弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 合衆国は正式に医療用大麻を否定|2011大麻議論

<<   作成日時 : 2011/07/13 23:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

大麻の医療での有用性を考慮して、大麻の規制分類を変更するよう求めた請願に対して、合衆国政府はこれを否定する決定を下したと、アメリカのメディアが伝えています。請願が提出されてから9年近く経って、ようやく出された決定です。
請願を提出したグループは、政府の決定を批判しながらも、ようやく結論が出されたことで、いよいよ法廷で医療用大麻議論を展開することができると、張り切っているとか。政府決定に対して不服を申し立て、今度は公開の裁判の場で、医療用大麻の是非について議論が展開されることになることでしょう。

今回の決定は、DEA長官からの回答書簡という形で、決定の裏づけとなった記録とともに連邦政府広報に掲載されたということです。その内容を私はまだ確認していませんが、ロサンゼルス・タイムズは、「大麻は乱用の危険性が高く、合衆国で現在認可されている医療用途は認められず、医師の指示の下で使用するための安全性を欠いている。」という長官の談話を載せています。

実は、合衆国政府が医療用大麻を認めないという正式な決定を下したのは、これで3回目です。最初の請願は1972年に出願されて、17年後に否定。次は、1995年に出願されて、6年後の2001年に否定。今回で3回目というわけです。
2010年冬、カリフォルニアから始まった大論争に一応の決着が付いたのを機に、これまでの医療用大麻議論を総括し、懸案の請願に対しても決定を下しておこうというタイミングでしょうか。そういえば、DEAの大麻に対する公式見解をまとめた資料も、2011年版に改定されています。
画像

↑DEAの大麻に対する公式見解をまとめた資料

[参照]
@ ロサンゼルス・タイムズ>●大麻には医療上の有用性はないと連邦政府はいうFederal government says marijuana has no accepted medical use(July 8, 2011 ) http://latimesblogs.latimes.com/lanow/2011/07/federal-government-rules-that-marijuana-has-no-accepted-medical-use-.html

A DEAの大麻に関する公式見解(2011年1月版)The DEA Position on Marijuana-January 2011
http://www.justice.gov/dea/marijuana_position.pdf

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
合衆国は正式に医療用大麻を否定|2011大麻議論 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる