メキシコから覚せい剤約200キロ|神戸港で大型密輸摘発

覚せい剤密輸で、またしても200キロ級の大型摘発です。神戸港へ到着したコンテナ貨物の中身は、メキシコから積み出された鉄鉱石約70トン。そのなかに混入された、鉱石に似せて加工した塊の中には、ラップフィルムで包まれた覚せい剤が隠されていました。
なお、下記に挙げた参照①には、神戸税関で押収された覚せい剤や隠匿用の鉄鉱石に似せた塊などの写真があります。

<ニュースから>*****
●覚せい剤193キロ密輸容疑=鉄鉱石に隠す、3人逮捕―兵庫県警など
覚せい剤約193キロ(末端価格135億円)を鉄鉱石に隠し密輸したとして、兵庫県警薬物銃器対策課などは25日までに、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)容疑で、メキシコ国籍の無職F容疑者(36)=神戸市灘区船寺通=ら3人を逮捕した。
3人は「覚せい剤が入っているとは思わなかった」などと容疑を否認。同課は国際的な密輸グループが関与しているとみて調べる。
逮捕容疑は5月4日、鉄鉱石のような物の中に覚せい剤約193キロを隠し、メキシコから神戸港に密輸した疑い。
同課によると、覚せい剤は鉄鉱石に似せて作られた入れ物182個の中に隠され、鉄鉱石68トンに紛れ込んでいた。
時事通信 6月25日(火)12時53分配信
*****

今年4月には、メキシコから横浜港に到着した大型製粉機の中から、約240キロの覚せい剤が発見されたばかりです(発表は5月初旬)。昨年から、100キロを超える大型密輸の摘発が続いていますが、その覚せい剤の仕出し地として、いよいよメキシコの名が鮮明に浮かび上がってきました。
東京税関の報告によると、メキシコからの覚せい剤密輸は、2007年に初めての摘発があって以来増加し続け、2012年では東京税関管内で21件が摘発されました。航空旅客による持ち込みのほか、国際郵便や商業貨物を利用した密輸も報告されています。

[参照]
①神戸税関の事件発表
神戸税関>海上コンテナ貨物を利用した覚醒剤密輸入事件(2013年6月25日発表)
http://www.customs.go.jp/kobe/mitsuyu/mitsuyutekihatsu.html
②東京税関2012年密輸摘発概況
平成24年の東京税関における不正薬物密輸入事犯の摘発状況等について(2013年2月18日)
http://www.customs.go.jp/tokyo/content/20130218tekihatsujyokyo(1)_1.pdf

画像

↑2011年のメタンフェタミン、アンフェタミンなどATS(エクスタシーを除く)の押収状況(UNODC・World Drug Report 2013より)

http://www.unodc.org/unodc/secured/wdr/wdr2013/WDR13_Seizures_Amphetamine_Group_sudan.pdf

●メキシコは急速に覚せい剤の超大国に向かっている
本日発表されたばかりの「2013年版世界薬物報告書World Drug Report 2013」から、さっそく覚せい剤(メタンフェタミン)の状況を拾い読みしてみることにしましょう。この最新版の報告書では、2011までの世界の薬物状況がまとめられています。

2011年に世界で押収されたメタンフェタミンは88トン、前年の73%増という数字を示ししていますが、この増加をもたらしたのがメキシコでの大量押収です。2011年では、メキシコ1か国での押収量が31トンに上り、世界全体の押収量の3分の1以上を占めています。さらに、メキシコ産のメタンフェタミンが大量に流入しているアメリカ(UAS)での押収量を加えると、この2か国で世界の全押収量の60%以上を占めているのです。
上のマップでも、この2か国での押収量が、群を抜いている様子をみていただけることでしょう。

メキシコでは、2010年ころから覚せい剤密造所の大型摘発や、覚せい剤密造原料の大量押収が立て続けに報じられてきました。2011、2012年には、工場規模の大型密造施設の摘発が続き、実に15トンもの大量押収も報じられ、この地域で生み出される覚せい剤の膨大な量に圧倒されたものです。
メキシコで密造されるメタンフェタミンは、主に、国境を越えてアメリカへ密輸されます。アメリカは世界でも有数のメタンフェタミン消費市場なのですが、メキシコで爆発的に増加している密造量は、その需要を超えているのではないかという声も聞かれます。
メキシコの薬物組織は、アメリカにとどまらず、南米や遠くアジアの市場にまでメキシコ産のメタンフェタミンを供給することを狙って、メタンフェタミンの大量密造に力をいれているのではないか・・・、専門家の間では、こんな見方をするひともありました。

メキシコでの大量押収に驚かされてから1、2年が経過したいま、日本には、予言通り、メキシコから大量のメタンフェタミンが密輸され始めました。海路で、空路で、様々な形で運び込まれるメキシコ産のメタンフェタミンが、新たな脅威になろうとしているようです。

[参照]
③2013年版世界薬物報告書
UNODC(国連薬物犯罪事務所)>World Drug Report 2013
http://www.unodc.org/wdr/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック