弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 専門家委員の立場|英国の大麻規制2009年の変更9

<<   作成日時 : 2009/11/03 00:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

英国で大麻の法規制レベルを引き上げる変更が行われたのは、今年の1月。変更から11か月経った今になって、この変更の是非をめぐる議論に火がついています。日を追って騒ぎは大きくなり、いまや政治問題にまで発展しているので、その経緯を簡単に報告しておきましょう。

英国(UK)では、薬物政策に関して重要な決定をする際には、内務大臣は薬物乱用諮問協議会(ACMD)に諮問し、その答申を受けて政策決定を行います。2009年の大麻の規制分類変更に当たっても、ACMDは内務大臣の諮問を受けて大麻の健康影響に関する評価を行い、21項目にわたる勧告を行いました。政府は勧告のうち、1項目を除き、他の20項目を受け入れました。政府が受け入れなかった1項目とは、大麻の規制分類に関するもので、ACMDは現状のままクラスCに据え置くよう勧告していたのです。

さて、騒動の発端は、ACMDの委員のひとり、精神薬理学部門責任者のナット教授が、講演のなかで「アルコールやタバコの害はLSD、エクスタシー、大麻などより大きい」と語り、政府は科学的な根拠をゆがめて解釈しており、大麻に対する規制分類の変更は政治判断によってなされたと批判したことでした。
その直後の10月31日、内務大臣がナット教授をACMDの議長から解任したと各紙がいっせいに報道しました。ガーディアン紙は「教授は政府の真実を指摘しただけだ。」「ジョンソン内務相は、彼の政治的見解と合致する場合は独立した助言を歓迎するが、受け入れがたい真実を伝える声に耳を傾ける強さを持ち合わせていないようだ。」と伝えています。
guardian.co.uk >Drugs policy: Shooting up the messenger (31 October 2009)
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2009/oct/31/david-nutt-sacking-alan-johnson

ACMD 内部から、ナット教授の解任に抗議する声が上がり始め、11月1日には、2人の委員が、ナット教授解任に抗議して委員を辞任するというニュースが流れました。さらに翌2日になると、保守党のキャメロン氏や、民主党の内務委員など有力政治家がこの問題に関してメッセージを発し始め、いまや単に薬物問題にとどまらない政治問題になりつつあります。

もともと、今回の規制分類変更に関しては、内務省とACMDのスタンスが完全に一致していたわけではありません。2005年にも規制分類の変更が検討されたのですが、その際にはACMDの答申によって変更が見送られた経緯もあり、今回も、もっとも核心となる分類について、政府はACMDの答申と異なる決定をしてきました。この経緯については、当ブログ「英国の大麻規制2009年の変更 1〜8」として取り上げていますので、参照してください。
●英国の大麻分類変更|英国の大麻規制2009年の変更 1
http://33765910.at.webry.info/200904/article_13.html
●政府の強い意思|英国の大麻規制2009年の変更3
http://33765910.at.webry.info/200904/article_16.html

今のところ、英国メディアの反応は、強権を発動した内務大臣に対して批判的な視線を浴びせているようですが、ナット教授の発言は、政府の諮問機関の委員として超えてはならない一線を越えた言動であるとするみかたもあります。

さて、この問題は、政策決定と諮問委員会のあり方の根幹に関わる問題を含んでいます。また、刑事裁判における専門家による鑑定意見と判決にも、同じような構図をみることができます。
重要な決定に当たり、意見を求められた専門家は、その後の発言にどんな責任を持つべきか。また、専門家の意見を求めた政治家や裁判官は、その意見に従う必要があるのか。考えるべきことはたくさんあります。
この問題に関する最新のBBCニュース(ビデオ)
●Johnson faces drugs row questioning
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/politics/8338356.stm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
専門家委員の立場|英国の大麻規制2009年の変更9 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる