覚せい剤急性中毒|薬物による中毒死2

英国の薬物中毒死の統計を紹介した機会に、薬物乱用による急性中毒と死亡について考えます。
薬物乱用のもっとも恐ろしい結末が、急性中毒による死亡です。薬物乱用防止のテキストには、よく、薬物ごとの致死量が記載されていますが、薬物の急性中毒による死亡事故が話題になることはめったにありません。日本では薬物乱用者の数がまだ限られていること、また、とくに死亡事故の多いヘロインなどオピオイド乱用が少ないことなどから、幸い、こうした事故はそれほど多くないのです。
しかし、小沼杏坪医師は「覚せい剤関連の精神疾患患者の死亡率は一般人口に比較すると、12/1.005=11.94であり、ほぼ12倍は高いことになる。」と指摘しています。(小沼杏坪「覚せい剤依存と関連精神障害(治療)」松下正明編『臨床精神医学講座8巻,薬物・アルコール関連障害』244頁,中山書店,2003)
薬物による急性中毒が引き起こされるメカニズムは、薬物の種類によって異なります。つまり、薬物ごとに、急性中毒の症状が違い、死に至る経緯も違うということです。まず、日本で最も乱用例の多い、覚せい剤の場合を考えてみましょう。

●覚せい剤の薬理作用
覚せい剤は主にドパミン神経系やノルアドレナリン神経系を活性化させ、中枢神経興奮作用を表します。人の脳は無数の神経細胞の集合体で、各神経細胞間の微細なシナプス間隙を各種の神経伝達物質が行きかい神経細胞間の情報を伝達していますが、覚せい剤は主にドパミン神経とノルアドレナリン神経終末に作用し、シナプス間隙におけるドパミン、及びノルアドレナリン量を増加させます。
注射使用や加熱吸引では、乱用者は使用中に最初の作用を感じ、「全身がザァーッとする」「冷たい衝撃が走る」「髪の毛が逆立つ」といった感覚を体験します。
① 中枢神経興奮作用
ドパミンは人間の脳機能を活性化させて活動意欲を生み出し、また快感を生み出す神経伝達物質です。覚せい剤は、ドパミン神経系に作用し、シナプシス間隙に放出されるドパミンを増加させ、快感や陶酔感、覚醒作用などをもたらします。また不安、不穏、混乱などが現れることもあります。大量では、幻覚妄想を主体とした精神病状態や錯乱など、精神運動興奮を生じさせます。
行動に及ぼす影響として、代表的なものが多動・多弁、落ち着きのなさ。また、部屋中の小さなチリを一晩中集めてまわったり、車などの分解・組み立てを繰り返すといった常同行動、詮索熱中が知られています。
② 交感神経刺激作用
覚せい剤は、神経終末においてノルアドレナリンを放出させるとともにその再取り込みを阻害し、主に交感神経系を活性化させます。これにより血管収縮、頻脈、血圧の上昇、瞳孔散大、立毛などが生じます。

●大量摂取による身体症状
通常の使用量で、重篤な身体症状が現れることはまれですが、覚せい剤を大量摂取したことによって、死に至るケースもあります。主に、交感神経興奮作用によって体温や血圧が急激に上昇したり、心悸が亢進したことによるもので、脳出血、心筋梗塞や心停止、高熱による臓器不全などが知られています。

手元にある本から、該当する部分を抜き出します。
「覚せい剤のもう一面の薬理作用としては、交感神経興奮作用がある。頭痛、目まいを感じ、発汗、頻脈、心悸亢進、口渇、体温上昇、ふるえ(振せん)などが起こり、顔面は蒼白となり、瞳孔は散大する。血圧は上昇し、ときとして不整脈がみられる。腸の運動は抑制されるので便秘を起こしやすく、膀胱括約筋は収縮し、しばしば排尿困難となる。覚せい剤の急性中毒で死亡する例では全身けいれんを起こし、意識が消失し、最後には脳出血を伴うことが多い。」中原雄二『薬物乱用の科学―乱用防止の知識』64頁、研成社(1999)

「急性中毒によると推定される死亡例がかなりあるようであるが、その死因としては、1、脳出血などの脳血管障害、2、心筋出血や壊死による突然の心停止、3、過高熱による臓器不全んどが指摘されている。
 筆者の経験では、現実的に遭遇する事態としては、横紋筋融解症であろうと考えている。この横紋筋融解症は、筋肉のミオグロビンが血中に溶け出し、腎不全を誘発して、適切な処置を施さない限り、死に至らしめるという重篤なものである。適切な処置とは透析である。急性錯乱ないしは精神運動興奮を呈した精神科救急事例では決しておろそかにできない病態である。」和田清『依存性薬物と乱用・依存・中毒―時代の隙間を見つめて』94頁、星和書店(2000)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 63

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

まめしば
2009年08月30日 19:50
>薬物という悪魔が汚れの無い人に微笑んで地獄に誘い、その地獄から更生することも容易ではない

覚せい剤に依存する人とはどういう人なのか、そして、更生するとはどういうことなのか・・・
何かに依存しなければならない背景には、人としての脆弱さがあります。そして、この脆弱さとは、相対的なものであって、絶対的なものではありません。
つまり、ある環境下では問題なく生きている人であっても、環境の変化によって脆弱になり得るという意味です。
ですので、覚せい剤から縁を切るためにひとつ重要なことは、覚せい剤にまつわる環境から離脱し、その環境から自己を遮断することです。
しかし、人は思いのほか狭い人間関係の中で生きているものですから、これは言葉で言うほど容易なことではないケースも少なくありません。

そして、周囲のケアや本人の努力、さらには刑罰を受けることによって覚せい剤から縁を切ることができたとします。
しかし、その人自身が持っている脆弱性から、別のものに依存する可能性も否定できません。
それは、アルコールかもしれませんし、ギャンブルかもしれません、または異常な性行動やDVなのかもしれません。

そういった人、その本人をどのように救い、また、そういった人から社会をどのように守るのかという視点で考えなければ、本質的解決にはなりません。
まめしば
2009年08月30日 19:51
覚せい剤中毒に陥ってしまい、本人も周囲も多大な犠牲を払うことになった。そして、覚せい剤からは縁を切ったものの、新たな問題行動を起こすようになった・・・・
そういう問題を解決するための方策を考えなくてはならないということです。

どんなに努力しても依存症を克服することができずに苦しみ続け、何度も隔離病棟に入り、そして前途を悲観して自ら命を絶つ人も少なくありません。
覚せい剤ではありませんでしたが、私の弟は、遠い昔にそのようにして苦しみの現世から旅立って行きました。

厳罰化が更生につながるとかつながらないとか、そんな単純なことでは断じてありえません。
当時、母は、歯ぎしりしながら言っていたものです。
「○○がやっているアレを法律で厳しく禁止して欲しい。そして、刑務所にでも入れてやりたい。」
これは、自らの息子を刑務所で懲らしめて欲しいということではなく、脱走も可能な隔離病棟では直すことができないのだから、もっと監視が厳しい刑務所でなら直すことができるかもしれないという一縷の望みからであったのです。

覚せい剤事件の端緒の中で、家族からの通報は少なからぬ比率を占めていますし、これまで一緒に覚せい剤をやっていた仲間を覚せい剤から救いたいという意志に基づいて関連被疑者が供述することによって得るものはもっと多いのが実態です。
こういう人は、捕まって刑罰を受けることになって良かったと心底感じています。

覚せい剤を始めとする薬物依存症と闘うということは、常人の想像を遙かに超えた、かくも壮絶なものなのです。
まめしば
2009年08月30日 19:57
書き込む場所を間違えてしまいました。
申し訳ありません。
冗談じゃないっ!
2009年09月03日 01:38
薬物や違法なことは「やってはいけない」という決まり事。
それを犯した人間の尻拭いを我々が納めてる税金使って予算にまわすなんてオカシイやん。

だから、高額な民間施設が流行ってるんだって現実を知りなよ。
世の中「自己責任」なんだぜ。

いつから人間は、てめぇの責任取れないほど馬鹿になったんだい?
シンジケート
2009年09月03日 16:43
冗談じゃないっ!さん、冗談じゃない!
取り締まるから税金がかかるんだよ。
司法関係者なら誰でもこのことを危惧しているよ。
自己責任という無責任な言葉が人間を孤独にさせるんだ。
孤独だから何かに縋るんだ。
世界中でアルコールにまつわる事件や事故が突出して多い。
どれだけの税金が使われてるか計算したことがありますか?
禁酒法でも作りますか?
裏社会の人間に多額のお金が流れるだけです。

あなたは戦争に行かなければならない義務が生じたとき、罪のない他人を殺せますか。
国家の作った法律には間違いも起こるのです。
もっと世界や歴史を勉強してください。
ムー
2009年09月03日 17:51
他人の尻拭いをしないのが自己責任と言うなら、
犯罪被害にあっても警察に頼らないで自己解決して下さい。
病気になっても失業してもホームレスになっても
社会保障を求めないで下さい。
自己責任なんですから。
冗談じゃないっ!
2009年09月03日 22:42
なになに。他人の尻拭い出来るのけ?そんな自分には限界はないのけ?

コメントいただいた方の話はわかりますよ。
社会保障は人間の健康と寿命から考えられたこと。
戦争行けば他人を殺す。それが戦争と書いて正義と読む行為ですから。ご年配の方に聞けばわかりますよ。

俺が言いたいのは、やってはいけないことをやった人達の面倒まで見るのは冗談じゃないってことだよ。

他人が尻拭いしてくれるから罪を犯しても人生安泰なことに対して冗談じゃないのさ。

それがまかり通ってるから刑務所満室なんだろ。
「住むところも食べるものもなく、無銭飲食して捕まれば刑務所が面倒みてくれる」なんてことあるけどさ、服役中に更正ではなく、税金で運営されてる刑務所を快適に思わせてるだけなんじゃないの?

どうして「やっちゃいけない」ことをするのさ。
寂しさからくる孤独感というなら、そんな社会で過ごしてる我々は犯罪を防止出来てるんかい?他人の話にちゃんと耳を傾けて、一日一人でも他人を救ってんのかい?
シンジケート
2009年09月04日 08:08
やってはいけない理由を医学的社会的に明確に説明して欲しいね。
あんた英語は読めるのかい?
このサイトを隅々まで読んだのか。
税金をこれ以上使わないためにハームリダクション政策があるんだよ。
あんたみたいにち○ぼが右に向いた化石のような人間には永遠にわからないだろう。
罪を犯して人生安泰なんてやつはいないよ。
刑務所に行ったこともない人間がしたり顔で刑務所を語るな。
日本の薬物政策を世界の人たちは笑ってるよ。
薬物、それ自体は犯罪ではないんだよ。
法律があるから犯罪になるんだ。
その法律を見直すことが、世界と歩調を合わせることになるんだ。
カリフォルニア州は大麻に課税して合法化を目指すそうだ。
課税した金で救済をする。
同時に裏社会から大麻を引き離す。

大丈夫だ、これを読んでる人は誰もあんたの世話になるぐらいなら死んだほうがましだと思ってるから。
だけど大麻を吸ってる連中はあんたが苦しいときに手を差し伸べるだろう。
それがリベラルだ。
わかったか、右向き野郎!

楽しいので骨のある反論よろしく。

冗談じゃないっ!
2009年09月04日 22:36
こんばんは。右向き野郎です。
思わず確認しちゃったよ。ちょい左向きでした。ごめーんね。

やっちゃいけない理由はな、薬物常習者との惨めな生活体験から語れるぜ。
薬物が原因の人間の狂気をこの目で見てきたからな。
ボロボロ。

医学的社会的の説明は、この一言だ。

社会で自由に動ける薬物常習者は、檻や病院に入ってる状態と一緒にするなよ。

全てを無くし(家族含む)、他人に甘え、生活保護を受け、治療費タダを利用し睡眠薬や安定剤を大量にもらってるのは、薬物やったあとの狂いはじめる脳を癒すためだってことを知るべきだ。

片付けられない部屋を与えるための生活保護、薬物を楽しませるための治療費、理想論で語ってる更正プログラムの予算。

なんで税金使って尻拭いをしなきゃなんねーんだって言ってんだよ。
なんで、やっちゃいけないものをやるんだって?

他国の真似より、国民の教育が先なんじゃねーの?

薬物逮捕者に甘い顔して「薬物依存プログラム受けようね」かい?

現実に存在してる薬物常習者を知らなすぎ。

がっかりさせたかな?
シンジケート
2009年09月05日 06:52
確かに、壊れる奴もいるが全体にとっては一部だ。
やらないに越したことはないが、やってしまったあとの税金の使い方は、刑務所収監より治療のほうがより建設的だ。
タバコやアルコール依存症の治療にどれだけの医療費が使われてるか。
健康保険まで使えるんだから恐れ入る。
タバコやアルコールは税金を納めてくれるから、どんどんやってくれと言ってるように思えるがどうでしょう?
覚せい剤を使いこなせるつわものはまだまだ少ないので、タバコや、アルコールより害がない(数え上げたらきりがないほどの海外の権威ある科学者が証明済み)大麻は合法化して税金を取ったほうがいい。
タバコもアルコールも大麻も同列に扱う。
それらすべての税金はすべて薬物政策に当てる。
善良なる市民の懐を汚さないように。
そういうことでしょ!

日本の薬物事犯の刑罰は先進国の中でダントツに重い。
それでも薬物はあとを絶たない。
民主党は薬物政策を見直すそうなどで、少し期待をしている。

1億人もいればそれぞれの事情や境遇があるが、全体の幸せが個人の幸せを形成すると私は考えてる。
みなさん、生きにくい世の中ではありませんか?
状態じゃないっ!
2009年09月06日 00:41
一部じゃねーだろ!薬物常習者、全員おかしいだろっ!

そうそう。なんで大麻の話するんだい?
大麻もやめらんねーから回復話に入れてんだろ。
大麻がやめられるものなら、そんな話はしねーわな。
大麻を社会保障で無料でやるために言ってんなら、サイテーだよ。

取り締まる人間に対しての税額(報酬)は、今も昔も変わらない。
なら、薬物回復への税額を増やす意味がわかんねーよ。
薬物依存者を回復させるために金使うなら、薬物依存者を減らすほうに金(麻取りへの報酬)を使う方が良いに決まってる。

申し訳ないが、薬物依存者は回復しない。

死ぬまで看取る税金。

それこそ「無駄」だって言ってんのさ。

これも社会保障だって言うなら、税金納めてる人達は馬鹿じゃん。
世の中が薬物常習者に無駄金を与えてることになるわな。

生きづらいのは、右向き野郎とか言ってるてめぇの勝手(自己責任)。

違うかい?

シンジケート
2009年09月06日 06:14
世界の現状を知らないと話しても無駄。
時代は確実にこっちに向いてきている。
新種の合法の覚せい剤が山のように出回っているから取り締まり不可能。
それでタバコとアルコールは?
ムー
2009年09月06日 13:21
釣り針が丸見えのようなレスが続いているけど
他の見ている人に対してコメント。

なぜ人を殺してはいけないのか。
なぜ法律があり守らないといけないのか。
本来は人を殺すのも法律を破るのも自由に行われるべきもの。
ただ、それによって不利益を受ける者が都合よく自己の利益追求の為に作られたのが法律。
法律を破ったものに対して処罰や更正を行うのは、法律を行使する者達の利得行為であり責任、それを否定するのは利得そして責任を放棄する事。
法を犯し利得(権利)を得る資格を放棄し処罰受けた者もそれに対しての責任を放棄した者も同列。

これは法律に限らず社会システムも同様。
殊更に自分達の税金がステレオタイプに言う人がいるけど、日本の個人納税総額の75%をたったの15%の人が支えている。
日本国民で言えばたった数%の人達が国民ほとんどの生活を養い、ほとんどの国民が養われているのが現在の社会。
文句だけ言って自己が養われて初めて生きられている事に感謝出来ない者こそ「自己無責任」な者。

この記事へのトラックバック