弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 米で急増する大麻入り食品、その影響がじわり・・・?

<<   作成日時 : 2016/03/26 23:49   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

国際スピード郵便を利用して、米国から送られた箱のなかから、大麻チョコが発見されたとニュースが報じています。
これは大麻製品ですから、もちろん、日本への持ち込みは禁止されています。でも、米国では大麻入り食品の販売が急増していることから、こうした製品が、私たち日本人の身辺にも、じわじわと忍び寄っている気配を感じます。

<ニュースから>*****
●大麻入りチョコ密輸か ミュージシャンの米国人告発
大麻入りのチョコレートなどをアメリカから密輸したとして、音楽家のアメリカ人の男が東京地検に告発されました。
東京・世田谷区のH被告は2月、アメリカから成田空港に大麻の植物片14グラムや大麻入りチョコレートを密輸したとした疑いで東京地検に告発されました。東京税関によりますと、大麻チョコレートは、アメリカの一部の州で医療用として販売されていますが、日本に持ち込むことは禁止されています。・・・H容疑者は今月、大麻を所持していたとして逮捕・起訴されています。
テレ朝news 2016/03/25 17:44
*****

いま米国では4州とワシントンD.C.で娯楽用大麻が合法化され、23州では医療用大麻が認められていて、各地で娯楽用大麻や医療用大麻を取り扱う販売店が営業していますが、こうした販売店の店頭をにぎわしているのが、大麻入り食品(edible marijuana)です。
クッキーやブラウニー、キャンディー、グミといった菓子類のほか、飲み物やバターなど・・・、色とりどりの大麻入り食品が販売されているのです。

たとえば、ワシントン州では、州政府の認可を受けた娯楽用大麻販売で、21歳以上の成人なら、1回に16オンス(約450グラム)までの大麻入り食品(固形状)を購入することができます。

●意外に多いTHC含有量、救急事故も増加
大麻使用者が多い米国では、以前から大麻入り食品を手作りしてきた人は少なくありません。バターや食用油に砕いた大麻を混ぜ込み、脂溶性の大麻成分が溶け出したものを使って、ブラウニーやクッキーを作っていたのです。
でも、最近の娯楽用大麻や医療用大麻販売店で売られている食品は、大麻成分の含有量がケタ違いに多いのです。その理由は、作り方の違いです。

最近の大麻入り食品には、有機溶媒を使って大麻成分を抽出した、きわめて高濃度の大麻オイルが使われているため、食品中のTEC含有量がかなり多いものが増えているのです。大麻入り食品というより、THC強化食品と呼んだほうがふさわしいようなものも見かけます。
上記のニュースに登場したチョコレートの場合、見た目は普通のチョコレートですが、1枚の板チョコ中に含まれるTHC量が80ミリから100ミリといったものもあり、通常の喫煙使用で1回に摂取する量の何倍もの大麻成分(THC)が入っているのです。
画像

↑コロラド州ロッキーマウンテン中毒センターが受診した、大麻入り食品関連の通報件数
Rocky Mountain High Intensity Drug Trafficking Area (RMHIDTA),
The Legalization of Marijuana in Colorado: The Impact Vol. 3 Preview 2015
http://www.rmhidta.org/html/2015%20PREVIEW%20Legalization%20of%20MJ%20in%20Colorado%20the%20Impact.pdf

THC含有量はパッケージに表示されていますが、それに気づかなかった人や、小さな子どもが、うっかり大量に食べてしまって、救急搬送される例が増えています。コロラド州では、娯楽用大麻を合法化して以降、中毒センターに寄せられる、大麻入り食品に関連した通報が急増したといいます。

もうひとつ、大麻入り食品ならではの落とし穴があります。大麻を喫煙使用する場合は、ユーザーは吸引してすぐにその作用を感じ始め、5〜10分程度で作用のピークに達するので、効きすぎに気付けばすぐに喫煙を中止することができます。いっぽう大麻食品を食べた場合は、胃壁から成分が吸収されるまでに時間がかかり、しかもゆっくり吸収されるので、作用の強さに気付かないまま、つい食べ過ぎてしまう恐れがあるのです。

米国でも、なにかと議論の対象になっている大麻入り食品ですが、娯楽用大麻や医療用大麻のビジネスにとっては重要な商品群で、売上に占める割合は半分以上といわれ、販売店の店頭には、ますます多彩な大麻入り食品が並べられる趨勢にあるようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ハイになるための大麻食品などが、水際ですり抜けて入ってくるのでは、という予想を多くの人がもっています。誰しもがそう思うのだから、持って帰ってしまおう、という衝動や出来心をもってしまう人も増えます。

経口(飲んだり食べたり)は効きが強く、効いてくるのも遅いからコントロールしにくい。だけど、喫煙が苦手という理由で大麻食品を飲み食いしてぶっ倒れる初心者は、アムステルダムのツーリストの中にもいる。

成分がきついかどうかの問題ではない。正しい摂取の仕方を知ればいいだけだ。
「大麻の使い方を教える」ということが必要になるわけだが、それに抵抗をもつ人は多いだろう。だがその怠慢のせいで事故が増えるもの、今までの失敗をみて教訓となっていなければおかし。

今巷では、いまさらまた大麻に対して無用な有害論を説く輩が目立って来た。世界では大麻の合法化が趨勢になりつつあるときに、嘘の3度塗り4度塗りを重ねようとする。そこまでして事実に反したいのですか?そんなやり方では子供は救えないです。
日鷲
2016/03/29 11:39
無痛治療とかQOLとかに全く興味がない日本じゃ大麻の功罪を述べるのは無理でしょ
しかし、大麻の薬効を利用するだけだったらCBDオイルのようなものだけで十分なんだよなぁ…
ASK
2016/03/30 00:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
米で急増する大麻入り食品、その影響がじわり・・・? 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる