弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS カリフォルニア州の大麻合法化案に注目|米2016住民投票

<<   作成日時 : 2016/07/18 23:54   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

米国では、明日から、トランプ氏の候補者指名を問う共和党大会が開催されるそうです。11月の大統領選に向けて、いよいよ本格的な選挙モードに突入した模様です。

ところで、大揺れしている大統領選の裏側では、今回も、大麻合法化法案が住民投票にかけられる州がメジロ押しとなっています。
2010年の中間選挙の際に、カリフォルニア州で、娯楽用大麻合法化法案に対する住民投票が行われ(接戦の末に否決となりましたが)、2012年にはコロラド州で、成人(21歳以上)の娯楽用大麻使用を合法化する最初の州法が成立しました。

●州レベルで多様化が進む大麻規制
米国では現在、州法で娯楽用大麻を合法とする州は、コロラド、ワシントン、オレゴン、アラスカの4州とワシントンD.C.です。
また、25州とワシントンD.C.では医療用大麻制度が認められています。さらに、CBD(カンナビジオール)成分を特に豊富に含む製品に限り、医療用として使用を認めるという州もあります。

いっぽう、従来通り、大麻を違法としながらも、自己使用目的の少量所持などの違反者に対する罰則を大幅に緩和している州も少なくありません。
たとえばカリフォルニア州では、上述した2010年の合法化法案をめぐる議論の中で、大麻所持罪に対する罰則の引き下げが行われ、1オンス(約28グラム)以下の単純所持に対しては、刑事罰を科すことを見合わせ、100ドル以下の反則金を納付させるという行政処分で対処することとなりました。わが国の交通反則金と同じような感覚です。

米連邦としての大麻政策には特段の変化はないものの、州レベルでみると、米国の大麻政策は、いま、急速に流れを変えつつあるといえるでしょう。

それと呼応して、一般人の大麻に対する見方も大きく変わってきています。下のグラフは、ギャラップ社の世論調査から、「大麻合法化」に対する支持率を表したものですが、2010年のカリフォルニア州住民投票が、世論の流れを分ける潮目になっている様子が、見て取れます。
画像

↑ギャラップ世論調査より「大麻合法化に対する支持率」(下記参照@)
最新調査は2015年10月

●2016年11月選挙、大麻関連住民投票が続々名乗り
今年の注目点は、何と言っても、カリフォルニア州の再挑戦でしょう。
2010年に、世界で初めて娯楽用大麻合法化の是非を問う住民投票を行い、僅差で否決されたとはいえ、市民レベルにまで議論を広げてきた背景があります。また、長年にわたり、米国の医療用大麻市場をリードしてきた基盤もあります。
全米で最多の人口を抱える同州で、大麻合法化法案が通った場合には、合法化の流れは、それこそ地滑り的に全米に波及するだろうと言われています。

11月に向けて、住民投票をめぐる動きもそろそろ本格化するころです。
2016年の住民投票に大麻合法化法案の名乗りを上げていた各州からは、住民投票法案確定の知らせも続々届いています。住民投票情報サイト(下記参照A)によると、娯楽用大麻の合法化法案を挙げている州が、カリフォルニア、ネバダなど4州、規定数の署名を提出済みの2州と合わせると、6州で住民投票が行われる見込みです。
大統領選と合わせて、こちらも、目が離せません。

<娯楽用大麻合法化法案>
■カリフォルニア州 
California Marijuana Legalization Initiative, Proposition 64 (2016)
■ネバダ州 
Nevada Marijuana Legalization Initiative, Question 2 (2016)
■マサチューセッツ州
Massachusetts Marijuana Regulation and Taxation Initiative (2016)
■メーン州
Maine Legalize Marijuana Initiative, Question 1 (2016)
■アリゾナ州(署名提出)
Arizona Regulation and Taxation of Marijuana Act Initiative (2016)
■モンタナ州(署名提出)
Montana Marijuana Legalization Initiative, CI-115 (2016)
<医療用大麻合法化法案>
■フロリダ州 
Florida Right to Medical Marijuana Initiative, Amendment 2 (2016)
■アーカンソー州
Arkansas Medical Marijuana Amendment of 2016 (2016)
■ミズーリ州(署名提出)
Missouri Medical Marijuana Legalization Initiative (2016)

[参照]
@ギャラップ世論調査「大麻合法化に対する支持率」
Gallup>Illegal Drugs
http://www.gallup.com/poll/1657/illegal-drugs.aspx

A米住民投票の情報サイト
Ballotpedia>Marijuana on the ballot
https://ballotpedia.org/Marijuana_on_the_ballot

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カリフォルニア州の大麻合法化案に注目|米2016住民投票 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる