中国でまた日本人に死刑判決、ただし執行猶予付き

<ニュースから>
●中国でまた日本人に猶予付き死刑判決 麻薬密輸罪で
【北京=川越一】中国遼寧省大連市の中級人民法院(地裁)が5月上旬、麻薬密輸罪に問われた70歳代の日本人の男に対し、執行猶予2年が付いた死刑判決を言い渡していたことが31日、明らかになった。男は上訴したという。
日本外交筋によると、男は2009年7月下旬、大連空港の手荷物検査で、覚醒剤約1.5キロを所持しているところを発見され、拘束された。昨年12月にも、70歳代の別の日本人の男が、麻薬密輸罪で執行猶予付きの死刑判決を言い渡されたばかりだった。
中国では死刑に執行猶予が付くことがある。猶予期間中の服役態度などに問題がなければ、無期懲役などに減刑される可能性もある。
MSN産経ニュース 5月31日
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110531/chn11053111440002-n1.htm

●このところ、執行猶予付き死刑の判決が続いています
2010年4月に、中国で相次いで3人の日本人に対する死刑が執行された後、薬物密輸罪で逮捕された日本人に対する判決が気になっていましたが、私が気づいた範囲では、日本人に対して執行猶予付き死刑が言い渡されたのは、これで3例目です。報道されたのは、いずれも中級人民法院での第一審の判決で、中国では死刑事件に関しては事実上三審制がとられているため、裁判が確定しているかどうかはわかりませんが。

相次いで「執行猶予付き死刑」が宣告されているのは、中国の刑事政策のゆるやかな方向転換を暗示しているのでしょうか。しかし、つい最近も、ひとたびは延期された3人のフィリピン人に対する死刑が執行されたところ。雪解けを期待するのは早計かもしれません。

国際世論が中国の死刑を批判している理由は、大きく3つあります。
第一は、死刑判決の数も、執行数もあまりにも多いということ。中国は死刑の運用状況を公表していませんが、国際人権団体アムネスティ・インターナショナルの調査によると、中国は2010年中にも千人を超える執行をしたものと推測され、中国を除く世界の執行数の合計(527人)をはるかに上まわっています。
第二には、薬物密輸罪など非暴力犯罪に対しても死刑を適用し、執行していること。中国は最近刑法を改正し、死刑を適用する犯罪を削減しましたが、薬物犯罪など非暴力犯罪でありながら最高刑を死刑と定めているものがいくつもあります。
そして第三の問題は、犯罪に関する情報は国家機密とされ、開示されていないこと。
日本も死刑制度を維持している国のひとつですから、大上段から批判するにはためらいがありますが、中国の死刑制度は気にかかります。日本人に対して、次々と死刑判決が言い渡されているのですから。

<過去のニュース・抜粋>
②覚醒剤密輸罪の邦人、中国で執行猶予付き死刑判決
中国遼寧省大連の中級人民法院(地裁に相当)が昨年12月下旬、覚醒剤を日本に持ち出そうとしたとして、薬物密輸罪に問われていた70代の日本人の男に対し、執行猶予付きの死刑判決を言い渡していたことが11日、わかった。関係筋が明らかにした。
関係筋によると、2009年6月、大連空港から日本行きの航空便に搭乗しようとした男の手荷物を税関当局が検査したところ、覚醒剤約1キロが見つかった(記事抜粋)。
Asahi.com(2011年1月12日)

①邦人に猶予付き死刑判決=覚せい剤密輸―中国・瀋陽
【北京時事】中国遼寧省瀋陽市中級人民法院(地裁)は29日、麻薬密輸罪に問われた20代の日本人の男に執行猶予2年の付いた死刑判決を言い渡した。猶予期間中に罪を犯さなければ無期懲役に減刑される。日中関係筋によると、男は控訴しない意向を示しているという。
男は今年2月、瀋陽の空港で成田空港行きの航空機に搭乗する際、覚せい剤約1キロを所持していた(記事抜粋)。
時事通信社 2010年11月29日

ところで、中国で宣告される死刑判決には、ただちに執行するもの(通常の死刑)と、2年間の執行猶予がつくものがあります。執行猶予付き死刑という制度、起源は漢時代にまでさかのぼるそうですが、中国の刑事司法に特有のものです。
中国の刑法では、直ちに死刑を執行しなければならないものでない場合は、死刑の言い渡しと同時に2年間の死刑執行猶予を宣告することができるとして、執行猶予付き死刑の制度を定めています(48条)。猶予期間中に故意による犯罪を犯さない限り、2年の執行猶予期間を満了した後、無期懲役に減刑し、さらに功績のあった場合には、15年以上20年以下の有期懲役に減刑する(50条)というものです。猶予期間中に故意による犯罪を犯したことが認められた場合には、最高人民法院が許可して死刑が執行されることになっていますが、執行猶予付き死刑を言い渡された人のほとんどが何らかの減刑を受けているそうです。
[参照]
①野村稔、張凌『注解 中華人民共和国新刑法』早稲田大学比較法研究所叢書、成文堂(2002)
②長井圓編訳『中国刑法教科書(総論・第6版)』八千代出版(2002)
③長井圓編訳『中国刑法教科書(各論・第6版)』八千代出版(2003)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

太郎
2011年06月02日 01:51
確かに今の時代薬物事件で死刑は間違っているかもしれないが、阿片戦争で欧米列強に薬物によって国民、国土が支配されぼろぼろにされた歴史を考えると中国の言い分もよく理解できるかな。

この記事へのトラックバック