中学生の大麻喫煙|不良行為少年と補導

当ブログ1月8日の記事で、中学生の大麻所持事件に関して、14歳以上の場合と、14歳未満の場合では手続きが違うことを説明しました。14歳以上であれば大麻取締法に違反した犯罪少年として逮捕され、少年法に従った手続きがとられますが、14歳未満の場合は、刑事責任を問うべき年齢に達していないため、犯罪として取り扱われません。こうした場合、警察では少年を「補導」すると表現しています。
さて、今日もまた中学生の大麻事件ですが、記事中で、上記とはまた異なる「補導」が登場しています。4人の中学生は、「不良行為少年」として警察に「補導」されたようです。

<ニュースから>
●大麻所持容疑、4人逮捕…中2女子らも補導
大麻を隠し持っていたとして、大阪府警は4日、同府和泉市の塗装工や同市の無職少年ら男4人を大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕。4人と一緒に大麻を吸っていたとして、同市立中2年の女子生徒3人と男子生徒1人(いずれも14歳)を補導したと発表した。
生徒4人は、家出をしていた昨年12月~今年1月、無職少年宅で5回にわたり大麻を吸引したとされ、「嫌だったが、その場のノリで吸ってしまった」と話しているという。府警は補導した4人のうち2人を、大麻吸引などの非行事実で児童相談所に通告。残る2人も近く通告する。発表によると、8人は遊び仲間で、男4人は、今年1~2月、それぞれの自宅で乾燥大麻0・6~3・3グラムを所持していた疑い。(記事の抜粋)
3月4日20時45分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100304-00001037-yom-soci

●不良行為少年と補導
不良行為少年とは、飲酒、喫煙、深夜はいかいなど、犯罪には当たらないが、「自己又は他人の徳性を害する行為」をした少年をいい、保護の必要な不良行為少年と認めた場合は、警察はその少年を「補導」します。
大麻の所持は犯罪に当たり、14歳以上の少年が大麻を所持すれば犯罪少年として取り扱われ、ほとんどのケースでは「逮捕」されます。ところが、大麻取締法は大麻の吸引を犯罪としていないので、大麻を吸った少年が犯罪少年として取り扱われることはありません。しかし、家出をして、友達と大麻を吸っていた少年たちは保護の必要があると判断され、不良行為少年として「補導」されたというわけです。
少年の飲酒や喫煙も同じように考えられています。少年の飲酒、喫煙は禁じられおり、少年の飲酒や喫煙を助長させた大人は処罰されますが、飲酒や喫煙した少年は、罪を犯した犯罪少年とはされません。しかし、深夜の繁華街で飲酒や喫煙を繰り返しているような少年は、保護の必要があると認められる場合には、不良行為少年として「補導」されるのです。

■家庭裁判所が取り扱う少年(犯罪統計などで「非行少年」と呼ばれる)
[犯罪少年]罪を犯した14歳以上20歳未満の少年
[触法少年]刑罰法令に触れる行為をした14歳未満の少年
[ぐ犯少年]保護者の正当な監督に服しない性癖があるなど、一定の事由があって、その性格又は環境から判断して、将来、罪を犯し、又は刑罰法令に触れる行為をするおそれのある少年。

■不良行為少年
非行少年には該当しないが、飲酒、喫煙、深夜はいかいその他自己又は他人の徳性を害する行為をしている少年。

不良行為少年の補導の状況
平成21年の不良行為少年の補導人員は101万3,840人。喫煙と深夜はいかいが多数を占めており、薬物乱用は「その他」のなかに少数含まれています。
画像

注)本表の「その他」には
薬物乱用、粗暴行為、刃物等所持、金品不正要求、金品持ち出し、性的いたずら、家出、無断外泊、不健全性的行為、不健全娯楽が含まれる。

↑グラフ及び表は、警察庁「少年非行等の概要(平成21年1~12月)」11頁より転載。
[出典]
警察庁生活安全局少年課「少年非行等の概要(平成21年1~12月)」
http://www.npa.go.jp/safetylife/syonen/syonenhikou_h21.pdf

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

milk
2010年06月19日 20:16
中学校の英語の時間に「ジョン・レノン、ビートルズは素晴らしい」と教え込んだ挙げ句に、「麻薬は恐ろしい」と頭ごなしに言ったところで、中学生達は一体どう感じるでしょう? 

ネットで情報が簡単に得られる現在、両者には切っても離せない関係があるのは誰の目にも明らかですから、中学生が麻薬に興味を持っても不思議は無いでしょう。

「教育」も、何かずれているのでは?
シンジケート
2010年06月19日 20:54
ドラッグ好きな作家、画家、音楽家、科学者、芸能人を挙げたらきりがないよね。
milk
2010年06月20日 16:53
確かにドラッグ好きはたくさんいるでしょうが、わざわざ中学の教科書で取り上げる事の良否とは別問題ではないですか?

それに、中学の教科書で「素晴らしい」と教え込まれる超有名な「ドラッグ好き」は他のどれくらいいるでしょう?

日本の芸能人だけを槍玉に挙げても片手落ちだと、私は思いますが。

この記事へのトラックバック