセスメント2
9月13日、国連薬物犯罪事務所(UNODC)は、世界のATS状況に関する重要な報告書『2011年版世界ATSアセスメント2011 Global ATS Assessment』を発表しました。 報道発表のタイトルは、「ATS:世界で2番目に乱用されているタイプの薬物」というもの。世界でもっとも広く乱用されているのは大麻ですが、これに次ぐ第2位の薬物としてATSが急速に浮上しており、世界の不法薬物の流通にも変化が生じていると、この報告書は警鐘を鳴らしています。 ATSとは、アンフェタミン型興奮剤... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/18 17:28
西アフリカと覚せい剤|世界ATSアセスメント
またしてもアフリカ発覚せい剤密輸が摘発されたと、ニュースが報じています。今度は西アフリカからの密輸。ナイジェリアの隣国カメルーンから、覚せい剤を飲み込んで密輸した事件です。現在のニュースでは、密輸の経緯がよくわかりませんが、いずれ明らかになることでしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/14 23:20
どこまで続くアフリカ発覚せい剤密輸
またしても、アフリカ発の覚せい剤密輸です。近年、わが国で摘発される覚せい剤密輸の仕出し地として、目を引くのがアフリカ。ナイジェリア周辺の西アフリカ諸国とともに、南アフリカ発の密輸も多数に上っています。実は、南アフリカは覚せい剤(メタンフェタミン)の乱用が多い地域のひとつなのです。私たちにはなじみのない国ですが、遠いアフリカの新興国と覚せい剤の接点を探ってみましょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/12 23:56
ネット上の薬物密売が変わってきた?
ネット上で薬物を密売したとして逮捕されたのが暴力団関係者、しかも押収された薬物はけっこう大量で多種類。ネットでの薬物密売の様相に、少し変化が生じているのかもしれません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/27 02:11
紙ではさんで書類に偽装|コカイン密輸の新手口
<ニュースから> ●書類装いコカイン密輸容疑 元組員2人逮捕 大阪府警 大阪府警は、コカインを国際郵便で密輸したとして、いずれも元暴力団組員のTと、Fの両容疑者を麻薬取締法違反(営利目的輸入)などの疑いで逮捕したと、8日発表した。ともに容疑を否認しているという。 府警によると、T容疑者は2月にコカイン約400グラム(末端価格約2400万円)を、F容疑者は3月に約260グラム(同約1560万円)を、それぞれ国際郵便でアルゼンチンから関係先に送らせ、密輸した疑いがある。 関西空港での検... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/08 23:53
NYで高純度覚せい剤を大量押収|DEAが発表
アメリカ合衆国の麻薬取締局(DEA)は、ニューヨーク市を拠点とする麻薬組織の首領など4人を逮捕し、記録的な量のメタンフェタミンとヘロインを押収したと発表しました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/02 23:41
覚せい剤密輸過去10年で最多|税関が発表
<ニュースから> ●東京税関では覚せい剤密輸摘発が過去10年で最多 覚せい剤密輸、過去10年で最多=上半期、震災利用の犯行も−東京税関 東京税関は1日、1〜6月に同税関が摘発した覚せい剤密輸事件は、前年同期の2倍の77件、押収量は同1.9倍の138キロで、ともに過去10年で最も多かったと発表した。ビニールなどで包み小分けにした覚せい剤をのみ込み、空路で密輸しようとする例が急増したほか、東日本大震災を理由に入国しようとしたケースもあった。 同税関によると、密輸形態別の内訳は、航空機利用が7... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/01 23:56
イラン人密売組織|薬物犯罪組織の実際6
長い間、日本の薬物密売は暴力団によって支配されてきました。表面的には暴力団に関係していない零細な密売人でも、彼らが扱う覚せい剤の出所をたどれば、どこかで暴力団に行き着くことになります。 また、独自の組織力をもつイラン人などの密売組織も、従来は、覚せい剤の供給源を地域の暴力団に頼ってきました。彼らは大麻やコカインなどは同国人などのネットワークを通じて独自に仕入れることも多いのですが、覚せい剤は暴力団から仕入れ、さらに、地域の暴力団に上納金を支払って、その縄張り内で密売を行っている実態も確認されて... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/27 23:51
平成23年警察白書が発表されています
警察庁は、先週末に、『平成23年警察白書』の概要版を発表しました。 ■ 平成23年警察白書・要約版 http://www.npa.go.jp/hakusyo/h23/youyakuban/youyakubann.pdf ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/25 23:57
末端密売価格|薬物犯罪組織の実際5
私がこれまでに経験した多数の事案から、似たものを選び出して混ぜ合わせた架空の事例を通じて、薬物密売組織の実際の姿を語っています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/24 23:07
メキシコで大量の覚せい剤原料を発見
AP通信メキシコシティ発のニュースが、メキシコで最大規模の覚せい剤原料が押収されたと報じています。しかも、その内容は、覚せい剤密造技術の変化を示しています。覚せい剤原料の規制を強める政府に対抗して、メキシコのカルテルは、新たな密造原料に切り替えて、再び、覚せい剤密造を加速させているようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 7

2011/07/22 23:48
イランは薬物犯罪組織と対決、第二のメキシコになるのか?
このところ、イラン政府の薬物密輸への取り組みが、国際社会の注目を集めています。アフガニスタン産のヘロインの密輸ルートに当っているイランは、国内で深刻な薬物乱用者の増加を抱え、また不安定な国境地域の治安にも悩まされているといいます。 薬物密輸組織と徹底的に戦うというイランに、国際社会は強力な支援を約束していますが、そういえばこの流れは、数年前にメキシコの大統領が麻薬カルテルとの全面対決を打ち出したときと似ている気がしてなりません。メキシコではいま、軍事力を動員しての制圧によってカルテルによる暴力... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/21 23:27
暴力団X組|薬物犯罪組織の実際4
私がこれまでに経験した多数の事案から、似たものを選び出して混ぜ合わせた架空の事例を通じて、薬物密売組織の実際の姿を語っています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/20 23:45
密売トラブル|薬物犯罪組織の実際3
薬物密売組織の実際について語っています。ここで取り上げるのは、私がこれまでに経験した多数の事案から、似たものを選び出して混ぜ合わせた架空の事例です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/19 23:51
密売人A|薬物犯罪組織の実際2
薬物密売組織の実際について、最近の薬物事件を通じて語っています。ただし、ここで私が語るのは、これまでに経験した多数の事案から、似たものを選び出して混ぜ合わせた架空の事例です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/18 23:56
西アフリカ発の覚せい剤密輸、関空で摘発
<ニュースから> ●覚醒剤密輸:ベナンから、容疑で男逮捕−−関西国際空港 /大阪 西アフリカのベナンから覚醒剤を密輸しようとしたとして、大阪税関関西空港税関支署と関西空港署は15日、隣国トーゴ在住の自称レストラン・マネジャー(52)=イタリア国籍=を覚せい剤取締法違反(営利目的密輸)の疑いで逮捕、送検したと発表した。ベナンからの覚醒剤持ち込み摘発は開港以来初めて。 毎日新聞 7月16日(土)14時6分配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=2011071... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/17 22:52
売り子|薬物犯罪組織の実際
薬物密売組織・・・わかっているようでも、その実際の姿はあまり知られていません。テレビドラマや犯罪小説が描き出す、和製マフィアのような姿とは、必ずしも一致しない部分もあります。また、時代とともに大きく変化している部分もあります。 そこで、薬物犯罪組織の実際について、最近の薬物事件を通じて語ってみようと思います。ただし、私たち弁護士は担当した事件やその当事者に関して、守秘義務を負っているので、具体事例をあからさまに話すわけにはいきません。だから、ここで私が語るのは、これまでに経験した多数の事案から... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/16 02:43
暴力団組員が薬物密売で逮捕
たまたま暴力団組員による薬物密売のニュースが続きました。 <ニュースから> @大麻販売目的で所持、容疑の組員逮捕 大麻取締法違反の疑いで逮捕されたのは住吉会系暴力団組員の容疑者(40)で、今年5月、東京・千代田区のマンションの部屋に大麻など、およそ2.4キログラムを隠し持っていた疑いがもたれています。容疑者はその後、起訴されました。 警視庁によりますと、被告は去年秋ごろからスナック菓子の袋の中に大麻などを入れ、全国に発送していた疑いもあるということで、警視庁は月に数百万円の売り上げがあっ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/12 23:41
続・北朝鮮からの密輸薬物
北朝鮮製の麻薬・覚せい剤の問題に触れたついでに、もう少し続報を。以前から、北朝鮮からの麻薬密輸問題を告発し続けているのが、アメリカ国務省が発表している『国際麻薬統制戦略報告書International Narcotics Control Strategy Report (INCSR)』です。その第1部の各国レポートは、世界各国の麻薬情勢をかなり具体的に報告しています。 INCSRレポート2011年版から、北朝鮮の項をみておきます。(North Korea/pp.432) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/07 11:52
北朝鮮からの密輸薬物、中国と韓国が連携で取り締まり
国際ニュースの小さな記事が、北朝鮮から密輸される薬物の問題について報じています。中国と韓国が協力して、取り締まりにのり出したそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/07/06 23:39
外国で死刑に直面している国民に支援|インドネシア
中国の新華社ニュース英語版が、ちょっと興味深い記事を掲載しているので、その概要を紹介します。 <ニュースの概要> ●インドネシア人200人が外国で死刑に直面している 外国にいるインドネシア人の少なくとも200人が、薬物取引や殺人で死刑に直面していると、ユドヨノ大統領がジャカルタで語った。インドネシア人が死刑判決を受けて拘束されている国はサウジアラビア、マレーシア、中国。事件の70%は薬物取引であり、20%は殺人だという。 大統領は、在外インドネシア人の司法手続きを支援する特別チームを立ち... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/07/03 00:29
覚せい剤密輸、裁判員裁判で5件目の無罪判決
<ニュースから> ●裁判員裁判で8例目の全面無罪 東京地裁 メキシコから覚醒剤を密輸しようとしたとして、覚せい剤取締法違反と関税法違反の罪に問われたメキシコ国籍の無職、マウリシオ・ガルシア・ルイス被告(34)の裁判員裁判の判決公判が1日、東京地裁で開かれた。合田悦三裁判長は「犯罪組織関係者との共謀に疑いがある」として、無罪(求刑懲役15年、罰金800万円)を言い渡した。 裁判員裁判の全面無罪は8例目で、うち5例が覚醒剤事件。合田裁判長は「証拠収集に難しい点があるのも事実だが、有罪の証明の程... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/02 00:58
海岸にケタミンが漂着、そういえば去年も沖縄でこんなことがあった
<ニュースから> ●海岸に麻薬ケタミンが漂着、末端価格は約2800万円相当/神奈川 県警薬物銃器対策課は28日、今月に入って横須賀市と三浦市の海岸で、麻薬取締法で輸入などが禁止されている麻薬ケタミンが入った紙包み2個が漂着していたと発表した。見つかったのは、計約4キロで末端価格は約2800万円相当という。ほかにも漂着している可能性があり、同課は同法違反容疑で捜査するとともに、発見した際は通報するよう呼び掛けている。 同課によると、15日午後2時55分ごろに横須賀市津久井1丁目の海岸で、26... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/30 23:17
輸入車タンクに覚せい剤水溶液、この手口はまるでメキシコ流
横浜港に輸入された中古車のガソリンタンクから大量の覚せい剤水溶液が見つかった事件、3月にも同様の手口で覚せい剤を密輸したとして、被疑者3人を再逮捕、新たに1人を逮捕したと、今日のニュースが報じています。 いっぽう、一連の大規模輸入のようすも、少しずつわかってきたようですが、細部を知るほどに、この密輸の手口は、メキシコ流に思えてきます。この密輸のニュースに最初に接したとき、私は、てっきりメキシコからの密輸だと早合点したものです。メタンフェタミンの密造が盛んに行われているメキシコから、水溶液や液体... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 1 / コメント 1

2011/06/25 23:12
麻薬探知犬が大麻入りケーキを発見
名古屋税関の麻薬探知犬ハーティ号が、国際小包郵便で送られた大麻ケーキなどを発見したとニュースが報じています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/21 22:30
ナイジェリアから覚せい剤飲み込み密輸|大阪で覚せい剤密輸摘発ラッシュ
大阪発の覚せい剤密輸摘発のニュースが続きました。関空ではナイジェリア発の覚せい剤飲み込み密輸、もう1件は上海発の航空貨物に隠匿した覚せい剤2キロの事件。世界中から、日本に向けて覚せい剤が送り込まれてきています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/05/10 23:52
世界を飛び回る薬物|福岡空港で覚せい剤密輸を摘発
<ニュースから> ●<覚醒剤>フランスから2.6キロ密輸入容疑 ポーランド人女性逮捕 福岡県警と福岡空港税関支署は2日、フランスから覚醒剤約2・6キロ(末端価格約2億4000万円)を密輸したとして、ポーランド女性の自称デザイナーを覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)容疑で逮捕したと発表した。同日、福岡地検は同法違反罪などで容疑者を起訴した。 起訴状によると、4月10日午後7時40分ごろ、フランスから韓国を経由して福岡空港に到着した際、覚醒剤をスーツケースに隠して密輸しようとしたとされる。県警... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/05 23:41
震災の陰で覚せい剤密輸|東京税関の発表
東京税関が今日、今年1月〜3月期の覚せい剤密輸摘発状況を発表しました。昨年あたりから目に付き始めた、1件あたりの密輸量の大口化が、いっそう進行しているようです。とくに、震災後に大口化傾向が目立つと、時事通信のニュースは報じています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/27 23:49
大阪VS東京|覚せい剤密売風土の違い
たまたま、昨日の産経ニュースに、大阪で元高校の講師が覚せい剤事件で逮捕されたという記事が出ていました。一般人が少量の覚せい剤を所持したという、どこにでもある事件ですが、この記事を読んで「またしても」と思ったことがありました。この人が覚せい剤を買った場所が、大阪のドヤ街と呼ばれる○○地区だったのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 1

2011/04/25 02:06
高齢者運び屋の裁判員裁判が千葉で開始
<ニュースから> ●覚醒剤密輸:70歳被告、生活苦か 検察側証人、高齢者を「運び屋」に /千葉 覚醒剤密輸の罪に問われた70歳の女性は心臓が悪くて働けず、過去に多額の借金があったのか−−。生活苦の高齢者が覚醒剤の密売組織に「運び屋」に仕立てられたとされる事件が昨年摘発された。「運び屋」を務めたとして覚せい剤取締法違反などの罪に問われた東京都渋谷区の無職被告(70)の裁判員裁判が21日、千葉地裁で始まり、被告は無罪を主張した。 起訴状によると被告は昨年10月10日、スーツケースに隠した覚醒剤... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/22 23:46
覚せい剤密輸か?北朝鮮で日本人が拘束される
●北朝鮮、邦人3人拘束し1人釈放 麻薬密輸容疑か 【北京共同】北朝鮮当局が3月中旬、日本人男性3人を拘束したことが20日分かった。麻薬を密輸しようとした容疑で拘束されたとみられ、うち1人は釈放されて日本に帰国したが、2人はまだ拘束されている。関係筋が明らかにした。 日本政府は拘束情報を把握しており、北朝鮮の出方を見極め慎重に対処する方針。枝野幸男官房長官は20日午前の記者会見で「事案の性質上、コメントを差し控えたい」と述べた。 関係筋によると、拘束中の2人は関東在住の40代と30代の男性。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/20 23:24
輸入事犯の場合|英国の量刑ガイドライン4
英国(イングランド及びウェールズ)で薬物事犯者の量刑ガイドライン作成が進んでいます。一般からの意見聴取のために公表された草案に沿って、薬物犯罪の量刑の決め方をみていきます。 [参照] 量刑委員会の草案:Drug Offences Guideline ―Public Consultation http://www.sentencingcouncil.org.uk/docs/Drug_Offences_Guideline_Public_Consultation_(web).pdf ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/01 23:06
覚せい剤輸入、1審の無罪判決に逆転有罪
<ニュースから> ●裁判員裁判:初の全面無罪を破棄…東京高裁が有罪判決 覚醒剤約1キロをチョコレート缶に詰めてマレーシアから密輸したとして、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)などに問われ、裁判員裁判で初めて全面無罪となった被告の控訴審で、東京高裁は30日、1審・千葉地裁判決を破棄し、懲役10年、罰金600万円(求刑・懲役12年、罰金600万円)の判決を言い渡した。 小倉正三裁判長は「1審は証拠の評価を誤り事実を誤認した」と述べた。(略) 被告は「土産物として缶を預かっただけで中身は知らな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/03/31 00:56
国際郵便での密輸|覚せい剤輸入事件
<ニュースから> ●覚醒剤5億4000万円分密輸入容疑 中国人を逮捕  覚醒剤を密輸入したとして、警視庁組織犯罪対策5課は25日、覚せい剤取締法違反(覚せい剤輸入)の疑いで、中国籍の会社員を逮捕した。 同課によると、容疑者は「借金が190万円あった。取り立て屋から日本に行って荷物を受け取る仕事をすれば、借金が帳消しになるといわれた」と供述しているという。 逮捕容疑は、1月31日から2月2日にかけて、段ボールに4袋に分けて詰めた覚醒剤約6000グラム(末端価格約5億4000万円)を香港国際... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/27 21:31
運び屋は高齢者|薬物密輸の裏側
先日東京税関の発表にもあったように、近年目に付く特徴のひとつが、高齢の運び屋の関与。薬物の運び屋というと、暴力団に関係する屈強な男性を思い浮かべる方が多いようですが、実際に検挙される運び屋の多くはそんな先入観とかけ離れた人たちです。2000年ころ急増したのが若い女性、次いで母子連れや未成年が目に付くようになり、この2、3年はいろんな国籍の高齢者が増えていました。障害を持つ人が利用されたこともあります。いかにも薬物密輸と関係なさそうに見える人たちに、税関での検査も甘くなりがちだと読んで、あえてこう... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

2011/02/15 23:58
薬物密輸への取り組み|密輸組織を知る1
覚せい剤密輸の摘発件数が増えているという発表に接して、このところ毎日のように薬物密輸について話し、考えています。 私の手元には常に進行中の薬物密輸事件があり、これまでに、組織ぐるみの連続密輸から臨時雇いの運び屋の事件まで、様々なタイプの事件を担当してきました。だから薬物密輸の現況について比較的よく知っているつもりですが、それでも、全体像が見渡せないもどかしさを感じています。私たちが「薬物密輸事件」と呼んでいるものは、世界を包む組織犯罪のほんの一部分、トカゲの尻尾に過ぎません。切り落とされた尻尾... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 1

2011/02/14 23:59
西アフリカから覚せい剤|東京税関の密輸レポート2
引き続き、東京税関が発表した2010年の密輸事犯の摘発レポートから。2010年では、西アフリカ諸国及び南アフリカからの覚せい剤密輸入事犯が爆発的に増加、アフリカ来の押収量が前年の21倍となったと報告されています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/12 01:54
覚せい剤密輸摘発3日に1件|東京税関の密輸レポート
2月7日、東京税関が2010年の密輸事犯の摘発状況等を発表しました。ますます増加する航空機旅客による覚せい剤密輸。成田空港を抱える東京税関はわが国の薬物密輸摘発の最前線で、2010年では全国の税関で押収された覚せい剤の80%が東京税関で押収されたということです。 この状況を重要視してか、今年の発表内容はとても詳細で、報告書にざっと目を通すだけで、覚せい剤密輸の現況がわかります。東京税関のHPに詳しい資料が掲載されていますので、ぜひご覧ください。 ■東京税関HP  http://www.cu... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/02/10 23:59
羽田でも成田でも 覚せい剤密輸摘発
先週末2月4日は、覚せい剤密輸がらみニュースが続々でした。オープンした羽田国際線での密輸摘発第1号はマレーシア発の覚せい剤1.6キロ。成田空港では、カメルーン発の覚せい剤1キロ。また、1審の千葉地裁で無罪判決が出た事件の控訴審の公判が東京地裁で開かれたという報道もありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/06 23:48
航空機+高齢者≒覚せい剤|2010年の税関による密輸取締り状況
本日、平成22年の全国の税関における関税法違反事件の取締り状況が発表されました。前年から引き続き、覚せい剤密輸の摘発件数が高水準でした。 [参照] ●報道発表・平成22年の全国の税関における関税法違反事件の取締り状況 財務省>http://www.mof.go.jp/jouhou/kanzei/ka230203a.htm ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/03 23:10
今年も覚せい剤密輸ラッシュ
2011年1月もまた、覚せい剤密輸の報道が続きました。西アフリカ発と思われる事件、中東発や東アジア発、到着場所も成田空港、関西空港、大阪港と多彩、覚せい剤密輸のいろんなパターンが顔をそろえました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/01 22:40
密造の実態|アメリカのメタンフェタミン対策4
●2009年、メタンフェタミン密造所の摘発が増加 前記事でも書いたように、2005年のコンバット・メタンフェタミン法の施行で、アメリカのメタンフェタミン密造には歯止めがかかり、摘発される密造事件は減少していましたが、2009年には摘発件数が急増し、密造が再び増加しているとみられます。 もともとアメリカで摘発されるメタンフェタミン密造所は、数は多いものの、そのほとんどが小規模なもので、アメリカで消費されるメタンフェタミンの最大供給源はメキシコなのです。とくに、2005年以降、アメリカでのメタン... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/30 23:40
データ管理の功罪|アメリカのメタンフェタミン対策3
再びAP通信社の「APインパクト:トラッキング法の陰で活気付くメタンフェタミン」という記事に戻って、アメリカのメタンフェタミン密造問題を考えてみましょう。 [参照] AP IMPACT: Meth flourishes despite tracking laws(Jan 10, 2011) http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5iHhoQ0Kc7zuwJDCYkdjkRCwB47Xg?docId=3758fd7c9cb7452e... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/29 22:48
スマーファーの増加|アメリカのメタンフェタミン対策2
覚せい剤密造の原料として使われる風邪薬の販売を監視する、電子追跡システムの導入がもたらした副作用のひとつが、スマーフィングという、新しい薬物犯罪です。前記事に添えたビデオは、ミズーリ州でのスマーファーの逮捕シーンから始まっています。 逮捕の場所はメタンフェタミン密造所ではなく、ドラッグストアーの前。どこの薬局でも売っている風邪薬を制限量を超えて購入しようとした男性が、逮捕された瞬間です。メタンフェタミン密造の原料に使われるエフェドリンやプソイドエフェドリンを含む風邪薬を販売制限の対象にしたのは... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/28 23:43
覚せい剤密輸、次々に無罪判決
今日、大阪地裁で裁判員裁判として審理されていた覚せい剤密輸事件で、また無罪判決がでました。 裁判員が参加することで、認定の仕方に少し変化が出始めているのかもしれません。 今の時点では、判決の詳細も報道されていませんが、後刻、もう少し情報が出てくることでしょう。とりあえず、第一報を報じたニュースが発表されました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/28 17:40
データベースは犯罪者を増やすだけ?|アメリカのメタンフェタミン対策1
アメリカでメタンフェタミン(覚せい剤)の乱用が爆発的に広まった背景には、薬局で買う風邪薬を原料に、比較的簡単な装置で密造できる、というこの薬物の特徴がありました。普通の民家、ガレージ、納屋、いろんな場所でキッチン・ラボと呼ばれる小規模な密造施設が稼動し、全米にメタンフェタミン乱用が拡大したのです。 2005年ころから、メタンフェタミン対策に力が注がれ始め、密造原料に使われる風邪薬の販売にも、厳しい制約が設けられました。対象は、プソイドエフェドリンを含む風邪薬です。1人の顧客に対して販売する量が... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/01/27 23:31
覚せい剤密輸事件無罪判決に
昨24日夕刻、東京地裁の覚せい剤密輸事件で無罪判決が出たと知り、私はニュースの速報記事をいくつか開いて見ました。でも、何が無罪の決め手になったのか、なかなか核心がつかめません。そして深夜、パソコンの電源を切る前に関連ニュースの続報をざっとながめて、あ、そういうことだったのかと、少しだけ納得できた気がしました。 夕刻、急いで無罪判決の一報を報じた後、記者さんたちは、この無罪判決の核心は一体どこにあるのだろうと考え、関連取材を進めたことでしょう。次第に報道の照準が絞られ、判断の核心がくっきりと浮か... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/25 23:16
ネット上での薬物販売、警察の新捜査体制
<ニュースから> ●向精神薬4種約千錠をネット販売目的で所持、容疑で無職女逮捕/神奈川 インターネットの掲示板を使って販売する目的で、向精神薬を所持していたとして、緑署は11日、麻薬取締法違反(譲渡目的所持)の疑いで、座間市・・・無職の女の容疑者(24)を逮捕した。 逮捕容疑は、昨年10月20日、販売目的でネットの掲示板に向精神薬の種類や値段などを書き込んだ上、同年12月8日に自宅で睡眠導入剤のハルシオンなど計4種約千錠を所持していた、としている。 同署によると、同容疑者は「自分で使用す... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/12 23:56
イランで薬物密輸犯7人に死刑執行
いささか時期遅れですが、年末年始に取り上げ損ねていた話題をひとつ。日本ではまだお正月気分だった1月3日、イランで、薬物密輸で死刑判決が確定していた7人に対して死刑が執行されていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/11 22:52
メキシコの麻薬カルテルが休戦宣言
あけましておめでとうございます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 1

2011/01/04 23:57
覚せい剤はどこから来るのか|西アフリカの薬物密輸組織
ギニアビサウ・・・これは西アフリカの小さな国の名です。人口170万人、1人当たりGNPが250ドル(2008年世銀、日本の2009年1人当たりGDPは39530ドル)という、この小さく貧しい国について、今年春に発表された「世界薬物報告書2010年版」の記事を通じて、私は初めて知ったのです。 同書は、西アフリカが南米からヨーロッパへのコカイン密輸ルートの経由地となっていることに触れて、たとえばギニアビサウに見られるような政治的な不安定さや、国家指導者をも巻き込んだ薬物取引や、それに絡んだ汚職とい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/28 00:58
覚せい剤はどこから来るのか|東京税関でアフリカ発密輸が激増
今朝の朝日新聞に小さな記事が掲載されていました。東京税関が今年1月から11月末まで摘発した覚せい剤の約半分が、アフリカからの密輸によるものだそうです。 <ニュースから> ●覚醒剤摘発231キロ、10年で最多、先月末時点 ―東京税関「アフリカから」半分―  今年に入り11月末までに成田空港や東京港で摘発された覚醒剤は231キロ(末端価格208億円)に上り、過去10年間で最多だったことが東京税関のまとめでわかった。密輸の仕出し国は、昨年まで中心だったアジアに代わり、押収量の半分をアフリカが占... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/12/27 00:25
覚せい剤はどこから来るのか|国連のミャンマーATS報告書3
国連薬物犯罪事務所(UNODC)が発表した「ミャンマーのATSに関する状況評価」を通じて、アジアと日本の覚せい剤問題を考えてみます。「黄金の三角地帯」と呼ばれるミャンマー、タイ、ラオスの国境が接する地域で密造される覚せい剤は、隣接国を通じて東南アジア、東アジア一帯に流出しているとみられます。ミャンマーは、私たち日本人が直面している覚せい剤のふるさとのひとつなのです。 [出典] ■国連薬物犯罪事務所編「ミャンマーのATSに関する状況評価」 http://www.unodc.org/docum... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/24 23:39
覚せい剤はどこから来るのか|国連のミャンマーATS報告書2
国連薬物犯罪事務所(UNODC)が発表した「ミャンマーのATSに関する状況評価」を通じて、アジアと日本の覚せい剤問題を考えてみます。「黄金の三角地帯」と呼ばれるミャンマー、タイ、ラオスの国境が接する地域で密造される覚せい剤は、隣接国を通じて東南アジア、東アジア一帯に流出しているとみられます。ミャンマーは、私たち日本人が直面している覚せい剤のふるさとのひとつなのです。 [出典] ■国連薬物犯罪事務所編「ミャンマーのATSに関する状況評価」 http://www.unodc.org/docum... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/12/23 01:55
覚せい剤はどこから来るのか|国連のミャンマーATS報告書1
東南アジア、東アジア地域で、ひろく乱用されているのが覚せい剤です。この地域内に供給される覚せい剤の一大製造地とみられているのがミャンマー、とくに「黄金の三角地帯」と呼ばれるミャンマー、タイ、ラオスの国境が接する地域ですが、政治情勢の不安定さから、その実態は厚いベールに覆われてきました。 12月20日、国連薬物犯罪事務所(UNODC)は、「ミャンマーのATSに関する状況評価」を発表し、ミャンマーから流出する覚せい剤などのATS(アンフェタミン型興奮剤)が、東南アジア、東アジア全域に多大な影響を及... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/22 00:47
覚せい剤運び役女性に東京高裁が逆転無罪
<ニュースから> ●東京高裁、英国人女性に逆転無罪 覚せい剤密輸で 覚せい剤を密輸しようとしたとして、覚せい剤取締法違反などの罪に問われた英国籍の無職女性(31)の控訴審判決で東京高裁(岡田雄一裁判長)が、懲役8年、罰金400万円とした一審千葉地裁判決を破棄し、逆転無罪を言い渡していたことが15日、分かった。判決は9日付。 女性が知人から渡されたスーツケースの底に覚せい剤が入っていたことを認識していたかどうかが争点で、女性側は無罪を主張していた。検察側は上告を見送る方針で、二審の無罪判決が... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/12/17 22:11
あおり、そそのかしの適用|インターネットと薬物密売
このところ、インターネットの掲示板を利用した薬物売買に関連した検挙が続いています。 特定の顧客を持たない零細な密売人と、特定の仕入先をもたない乱用初心者を結び付けているのが、インターネット上の掲示板です。いわゆる「薬物板」などと呼ばれる掲示板には、頻繁に「売ります」「買いたい」などという書き込みがされ、こうした場が、薬物乱用の裾野を着実に広げてしまっています。 薬物乱用防止戦略加速度プランでも、「インターネットを利用した薬物事犯の取り締まり、違法情報の削除要請を徹底する」と掲げられていて、警... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/12/08 23:55
メキシコ警察、日本向けの麻薬密輸組織を摘発
先週末、メキシコで麻薬密輸組織のリーダー格とみられる日本人男性が逮捕されたと、CNNニュースが伝えています。組織は、メキシコから日本に向けて麻薬を密輸していたとされています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/06 22:46
ヒットマンは14歳|メキシコの薬物戦争
「僕はカルテルに雇われたヒットマンだった。」サンディエゴに向かう飛行機に乗ろうとして空港で逮捕された14歳の少年が、報道カメラの前で語った信じがたい物語に、いまアメリカの人たちはショックを受けています。この少年は、カリフォルニア州サンディエゴ生まれでアメリカ国籍だと伝えられているからです。 11月4日のCNNニュースがメキシコの検事総局の広報官の発表として伝えるところによると、メキシコの当局は、麻薬カルテルに雇われた殺し屋として、14歳の少年を逮捕・勾留したといいます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/05 23:47
アメリカで覚せい剤密造所を摘発
ジョージア州アトランタ郊外のごく普通の民家が、覚せい剤(メタンフェタミン)密造所として使われていたと、アメリカのメディアが報じています。 押収されたのは、結晶タイプのメタンフェタミン150ポンドと、液体メタンフェタミン200ガロン、合わせて約423キログラムのメタンフェタミンに相当する量だといいます。アメリカでの末端価格にして4460万ドル(約37億円)相当という大型押収でした。 CBSニュースによると、最近、メキシコから液体メタンフェタミンの形で密輸されたものを合衆国内で結晶メタンフェタミ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/12/01 23:31
ブラジルで薬物組織をめぐって市街戦
先週末から、ブラジルの首都リオデジャネイロのスラム地区で、麻薬組織と当局の衝突が続き、さながら市街戦のような状態になっていると、世界の主要メディアが伝えています。 市街地で銃撃戦が行われ、バスや乗用車が次々と放火され、27日までに少なくとも35人が犠牲になり、96台を越える車が放火され、逮捕者は合計174人にのぼったとCNNは伝えています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/11/30 01:03
覚せい剤はどこから来るのか|国連のATS報告書2010年版
アジア太平洋地域を中心に、覚せい剤やエクスタシー、ケタミンなど合成薬物の動向を監視しているのが、国連薬物犯罪事務所のグローバルSMART 計画。その2010年版の報告書が、11月25日に発表されました。 2010年版では、アジア太平洋地域を通じてメタンフェタミン(覚せい剤)が広まり、今やこの地域全体で、もっとも乱用が広まっている薬物はメタンフェタミンになっていると報告されています。 この報告書に沿って、アジアでの覚せい剤について、考えてみましょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/28 23:57
アレーシアで邦人女性[運び屋]の裁判|薬物密輸の問題2
<ニュースから> ●マレーシア・日本人元看護師覚せい剤事件 現地裁判所、「覚せい剤持っていた」と認定 東京・目黒区の元看護師がマレーシアの空港で覚せい剤所持の疑いで逮捕・起訴されていた事件の裁判で、現地の裁判所は、元看護師が「覚せい剤を持っていた」と認定した。 この事件は、東京・目黒区の元看護師(36)が、2009年10月、クアラルンプール国際空港で、スーツケースの中に覚せい剤3.5kgを隠し持っていたとして、逮捕・起訴されたもの。 22日午前に行われた公判で、クアラルンプール高等裁判所... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/25 01:47
[運び屋]の裏にスカウト係|薬物密輸の問題1
最近、覚せい剤密輸摘発のニュースが続いていますが、先週末、成田国際空港での覚せい剤押収量が今年、開港以来ワーストとなったと発表されました。新聞によれば、成田空港での今年の押収量は、これまで年間最多だった2004年の約102キロを既に大幅に上回り、200キロを超える勢いとのこと。 折から、覚せい剤の密輸事件で[運び屋]として検挙された50人を対象に警察庁が身元や動機などを分析したという報道があったところです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/24 02:09
インターネットを通じた密売の実態
今日の夕刊に、「インターネットで薬物」という大きな見出しが出ていました。薬物問題が話題になると、必ずといってよいほど、「インターネットで薬物が買えるんですって?」という話題がでます。検索してみたけれど、思ったほど見つからなかったという記者さんたちに、薬物密売人の利用が多い掲示板の見つけ方を教えたことも、数え切れないほど。インターネットで薬物を密売・・・いかにも今の時代らしいキーワードのひとつです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 7

2010/11/20 00:53
子どもを薬物の巻き添えにするな
今日の夕刊に、気の滅入るニュースがありました。 <今日の夕刊から> ●母と覚せい剤密売―埼玉、16歳長女、児相送致 「覚せい剤取締法違反(営利目的共同所持など)に問われ、さいたま地裁で公判中の住所不定、無職の女(35)が、無職長女(16)に覚せい剤の密売を手伝わせていたことが17日、捜査関係者への取材でわかった。 女は、覚せい剤密売で子ども3人を養っていたといい、覚せい剤の計量や包装などをしていたという長女は「1人で働くお母さんを手伝いたかった」と供述したという(記事の一部)。」 読売... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/17 22:04
成田空港でエフェドリン密輸摘発、なぜ日本に?
成田空国で、覚せい剤原料のノルエフェドリン2キロを密輸しようとした男が逮捕されていたと、今日のニュースが伝えています。 <ニュースから> ●覚せい剤原料密輸、初の摘発=リトアニア人を逮捕―成田空港 男は、粉末状のノルエフェドリン2キロをネパールから密輸しようとしたとのこと。11日の時事通信は、「同物質の密輸入で摘発されたのは初めて。同物質から合成される覚せい剤は主にヨーロッパで出回っており、この量からは約1.4キロ(末端価格約1億2600万円)の覚せい剤が合成できるという。」と伝えています... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/11 23:23
カリフォルニアとメキシコを結ぶ密輸トンネル
カリフォルニア州と大麻の話題がもうひとつ。今度はメキシコ国境に近いサンディエゴで、薬物密輸トンネルが発見され、30トンの大麻が押収されたというニュースです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/04 23:19
覚せい剤密輸と西アフリカ・ルート3
またしても西アフリカ発の覚せい剤密輸事件です。逮捕されたのが70代の女性ということから、別な意味で話題になりそうな事件ですが、年齢の点を除けば、典型的な女性による薬物密輸事件のパターン。女性の運び屋による薬物密輸の増加は、いま各国で話題になっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/01 23:30
覚せい剤密輸と西アフリカ・ルート・続
このところ、西アフリカ仕出しの覚せい剤密輸の摘発が立て続けに報道され、覚せい剤の国際流通ルートが変化しているなと感じていたところへ、昨日、国連薬物犯罪事務所のサイトに「西アフリカは世界のメタンフェタミンのハブ基地になるのか?」という記事が掲載されました。 やっぱり・・・、日本や韓国など東アジアの覚せい剤マーケットには、いま西アフリカからやってくる結晶メタンフェタミンが急速に流れ込んできているようです。私も、西アフリカが仕出し地と思われる覚せい剤の密輸事件をすでに何件か扱っています。 国連薬物... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/10/29 23:35
覚せい剤密輸と西アフリカ・ルート
<最近のニュースから> ■10月18日 先月、アフリカのベナンからスーツケースに隠した覚せい剤約3.8キログラムを密輸しようとして逮捕された、リトアニア人を起訴。 また、覚せい剤を腹巻のようなものに隠して密輸しようとした日本人の男についても、起訴した。 TBSニュース。(18日19:45)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4553773.html YouTube -- http://www.youtube.com/watch?v=9C_Q... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/19 03:31
覚せい剤密輸と台湾ルート
<ニュースから> ●覚醒剤8億円分を密売目的所持 会社員の男逮捕、起訴  末端価格約8億円分となる覚醒(かくせい)剤約9キロを密売目的で所持していたとして、警視庁組織犯罪対策5課が覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の現行犯で、相模原市、会社員=同罪ですでに起訴=を逮捕していたことが12日、同庁への取材で分かった。 また、同課は同日午前、関係先の指定暴力団稲川会系組事務所3カ所を家宅捜索。共犯者がいるとみて押収した資料などを調べる。 逮捕容疑は9月10日、勤務先の会社近くの路上で、覚醒剤計... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/12 23:57
ドバイやインチョン…様変わりする薬物密輸ルート
<ニュースから> ●覚醒剤密輸、韓国経由で地方空港狙う? 外国人逮捕相次ぐ(2010年10月1日) 覚醒(かくせい)剤約2.2キロを密輸したとして、広島県警が覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)の疑いで、ドイツ国籍の容疑者を逮捕していたことが1日、捜査関係者への取材で分かった。 逮捕容疑は9月12日、覚醒剤約2.2キロ(末端価格約2億円)をスーツケースに隠し、航空機で広島空港(同県三原市)に密輸入したとしている。 捜査関係者によると、容疑者は「覚醒剤があるとは知らなかった」と否認している。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/10/01 18:11
薬物掲示板の開設者逮捕|薬物密売のほう助
<ニュースから> ●ネット掲示板管理者を逮捕 覚醒剤譲渡幇助容疑で全国初(2010年9月27日) 覚醒(かくせい)剤密売に利用されると知りながらインターネット掲示板を管理し取引を手助けしたとして、兵庫県警薬物銃器対策課などは27日、覚せい剤取締法違反(営利目的譲渡幇助(ほうじょ)容疑で、長野市平林の無職M容疑者を逮捕した。県警によると、覚醒剤の譲渡幇助容疑で掲示板管理者が逮捕されるのは全国初。M容疑者は容疑を認めているという。 逮捕容疑は、今年1月ごろ、大阪市浪速区の無職、S被告(36)=... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/09/28 23:44
おもしろうて、やがて悲しき栽培事件
<ニュースから> ●大麻栽培、販売したが「赤字続き…」 容疑の社長ら逮捕 販売目的で大麻草を栽培したとして、警視庁組織犯罪対策5課と杉並署が、大麻取締法違反(営利目的所持)の疑いで、東京都杉並区の配管会社社長ら男4人を逮捕していたことが分かった。 同課によると、4人はいずれも容疑を認めており、社長は「金もうけのためにやった」と供述。大麻の流通や栽培に詳しい部下の社員がいたことから、同社員の自宅アパートで栽培させ、家賃や電気代などを負担していたという。 逮捕容疑は、昨年11月から今年8月2... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 1

2010/09/26 21:58
薬物密売と擬装結婚|アメリカで犯罪組織の摘発
薬物の密売人や乱用者の周辺でときおり見かけるのが、外国人女性との擬装結婚。メキシコの麻薬カルテルや、アジアの犯罪組織は、薬物密売とともに、不法移民の入国や不法滞在のあっせんを行う例が多いといわれ、薬物とともに不法移民も密輸しているといわれます。 たしかに、私が薬物事件を取り扱うなかで、擬装結婚や外国人の不法就労にまつわるエピソードに出会うことは珍しくありません。薬物密売組織と不法移民あっせん商売の関係・・・よく話題になるのに、きちんと立証されることが少ないのですが、アメリカの麻薬取締局DEAは... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/25 16:33
麻薬カルテルと不法移民|メキシコで72人の遺体発見
銃撃戦の後、発見されたのは男女72人の遺体。薬物犯罪組織が関係しているとみられる大量殺害事件が、メキシコのタマウリパス州の農場で起きました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 4 / コメント 0

2010/08/26 23:47
ケタミン14キロ漂着のニュースに触れて
<ニュースから> ●沖縄のビーチに麻薬14キロ 地元男性が発見、漂着か 沖縄県宮古島市の伊良部島のビーチで発見された円筒状容器の中から、約14キロの白い粉が見つかり、鑑定の結果、合成麻薬ケタミンが検出されたとして、宮古島署は19日までに麻薬取締法違反事件として捜査を始めた。同署は漂着した可能性が高いとみている。 宮古島署によると、7月20日午前9時ごろ、宮古島市伊良部の海岸を清掃していた地元男性が、プラスチック製の円筒形カプセル(長さ1メートル17センチ、直径17センチ)を発見、近くの交番... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/08/19 23:53
外国人密売組織|薬物犯罪組織の真実7
バブル崩壊に襲われた1990(平成2)年ころ、上野公園周辺に外国人が集まる光景がみられるようになり、やがて毎日曜、代々木公園には数千人の外国人が集まるようになりました。集まる外国人のほとんどが不法滞在者だといわれ、変造テレホンカードや薬物の密売が行われ、地域の治安問題となってきました。 「4年末から5年9月にかけ、入国管理局や地方自治体等と協力し、代々木公園周辺、上野公園、新宿駅南口、名古屋駅周辺、大阪城公園において不法滞在者415人を検挙するとともに、薬物事犯17件17人を検挙し、大麻約30... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/03 00:08
覚せい剤と暴力団|薬物犯罪組織の真実6
覚せい剤は暴力団の資金源・・・常套句のようにいわれますが、残念ながら具体的な実態は、必ずしも明らかになっていません。しかし、戦後から今日までの流れをマクロに眺めてみると、暴力団が薬物の密輸・密売に関わり始め、次第に関与度合いを深めてきた経緯は、かなりはっきりと見ることができます。 戦後の日本では、麻薬の密輸、密売は主に在日外国人組織によって行われてきましたが、ヘロイン事犯が急増した昭和30年代、末端の密売に暴力団が関与し始め、やがて密輸・密売の大多数を暴力団が掌握するに至ります。 そして、世... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/01 02:30
大麻とカルテル|薬物犯罪組織の真実5
カリフォルニア州とネバダ州の境界に広がるシエラネバダ山脈は、広大な自然林が広がる場所。山地のほとんどは、連邦や州の保有地によって占められています。 そのシエラネバダ山地の大麻栽培拠点で、メキシコのカルテルによって行われている大麻栽培をターゲット、3週間に及ぶ薬物一掃作戦が行われたというニュースがありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/30 23:57
覚せい剤密輸事件|薬物犯罪組織の真実4
成田空港を抱える千葉県は、薬物密輸事件がもっとも集中している場所。千葉県警が、薬物密輸犯罪についてもっと知ってほしいと、積極的に広報に乗り出したと、ニュースが伝えています。 先日、無罪判決が出たことを受けての対策とか。裁判員の皆さんの理解が足りなかったから無罪判決になってしまったとでもいうのでしょうか。それはちょっと・・・。 まあ、とにかく積極的な情報開示や広報については、大歓迎です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/30 03:41
中国と覚せい剤密輸|薬物犯罪組織の真実3
中国広東省で、日本人男性3人が、覚せい剤を取引しようとして逮捕されたと、ニュースが伝えています。またしても中国、今度は広東省です。報道では詳しいことはわかりませんが、日本へ密輸するための覚せい剤を買い付けようとしていたのでしょうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/07/29 02:06
覚せい剤と麻薬カルテル|薬物犯罪組織の真実2
前回は、コカインを通じてメキシコの麻薬カルテルを見てきましたが、実は、カルテルが取り扱っているのは、コカインだけではありません。アメリカ合衆国(USA)で流通している大麻、メタンフェタミン(覚せい剤)やヘロインなどの大部分も、メキシコのカルテルによって密輸され、供給されているのです。 USAでは、近年コカインのマーケットが縮小が続いていますが、それに代わってメキシコからの流入が拡大しているのが、大麻とメタンフェタミンです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/28 00:55
メキシコの麻薬カルテル|薬物犯罪組織の真実
薬物カルテルが抗争を続けているメキシコから、続けざまにニュースが飛び込んできました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/07/26 22:58
コカイン密輸のルート|世界薬物報告書2010を読む5
世界最大のコカイン産地コロンビアの薬物カルテルに関係するとみられる、建造中の本格的な潜水艇が、隣国エクアドルの国境近くで発見されたニュースが、先週、世界を駆け巡りました。CNNが、その詳細な続報を伝えています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/08 15:15
キッチン・ラボの危険性|覚せい剤密造事件4
今回は、覚せい剤の密造について、牧野由紀子氏(薬学博士・元厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部主任鑑定官)に書いていただきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/15 09:00
更生施設で相次いで大量殺害|メキシコの麻薬カルテル
銀山の廃坑で多数の死体が発見されたメキシコで、今度は薬物リハビリセンターで、入所者など19人が射殺されるという事件が起き、さらに北部の州の施設でも16人が殺害されました。相次ぐ流血の惨事に、CBSニュースは「最悪の血にまみれた1週間」と報じています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/13 23:09
もうひとつの麻薬戦争|ジャマイカ
メキシコの麻薬カルテルが血みどろの決戦を続けているいま、カリブ海の島国ジャマイカでも、もうひとつの麻薬戦争が火を噴き始めました。日曜には、首都キングストンの下町では、24時間の外出禁止令が出されたと、ニュースが報じています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/08 23:41
薬物犯罪組織の実態|メキシコの麻薬カルテル
薬物犯罪組織がはびこった地域社会とは・・・。その真実の姿が、いまメキシコですこしずつ暴き出されています。 麻薬カルテルが血みどろの決戦を展開しているメキシコでは、政治家や軍、警察の関係者の逮捕が相次いで報じられています。つい先日、米国のメディアは、メキシコシティ発のニュースとして、カリブ海の保養地カンクンの市長が、麻薬取引に関係したとして逮捕されたと伝えています。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/03 22:35
国際郵便と薬物密輸|密輸の小口化、個人化
今年1月に、中国から覚せい剤を密輸したとして逮捕された被疑者が、営利目的輸入で起訴されたとニュースが伝えています。国際郵便を利用した密輸手口だといいます。 このテの事件が増えています。最近の薬物密輸のキーワードは、小口化、個人化。水際での密輸取締が厳しくなるにつれて、大量輸送の手段は人目につきやすく、しかも摘発された場合のリスクが大きいと敬遠されるようになってきました。摘発されるリスクを分散しようと増えているのが、少量をいろんな手段で散発的に密輸するやり方で、なかでも国際郵便の利用が目立ちます... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/04/28 00:21
外国人犯罪について改めて考えてみた
覚せい剤密輸の罪で中国で死刑が確定している4人の日本人に対して、刑の執行を中国側が通告してきたニュースに接して、改めて、外国で裁判を受ける被告人や、拘禁刑を受けていている受刑者について考えています。 私は、近年続けざまに薬物輸入事件を引き受けていて、担当する被告人のおよそ半数は外国人です。中国、韓国、台湾、カナダ、スペイン、イラン、ブラジル・・・いろんな国籍、人種の人が薬物の密輸に関わって日本で裁判を受けています。密輸事件の場合、外国人被告人のほとんどは、生まれて初めて日本にやってきた人たちで... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/04/04 01:30
覚せい剤密輸の日本人|中国で死刑執行へ
薬物の密輸罪で中国で死刑判決が確定した受刑者の1人について、5日にも刑を執行すると中国当局が日本側に伝えてきたと、各紙が伝えています。私の手元にある読売新聞の夕刊は、国際人権団体のアムネスティ・インターナショナルの発表として、2009年に中国で数千人の死刑が執行されたとみられるとしています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/30 18:17
続報・外国で薬物犯罪によって逮捕された日本人
中国の空港から覚せい剤を密輸しようとしたとして、日本人が逮捕されたニュースに関連して、薬物犯罪に関係して、外国で逮捕された日本人は何人か、気になったので、もう少し調べてみました。 参考にしたのは、外務省の邦人援護に関する資料です。外国で犯罪に関わって逮捕されたり、受刑している日本人は、現地の日本領事館や大使館など在外公館の援護を受けることができます。現地の法制度や刑事司法に関する助言や、日本の家族との連絡などで在外公館の力を借りている人は少なくないでしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/24 22:58
また中国で日本人逮捕|覚せい剤密輸事件
<ニュースから> ●覚せい剤密輸で28歳日本人を逮捕 中国・瀋陽 日中関係筋によると、中国公安当局は22日までに、遼寧省瀋陽の空港で覚せい剤約1キロを所持し出国しようとしたとして、麻薬密輸容疑で、東京都在住の男(28)=神奈川県出身=を逮捕した。 男は2月7日、成田空港行きの航空機に搭乗しようとした際、覚せい剤約1キロを茶筒の中に隠し持っていたところ、エックス線検査で税関職員に見つかり拘束。3月16日に公安当局に正式に逮捕されたという。 中国では麻薬や覚せい剤の密輸は重罪で、刑法は覚せい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/23 17:46
カナダのアジア系薬物犯罪組織|バンクーバーと薬物問題2
TVでオリンピック中継を見ながら、引き続き、カナダの薬物問題について、とりとめもなく、連想ゲームのように考えていました。 前回の記事でお伝えしたように、カナダは今や、対米薬物密輸のハブ基地となっています。そして、カナダの薬物問題に深く関係しているのが、アジア系薬物犯罪組織なのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/14 23:54
バンクーバーと薬物問題
いよいよ明日開幕を迎えるバンクーバー冬季オリンピック。聖火の到着で気分が高まっているすぐ陰では、薬物取引をめぐる犯罪組織の抗争が頻発し、市民が巻き込まれるケースも少なくないとか。 バンクーバーはアメリカ・カナダ国境からわずか30マイル。オリンピックで沸き立つ街のすぐ裏側で、薬物取引をめぐって暴力事件が絶えない地域でもあります。この現象は、アメリカがメキシコ国境の警備を厳重にしている影響によるものだという声もあるとか。 BBCニュースがバンクーバーの薬物犯罪について伝えています。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/02/12 22:33
2009年薬物密輸取り締まり実績を発表|財務省(税関)
財務省が、2009年に税関が実施した不正薬物などの密輸取り締まり実績を発表したと、ニュースが伝えているので、さっそく税関ホームページで、報道発表資料を読みました。 <財務省の報道発表> ●覚せい剤の摘発件数が過去最高を記録 〜平成21年の全国の税関における関税法違反事件の取締り状況〜 ◆覚せい剤については、航空機旅客による密輸事犯の相次ぐ摘発により、摘発件数が過去最高を記録、また、地方港・地方空港における摘発も増加 ◆大麻、MDMA等については、摘発件数、押収量ともに減少 ◆メチロン... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/02/01 23:55
薬物密輸が活発化する季節を迎えて
年末年始にかけて、港や空港には大量の貨物と旅行者が押し寄せる時期、水際取り締まりを担当する海上保安庁や税関の職員、警察官など、密輸の警戒に当たる人たちにとっては、緊張の高まる季節でしょう。数日来、薬物密輸関連の報道が続いているので、その概要をまとめておきます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/11 23:27
税関と水際取り締まり|罪と罰・薬物犯罪特集3
日本刑事政策研究会編『罪と罰』46巻4号(2009年9月)の薬物犯罪特集から、今回は税関を取り上げます。 紹介するのは、次の論考です。 松田誠司ほか「薬物犯罪と税関における水際取締り」日本刑事政策研究会編『罪と罰』46巻4号(2009) ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/02 23:53
薬物密輸に対して特に厳しい中国で、日本人3人逮捕
<ニュースから> ●覚せい剤密輸容疑、大連空港で日本人3人摘発 【北京=関泰晴】中国中央テレビは28日、遼寧省大連市の税関当局が大連空港で、覚せい剤を東京に向かう機内に持ち込もうとしたとして日本人3人を摘発したと報じた。 摘発したのは11月下旬と見られ、3人のうち、40歳代の男は覚せい剤約4・3キログラムをアメの袋に隠し持っていたところを手荷物検査で見つかった。また、別の日に70歳前後の男も覚せい剤約1・7キロを所持していたのを見つかった。もう1人の詳細は不明。 在瀋陽日本総領事館大連事... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/29 23:50
厳罰主義のマレーシアで日本人が起訴
<ニュースから> ●覚せい剤取引で邦人女性起訴 マレーシア、法定刑は死刑 【シンガポール共同】マレーシアの検察当局は25日、覚せい剤を持ち込んだとして危険薬物不正取引の罪で東京都目黒区、元看護師を起訴した。有罪が確定すれば法定刑は死刑に限られる。起訴状によると、被告はアラブ首長国連邦ドバイから10月30日にクアラルンプール国際空港に到着した際、スーツケースの内張りの中に覚せい剤4・6キロを隠し持っているのが見つかり、逮捕された。起訴状は日本語に翻訳され、被告は内容を理解していると答えた。起訴... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/25 18:29
薬物密輸|覚せい剤が活発化、パーティピルズ赤信号
●成田覚せい剤摘発最多 今年1〜10月押収、昨年の3倍72キロ 東京税関成田支署が発表した成田空港の不正密輸事件摘発状況(今年1〜10月)によると、覚せい剤密輸の摘発件数は59件で、過去最高となった。年間摘発件数の最多だった2004年の数字を11件上回り、押収量は昨年の約3倍の約72キロに及ぶ。 同支署は摘発増の理由について、「昨年の北京五輪や洞爺湖サミット開催に伴う取り締まり強化を警戒していた密輸組織が動きを活発化させたため」とみている。旅客が覚せい剤などの違法薬物を持ち込もうとした事件の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/11/22 15:26
英国海軍が大量のコカインを押収|ニュースから
●コロンビア沖でコカイン5.5トン押収 イギリス海軍は今月中旬、南米コロンビアの沖合で、末端価格にして340億円余りにのぼる大量のコカインを積んだ密輸船を摘発しました。 イギリス海軍によるヘリコプターからの銃撃。コカイン密輸船摘発の瞬間を捉えた映像です。今月中旬、イギリス海軍は、コロンビア北方のカリブ海で密輸船を摘発し、5.5トン余りのコカインを押収しました。 コカインは212の袋に分けて隠されていて、末端価格は2億4000万ポンド=340億円余りに上り、イギリス海軍の密輸船摘発としては過... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/29 23:07
薬物犯罪と裁判員裁判1
各地で、裁判員の参加する刑事裁判が開始されています。裁判員裁判の対象事件の中には、覚せい剤の密輸犯罪も含まれていますが、他の刑事事件と比べて、なじみがなく、わかりにくい点もあるので、少し解説してみたいと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/09/08 23:48
覚せい剤と運び屋
強烈なドイツ語なまり(たぶん)の老婦人を相手に、私の妻は電話で、繰り返してファックスを受け取れるか聞いています。当方は貧弱な英語力、相手はドイツ語と英語のチャンポンで、複雑な会話は成立しないため、ファックスで要件を伝えようと努力しているところです。私がいま担当している覚せい剤輸入事件の被告人は、南アフリカからやってきた男性で、郷里の母親と連絡をとっているところなのです。 フィリピン、韓国、中国、カナダ・・・いろんな国に住む被告人の家族から手紙を受け取り、電話で話したり、Eメールで連絡をとったり... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/18 23:50
大麻が暴力団の資金源に
●大麻をハウスで大規模栽培…鹿児島の組員ら3人逮捕 鹿児島県警組織犯罪対策課などは5日、ビニールハウスで数百本の大麻草を栽培していたとして、鹿児島市の暴力団組員ら3人を大麻取締法違反(栽培)の疑いで現行犯逮捕した。同課によると、これだけ大量の栽培は極めて異例で、乾燥大麻にすると末端価格で数億円に相当するという。3人は共謀し、同市下福元町のビニールハウス3棟で大麻草数百本を栽培していた疑い。現場に張り込んでいた捜査員が5日、ハウス内で水やりなどをしている3人を取り押さえた。栽培については認め、「... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/06 22:35
大麻、アイス、コーク何でもあり|イラン人薬物密売グループ逮捕
●覚醒剤や大麻、スクーターで配達 密売イラン人2グループ摘発 東京・赤坂や世田谷で覚醒(かくせい)剤を密売したとして、警視庁組織犯罪対策5課は覚せい剤取締法違反などの疑いで、港区南青山のイラン国籍の3人と客の男女25人を逮捕した。容疑者2人は赤坂で、残る1人は世田谷で活動する麻薬密売グループに所属していたという。 同課は2グループの拠点だったマンション5室や使用していたスクーターを捜索。合わせて末端価格2128万円分の覚醒剤約259グラム、乾燥大麻約184グラム、大麻樹脂約163グラム、コカ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/25 22:13
薬物サイトであおり、そそのかし事件の続報
5月26日の朝日新聞夕刊に、麻薬等特例法違反(あおり、そそのかし)のほう助罪で全国で始めて逮捕・起訴された掲示板運営者の公判が、千葉地裁で開始されたことを伝える記事がありました。 この事件は、インターネット上で違法薬物の使用をうながす掲示板「♂SP♀ BBS」を運営。投稿者が不特定多数の閲覧者に薬物犯罪を助長していることを知りながら、手助けした疑いで、掲示板運営者が逮捕されたニュースの続報です。 《逮捕の記事から抜粋》 ●薬物犯罪を幇助の疑い 違法薬物サイトの運営者を逮捕 違法薬物サイト... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/26 22:57
メキシコで麻薬カルテルの最高幹部を逮捕|CNNニュースから
メキシコ市(CNN) 麻薬カルテル撲滅作戦を進めるメキシコの治安当局者は21日までに、最大組織の1つである「ベルトラン・レイバ」の最高幹部ロドルフォ・ロペス・イバーラ容疑者(33)を米国境に接するヌエボレオン州の空港で逮捕したと述べた。 女性5人を含む手下12人、小型飛行機、車2台、大量の麻薬、現金、銃器、手りゅう弾なども押収した。 同カルテルは、ガルフ・カルテルと並ぶ大手組織で、シナロア・カルテルと抗争中。空港に武装している男たちがたむろしているとの目撃情報が逮捕につながった。 調... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/05/21 22:43
パンデミックと薬物密輸
このやっかいな時期に、私の妻は風邪をひいてしまっています。WHOの発表と歩調をあわせて症状が進行し、フェーズ5になった日に発熱、フェーズ6が間近という今日はケホ、ゴホとにぎやかです。メキシコにもアメリカにも行っていません。周りに風邪気味の人も発生していません。ま、新型インフルエンザの心配はないので、自然治癒するまで閉じこもって過ごすとか。おい、おい、明日から仕事だぞ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/05/06 23:38
営利目的での大麻栽培
●大阪の住宅街に「大麻ビル」 栽培容疑で2人逮捕 大阪府警薬物対策課と住之江署は6日までに、大麻取締法違反(営利目的栽培)などの疑いで、2容疑者を逮捕した。同課によると、2人は大阪市住之江区の住宅街にある3階建てビルで大麻を栽培。育てる過程に合わせ、2−3階の計3室を「生長部屋」「開花部屋」「乾燥部屋」と名付けて使っていた。 同課はビル内から乾燥大麻約1・4キロと大麻草355株を押収した。末端価格は5億円以上と見られる。宅配便の送り状も見つかっており、乾燥大麻を顧客に送っていたとみて調べて... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/06 23:16
素人の運び屋が増加|薬物密輸取締のニュースから
今朝の読売新聞で、薬物密輸に関する記事が大きく報じられています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/30 23:09
平成20年の薬物密輸摘発レポートが出ています
薬物の密輸を監視し、取り締まっているのが税関です。税関は、警察や麻薬取締部のように薬物犯罪を捜査する機関ではありませんが、密輸の水際取締という重要な任務を担っています。毎年2月から3月にかけて各税関が昨年の密輸取り締まり実績の報告書を出していますが、今年の分もすでに公表されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/21 21:55
営利目的の大麻栽培・徳島で公判|ニュースから
●徳島の大麻栽培:2被告、起訴事実認める−−地裁初公判 /徳島 徳島市の住宅で大量の大麻草が栽培されていた事件で、大麻取締法違反(営利目的栽培)の罪に問われている2被告の初公判が19日、徳島地裁であり、ともに起訴内容を認めた。 起訴状は、2人は共謀して、営利の目的で自宅(鉄筋コンクリート4階建て)で植木鉢に大麻を発芽させるなどし大麻草79本を栽培したとしている。 検察側の冒頭陳述では、両被告はともに大麻を吸った経験があったことから意気投合。07年初頭に共同名義で住宅を借り、約100万円を分... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/20 23:56
大麻や覚せい剤はどこから来る?
警察庁組織犯罪対策部薬物銃器対策課編「平成20年中の薬物・銃器情勢 暫定値」を読みながら、最近の薬物問題の実像について考えてみたいと思います。 警察庁HP http://www.npa.go.jp/index.htm 平成20年中の薬物・銃器情勢 http://www.npa.go.jp/sosikihanzai/yakubutujyuki/yakujyuu/yakujyuu1/h20_jyousei_yakujyuu.pdf ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/06 19:32
再び増加に転じるか?覚せい剤密輸
●覚せい剤、水際の摘発53%増 件数過去最高に 財務省が4日発表した08年の税関の薬物取り締まり状況によると、関税法違反で摘発した覚せい剤の密輸事件は、前年より53%多い110件だった。比較可能な統計がある1966年以降では、04年の103件を上回り過去最多。一方、大麻の密輸摘発は前年より27%少ない123件で、5年連続で減った。 覚せい剤の密輸事件では、航空機の旅客の持ち込みや国際郵便物を利用した手口が増加。中国発が全体の約半分を占めた。昨年11月には門司港(北九州市)に入港したシエラレ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/04 23:47
またしてもイラン人密売人のニュース
●住宅街で覚せい剤密売=イラン人逮捕、背後にグループか−埼玉県警 覚せい剤などを販売目的で所持したとして、埼玉県警は15日までに、覚せい剤取締法違反などの現行犯でイラン国籍の容疑者=同罪などで起訴=を逮捕した。 県警によると、同容疑者はさいたま市南区や同県戸田市の住宅街で、電話で注文してきた客を相手に覚せい剤や大麻などを密売。「覚せい剤などはイラン人から入手した」と話しているほか、使用していた携帯電話や車、住居などは他人名義で「あらかじめ用意されていた」と供述していることから、県警は背後にイ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/15 23:48
薬物取締法規と広告の禁止
●覚せい剤取締法違反:サイト掲示板に薬物の密売広告 容疑の男を再逮捕 携帯電話サイトの掲示板に薬物の密売広告を掲載させたとして、警視庁組織犯罪対策5課と八王子署は4日、神奈川県綾瀬市吉岡東、無職の被告=大麻取締法違反(所持)罪で起訴=を覚せい剤取締法違反(広告制限違反)容疑で再逮捕したと発表した。広告制限違反の摘発は警視庁では初めて。 調べでは、容疑者は2〜5月、携帯サイト「薬物売買掲示板」に「白の透明SS SS結晶、上質、こだわりぬいた品物です、氷氷氷」と覚せい剤の密売をほのめかす広告を掲... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/05 23:34
ミン剤まで密売人から買うのですか?
●向精神薬:「エリミン」30万錠が不明 暴力団に横流しか−−大阪の診療所 大阪府大東市の診療所で、不眠症治療に使われる向精神薬「エリミン」が約30万錠なくなっていたことが近畿厚生局麻薬取締部の調べで分かった。取締部は今月10日、うち139錠を自宅に隠し持っていたとして診療所の元事務長=覚せい剤取締法違反(使用)罪で公判中=を麻薬及び向精神薬取締法違反(譲渡目的所持)容疑で追送検。大量のエリミンが暴力団関係者に渡った可能性があるとみて調べている。 診療所は06年7月~今年7月、エリミンを計約3... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 1

2008/10/20 23:52
密売人は品揃え重視に向かっているのか
東京都心の繁華街。夜がふけると、通りは若者で埋め尽くされます。物欲しげな様子でぶらついていて、外国人密売人に声をかけられたという若者は、意外に多いようです。今日も、知り合いのひとりが、「イラン人らしい男にクスリを売りつけられそうになった。」と電話してきました。彼は、薬物乱用の現実にも関心を持っているので、面白半分に、しばし、密売人らしい男と会話してみたそうです。実際に声をかけられて、あらためて、薬物は意外に身近にあると実感したといいます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/10/16 22:56
覚せい剤密輸の領海説と陸揚げ説
●覚せい剤密輸事件、時効3週間前に所持容疑で逮捕 高知県沖で98年8月、密輸された覚せい剤約300キロ(末端価格約180億円相当)が海上投棄された事件で、警視庁などの合同捜査本部は、国際手配していた住所不詳、元暴力団幹部を覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで逮捕したと発表した。時効の3週間前だった。 組織犯罪対策5課によると、容疑者は他の6人(実刑7〜18年)と共謀して、高知県沖合を航行中の漁船内に、覚せい剤約300キロを所持した疑いがある。容疑者は北朝鮮に渡り、覚せい剤を北朝鮮籍の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/10/08 00:25
密売人は大麻を売りたがっている
●<大麻事件>過去最多…自宅栽培など急増 上半期・警察庁 警察庁は7日、今年上半期(1〜6月)の薬物事犯の検挙状況をまとめた。大麻取締法違反容疑で、上半期としては過去最多の1202人(同12.3%増)を逮捕や書類送検した。覚せい剤取締法違反容疑の摘発も6216人(同8.8%増)と増加した。 大麻摘発は年々増加。今年上半期の検挙者を年齢別で見ると、10〜20歳代の若年層が781人と全体の65%を占め、続いて、30歳代の286人だった。大麻栽培では73人(同46.0%増)が検挙され急増している。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/07 21:45
平成19年「白い粉・黒い武器」レポート
薬物の密輸を水際でガードしている税関が、毎年発表しているのが、「不正薬物・銃砲の密輸入の動向」という報告書、通称「白い粉・黒い武器」レポートです。「白い粉」というのは覚せい剤やヘロイン、コカインなどの薬物。「黒い武器」とはけん銃。この2つの密輸を許してしまえば、日本社会の平和と安全が大きく揺らいでしまうので、水際取り締まりの中でも、とくに重要視されています。 その平成19年版が、税関のホームページで公表されています。 http://www.customs.go.jp/mizugiwa/mit... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/24 22:29
覚せい剤の末端価格が福岡で高騰
大麻の種子について連載中ですが、地方版に面白いニュースがあったので、連載を中断して、ニュース解説。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/07/02 17:43
リタリンを密輸入、ネットで販売の大学生
6月7日10時20分配信 読売新聞ニュースより抜粋 依存性が強く、若者の間で乱用が広がっている向精神薬「リタリン」をパキスタンから国際郵便で密輸入したとして、京都府警などは、滋賀大経済学部の学生を麻薬取締法違反(密輸入)容疑で逮捕した。 容疑者は容疑を認め、「今年3月ごろから1,000〜1,400錠を買い、インターネットなどを通じて売っていた」と供述しているといい、府警は裏付けを進める。調べに対し、容疑者は「ネットでリタリンが不足していると知り、売れると思った。1錠約200円で仕入れ、約35... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/06/07 21:23
MDMAの運び屋は未成年
●MDMA9万錠密輸図る=イスラエル人ら逮捕−成田空港 《4月24日18時30分配信  時事通信ニュースより》 合成麻薬MDMA約9万錠を密輸しようとしたとして、東京税関成田支署と千葉県警成田国際空港署などは、関税法違反と麻薬取締法違反の現行犯で、イスラエル国籍の容疑者(23)、19歳と17歳の少年2人を逮捕した。同支署によると、旅客が持ち込んだMDMAの押収量としては全国で過去最高、成田空港では航空貨物を含め過去最高という。 調べによると、3人は4月3日、アムステルダムから成田空港に到... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/04/24 22:29
麻薬特例法の追徴について最高裁の判断
●ほう助犯の追徴、報酬分に限定=麻薬特例法で初判断−最高裁 売り子として覚せい剤密売に関与したとして、麻薬特例法違反のほう助罪に問われた被告の上告審判決で、最高裁第3小法廷は、「ほう助犯から没収、追徴できるのは、ほう助行為で得た報酬などに限られる」との初判断を示し、約1億円の追徴を求めた検察側上告を棄却した。懲役4年6月、追徴金約217万円などとした二審大阪高裁判決が確定する。 麻薬特例法は薬物犯罪収益について、全額を没収または追徴しなければならないと規定。複数の共同正犯がいる場合、それぞ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/04/23 01:05
イラン人による薬物密売
覚せい剤など密売容疑でイラン人ら逮捕 京都新聞 4月12日9時49分配信ニュースの概要 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/12 21:29
ネットで運び屋募集、覚せい剤密輸事件の続報
インターネットサイト「闇の職業安定所」などで運び屋を募集し、中国から組織的に覚せい剤を密輸したとして、覚せい剤取締法違反罪で起訴された被告が、麻薬特例法違反(業としての不法輸入)で、千葉地検に追送致された。 調べでは、容疑者は06年10月から07年5月ごろにかけ、ネット上に「格安に海外旅行に行けます」などと書き込み、応募してきた計14人を計7回にわたり中国に渡航させ、靴底やお茶の缶に隠す手口で成田国際空港などから覚せい剤約10・3キロ(末端価格約6億円)を密輸した疑い。 容疑者は、この他に覚... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/08 22:02
200キロの覚せい剤
前回、日本海を舞台とした覚せい剤大量密輸事件に関連した話題をお話しした後、当時の覚せい剤事件のあれこれを考えていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/28 01:33
覚せい剤密輸事件の被告が病院から消える
毎日新聞 2008年2月25日 21時28分より(抜粋) 北朝鮮から大量の覚せい剤を密輸したとして1審で無期懲役判決を受け、控訴していた指定暴力団幹部の被告が24日夜、入院先の病院から姿を消した。千葉県警が行方を探している。 被告は東京拘置所に収容されていたが、東京高裁が拘置の執行停止を決定、入院していた。だが24日午後9時ごろ、病室にいないことを看護師らが確認した。 1審判決によると、被告らは02年、北朝鮮の貨物船から日本海に投下された覚せい剤計約230キロを小型船で回収し、密輸した。被... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/25 22:51
薬物密輸のカナダルート
昨年あたりから、カナダルートによる大量密輸入が目立っています。平成19年では、薬物密輸入の大量押収事件で、押収量が断然多かったのが、カナダルートです。私も最近、カナダからの薬物密輸事件を担当しましたが、そのときに連絡をとったカナダ領事館の係員に、「最近カナダからの密輸事件が多いですね。」と何気なく言ったところ、「大変ご迷惑をおかけしています。」とひどく恐縮しておられたのが印象的でした。こんなところにまで、波及しているのですね。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/20 21:48
合成麻薬、東京税関で最多33万錠押収のニュース
読売新聞 2月16日22時48分配信ニュースより 東京税関が昨年1年間に押収したMDMAなどの合成麻薬は約33万1000錠で、過去最多だったことがわかった。 同税関は、成田、羽田空港や東京、横浜、新潟港などから輸入される荷物などを監視している。MDMAなどの押収量は2003年をピークに年々減少していたが、昨年は前年の3倍に急増。うち8割は、ドイツやオランダなどから成田に来日した渡航者が密輸したものだった。 昨年3月には、1回の押収量としては過去最多の約89,000錠(末端価格3億6000万... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/17 12:25
覚せい剤5億分密輸事件でコントロールド・デリバリー捜査について
2月5日11時31分配信 時事通信より抜粋。 中国から密輸入した覚せい剤約8.8キロ(末端価格5億2800万円相当)を所持していたとして、警視庁と東京税関、海上保安庁は5日までに、覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで、香港マフィアらを逮捕した。 覚せい剤は茶のパック8袋に入れ、都内の業者が中国から食器を輸入するコンテナの床板下に隠していた。 コンテナは中国・珠海から香港を経て東京港へ入港。食器輸入業者が中身を引き取った後、廃材を積み込む名目でコンテナを埼玉県草加市の空き地に移して覚せ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/05 18:33
密輸事件と運び屋
薬物の密輸入についてお話ししていたところへ、MDMA密輸のニュースがありました。そこで、今日は、ニュース解説を試みることにしましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/18 22:23
薬物の末端価格とその行方
規制薬物といえども、小麦粉や砂糖と同じように、市場原理が働いて、国際的な流通がなりたっています。需要が少ない市場では価格は高く、需要が増えるにつれて価格は下落していきます。価格を決定する第1のファクターは、需要です。 たとえば、すでにご紹介した大麻の末端価格の表に、国ごとの乱用者比率のデータを加えてみると、薬物の需要によって、価格が変動している様子が見て取れることでしょう。おおまかに、乱用率の低い地域では価格が高く、乱用が拡大するとともに価格が安くなっています。(表をクリックすると拡大されます... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/18 01:07
密輸のニュース 合成麻薬15万錠押収
12月20日17時9分配信 西日本新聞 福岡県警と福岡空港税関支署は、オランダからの航空貨物に隠して合成麻薬MDMAを密輸したとして、麻薬及び向精神薬取締法違反(営利目的輸入)の疑いで容疑者を逮捕し、MDMA約15万錠(末端価格約6億円)を押収したと発表した。 県警などによると、押収量は昨年1年間の全国のMDMA摘発押収量の約8割に匹敵し、国内の空港での押収量としては過去最高。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071220-00000016-nnp-... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/20 21:32
住宅街で薬物密売
14日の夕刊にこんな記事がありました。 東京都内の住宅街で薬物を密売したとして、警視庁組織犯罪対策5課は14日までに、イラン出身の男らのグループの5人を逮捕した。同庁が渋谷の繁華街での密売を集中的に取り締った結果、周辺部に拡散。グループは品川、目黒両区の閑静な住宅街を拠点とした。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071214-00000060-jij-soci ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/15 21:30
北朝鮮と覚せい剤…平成19年版警察白書から
第三次麻薬・覚せい剤乱用期の背景として、わが国に流入する覚せい剤の量が増え、末端での密売価格が安くなったことがあげられます。 ところで、この覚せい剤、どこから来たものなのでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/03 20:26

トップへ | みんなの「薬物密輸・密売」ブログ

弁護士小森榮の薬物問題ノート 薬物密輸・密売のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる