弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 大麻小売業免許の受付開始へ|米大麻合法化州法をめぐって8

<<   作成日時 : 2013/09/28 07:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

来年1月1日、米コロラド州では史上初となる、嗜好品としての大麻の小売販売がスタートしますが、販売開始に向けて、小売業者の免許申請受け付けが、10月から始まります。これまで、オランダのコーヒーショップや米国の一部で導入されている医療用大麻などは、あくまでも大麻を違法とする法制度の下で限定的に行われてきたものですが、いまコロラド州、ワシントン州で進んでいるのは、州法による大麻の合法化です。
その中核となるのが大麻販売制度ですが、連邦法でも、また国際条約上でも違法薬物とされている大麻の販売だけに、乱用の拡大につながることのないよう、とくに子どもたちがその害にさらされることのないよう、販売される大麻の管理や営業活動の制限などが子細に検討されてきたといいます。

●コロラド州の大麻小売業規則
9月上旬、コロラド州は「コロラド州大麻販売に関する常置規則Permanent Rules Related to the Colorado Retail Marijuana Code」を発表しました。136ページにわたってびっしり文字が並んだ規則集には、免許取得の条件、店舗や栽培施設などの装備、ラベル表示など、新しい制度の下で大麻販売を行うための規則が詳細に定められています(下記参照@)。
画像

↑コロラド州大麻販売に関する常置規則

規則全体の構成は、次のようになっています。
R100番台・・・総則  
R200番台・・・免許
R300番台・・・認可施設
R400番台・・・大麻販売店舗
R500番台・・・販売用大麻栽培施設
R600番台・・・販売用大麻製造施設
R700番台・・・販売用大麻検査施設
R800番台・・・運送及び貯蔵
R900番台・・・取引記録
R1000番台・・・ラベル、包装、及び製品安全性
R1100番台・・・看板及び広告
R1200番台・・・執行
R1300番台・・・懲戒
R1400番台・・・管轄、管轄裁判所及び法執行

史上初の大麻販売制度では、大麻の管理について、実に詳細な規定が多数設けられています。たとえば、コロラド州内で販売される大麻は、認可業者が認可栽培施設で自ら栽培するか、他の認可業者から買い取ったものに限られ、販売される大麻は、認可栽培施設から販売店の店先まで一貫した追跡システムによって、管理されなければなりません。
また、栽培や保管に当たって、使用を禁止する化学品のリストは60項目以上に及んでいます。販売店にはビデオカメラを設置して店内をモニターし、また事業所内部は立入制限区域であることを明示し(標識の寸法の規定もある)、従業員は必ず入場証を身に着けなければなりません。さらに、広告やパッケージについての制限は、驚くほど細かく、また具体的です。

営利主義に走らないよう、また地域住民に悪影響を及ぼさないよう、節度を持った大麻販売をするために、どんな管理が必要なのか、そのモデルが初めて示されたわけです。回を改めて、特徴的な部分をとりあげて、少しずつ紹介していくつもりです。

■連邦との直接対決はとりあえず回避されたが
米国で大麻合法化の動きが具体的になった、2010年カリフォルニアでの住民投票の時から、誰もが気にしてきたのは、州法と連邦法の衝突です。たとえ州法にのっとって大麻販売をしたとしても、連邦機関によって連邦法違反として摘発されることもありえるのです。
8月末、連邦司法省は全国の連邦検察官宛てのメモランダムを発し、コロラド州、ワシントン州での大麻販売店の摘発は、優先事項ではないとする見解を伝えました。ただし、州政府の管理が不十分で大麻販売が犯罪組織の資金源になったり、子どもに乱用の害が及んだり、販売された大麻が隣接州に流出したりといった事態になったときには、断固たる措置をとる用意があるという文言も添えられています(下記参照A)。
これまで、医療用大麻のケースでは、連邦による販売店の摘発が行われてきました。いっぽうで、医療用大麻を必要とする患者を摘発することは本意ではないとしながらも、本来は非営利活動である大麻供給所が営利事業化しているとして、供給所の集中摘発が行われたこともあるだけに、今後の流れは不透明ですが、とりあえず、当面の直接対決は回避されたといったところでしょうか。

[参照]
@コロラド州の大麻規則
Permanent Rules Related to the Colorado Retail Marijuana Code(September 9, 2013)
www.colorado.gov/cs/Satellite?.../pdf...
A米司法省のメモランダム
Guidance Regarding Marijuana Enforcement(August 29, 2013)
http://www.justice.gov/iso/opa/resources/3052013829132756857467.pdf

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大麻小売業免許の受付開始へ|米大麻合法化州法をめぐって8 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる