弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 合法化|大麻について子どもと話す、その5

<<   作成日時 : 2016/01/08 23:38   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

私たちはこれまで、薬物について子どもと話すとき、面倒な説明を避けて、薬物は悪いもの、使ったら処罰されることだけを強調してこなかったでしょうか。たしかに、処罰をもって使用者の軽はずみな行動をいましめることには、それなりの抑止効果はあるでしょう。
しかし、こうした教え方は、いまや説得力を失いつつあります。

その背景のひとつに、米国で急速に広まりつつある大麻合法化の流れがあります。これまで禁じられてきた大麻が、州によっては、店頭で販売され、21歳以上の成人なら一定量まで購入することができるのです。
外国では「合法」として販売されることもあるのに、日本ではなぜダメなのか。子どもたちが素朴な疑問をぶつけてきたときに、私たちは、きちんと答えることができるでしょうか。

●法規制の現状
世界の各国は、国連条約の下で歩調を合わせて薬物乱用防止対策に取り組んでいます。各国の薬物に関する法規制の基本になっているのが、1961年の麻薬に関する単一条約ですが、ここでは大麻は、ヘロイン、コカインなどと並んで、もっとも厳しく管理すべき薬物に分類され、条約締結国は、違反行為に対して刑事罰を科すことが求められています。

いっぽう、日本と比べてはるかに大麻使用者が多い欧米では、軽微な違反者にまで厳格に刑罰を科す制度の見直しも進み、自分で使用するために少量の大麻を所持した違反者に対して、罰金や警告といった簡略な手続きで対処する国や州はかなりの数にのぼります。
また、一定の条件下で大麻の流通を許容する政策をとる国や州もあります。オランダでは、自治体の認可を受けたコーヒーショップでの大麻販売が行われています。痛みや苦痛の緩和など医療目的で大麻を使う大麻を使うことを認める国や州も増えています。さらに最近では、南米のウルグァイや米国の数州で、一定の監督制度の下で娯楽用大麻の流通を認める、大麻合法化が採用されました。

しかし、こうした緩和政策を導入している国は限られており、日本も含め、世界の国の大多数が、大麻の所持や栽培、輸入などを犯罪として取締りを行い、違反者に対して刑罰を科しています。
日本でも、大麻政策の見直しを求める人たちがいますが、現在のところ、大麻政策が広く社会的な関心を集めているとはいえません。とはいえ、いずれ私たちの身近なところでも、大麻の法規制のあり方をめぐって、広く社会一般を巻き込んで、議論をしていくときが来ると思います。

●改めて「健康への影響」「生活への影響」に目を向ける
大麻に対する法規制が、国や州によって多様になり始めた現在、「違法性」を前面に打ち出して、子どもたちの好奇心を抑え込むことは、もはや困難です。
まず、私たち自身が、大麻についてしっかり勉強しなければなりません。そして、大麻について子どもと話す際には、大麻が子どもたちの健康にどんなリスクをもたらすのか、子どもたちの生活をどう変えるのかに目を向けて、話せるようになっておきたいものです。

しかし、現在の日本では、大麻を大量に常用して健康を害したり、生活に破たんが生じたような人たちに、出会うことは稀です。文献で覚えた知識だけで、子どもたちにわかりやすく話すことは、とても難しいと思います。
大麻についてしっかり話す自信のない方は、酒について話すことから始めてはいかがでしょう。飲酒による健康への影響、酔いによって生じる心の変化とその危険性、少年期の飲酒が特に危険な理由、日常的に酔って過ごすことで生活が変わり、人生が変わること・・・。
自分の体験、失敗の苦い思い出、身近な人たちのことなどを思い浮かべながら、話してみてください。

飲酒のリスクについてしっかり話すことができたら、あとは、大麻の特性をほんの少しプラスするだけ。これなら、きっとあなたも自信をもって話すことができると思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
大麻による幻覚は稀だと思いますが‘幻心’はあると思います。
特に若者に対しては、
一時の幻にうつつを抜かすよりも、
恋や勉学、友達作りやスポーツなど
将来や人の輪を広げることに時間を費やす事を望みます。

大麻による世界は現実の世界じゃない!、
現実の世界を一歩一歩進んでほしいですね。
猫次
2016/01/09 08:29
大麻合法化はどうしても酒タバコ産業などの利権
政治・法改正・外交・歴史・国民感情などに触れ
大きな反発を招くでしょう。
日本での大麻合法化は、
政治家や官僚にとってマイナス面が大きすぎて
日本での解禁は難しくとても遠い状態です。
(解禁が国民にとってもプラス面があるかどうかも疑わしい)

解禁までの間、大麻の害が低いと勘違いした人が
売人連中と接触し安易に大麻を購入し服用することが懸念されます。
売人連中と接触すると大麻以外の麻薬を勧められたり売人として勧誘されたり
脅されたりその他の犯罪にも巻き込まれる可能性が高まります。

これから違法大麻の消費は今年以上に増えてもおかしくはない、
増やさない対策は必要かと考えております。
猫次
2016/01/09 09:02
大麻が、覚せい剤やヘロインのような、凶悪なドラッグだと教え続けていた人間がいるから、これからの説明に窮している。凶悪なドラッグじゃないと知り始めても、いまさら嘘を付いたと言えないから嘘を重ねて来た。まずそこ反省しなさい。

危険ドラッグだって結局同じ。大麻の代替で吸われていたものが、イタチごっこで凶悪な危険ドラッグになった。危険ドラッグ創ったのは、イタチごっこになるって分かっていてやったあんたらだからね?

自分たちの不始末を棚に上げておいて、ほぼ罪の無い人間を牢屋に送っているのはあなただ。

酒ガバガバ飲みタバコもバカバカ吸う人間が、大麻の有害性を語る?笑えるよ。無知な人間が人の自由を奪う典型だね。
日鷲
2016/01/09 15:41
大麻を合法化、非犯罪化しているのはヨーロッパ、アメリカなどの先進国。
未だに厳罰を課しているのはアジアの発展途上国。

残念ながら日本はまだまだ後者のようですね。
テクノロジーや経済は先進国でも、法律や国民の意識は野蛮な後進国のまま。
ijo
2016/01/09 18:58

先進国と比較した場合、日本では子供達への教えに、大きな過ちが有ります。
それは公共場での喫煙行為で、愚かな日本人の特徴です。

欧米都市部での喫煙は、反社会的な行為と位置付けられ、イスラム教圏では戒律で自殺行為と見なされます。
商取引の現場では喫煙者が不利になります。喫煙者は煙草への依存度が高く、顧客への愛情が足りなくなる理由で商談は破談。
即刻、顧客から退場を突き付けられます。、
近年、国内企業の就業規則には、就業時間内の喫煙を禁ずる会社が増えてます。
併せて新卒社員募集条件に、『喫煙者はお断り』を掲げた企業も目立ち始めました。

そもそも勤務時間中の喫煙時間により、長年の間企業は、非生産的で大きな損失を被ったのです。

大人達の反社会的な喫煙行為は、子供達にとって最悪な見本となり、そして子供達の将来を奪います。

現在の日本で喫煙行為を見て、何の違和感すら感じない日本人こそ、愚か者で最大の社会問題の一つだと思われます。



神流美 王井門
2016/01/10 00:37

今夜もビッグパーティで賑わう新木場ナイトクラブでは、メインフロアとイートインコーナが完全禁煙です。 店内屋内では唯一、JT社が協賛するフロアが喫煙スペースです。

今月末開催の『きゃりー誕生パーティ』も、多くのクールジャパン愛好者達で賑わうでしょう。


近年、イビサ島の巨大ナイトクラブでは、店内禁煙化を打ち出し、数有る有名店ではサマーシーズン中、一晩一万人近くの顧客が世界中から訪れます

巨額利益を生み出すナイトクラブの観光資源化に大成功した典型例です。

もし多くの国内飲食店が禁煙化へ舵を切れば、激増する属性を問わない訪日外国人観光客を、大量に取り込める可能性が有ります。

因みに国内スターバックスが顧客単価高額ながら、売上好調な理由は、喫煙者を締め出した全店完全禁煙が要因の一つでしょう。

特に都区内飲食店は、東京五輪へ向けて、欧米型『禁煙高利益マーケティング』運営をベンチマークすべきと思います。






神流美 王井門
2016/01/10 02:19
大麻信者は何故に他の薬物は凶悪で大麻だけ特別だなどと馬鹿げた無知なことをのたまうのか?大麻とそれ以外で線引してるんだったら、べつにいまの酒と煙草、それ以外のせんびきでもいいのでは?まぁ、自分がガンジャキメたいから大麻だけ特別に見てねー、みたいな勝手なことをぬかす。他の薬物についてもきちんと議論され時代に合った法制度に随時変えていくべきでは。今の全ての薬物の法制度、罰則は厳しすぎるしアドホックな構造で矛盾だらけ、多くの部分で人権侵害レベルだと思うけど。どの薬物にも多かれ少なかれメリットは存在することを理解し100%排除するのではなく、状況によっては受け入れていく柔軟なシステムがもとめられてくるんじゃないかな、まぁそうなるまで50年かかるか100年かかるかわわからないけど・・・
lol again
2016/01/10 03:12

最近米国では、大麻THC成分入りの缶コーヒー『リーガル』が大人気です。
他社からも同様な顆粒状インスタントコーヒーが続々と発売。

欧州では大麻成分入りのチョコレートが大人気で、各国空港国際線の免税店に並んでおり、日本人観光客がお土産品として普通に購入しています。

国内への大麻導入は、大麻成分含有の加工食品群から、じわりと進むかもしれません。

神流美 王井門
2016/01/11 14:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
合法化|大麻について子どもと話す、その5 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる