え、暴力団が薬物乱用撲滅サイトとは・・・

多忙にしていたため、数日ぶりにニュースのチェックをしていたところ、英国のニュースサイトに「日本の暴力団がウェブサイトを立ち上げ」という記事があることに気づきました。
ザ・ガーディアンが、4月2日付で掲載した「日本の暴力団が独自のウェブサイトを立ち上げ」という記事(AFP配信)から、少し拾い読みしてみましょう(下記参照①)。

<ニュース記事から抜粋>*****
日本最大の暴力団組織の山口組が、その時代遅れのイメージと構成員の減少を挽回すべく、組織の歌と強力な反薬物のメッセージを載せて、自らウェブサイトを立ち上げた。
「麻薬撲滅及び国土浄化同盟」という不器用なサイトは、日本で最大のヤクザ組織山口組が提供している。
***
このウェブサイトは、山口組にとって初のメディア進出ではない。この組織は、昨年、詩のページ、上級幹部の釣り日誌、ボスからのメッセージなどを掲載した、構成員向けの雑誌を刊行し始めた。
***
警察庁は先月、ヤクザ組織に所属する構成員が、初めて6万人を割り込んだと発表した。専門家によれば、(ヤクザの)イメージはますます貧弱になり、日本社会の経済的停滞とあいまって、日本のギャングの生活は困難になり、潜在的な新規加入層にとって、加入の魅力が薄れている。
時代遅れにみえるこのウェブサイトは、構成員がいかに身近な隣人であるかを示すことによって、警察がいうところの「反社会的勢力」としてのヤクザのイメージを逆転しようとする試みである、と専門家は語る。
(下記参照①の記事より抜粋・私訳)
****

なお、この記事は英国で注目を集めたようで、4月3日にはBBCにも同趣旨の記事が掲載されました(下記参照②)。

さて、ニュース記事中のリンクをたどってみると、「麻薬追放国土浄化同盟」と題するサイトに行きつきました(当ブログの趣旨から、このサイトへのリンクを掲載することは控えさせていただきます)。これは、どうやら昨年7月に公開されたもののようです。最近、アングラ社会の内輪情報を掲載するサイトが目につきますが、なるほど、暴力団もイメージアップ戦略を展開するご時世というわけですか。
それにしても、英国のニュースを通じて、日本の暴力団の動きを知ることになるとは、情けないというべきか、それとも英国ジャーナリズムの感度のよさに感服すべきなのか、いささか複雑なところです。

上記の記事が指摘するように、このところ、暴力団構成員等(暴力団構成員及び準構成員)の減少傾向は顕著で、暴対法(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律)施行後の最小記録を4年連続で更新しています。なお、ここでいう「準構成員」とは、暴力団と関係を有し、暴力団の威力を背景に暴力的不法行為等を行うおそれがあるもの、又は暴力団若しくは暴力団構成員に対し資金、武器等の供給を行うなど暴力団の維持若しくは運営に協力し、若しくは関与するものとされています。
最大勢力を持つ組織は山口組で、2013年末の構成員は11,600人、日本の全暴力団構成員の45.3%を占めています。とはいえその山口組でも、構成員の数は前年に比べ1,500人減と減少しています(下記参照③)。

いっぽう、薬物事犯に占める暴力団構成員等の割合は依然として高く、前年よりわずかに低下したとはいえ、2013年では、薬物事犯検挙者の51.8%を占めています。とくに、覚せい剤の密売関連事犯の検挙者では、暴力団構成員等の占める割合が年々高まっており、2013年では72.2%に達しています。警察庁の資料(下記参照④)には、「覚醒剤を中心とした密売関連事犯への暴力団の関与の状況が一層強まっていることがうかがわれる。」という指摘があります(下記参照③)。

薬物密売は、恐喝、賭博、ノミ行為などと並んで、暴力団の伝統的資金獲得犯罪とされていますが、社会情勢の変化につれて、これらによる資金獲得の重要度も次第に低下しているようです。しかも、暴力団にとって薬物はもろ刃の剣で、組織内の人員が覚せい剤取締法違反で相次いで逮捕され、また覚せい剤乱用によって心身をむしばまれる人員も少なくないはず。
私から、暴力団関係者に提案します。「薬物ご法度」をたてまえにとどめず、組織内の薬物撲滅にまともに取り組んで、暴力団のイメージアップにつなげてみてはどうでしょう。ひとつ、本気でやってみませんか。

[参照]
①ザ・ガーディアンの記事
Japanese mobsters launch their own website(2 April 2014)
http://www.theguardian.com/world/2014/apr/02/japanese-mobsters-launch-website-yakuza
②BBCの記事
Japanese mafia launch website(3 April 2014)
http://www.bbc.com/news/technology-26867368
③警察庁「平成25年の暴力団情勢」2014年3月
http://www.npa.go.jp/sosikihanzai/bouryokudan/boutai18/h25_jousei.pdf
④警察庁「平成25年中の薬物・銃器情勢(確定値)」2014年3月
http://www.npa.go.jp/sosikihanzai/yakubutujyuki/yakujyuu/yakujyuu1/h25_yakujyuu_jousei.pdf

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック