処方薬の不正販売|偽造処方せん事件4

私が提供している[薬物をやめる]をテーマにした掲示板には、ときどき、「売ります」書き込みがあります。見つけ次第削除していますが、執拗に書き込みが続く場合は、麻薬取締部へ通報しています。以下は、実際に先日書き込みされたものです。
****
手に入れることが難しいお薬お譲り致します。当方、特殊な入手ルートがあるため豊富な在庫を抱えています。
★☆入手困難☆★
☆リタリン10T・・・・円
☆エリミン(5mg)1シート・・・・円
★☆その他1シート・・・・円★☆
ハルシオン・マイスリー・アモバン・ベゲタミンA1・ラボナ・ハルシオン・ロヒプノール・サイレース・ワイパックス・デバス・ソラナックス・レキソタン
プライバシー厳守!どなたでも安心してご注文下さい。
上記以外にもあります。まずはご相談下さい
****

向精神薬や処方せん医薬品は、薬局での取り扱いが厳格に定められており、薬局は、処方せんを持たない患者に、これらを売り渡してはならないと定められています。こうした薬品には、潜在的に乱用の危険性があるため、専門知識をもった薬剤師さんなどが慎重に取り扱い、販売しなければならないのです。
資格をもたない一般人が、こうした薬品をインターネットなどを使って広告し、不正販売する行為は、さまざまな形で犯罪として取り締まりの対象になっています。

まず、資格を持たない一般人が、麻薬及び向精神薬取締法が定める向精神薬を販売したり、販売目的で所持することは、向精神薬の営利譲渡、譲渡目的所持にあたります(麻薬及び向精神薬取締法)。向精神薬の営利目的での譲渡に対しては、5年以下の懲役(100万円以下の罰金併科あり)という厳しい刑が科されます。
では、デパスなど、向精神薬に該当しない処方薬の場合は処罰されないかというと、そうは行きません。薬局などの資格を持たないで医薬品を営業的に販売する行為は、医薬品の無許可販売となり(薬事法)、3年以下の懲役(300万円以下の罰金併科あり)を科すよう定められています。

さらに、インターネット上の掲示板などに書き込みをして向精神薬販売の広告をすること自体も、違法行為として取り締まりの対象になっています。今年上期には、こうした事案の逮捕がいくつか続きました。

<過去の地方版ニュース>
●ネット上に向精神薬販売の広告、容疑の女逮捕 滋賀
インターネット上に向精神薬ハルシオンの販売を知らせる書き込みをしたとして、県警組織犯罪対策課などは11日、麻薬・向精神薬取締法違反(広告の禁止)の疑いで、甲良町尼子の無職容疑者(27)を逮捕した。県警によると、「広告を出したことは間違いない」と容疑を認めている。
逮捕容疑は、昨年11月26日午前11時ごろ、インターネットの掲示板に「ハルシオン1シート2千円」「お譲りします」などと書き込んだとしている。同課によると、ハルシオンなどの向精神薬は、個人間の譲渡や売買は原則として禁止されている。(当事者の氏名を省略)
MSN産経ニュース・滋賀版(2011.5.12)

●ネット上に向精神薬販売広告、容疑の男逮捕 奈良
向精神薬の販売広告を出したとして、県警組織犯罪対策1課と五條署は1日、麻薬取締法違反(広告の禁止)容疑で茨城県神栖市知手中央の無職容疑者(25)を逮捕した。「売ってもうけようとしたが売れなかった」と容疑を認めているという。
逮捕容疑は昨年12月12日、携帯電話のインターネット掲示板に「お薬売ります。エリミン2500円」などと書き込んだとしている。同課によると容疑者は事件当時奈良県在住で、県内の病院から処方された向精神薬を転売しようとしたという。同法の「広告の禁止」容疑の適用は県内で初めて。(当事者の氏名を省略)
MSN産経ニュース・奈良版(2011.6.2)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

この記事へのコメント

隠者
2012年06月25日 22:58
向精神薬や麻薬だけでなく、処方箋薬も医師の処方箋のない売買行為は禁止されてますよね?
ネットオークションでは医薬部外品の処方箋薬品の売買が横行してるし、
やってる連中は違法との認識がありませんしね
こちらが指摘して約半数がそれを取り下げてくれます
しかし残り半数は放置してるか、
もしくはこちらの指摘を削除して販売を続けますからね
意外とこういう奴らの中に不正授受をしてる奴らがいると思います
売ってる量と履歴からして常習性が高いと思われる奴もいます
個人的に思うのは、生活保護に限らず通常の医療保険受診をしての授受を受けた薬剤もオークションなどでの販売目的で処方を出してもらったのであれば、
健保組合への詐欺にもなると思いますが、専門家の立場としてはいかがですか?

この記事へのトラックバック