世界大戦とあへん・麻薬15|日本人と薬物、150年の戦い

●日本人に広がる麻薬中毒
「華北に於ける麻薬秘密社会の実体」から、中国におけるヘロイン等麻薬の影響をみていきます。まず著者は、1943年春の北京市では、路傍の変死人と窃盗の激増が話題になったと伝えます。

市の社会局は変死人は1日2、30人と記録していたが、実際には100名以上であり、その90%までが麻薬いん者(中毒者)であった。
麻薬使用者は初めは高価なヘロインを吸引するが、次第に多量を必要とするようになるとともに注射使用に移行していくが、密売される麻薬には不正混合物が多いため、人体に及ぼす影響は深刻で、頑強な鉱山労働者でさえ、麻薬を注射使用するようになると1年半くらいで労働戦線から離脱するという。富裕層では長年にわたって注射使用を続ける例もあるが、中毒者のほとんどは、麻薬を使用し始めて2、3年で注射使用に移り、やがて急速に健康状態が悪化していく。ヘロイン中毒者の寿命は3、4年といわれる。
大都市に於ける麻薬中毒者の75%までが、その日の生活にも事欠く極貧層であるが、この極貧の生活のなかで1日当り5円程度の麻薬を命がけで連日入手しているのだから、その生活は悲惨である。家族のことなど眼中になく、男の場合は窃盗、横領、詐欺、物乞い、女の場合は売春行為などの常習者に身を落とすのが常道である(420頁)。

また同書は、日本人のなかにもこうした麻薬中毒に陥る例があったことを伝えています。
「この麻薬氾濫の結果、華北に於ける在住邦人中にも麻薬中毒に犯されるものが続出、目下一般邦人の中毒いん者数は2千名内外と推定され この外 麻薬密造、密売常習者中のいん者を考慮に入れると5、6千名を下らず更に軍関係の中毒者を加算すれば 華北に於ける日本人のいん者数は驚くべき数にのぼるものと見られ」るとしています(416~417頁)。
以上出典は渡辺寅三郎「華北に於ける麻薬秘密社会の実体」岡田芳政ほか編『続・現代史資料12 阿片問題』415~462頁、みすず書房、1986。原文のカタカナ表記と一部の文字を現代風に改めました。

国際機関への報告などには、第二次大戦期を通じて、日本の内地ではあへん、麻薬の乱用はほとんどみられないとされていますが、そのいっぽうで、中国へ出かけた日本人のなかには、あへんや麻薬に染まる例もあったことは、あまり知られていません。この人たちが、敗戦後日本に戻ったわけです。戦後の日本にあった「モヒ問題」、さらに覚せい剤問題の急激な拡大、こうした現象の背景を考えるとき、中国から戻った中毒者の存在を忘れることはできない気がします。
そういえば、少し時代をさかのぼりますが、1934年の新聞に次の記事が掲載されています。

●熱河開拓の雄図空しく幻滅に泣く邦人
錦州発=満洲事変以来蓮西から熱河に進出する邦人は漸次その数を増し近くは一万にも達しようという状態であるが、この中には満洲に対する何等の予備知識もなく、ただ満洲熱に浮かされて夢遊病者の如く漫然故郷を飛び出して来たものも少くない、そうした者の多くはいずれも期待した程のうまい金もうけはなし、適当の職業もないというので旅館や下宿にゴロゴロしているが、その中酒色に溺れ、あるいは誘惑のわなにかかり僅かな所持金も使い果して二進も三進も動けなくなって、今更幻滅の悲哀を歎いたところが遅い、完全にルンペンとして生存競争の埒外に放り出されたのだ、甚だしいのになると自暴のあまり触れて見たヘロインが病みつきとなり、ヘロインがなくては生きて行かれない中毒に陥る者さえある、満洲に居るヘロイン中毒者は従来主として特殊婦女子に多かったが最近はこうしたルンペン群の中にもしばしば見受けられるようになった、領事館や警察署あたりでも邦人の体面上厳重に取締ってはいるが、一度ヘロイン中毒にかかれば廃人同様となり、これを断禁して平常の身体に復することはなかなか困難である、だから彼等はその断末魔を知りながらも総ゆるものを金に換え、罪を犯してまでもヘロインを求めんとし、得られなくなれば街の城壁や場末の路傍に行倒れとなり、時にはそのままさびしく悶死して行くのである、遼西一帯から熱河にかけてこうしたヘロイン中毒者は最近目立って多くなった、錦州領事館で旅費を工面し郷里に送還した者、行倒れて死体となっていた者を世話した数だけでもこの春以来十数名に達している、くわしく調査したら相当の数に達するであろう、由々しい社会問題であるが一面認識不足とはいえ熱河開拓の雄図を抱いて渡満した者の末路としてはあまりに憐びんな姿である
報知新聞 1934.7.5(昭和9) 新聞記事文庫 移民および植民(20-059)  データ作成: 2008.5 神戸大学附属図書館

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック