NYタイムズが大麻合法化ディベートを開始

米国はかつて、禁酒法を撤廃するのに13年かかった・・・こんな書き出しで始まる社説を巻頭に掲げて、ニューヨークタイムズが大麻合法化ディベートの特集を掲載し始めました。巻頭記事のタイトル「禁止撤廃をもう一度Repeal Prohibition, Again」は、現在の連邦法による大麻禁止策と、かつての禁酒法(Prohibition)を重ね合わせて、その撤廃を呼びかけるものです。
画像

↑NYタイムズの特集より
http://www.nytimes.com/interactive/2014/07/27/opinion/sunday/high-time-marijuana-legalization.html

その巻頭言は、「連邦政府は大麻禁止を撤廃すべきである。各州での大麻法制改革の急速な動きに対応して、タイムズ編集委員会での長い議論を経て、我々はこの結論に至った。」と宣言します。

この記事が掲げる主な主張を拾い出してみましょう。
・大麻使用が成人にもたらす害は比較的軽度なものだが、いっぽう、大麻を犯罪化することにともなう社会的損失は大きく、多くの若者の人生を台無しにしている。
・2012年中に大麻所持で658,000 人が逮捕され、しかも逮捕者は若年黒人男性に偏っており、次世代の犯罪者予備軍を生み出している(コカイン、ヘロイン及びその派生物での逮捕は256,000 人)。
・大麻が若年者の脳の発達に及ぼす影響については合理的な懸念があり、その理由から、我々は21歳以下に対する販売禁止を支持する。
・大麻の製造、販売を管理するシステムは複雑なものになるだろうが、解決可能な課題である。

2010年ころから大麻合法化議論が全米を巻き込んできたなかで、多くが語られてきましたが、この特集は、これまでの報道とは一線を画しているように思えます。大麻合法化を真正面からとらえ、アメリカ国民に向かって議論を挑みかけるような語り口に、私は思わず引き込まれてしまいました。久々に、ジャーナリズムの底力を見せつけられた気がしています。

しかし、記事が指摘するように「連邦議会は、他の大問題でもそうであったように、大麻問題に関して動きそうにない」なかで、この特集がどこまで世論を盛り上げるか、これからの展開に期待しつつ、次回では、第1回目の記事「各州に大麻の決定権限を」を読んでいきたいと思います。

[参照]
①NYタイムズの特集「潮時:大麻合法化特別編集版シリーズ」
The New York Times/ High Time: An Editorial Series on Marijuana Legalization
http://www.nytimes.com/interactive/2014/07/27/opinion/sunday/high-time-marijuana-legalization.html?action=click&contentCollection=Opinion&module=RelatedCoverage®ion=Marginalia&pgtype=article

②特集の背景について
The New York Times/ Some Background on Our ‘High Time’ Series(JULY 26, 2014)
http://takingnote.blogs.nytimes.com/2014/07/26/some-background-on-our-high-time-series/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

日鷲
2014年07月29日 03:01
アメリカは、良い意味でも悪い意味でも民衆の動向に忠実です。政治家は国民の多数派意見に敏感に反応し無視できず、選挙では多数派意見はテーマとして扱われる場合が多い。それは大統領選でも同じです。
オバマは、大麻の自由化は為すべきと考えていた。しかし自らをれを率先することはなかった。率先はしなかったが誘導した。それが国内の大麻自由化支持者やリベラリスト勢力の後押しになった。もう地盤はできている。
今やアメリカでの大麻合法化の支持は50%を超えている。民主主義国家でそれが意味するのは、それに沿った政策の実現だ。

大麻合法化ディベートは成立するのだろうか。それはもうすでに始まっているし、結果も見えている。今ここでその流れに乗らなければ、いつまでも否定的でいたら、国民や読者が離れて行く。そのタイミングを多くの識者やマスコミは狙っていたのではないか。そしてNYタイムスが一番乗りした。私にはそう見える。つまり、大麻合法化の結論は覆らないと察したのだ。

彼の国の話よりも、日本はどうするのだ。東京五輪を迎え、より国際協調が求められる。識者は、マスコミは知らなかったと通すのか。国に従わされたとか言い訳でも言うのか。規制を支持してきた者は、今のうちに事実を語るか、クビを洗って待っているかどちらかだ。
・・・・・
2014年08月04日 15:39
現代は情報戦なんですよね。言いたいことはいっぱい
あるけど、証拠がないから書くわけにはいかない事って
たくさんあります。それがみんなの悩みなのかも。
・・・・・
2014年08月04日 18:23
働かなくてもお金を自由に動かせる人は、証拠を残さずに
他人に圧力を加えることができます。自分でやらなくても
他人に圧力を加えさせることが出来ます。半分バレていても証拠がないので、みんなで知らないふりをしています。
・・・・・
2014年08月04日 18:59
お金持ちは何もしないで人工衛星のまわりを回っているだけの無害な存在ではありません。当人たちは知的労働だと
思っているかもしれないけれどそれは犯罪です。
裸官僚とか愛妻家ぶる人を信じてはいけません。
・・・・・
2014年08月04日 22:11
最近は証拠を取られないように一般人から公的機関に電話をさせて発信記録を取り無言で対応するという気味のわるいことをしているそうです。圧力をかけた証拠は残りませんよね。
・・・・・
2014年08月05日 04:16
民主化を標榜しながら裏では心理攻撃を加えます。
まず標的に創作物を書かせて破棄させその記憶を利用して
メディアから暗号を送り心理的に弾圧を繰り返します。
見えない脅迫行為で圧力をかけ都合の悪い事実を隠蔽して
いるそうです。
・・・・・
2014年08月05日 06:12
上手く標的を動かして富裕層にとって都合の良い世論を
形成できるような記事を書かせているのでしょう。
・・・・・
2014年08月08日 07:34
高利貸の家に売り飛ばされた公家の娘みたいな女性が
床の間に座って居るだけなのに、何故周りの人間たちが
裕福になるのか?その仕組みを見破ることが重要かもしれません。
RR
2014年08月09日 17:54
権力の中枢にいる人が、お金の力で強欲な人たちを唆し
そのあと潰してしまうと証拠は残りません。
体制側の人間になったつもりで、庶民に悪さをしているうちに、登った梯子を外されてしまった人たちを何人も知っています。ひひ爺いクラブなんか入会してはいけないのです!
ハニートラップ
2014年08月28日 07:29
友好を装って接触してくるのでこれが一番こわいです。
蹴ったり殴ったりしないから悪意を証明できません。
言葉巧みに手書きの封筒、FAXを取ろうとするのです。
今時は、元気にマラソンしている人のほうが要注意人物
ですよ。
・・・・・
2014年08月28日 10:33
壁に耳あり障子に目ありです。テクノロジー犯罪は驚く
ほどに進化しています。その行動は誰かにみられている!
新聞記者でなくても、甘い誘惑に気をつけましょう。
RR
2014年08月31日 09:32
コロラド州やワシントン州の「州法」では大麻は合法化
されているのですか?本当に治療効果のある薬草であるならばベンゾジアゼピン薬の代わりになるかもしれません。
・・・・・
2014年09月09日 20:30
角栄さんがいてくれたらなあ~
RR
2014年09月09日 21:14
カツアゲしてくるジャイアンに勝てる人なんているの?
・・・・・
2014年09月09日 23:32
依存性のない安全な薬草なのですか?
RR
2014年09月20日 16:32
医薬品として処方する国もあるのですか?
・・・・・
2014年09月20日 16:39
正確な情報をもとに議論するべき重要な課題ですね。
野中
2014年09月23日 07:20
小森先生ご無沙汰しております。
さて、この度、私は大麻取締法を改正する国会請願書名活動を開始致しました。文末に署名用紙(pdf)をダウンロード出来るリンクを貼らせて頂きますので、是非、ご査収ください。
 尚、内容に共感して頂けるようでしたら賛同者としてご芳名を連ねて頂けます様、お願い申し上げます。
 大変お手数ではありますが、ご検討の程、宜しくお願いします。
署名用紙(pdf)ダウンロードリンク
http://t.co/7xvZ67ASdd
・・・・・
2014年09月23日 13:54
日本の庶民を弱体化させる薬物問題を解決することが一番
重要なことです。
RR
2014年09月23日 14:01
よその国の憲法に口出しする外国人に注意するべきだと
ルソーが言ってたってほんとうですか?
・・・・・
2014年09月23日 14:09
薬物問題が最重要課題です。
安定剤の依存性さえ克服できれば、画期的に精神科の医療
が改善されます。

この記事へのトラックバック