ネット上の薬物密売が変わってきた?

ネット上で薬物を密売したとして逮捕されたのが暴力団関係者、しかも押収された薬物はけっこう大量で多種類。ネットでの薬物密売の様相に、少し変化が生じているのかもしれません。

<ニュースから>
●ネットで密売:ミクシィなど使い覚せい剤を 29歳容疑者
九州厚生局麻薬取締部は24日、東京都江東区、無職容疑者を覚せい剤取締法違反(営利目的譲渡など)容疑で逮捕したと発表した。容疑者は指定暴力団住吉会の関係者とみられ、インターネットの会員制交流サイト「mixi(ミクシィ)」や掲示板「2チャンネル」を通じ25都道府県の約100人に密売。約1300万円を売り上げたという。
麻薬取締部によると、容疑者は7月11日、自宅で覚醒剤や大麻を所持していたとして現行犯逮捕された。その後、長崎県の男性に覚醒剤約0.5グラムを宅配便で送った疑いで8月2日に再逮捕。さらに、今年6月と7月、鹿児島県の男性2人に覚醒剤0.46グラム、同0.42グラムをそれぞれ宅配便を使って譲渡したとして、8月22日にも逮捕された。
容疑者宅からは覚醒剤127グラムと大麻1キロ、合成麻薬(MDMA)703錠などが押収されている。「ミクシィ」に大麻の品種名を名前として登録するなど、薬物使用者にしか分からない方法で覚醒剤の郵送販売を宣伝していたという。麻薬取締部は、顧客16人も同法違反(所持)容疑で検挙したとしている。(当事者の氏名等を省略)
毎日jp(毎日新聞 2011年8月25日)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110825k0000e040023000c.html

●プロ密売人たちがネットに進出か
特定の仕入れルートや販売手段をもたない人でも、簡単な書き込みをすることで、とりあえず顧客をみつけることができる場所。私はこれまで、インターネットを利用した薬物密売をこのようにとらえ、こんな手段で薬物密売を手がける人たちを、シロウト密売人と呼んできました。

ところが、インターネット上の書き込みという手段で顧客を集めたとされる上記の事件、2つの点で、私にとってはちょっと意外な内容が含まれています。
まず、押収された薬物の量。逮捕された被疑者の自宅で押収された薬物は、覚醒剤127グラムと大麻1キロ、合成麻薬(MDMA)703錠など、とかなりの量で、末端価格で計算すると、少なくとも1500万円以上になるでしょう。普通、シロウト密売人には、これほど大量の薬物を仕入れる資金力はありません。これはもう、特定の仕入れルートを持ったプロの密売人、あるいは組織的な密売をおこなう人たちの在庫だと思われます。
もう1点は、1回に譲り渡した覚せい剤の量が、およそ0.5グラムという点。これはネットで書き込みを見つけたイチゲンのお客が、軽い気持ちで注文する量とは思えませんから、ヘビーユーザーの注文でしょう。しかし、インターネットの書き込みを見つけて薬物を買う顧客の多くは、薬物の初心者です。相手の顔が見えない取引で、ニセモノを売りつけられることも少なくないのがインターネット密売。しかも、たいていは割高な価格での販売です。覚せい剤のヘビーユーザーが利用することは稀だと思われてきました。

これまで、主にシロウト密売人たちの活動場所だったインターネットの、何かが変化し始めているのでしょうか。インターネットとは、プロ級の密売人が顧客集めに利用するほど、効率のよいメディアなのか。そしてインターネットでヘビーユーザーを効率よく獲得する方法があるのか・・・。事件の内容をもっと知りたいと思います。

ところで、インターネット上の交流サイトや掲示板などに書き込んで、薬物の販売相手をみつける密売手段は、意外に発覚しやすいものです。多くの人に閲覧されるというインターネットの特徴は、新規顧客を開拓するには好都合ですが、同時に、捜査機関の目に触れるリスクも高いことになり、サイバーパトロールを強化している麻薬取締部や警察の捜査網に引っかかることも多いのです。
さらに、薬物を買った顧客が逮捕されて、その通話記録や送金控え、宅配便の伝票などから、薬物の入手先が特定されることも少なくありません。もちろん、その逆もあります。逮捕された密売人から押収した携帯電話のメールや
、振込みの記録、宅配便の発送控えをたどった捜査陣が、買い手を特定し、逮捕するというのもよくあること。
インターネットを利用した密売には、なにかと足跡が残されているものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック