芸能人と薬物乱用

芸能人の覚せい剤事件の裁判が話題になっています。欧米でも、芸能人やスポーツ選手などの薬物事件の話題が絶えませんね。
アメリカでは、4月下旬に、俳優のマイケル・ダグラスさんの息子が、薬物取引の罪で5年の拘禁刑の判決を受けたというニュースがありました。ダグラスさんは、最近のテレビショーで、息子への思いを改めて語ったそうです。
<ニュースから>
●マイケル・ダグラス「悪い父親だった」
俳優は息子の事件に触れて、「悪い父親だった」と語った。息子が生まれた時期に、キャリアを積むために世界を飛び回っていて、家族を放っておいてしまった。もっとも大切な家族より、仕事が常に優先だった。
また、彼自身も20年前にリハビリを受けた経験があることを告白した。ダグラスさんの兄弟の1人は、4年前に薬物の過量摂取で死亡しており、もう1人は長年リハビリのプログラムを受けているという。
TVGuide>Michael Douglas: I've Taken Blame About Being a Bad Father(May 2, 2010 06:22 PM ET)
http://www.tvguide.com/news/michael-douglas-cameron-1018001.aspx

<過去のニュース>
●M・ダグラスの息子、違法薬物取引の罪で禁固5年
AFPニュース(2010年04月21日 15:03 発信地:ニューヨーク/米国)
http://www.afpbb.com/article/entertainment/news-entertainment/2719871/5645479#blogbtn


<関連ビデオ>
●有名人御用達の回復施設
先日のBBCニュースに、ちょっと珍しいビデオがあったので、ついでに紹介しておきます。
カリフォルニアのマリブ海岸にあるプロミセス・トリートメントセンターは、ハリウッドの有名人が入所治療を受けることで知られている回復施設。薬物、アルコール、ギャンブルなどにはまり込んだ有名人や富裕な人たち専用の施設です。高台に建つ瀟洒な建物は、治療施設というよりは、スパ・リゾート風。広々としたリビングルーム、高級ホテル並みの寝室、贅沢な食事・・・、さすがに高級施設です。しかし、壁に貼られた日課は、朝7時から治療や瞑想、グループワークなどがびっしり。有名人といえども、忙しい日課をこなさなくてはならないといいます。
有名人や富裕層の利用者が多い秘訣は、きめ細かいケアと、レベルの高いプログラムにあるとか。ところで、この施設を利用する費用は、個室か1人部屋かなど条件によってちがいますが、約5万ドルから8万ドル(日本円に換算して400万円から800万円)。豪華客船のクルーズ並みの値段ですね。
めったにみられない高級施設の内部をビデオが紹介してくれます。
BBC NEWS>A rare glimpse inside LA's Promises rehab centre(30 April 2010 09:46 UK)
http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/8653504.stm

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック