中国で危険ドラッグ原料の製造工場を摘発

中国の英語ニュースに「‘バスソルト’のレシピを提供したとして元化学教授を逮捕」という見出しをみつけました。5月18日付のXinhua English Newsの記事です。

<記事の概要>*****
陝西省三原県の警察は、米国で「バスソルト」と呼ばれ、使用者をゾンビ事件に追い立てた薬物を製造したとして、これまでに17人を逮捕したと発表した。
メトカチノンの製造仕様書を提供して製造を幇助したとして、ルーという男性も逮捕された。この人物は、西安の大学の元化学教授。
また、警察は捜索を行い、薬物128キロや製造途中の液体や現金500万元などを押収した。
この薬物は極めて安価で、依存性が強く、使用者を暴力行為に駆り立てることで知られている。
捜査情報によると、ルーは2013年5月にメトカチノンの製造仕様書を渡したとされる。
薬物製造で逮捕された被疑者チェンは、江蘇省の化学プラントの責任者だった人物で、過去にも、別な薬物の製造に関わったとして1年以上刑に服したことがある。
この薬物製造施設は2014年5月に警察に摘発され、3人が拘束された。他の逮捕者は、過去6か月の間に逮捕されたもの(私訳)。
Xinhua English News, Former chemistry professor arrested for leaking "bath salts" drug recipe (2015-05-19 16:44:05)
http://news.xinhuanet.com/english/2015-05/19/c_134252246.htm
*****

日本で危険ドラッグの成分に使われる合成薬物のほとんどは、中国から輸入されてきました。こうした合成薬物は、インターネット上で「研究用試薬」と称して販売され、世界中に広まっています。
製造しているのは中国の化学会社だと、ずっと前から言われ続けてきましたが、国際規制の対象になっていない薬物の流通を規制するのは難しく、具体的に流通ルートに介入するような対策を講じるのは、残念ながら困難です。
それでも、国際社会からの要請を受けて、中国も取締まりに乗り出したようです。メトカチノン(あるいはその類似薬物)を製造していた化学工場を摘発し、100キロを超える製品や約2トンの中間物質などを押収し、製造関係者17人を逮捕したという大掛かりな捜査が一段落し、報道発表が行われたわけです。

画像

↑中国のニュースサイトが「化学教授逮捕」を報じた記事
中国語のサイトですが、ニュースのビデオがあります。
http://news.163.com/15/0519/03/APUTJ0KF00014Q4P.html

摘発された化学工場は、中国内陸部の陝西省、古都西安に近い三原県にありました。メトカチノンを製造していたという、この工場の様子は、上の中国ニュースサイトに掲載されたビデオが詳細にとらえていますが、ごく普通の化学工場のように見えます。
2013年9月から2014年5月の間に、一味は繰り返してアセトンや塩酸などの原料を入手し、この工場で1200キロを超えるメトカチノンを製造し、販売したということです。製造した薬物は、次々と関係者の手を経て転売されていきました。

中国国内では危険ドラッグに対する認知はまだ広がっていませんが、米マイアミで起きたゾンビ事件は広く知れ渡っているようで、このニュースも「あのゾンビ事件を引き起こした薬物」として報じられていました。
でも、このような製造工場がいくつも稼働し、大量の薬物を生み出している中国は、カチノン類や合成カンナビノイドの乱用が広がる危険性を抱えています。こうした薬物の乱用が国内問題に発展する前に、今が本格的な規制に乗り出す好機です。
中国が本格的な規制に向かって動き出せば、世界の危険ドラッグ問題は大きく好転することになります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

滅智蓮寺 熾
2015年05月25日 17:12
マイアミゾンビ事件の原因薬物はメトカチノンだったという説があったんですか……

http://en.wikipedia.org/wiki/Miami_cannibal_attack
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%82%BE%E3%83%B3%E3%83%93%E4%BA%8B%E4%BB%B6
ウィキペディアでは、英語版ではマリファナ、日本語版ではバスソルトとなっており、情報が錯綜しています。
(機械翻訳に頼っているのできちんと英語を読めていませんが)

http://news.aol.jp/2012/06/27/rudy-eugene-face-marijuana-medical-examiner-results_n_1632253/
バスソルト類は検出されず、大麻だけだったという報告もあります。

正直、私も全く推測が付きません。

もしかすると、中国の警察はわざとマイアミゾンビ事件と結びつけて、おどろおどろしいイメージを民衆に与えようとしてるのではないか、と思います。
(中国でマイアミゾンビ事件がバスソルトが原因というイメージが知れ渡っているのなら、「これを奇貨として」そう発表したという意味です)

この記事へのトラックバック