インターネットでニセ薬物 !!

久しぶりに大爆笑ものの逮捕ニュースが、メディアをにぎわしています。警視庁は今日、インターネット上の販売サイトで、薬物使用をあおったとして、麻薬特例法<あおり・そそのかし>で男性を逮捕。購入を申し込んだ客に送りつけたのは、「大麻→実は蜂蜜につけたハーブ」「コカイン→実は小麦粉」「MDMA→実はラムネ菓子」「ラッシュ→実は酢」・・・・。とんだニセモノを売りつけられた顧客がおおぜいいるはずなのに、被害届けはでていないとか。
当サイトで何度も触れているように、インターネット上の「薬物売ります」広告には、とかくニセモノが多いのです。それにしても、今回の件はニセ薬物のオンパレードです。

<ニュースから>
大麻販売サイトの運営者逮捕 購入者に偽物
インターネット上で、大麻を販売するサイトを立ち上げ、購入を呼びかけたとして、警視庁は、運営者の男を麻薬特例法違反の疑いで逮捕した。男は、実際には大麻ではなくハーブを販売していた。
警視庁によると、逮捕された容疑者(32)は、大麻販売サイトを運営し、購入を呼びかけていたが、購入者に対し、大麻に見せかけて蜂蜜に漬けたハーブや、覚醒剤に見せかけた小麦粉などを送っていたという。
警視庁の調べに対し、容疑者は容疑を認めた上で「6年間で約7000万円を売り上げた」と話している(当事者の氏名を省略)。
日テレニュース24< 2011年6月28日 15:33 >

●インターネット上の違法情報、1位「わいせつ」2位「児童ポルノ」3位「薬物」
警察庁の委託を受けて、インターネット上の違法情報や有害情報に関する通報を受理し、警察への通報及びサイト管理者やプロバイダ等への削除依頼を行っている、インターネット・ホットラインセンター。その活動報告の2010年版から、インターネット上の違法な「薬物広告」の現状をみておきましょう。

2010年に同センターが受理した情報のうち、[違法情報]に当たるものは35,016件。内容別では、多い順に
① わいせつ物公然陳列 19,870件
② 児童ポルノ公然陳列  5,188件
③ 規制薬物の広告・・・・・・4,469件
④ 預貯金通帳等の譲渡等の誘引・・・2,688件
⑤ 携帯電話等の無断有償譲渡等の誘引・・・1,869件
⑥ 出会い系サイト規制法違反の禁止誘引行為 743件
⑦ 薬物犯罪等の実行又は規制薬物の濫用を、公然、あおり、又は唆す行為 188件
⑧ 売春周旋目的の誘引 1件 
画像

↑インターネット・ホットラインセンター編「平成22 年中のインターネット・ホットラインセンターの運用状況について」2ページより転載

さて、同センターでは、受理した薬物関連の違法情報を警察庁へ通報し、プロバイダ等に対して削除を依頼しています。
いっぽう、警察では、センターから通報を受けた違法情報について捜査し、悪質なものは検挙することになります。警察庁の発表した資料[2]によると、2010年中に、規制薬物関連の事件として41件を検挙したということです。たしかに、昨年から今年にかけて、この種事件の検挙が続いています。検挙件数の多い順でみると、
① 児童ポルノ関連事件 178件(前年比+161件)
② わいせつ物関連事件 113件(前年比+89件)
③ 出会い系サイト規制法関連事件 68件(前年比-1件)。
④ 規制薬物関連事件 41件(前年検挙なし)
⑤ 犯罪収益移転防止法関連事件 5件(前年検挙なし)

[参照]
[1]インターネット・ホットラインセンター編「平成22 年中のインターネット・ホットラインセンターの運用状況について」平成23年5月20日
http://www.internethotline.jp/statistics/2010.pdf
[2]警視庁広報資料「「平成22 年中のインターネット・ホットラインセンターの運用状況について」平成23年4月28日
http://www.npa.go.jp/cyber/statics/h22/pdf03.pdf

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック