メールで運び屋募集|覚せい剤密輸事件

覚せい剤密輸の運び屋の募集に、新たな手法が登場しているようです。
6月28日、愛知県の中部国際空港に到着した2人の旅行客の手荷物から、相次いで大量の覚せい剤が発見されました。

<ニュースから>*****
●覚せい剤密輸容疑、2人逮捕=メールに応じ、中国から運搬―愛知県警
メールで誘われて中国を訪れ、覚せい剤を隠した荷物を日本に運んだとして、愛知県警は16日までに、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)容疑などで札幌市南区・・・、自営業G容疑者(59)と熊本市西区・・・、無職S容疑者(54)を逮捕した。
G容疑者は「薬物が入っていると思わなかった」と容疑を否認し、S容疑者は認めているという。
県警薬物銃器対策課によると、2人は面識がなく、いずれも「資金提供するので中国に来て」などと英語で書かれたメールがパソコンに届いて渡航。それぞれ現地で会った人物から金を受け取る約束をした後、荷物を渡されたと説明している。
運ばれた覚せい剤は計約10キロ(末端価格約7億2400万円)で、税関職員が発見した。日本に到着後、渡す相手を指示される予定だったという。同課は同じ密輸組織が関与したとみている。
時事通信 7月16日(木)21時32分配信
*****

名古屋税関の発表によると、香港から帰国したG容疑者が持ち込んだ段ボール箱には、卓上スピーカー32個に小分けした覚せい剤約4.4キロ。いっぽう上海から帰国したS容疑者の黒色ソフトスーツケースからは、リュックサック3個の背当て部分に隠匿した覚せい剤約6キロが見つかったということです(下記参照)。
2人は互いに面識がなく、渡航先も、搭乗便も異なるのですが、捜査の過程で浮かび上がった、2人を結びつける意外な共通点は、パソコンに届いた英文メールでした。

実は、同じような話は以前からありました。外国の薬物密輸グループに利用されて、日本に覚せい剤を運搬させられた外国人の事件で、最初のきっかけが、見知らぬ人物からのメールだったという例が、いくつもあるのです。パソコンに送られてくるメールや、ツィッターなどのSNSを介した通信などで、「いい仕事がある」と誘われ、つい興味を覚えて返事を返した瞬間から、彼らは犯罪組織に次第に取り込まれていったのです。

見知らぬ相手からのメールで、いきなり密輸グループに取り込まれてしまうのか・・・。こうした事件に接して、私も最初はいささか信じがたい思いがしたものです。しかし、実際の事件を担当して、詳細に事情を追っていくうちに、少しずつわかってきたことがあります。
最初のメールに返信して以降、何度も同じ相手と通信をかわし、いろんな情報をやりとりするうちに、最初は荒唐無稽に思えた話が次第に真実味を帯びてきて、「ちょっと怪しいけど、おいしい話」に変わってしまうことがあるようです。
相手が持ちかけてくるシナリオは、実に多様です。外国の親せきが自分に遺産を残した、外国の知り合いに貸した金を取り立てる、なかには、秘密の財産があるが特殊な化学処理をされていて取り出せない、それを解除する特殊な薬剤を取ってきてくれたら、財産の半分を進呈するなどというものもありました。
いずれも、冷静な第三者がみれば、いかにも怪しい話です。でも、時にはこんな話に誘われて、つい、外国まで誘い出されてしまう人たちもあるのです。

密輸に誘い込まれた人たちの多くが、相手とやりとりする過程で、何度かは、心のアンテナに引っかかるものが生じたことでしょう。そのとき、だれか冷静な第三者に声をかけていれば、こんな事態になるまえに防止できたのに、と痛切に思います。
得体の知れない密輸組織に対する恐怖心があるかもしれませんが、実のところ、密輸組織にとってリクルート途中の運び屋候補は、いつでも切り捨て可能な、トカゲの尻尾にすぎません。やりとりを中断した相手の口を封じる必要もないのです。

怪しげなメールは、私のところにもたくさん舞い込みます。英文も、日本語のメールもあります。
もし、あなたの周囲に、こんな誘いに乗りかかったひとがいたら、どうか一言声をかけてあげてください。「その話、ちょっと怪しいよ。」

[参照]
名古屋税関の報道発表
覚醒剤密輸入事件(2件)を告発(平成27年7月16日発表)
http://www.customs.go.jp/nagoya/mituyu/tekihatu/tekihatu2015.html#270716

"メールで運び屋募集|覚せい剤密輸事件" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント