日本の中高生は大丈夫?|モニタリング・ザ・フューチャー調査2009

欧米では、学齢の少年を対象にした薬物乱用の実態調査研究がよく行われています。ほとんどの場合、薬物乱用を開始するのが少年期であり、また薬物を使い始める時期が早いほどその後の影響が大きいことが知られているため、少年期の薬物問題に強い関心が寄せられているからです。
そのひとつ、日本の中高生に当たるアメリカの生徒を対象にしたモニタリング・ザ・フューチャーの2009年調査の速報が発表されたので、これを日本の中高生の実態と重ね合わせて考えています。ただし、日本では、直接対比できるデータが限られています。前回紹介したように、中学生に関しては継続的な調査研究がありますが、そのデータに制約があり、また肝心な高校生に関しては継続的な大規模調査は見当たらないので、具体的な比較はできません。

断片的な調査などから推測すれば、覚せい剤や大麻などの規制薬物に関しては、日本の中高生には、薬物乱用はそれほど蔓延していないことは間違いないといえるでしょう。しかし、日本の中高生の薬物問題はまだ大丈夫と、安心してよいでしょうか。

少し見方を変えてみましょう。中高生が薬物を使用し始めるとき、それに先行して、(あるいは同時進行で)アルコールやタバコの問題が起きていることが多いといわれます。つまり、少年期のアルコールやタバコ使用は、薬物乱用のリスクを推測するための指標であると考えることができるわけです。折から、少年の喫煙防止が社会的な課題になっている現在、わが国でも中高生の飲酒・喫煙実態に関する調査が行われていますから、このデータをモニタリング・ザ・フューチャー調査と対比すれば、日米の中高生の実態比較をすることができます。とりあえず、喫煙のデータで検討してみましょう。
下のグラフは、日米の各調査から、同じ対象年齢で比較可能な項目を抽出してグラフに表したもので、私がデータの抽出とグラフ作成をしました。

高3男子の喫煙実態は、日米でほとんど差が見られない。
比較しているのは、「この30日間に1回でも喫煙したことがある」生徒の割合です。
[男子の状況]
男子では中2では日米にかなりの差がみられ、高1でもまだ開きがあるものの、高3になると日米の差がほとんどなく、日米ともにかなりの高率で喫煙が行われています。日本の男子のピークは、高3の1996年及び2000年調査で36.9%。日本の高3男子の3人に1人以上が、「この30日以内に喫煙したことがある」と回答しています。米国のピークは12学年の1996年調査で34.9%、日本よりわずかに低い数字です。
日米ともに、近年の喫煙防止教育強化を反映して、2004年調査では、喫煙率の低下がみられます。2004年調査では、日本の高3男子では5人に1人強が30日以内に喫煙していました。
[女子の状況]
日本の女子中高生は、米国の同年齢の生徒と比べて、喫煙率は全体に低いといえます。ピークは、高3の2000年調査で15.8%。米国では女子と男子の喫煙率にそれほど大きな差がみられないのと比べて、日本の中高生では、かなり明確な性差が現れています。
画像

↑日米の比較 中高生男子・この30日の喫煙率

画像

↑日米の比較 中高生女子・この30日の喫煙率

薬物が身近になれば、日本の中高生の乱用は一気に増加する危険がある
喫煙の実態をみると、日本の中高生は米国の同年代の生徒たちと同じ程度に、精神作用物質を使用する素地を持っているのかもしれません。規制薬物に関して言えば、日米の少年にとって最大の違いは、その入手可能性にあるのではないかと私は考えています。大麻や覚せい剤などの規制薬物は、従来の日本では高価で、少年には手の届きにくいものでした。覚せい剤は目下のところますます高価になっていますが、大麻の供給は確実に増えています。もしも、このまま大麻が増え続け、価格が低下するならば、かつてのシンナー乱用期のような状況がたちまち出現する危険性があるでしょう。いえ、世界の動向をみるならば、かつてのシンナー以上の乱用拡大がわが国でも起こるかもしれないのです。

まずアルコールやタバコの問題から中高生に説いていきたい
日本の中高生にとって、現状では、身近な精神作用物質はアルコールやタバコです。成長期にアルコールやタバコを使うことのリスクを、中高生と一緒に考え、その使用を少しでも減らしていくことが、いまもっとも大切なのではないでしょうか。
中高生にとっても、教える側のおとなにとっても、アルコールやタバコは身近でわかりやすいテーマです。薬物乱用防止のスタートとしてのアルコール、タバコ問題をもっと大切にしなくてはいけないと、データが教えてくれています。

[出典]
1、日本 「未成年者の喫煙および飲酒行動に関する全国調査 2004」
厚生労働省・最新たばこ情報・未成年の喫煙より引用
http://www.health-net.or.jp/tobacco/product/pd110000.html
2、米国 「モニタリング・ザ・フューチャー調査2009の報道発表資料」
New 2009 Press Release "Teen marijuana use tilts up, while some drugs decline in use." 
http://monitoringthefuture.org/data/09data.html#2009data-drugs

"日本の中高生は大丈夫?|モニタリング・ザ・フューチャー調査2009" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント