弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 中学生に大麻をどう教える?

<<   作成日時 : 2010/01/25 03:11   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 3 / コメント 5

中学生の大麻事件のニュースに接して、10代前半の子どもたちへの大麻乱用防止の必要性を感じておられる方も多いでしょう。神戸市の中学校では、大麻乱用防止に的を絞った指導計画作りが始まったと、地元の新聞が報じています。
<ニュースから>
●各校で指導計画書作成へ 神戸・中学生大麻事件
神戸市内の女子中学生らが大麻を所持した疑いで逮捕された事件を受け、神戸市教委は13日、定例校長会で、大麻に絞った指導計画書を各校で作成し、早急に提出するよう指示した。
竹下正明・指導課課長が出席した84人の校長らに対し、これまでの指導方法を抜本的に見直す必要があることを指摘。「大麻は想像以上に中学生の身近に迫っている」と強調し、3学期中に悩みを抱える生徒を対象に、教育相談を実施することを呼びかけた。
また、市教委は会見で、2010年度に大麻を中心とした薬物乱用防止に関する指導資料を初めて作成する方針を明らかにした。幹部は「中学生ではシンナーや向精神薬が主流で、大麻まで重点を置いていなかった。これからは誰でも(大麻の所持が)ありうると考えている」と説明した。
一連の事件では、大麻取締法違反容疑で逮捕、補導された中学生が4人に上っている。
神戸新聞2010年1月13日(水)15:51配信ニュース
http://news.goo.ne.jp/article/kobe/nation/T20100113MS01486A.html

さあて、難しい問題です。子どもたちへの教育を考えるとき、最初に取り組むべきは、指導者の育成ですが、なにしろ、教える立場の教師や親が、大麻を知らないのですから。日本の若者にとって大麻が身近な存在になったのは、ほんの最近のこと。20年前には、大麻は特定の人脈を通じて流通していた状態で、大都市の一部の場所で外国人密売人がチョコと呼ぶ大麻樹脂を売るようになったのが15年ほど前のことです。
大麻を知らないで育ったおとなが、大麻情報が氾濫しているなかで成長している子どもたちに教えるのは、とても難しいことだと思います。まず、おとながもっと大麻を知らなくてはなりません。
画像

↑日本で一般的に出回っている大麻は、大麻草の葉や花を乾燥させたもので、1グラム前後が小さな透明袋に入って、4〜5千円程度で密売されています。(写真は厚生労働省関東信越厚生局 麻薬取締部)
画像

↑よりTHC濃度が高い花穂(バッズ)部分だけを集めたもの。最近では、こうした大麻も出回るようになりました。(写真はDEAフォトライブラリー)

私が教育機関や保健関係の皆さんに大麻についてお話しする際には、最初に、形態から覚えていただきます。目でみてわかるというのが早道だと私は考えていますから。でも、私は弁護士であり、大麻研究者の資格をもっていないので、本物の大麻を持参してお見せできないのが残念です。
大麻の最大の特徴は、特徴のあるにおいです。においは、子どもの大麻乱用を知る何よりのサインなのです。子どもたちに接する教員の皆さんが、大麻を見分け、かぎわけることができれば、子どもたちの心に緊張感が生まれることでしょう。「どうせ誰もわかりはしない」という油断が、子どもたちの逸脱を加速させるのです。

そこで、学校関係者の皆さんに提案したいのは、教員の大麻研修会などで、ぜひとも本物の乾燥大麻に触れる機会を作っていただきたいということ。大学の薬学部や捜査機関には、大麻研究者の資格を持つ人がいて、本物の大麻もあります。こうした専門家の協力を得て、ぜひとも本物のマリファナに触れて、その色やかたち、においを覚えてください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
女子中学生が大麻汚染でなにやってたのか・・
神戸市立中学の女子生徒らによる大麻所持事件で、兵庫県警薬物銃器対策課などは25日、 大麻取締法違反(譲渡)容疑で、住所不詳のミュージシャン、坂口賢容疑者(23)を逮捕したと発表した。 「(大麻を)渡したことはない」と容疑を否認しているという。 逮捕容疑は、昨年12月26日、神戸市中央区内の飲食店で、 同市兵庫区の飲食店... ...続きを見る
ガンガン日記
2010/01/27 15:47
大麻の長期使用、精神病に関連 アメリカ専門誌
(コメント) 大麻が精神病に悪影響を与えるとの記事です。 大麻には、余り健康に悪くないという意見と、健康に良くないという意見がありますが、今回の記事は、健康に良くないという意見のようです。 ただ、記事の中にもありますように、大麻と精神病とで、どちらが原因か.. ...続きを見る
健康情報 気になるニュースをお伝え
2010/03/01 06:47
大麻の長期使用、精神病に関連 米専門誌
(コメント)  大麻については、健康に悪いという説と、さほど悪くないという説とがあります。 今回の記事は、大麻が精神病に悪い影響を与えるとのことです。 ただ、記事中にもありますように、大麻が原因ではなく、精神的に問題のある人が大麻を使う傾向があるため、この判断は難しいようです。  どちらにせよ、日本では大麻は大麻取締法で規制されているので、試すことができません。... ...続きを見る
漢方・健康食品・サプリメントを中心として...
2010/03/01 06:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
入手しやすくて毒性、依存性が強いアルコール、タバコ、シンナーの教育が先ですよね。

シンジケート
2010/01/25 06:33
ねずみにTHC注射してるビデオ見せる
大学生になってインチキに気がつく

中学生でも
ジョイント換算でどのぐらいなの?って
質問され先生困惑
(タバコは間違って誤飲したら死にますけど)
ノマトリ
2010/01/25 17:59
「中学生に大麻をどう教える?」

基本は真実を教えれば良いのですが。。

1.厚生労働省は国民に対してウソをついている
2.NHKなどマスコミもウソの情報を流している
3.警察も善良な市民を逮捕、監禁する
4.最後の頼りのはずの裁判所も「大麻の真実」を
 知らん顔で「大麻の害は、論ずる事も無い公知の事実
 」とウソをつき本来無実の人を有罪にしてしまう

以上の日本に於ける大麻問題を中学生に理解させる
のは大変。。だけれどもこれが現実だしなぁ。。
電P
2010/01/25 19:34
インターネットで情報が世界を駆け回る時代に、嘘や隠蔽は通用しません。
政治家、企業、検察を含む官僚、マスコミ、資本家の欺瞞に国民は怒っているのです。
世界の中で影響力を保持する彼らは実はマイノリティなのです。
国民が正しい情報を共有して、彼らを震え上がらせるべきです。
そのためにも海外に出て大麻を吸いましょう。
真実が見えてくると思います。
シンジケート
2010/01/26 08:42
大麻単体で死ななくても。所持を禁止するほど
危険でなくても
大麻と睡眠薬を女子中学生に薦めてくる人たちは
とっても危険です。
ノマトリ
2010/01/28 00:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
中学生に大麻をどう教える? 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる