尿検査と利尿剤|東京でアヤシイ薬局摘発

<ニュースから>
処方せんなしでバイアグラを販売していたとして、薬品店経営の女ら2人が警視庁に逮捕された。この店では、「薬物を使用したあとに飲めば陽性反応が出ない」などとうたって、利尿剤も違法に販売していた疑いも浮上している。
薬事法違反の疑いで逮捕された東京・豊島区の薬品の経営者と、韓国籍の容疑者は2010年4月、処方せんなしで61歳の男性にバイアグラ10錠を販売した疑いが持たれている。
警視庁がこの店を捜索したところ、大量のバイアグラのほかに、同じく処方せんが必要な利尿剤を押収、「合成麻薬MDMAの尿検査で反応が出ない薬です」と書かれた説明書なども見つかっており、警視庁は販売実態などをくわしく追及している(当事者の氏名などを省略)。
FNNニュース(10/20 17:02)
http://fnn.fujitv.co.jp/news/headlines/articles/CONN00186481.html

●尿検査と利尿剤?
情報通の人たちには、薬物の尿検査をすり抜ける方法として利尿剤が有効、というクチコミ情報が知られているようです。上記のニュースのクスリ屋さんも、こうしたクチコミ情報に動かされて、利尿剤を手に入れようとする人たちの需要に応じていたのでしょうか。
ところで、利尿剤で尿検査を無事に通過できるってホントかな、と首を傾げている方もあるでしょうから、そのウワサの真偽を考えてみましょう。たしかに、欧米ではそんな話が広まっているようですが、さて、その実態は???

[利尿剤を摂取すると]
利尿剤は、むくみや高血圧などの治療に使われますが、たとえばフロセミドという薬品の場合は、腎臓の尿細管に作用して塩分と水分の再吸収を抑えるので、尿量が増えます。つまり、体内の水分がどんどん尿として排泄されるので、薄い尿がたくさん出るわけです。
理屈からいえば、利尿剤を服用した上で、水分をたくさんとって、この状態で尿検査を受けるなら、市販のキットを使った簡易検査なら、薬物使用の陽性反応が出にくくなるかもしれません。なぜなら、尿中に排泄される薬物の成分やその代謝物は、多量の水分で薄められて、スポイトの1滴中にはわずかな量しか含まれていないことになるからです。あくまでも、理屈の上でのことですが。
ただし、これは尿中の水分が増えたことによる一時的なもので、決して体内の薬物が流れ出てしまったわけではありません。利尿剤の作用が切れて尿の量が元にもどれば、尿検査の結果も元に戻ります。
また、検査機関で正式な鑑定をする際には、尿に含まれる水分に応じた前処理をして濃度を調整するので、薄い尿でも濃い尿でも、薬物が含まれていれば同じように検出されます。

[欧米の尿検査と日本の尿検査]
日本では、薬物の尿検査はおもに警察の犯罪捜査として行われていますが、欧米ではむしろ、職場や学校での健康検査として行われるのが主流です。時には抜き打ち検査もありますが、予告して検査をすることが一般的です。
明日は検査!と知らされて、内心ヒヤリとする人たちは、つい、検査をすり抜けるあの手、この手を探し求めることになるでしょう。だから、「これで尿検査をパスできる」と称する怪しげな商品やマユツバ情報が山ほど出回っているのです。利尿剤うんぬんも、こうした情報として出回っている話のひとつなのです。
ところで、日本ではこうした商品はほとんどみかけません。クチコミではいろんな情報が流れているようですが、それほど広まっている様子もありません。日本人は小細工がきらい?いえいえ、広まらない理由があるのです。
日本では、職場などで予告された日に尿検査が行われることはごく稀で、乱用者が恐れているのは、警察による予期しない尿検査です。尿検査を受ける羽目になる確率は低く、いつそれが現実になるか予測などできません。尿検査に備えるなら、常時スタンバイしておかなければならないわけです。そんな思いをするなら、薬物なんてやめたほうがラク。
というわけで、日本では、この手の商品は話題になることはあっても、ごく限られた需要しかないわけです。

[尿への細工はチェックされる]
さて、欧米では尿検査対策グッズや情報が山ほど出回っていて、正体不明の怪しげなものから、一時的な効果がありそうなものまで多彩です。では、こうした対策グッズのおかげで今や尿検査を恐れる人はいないのかというと、とんでもない。当然ながら、検査機関でもこうした事情は把握していて、採取された尿に不自然な細工がされていないか、簡易検査の段階で簡単にチェックできるようになっているのです。
クレアチニンやペーハー、比重を測定し、酸化剤や亜硝酸などをチェックすることで、人の尿であるかどうか確認し、検査結果に影響を及ぼす細工があるかどうかチェックするのです。
ちなみに、利尿剤はスポーツ選手が体重検査前に無理に減量するために使われることもあり、ドーピング検査では利尿剤の成分のチェックも行われています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック