米司法省フェデックスを起訴|インターネット薬局問題

米連邦司法省は、宅配・航空貨物輸送大手の米フェデックスを、インターネット薬局経営会社と共謀して、処方せん薬を不法に配送したとして起訴しました。

<ニュースから>*****
●フェデックス、不正医薬品の運送で起訴―同社は不正を否定
米司法省は17日、宅配・航空貨物輸送大手の米フェデックスが、処方薬を違法に販売するオンライン薬局から配送したとして同社を起訴した。フェデックスは不正行為を否定した。
検察当局は15件の罪状を記した起訴状をサンフランシスコで提出した。それによると、フェデックスは2004年から政府の警告を繰り返し無視。インターネット上のアンケートを記入した人なら誰にでも処方薬を調剤するオンライン薬局から、処方薬を配送したとしている。罪状は、規制薬物の販売に関する共謀、不正商標表示の医薬品の販売に関する共謀など。
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版2014 年 7 月 18 日 19:06 JST
http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303768704580036824139822624
*****

ここで問題になっているのは、医師の処方せんが必要な医薬品が、特定のインターネット薬局によって不法に販売されている問題です。日本でも、米国でも、医師の処方せんを受けた患者以外の人に処方せん医薬品を渡すことは禁止されていて、薬局(薬剤師)は患者が提示した処方せんを確認しなければなりません。米国のインターネット薬局では、処方せん医薬品の注文受付には医師の診療記録や処方せんの提示を求めるなどの措置がとられています。

ところが、一部の悪質業者による不正販売が問題になってきました。処方せん薬に指定されている向精神薬などが、簡単な質問に回答するだけで注文することができるサイトが現れ、乱用目的で購入するユーザーが大量に注文していることが問題になってきたのです。
こうした悪質業者も、表面上は、法に則った営業をしているようにみえます。医師の中には、顧客がインターネットで簡単な質問に回答すると、それに応じて診療記録を作成し、処方せんを発行するという者も現れました。こうして発行された大量の処方せんによって、乱用される恐れのある向精神薬などが全米に送り指され始めました。そう、まさしく「脱法薬局」が暗躍し始めたのです。

DEAや連邦機関は、こうした不正販売を繰り返すインターネット薬局を相次いで閉鎖し、今では、インターネット薬局による処方せん薬の不正販売問題も、下火になりました。しかし、その後も当局は、不正行為に関連した企業を操作し、不正に処方せんを発行した医師を告発するなどしてきました。

こうした一連の取り組みの中で、注文品の配達を請け負う運送会社に対しても、顧客の自己申告のみによって処方せん薬を販売することは違法であり、こうした注文品を配達しないよう、繰り返して警告や要請が行われてきたといいます。
起訴状によれば、遅くとも2004年以来、DEAやFDAといった連邦機関や連邦議員などによって、フェデックス社の幹部に対して何度か情報が提供され、配達業務を自粛するよう申し入れがあったといいます。

今回フェデックス社は、顧客の自己申告のみによって処方せん薬を販売することの違法性を認識していながら、インターネット薬局2社と共謀して、2000年から2010年の間に、処方せん薬を分配したとして起訴されています。
起訴された事実に関して、同社は少なくとも8億2000万ドル(830億円)の利益を得た、とされており、裁判で有罪が言い渡された場合、同社はその犯罪収益を没収されるとともに、その2倍に相当する罰金を言い渡される可能性もあります。

なお、フェデックス社は不正行為を否定し、裁判では無罪を主張すると述べているそうです。上記のニュースは「(同社の上級副社長)フィッツジェラルド氏は、今回の起訴が、毎日取り扱う1000万個以上の荷物の内容物にまでフェデックスが刑事的責任を負うよう求めていることから、顧客のプライバシーを脅かすことになると指摘。『当社は運送会社であり、捜査当局ではない』と述べた。」と報じています。

[参照]
①米司法省の報道発表(July 17, 2014)
FedEx Indicted For Its Role In Distributing Controlled Substances And Prescription Drugs
http://www.justice.gov/usao/can/news/2014/2014_07_17_fedex.indicted.press.html
②起訴状
http://www.justice.gov/usao/can/news/2014/docs/FedEx%20Indictment%20-%20July%2017,%202014.pdf

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック