弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 薬物事犯の早期釈放、第一陣は6000人、米国

<<   作成日時 : 2015/10/08 02:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

全米の連邦刑務所で、薬物事犯によって長期刑に服している受刑者のうち、約6000人が10月末から11月初めにかけて、早期釈放されることになりました。
これは、1970年代末から米国で沸き起こった、いわゆる「薬物戦争」による行き過ぎを是正するための、量刑引き下げ措置の一環として行われるものです。

当時の米国では、南米から供給されるコカインが急増し、とくに、安価で使いやすいクラックコカインの乱用が各地で急速に拡大していました。この状況に対して、当時の政府は取締まりの徹底と厳罰政策によって対処し、薬物事犯者に対する科刑水準は大幅に引き上げられ、比較的少量の薬物所持罪でも、例外なく長期の拘禁刑を科すMandatory Minimum Drug Sentencesなど、極めて厳しい法律が成立しました。「寛容度ゼロ」「薬物戦争」などと呼ばれる、極端な厳罰政策が支持されたのです。

しかし、どんなに厳罰で臨んでみても、薬物問題は解決しませんでした。そのため、近年では薬物戦争は失敗だったという声が高まり、厳罰政策に対する批判が次第に強くなっていました。

2014年春、連邦法による薬物事犯に対する量刑ガイドラインの見直しが行われ、量刑基準が大幅に引き下げられました。
米国では、薬物事犯者の量刑に影響する要素は、罪種、前科、薬物の量となっていて、その具体的な基準が「ガイドライン」として定められています。このガイドラインが改定され、薬物事犯に対する量刑基準が全般的に引き下げられたのです。
さらに、この改定は、服役中の受刑者に対しても、条件を満たせば遡って、適用されることになりました。
現在、薬物取引罪などで連邦刑務所に収容されている受刑者は、全米で約10万人に上りますが、今回の適用の条件に適合するのはその半数近く、約46,000人とみられています。受刑者からの申請を受け、裁判所が審査したうえで、減刑による早期釈放が決定されますが、今回は、第一陣として約6000人の釈放が決定されました。

こうした遡及的な適用は、これが初めてではありません。とかく批判の多かったクラックコカインに対する極端な加重罰を是正した、2007年のガイドライン改定時にも、受刑者への遡及的適用が行われ、クラックコカイン事犯による受刑者が早期釈放されました。とはいえ、対象者の数では、今回の釈放はこれまでに類のない規模になります。

今回の大量釈放が実現した背景には、米国の連邦刑務所では定員オーバーの収容状況が常態化しているという事情もあります。
ワシントンポストによれば、連邦刑務所の収容人員は1980年時点と比較すると、800%増になっていて、連邦刑務所の運営費用は、司法省予算270億ドルの3分の1に達しているといいます。
薬物事犯者に対する厳罰政策によって、長期刑を科される受刑者が増加したことが元凶だという批判は、かなり前からありました。今回の引き下げと、受刑者の早期釈放によって、刑務所運営の悪循環はいくらか改善することになるでしょう。

いっぽう、大量釈放の結果に不安を感じている人たちもいます。今回の釈放者のなかには、大々的な密輸・密売組織の幹部も含まれています。こうした受刑者がまとめて釈放されることは、薬物犯罪の多発を招きかねないと危惧する声もあります。全米の保護観察官、警察官は、大量釈放に向けて備えを固めているということです。

[参照]
@ワシントンポストの記事
Justice Department set to free 6,000 prisoners, largest one-time release(October 6)
https://www.washingtonpost.com/world/national-security/justice-department-about-to-free-6000-prisoners-largest-one-time-release/2015/10/06/961f4c9a-6ba2-11e5-aa5b-f78a98956699_story.html

A薬物事犯の量刑ガイドライン改正について―米量刑委員会
Materials on 2014 Drug Guidelines Amendment
http://www.ussc.gov/amendment-process/materials-2014-drug-guidelines-amendment

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
薬物事犯の早期釈放、第一陣は6000人、米国 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる