熟年世代と薬物乱用

ミュージシャンが覚せい剤で逮捕されたニュースで、いろいろな方面から意見を求められたり、問い合わせを受けていますが、きまって59歳という被疑者の年齢が話題に上りました。「こんな年齢で覚せい剤やコカインなんて…?」と。
いえ、別に珍しくはありません。現に私が国選弁護人として受任したばかりの事件の当事者は49歳、最近担当した事件でも、50代、60代が何人か、70歳代の被告人もいました。初犯者もいました。薬物乱用といえば青少年のイメージが強いのですが、実際には、覚せい剤事件の当事者には、かなりの数の高年齢者が含まれているのです。

当ブログで最近取り上げたように、最近の統計では、覚せい剤事犯で検挙される人たちが固定化し、高年齢化している兆候が示されています。2009年では、覚せい剤事犯検挙者の中心は30歳代から40歳代、50歳以上も1633人いました。なお、50歳以上で、初犯という人も292人います。
[参照]
●2009年の薬物情勢2|警察庁の資料から
http://33765910.at.webry.info/201002/article_25.html

こんな話をしながら、ふと思い出したことがあります。そういえば、最近アメリカの薬物乱用実態調査で、高齢の薬物乱用者の存在が話題になっていたはずです。不確かな記憶を頼りに探してみたら、アメリカ合衆国の保健福祉社会省の Substance Abuse and Mental Health Services Administration (SAMHSA)のサイトのなかに、ありました。

●高齢者の薬物乱用の増加により今後10年で治療ニーズが急増することになりそうだ
Increasing Substance Abuse Levels among Older Adults Likely to Create Sharp Rise in Need for Treatment Services in Next Decade
http://www.samhsa.gov/newsroom/advisories/1001073150.aspx

これは、アメリカで継続的に行われている「薬物使用と健康に関する全国調査National Surveys on Drug Use and Health」の2006~2008調査の結果分析として、今年1月に発表された記事です。

まず指摘されているのは、「50歳以上人口の4.7%が過去1年以内に不法薬物を使用したことがある。」という結果です。しかも、ベビーブーマー世代に当たる64歳以下の年齢層で、薬物の使用率が高く、ベビーブーム以前の世代に当たる65歳以上と大きな差がみられます。乱用される薬物の第1位は大麻、次いで医薬品の非医療的使用。
画像

↑50歳以上の高年齢者が過去1年に使用した不正薬物
 NSDUH REPORTより転載

ベビーブーマー世代(私自身もその一員ですが)が高齢者の仲間入りをし始めています。この調査で、若い時期に薬物文化に出会った世代が、高齢期にさしかかった現在も、かなりの割合で薬物を使っている実態が明らかにされました。
世界中で薬物が猛威をふるった1970~80年代に青春を過ごした世代ですから、若いころに薬物使用を体験した人もあるでしょう。ほとんどは、その後、社会生活や家庭生活で成熟し、責任が大きくなるとともに、薬物から自然に卒業してきましたが、断続的に薬物を使ってきた人もいます。あるいは、その世代が退職し、責任から解放されたとたん、ふたたび薬物使用が活発化し始めた…こんな見方もできるかもしれません。

高年齢の薬物使用が多いのは、日本では覚せい剤、アメリカでは大麻、どちらもこの世代が若いころに最も広まっていた薬物です。

ところで、高年齢の薬物使用が話題になるとき、アメリカでは治療機関の整備が叫ばれ、日本では高齢犯罪者の処遇問題がクローズアップされています(平成20年版犯罪白書の特集は「高齢犯罪者の実態と処遇」)。この違いは、単に刑事政策の思想の差といって済ませていいのでしょうか。高年齢化していく薬物乱用者に社会はどう向き合うか、考えておかないといけない時期です。

この記事の内容は以下の資料を参照したものです。
The NSDUH Report(December 29, 2009)
http://www.oas.samhsa.gov/2k9/168/168OlderAdults.cfm

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ブリー
2010年03月12日 19:25
本来ならば 若者を指導する立場にある熟年者 高齢者が自らが薬物を使用しているとは。。。

年をとることと 人間として成熟することは 別のことですね。治療が難しそうですね。
シンジケート
2010年03月13日 06:27
嗜好と依存、特定の物質が悪なのではなく、結局パーソナリティーと社会の影響が大きいのでしょう。
勿論、成長途上である若年者はあらゆるドラッグは摂るべきではありませんが・・・
薬物を摂取することイコール未熟ではありません。
インドやネパールの宗教者は大麻を好むし、世界中のシャーマンが儀式において幻覚性植物を何千年もの間、摂取しています。
ヨーロッパのセラピストや精神科医たちの多くもエクスタシーや類似化合物を治療に役立ててきました。
今もなお、研究が活発に行われています。
未熟者とは無知な者のことを言うのです。
まぁ、無知な者が薬物を摂ると悲惨ですがね。
それもこれも政府やマスコミが真実を隠蔽しているからに他なりません。

この記事へのトラックバック