日本の覚せい剤密輸を振り返る|覚せい剤密輸の半世紀1

現在、日本の乱用市場に出回る覚せい剤のほとんどは、外国で密造され、不正な手段で密輸されたものです。
最初は国内で密造されていた覚せい剤が、外国から密輸されるようになったのは1970(昭和45)年ころのことで、それ以来、日本の乱用市場に向けて、外国産の覚せい剤が密輸され続けていることになります。
日本への覚せい剤密輸が始まって、やがて半世紀を迎えようとする今、日本に運び込まれる覚せい剤は、その産地も、密輸を取り仕切る組織も、大きく変貌しようとしています。その変わり目を目の当たりにして、あらためて、覚せい剤密輸の半世紀を振り返ってみようと思います。

まず1回目は、この半世紀の流れを概観しておきましょう。

プロローグ、覚せい剤の国内密造・・・1950年代~
1951年、当時はヒロポンと呼ばれていた覚せい剤を規制する覚せい剤取締法が制定され、それまで製薬会社によって製造され、薬局を通じて販売されていた覚せい剤の製造・流通が禁止されました。「違法」となった覚せい剤取引は地下へ潜り、密造・密売されるようになり、やがてその過程に暴力団が深く関与するようになっていきます。
覚せい剤の密造は、当初は国内で行われていましたが、1950年代半ばから警察の取り締まりが強化され、国内の密造拠点が徹底的に摘発され、1955(昭和30)年ころから鎮静化へ向かいました。その後も散発的に密造事犯の摘発が続きましたが、1975(昭和50)年ころには、国内での覚せい剤密造は壊滅したといわれます。

1、密造拠点を近隣国へ移転・・・1970年代~
しばらくの間平穏を保っていた覚せい剤の状況に、変化が生じたのは1970(昭和45年)ころのことで、アジアの近隣国から密輸される覚せい剤によって、再び、日本の覚せい剤市場が再び活況を取り戻し始めました。取り締まり強化によって密造が困難になった日本から、暴力団の手で、アジアの近隣国への密造拠点移転の動きが起き始めたのです。
最初に日本向けの覚せい剤密造拠点が設けられたのは韓国で、1970年代には韓国からの覚せい剤密輸の摘発が急増しますが、やがて韓国での取り締まり強化に対応する形で、1980年代には台湾に新たな密造拠点が開かれ、台湾からの密輸が増えるとともに、1回あたりの密輸量が増加し始めます。

2、大規模な密造地域の形成・・・1990年代~
韓国や台湾の覚せい剤密造拠点は、各国での取り締まり強化にともなって、さらに新たな地域に移転・拡散していきます。台湾の密造グループは、対岸の中国福建省や広東省の沿岸部に新たな密造拠点を広げ、また韓国の密造グループからは、韓民族の住む中国北東部へ密造技術が伝えられたといいます。
中国の広東省や北東部で覚せい剤密造が次第に活発化し、それまでヘロイン乱用者が多かった中国に、新たな合成薬物として覚せい剤乱用が広がり始めました。同時に、中国から日本への密輸量も急激に増加していきます。

3、海上ルートでの大量密輸・・・1990年代後半~
1990年代後半になると、北朝鮮で国家的な規模で密造された覚せい剤も加わり、わが国は大量覚せい剤密輸の時期を迎えました。
この時期に行われた密輸手法のひとつに、「瀬取り」があります。覚せい剤は北朝鮮や中国の港で船に積み込まれ、日本側から回収に向かう船舶との間で、1回に数百キロの覚せい剤が公海上で受け渡しされたのです。
しかし、2000年を過ぎたころ、空前の大量密輸時代に突然の幕引きが訪れました。北朝鮮不審船事件などをきっかけに領海の警備が厳しくなり、また相次ぐ大型密輸摘発によって暴力団の密輸活動が封じられた結果、わが国に流入する覚せい剤が大幅に減少し、日本の覚せい剤は〝冬の時代〝を迎えました。

4、国際密輸グループの暗躍・・・2000年代~
〝冬の時代〝を終わらせたのは、新たな産地から覚せい剤を持ち込む外国人の密輸グループでした。2007年ころカナダからの密輸が増えたのを皮切りに、その後は、イラン系、西アフリカ系といった国際密輸グループの手によって、世界の各地から覚せい剤が運び込まれ出したのです。
アジア各地はもちろんのこと、アメリカ大陸、中東、アフリカなど、これまで覚せい剤と無縁だと思われていた土地からも、日本に向けて、覚せい剤が密輸され、日本の覚せい剤調達圏は一気に地球規模に拡大しました。

5、巨大産地メキシコの登場・・・2010年代~
ここ数年、世界各地に広がった覚せい剤供給地のなかでも、メキシコの存在が急速に浮上しています。メキシコのカルテルは、薬物の巨大消費地であるアメリカに向けて覚せい剤の密造を行ってきましたが、近年、その製造能力を急速に拡大させるとともに、密輸先もアフリカやアジア太平洋地域に拡張していると見られています。
新たな巨大産地から送り込まれる大量の覚せい剤が、日本の乱用市場にもたらす変化が気がかりです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック