処方薬での死亡がさらに増加|非常事態宣言のフロリダ州ピル・ミル問題

ピル・ミル(クスリ製造所)と呼ばれるほど、誰にでも処方薬をどんどん出してくれる悪徳診療所が軒を並べるのが、フロリダ州南部。ここで処方された向精神薬が全米に流通して、処方薬乱用を加速させているといわれます。
同州で、処方薬問題が深刻なのは、当然のなりゆきでしょう。同州の2009年の処方薬過量摂取による死亡は2488件、1日当たり6.8人という悲劇的なペースです。なかでも深刻なのが鎮痛麻薬として処方されるオキシコドンで、2009年の過量摂取による死亡は1185人、1日に3.2人がこの鎮痛薬で死亡していることになります。また、全米でオキシコドンの処方量の多い医師の上位100人のうち98人までがフロリダ州南部に診療所をもっており、2010年に州内で消費されたオキシコドンの総量は、他の州すべての合計より多いといいます。
事態の悪化を重く見たフロリダ州は、ついに今年7月に処方薬乱用問題の非常事態を宣告し、州をあげて問題解決に取り組む体制を整えたところです。
画像

↑公衆衛生上の非常事態を宣告した広報文書

ピル・ミル撲滅に向かって動き始めたフロリダ州にとって、さらに深刻なデータが発表されたと、8月16日のCBSニュースが伝えています。
最近発表された2010年の処方薬の統計によると、2010年の処方薬乱用状況はさらに悪化の度合いを増しているといいます。
・処方薬の過量摂取による死亡は、2488件(2009年)→2710件(2010年)
・オキシコドンの過量摂取による死亡は、1185件(2009年)→1516件(2010年)
といずれもさらに増加しています。
フロリダ州では、2年連続で、処方薬による死亡が不法薬物による死亡をしのいでおり、2010年では、オキシコドンによる死亡はコカインによる死亡のおよそ3倍に達しています。

↑CBSニュースより

州知事は、ピル・ミルを取り締まる新法と取り締まりの予算増強によって、2011年にはこの動向が好転することに期待していると語ります。6月に知事署名を終えた新法には、医師による鎮痛薬の過剰処方に対して罰則を設け、薬局での規制を強化し、処方薬販売データベースに対して製薬会社の資金協力を禁止するなどの施策が盛り込まれています。
ビデオが映し出しているのは、非常事態宣言に伴って行われた、裁判所の命令によって没収された処方薬の廃棄処分の光景です。この日、148000錠を超える処方薬が廃棄されたといいます。
[出典]
CBSニュース>Oxycodone toll in Florida spotlights prescription drug dangers(August 16, 2011)
http://www.cbsnews.com/8301-504763_162-20093158-10391704.html?tag=mncol;lst;5

[サイト内関連記事]
■悪徳診療所を摘発|アメリカのニュースから
http://33765910.at.webry.info/201103/article_1.html

■日本の現状を推測する|向精神薬問題を考える9
http://33765910.at.webry.info/201009/article_7.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

http://www.thbsf.com/
2013年09月12日 21:38
お世話になります。とても良い記事ですね。

この記事へのトラックバック