弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 中間層の苦難とオピオイド鎮痛薬|向精神薬問題

<<   作成日時 : 2015/11/04 23:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

世界的に長寿化が進行し、死亡率が低下しているなかで、アメリカ人の白人中年層に限っては、死亡率が上昇しているという、驚きの研究結果が発表され、米国で話題になっています。
これは、今年のノーベル経済学賞を受賞して時の人になった、米プリンストン大の経済学者デートン博士夫妻によって、米National Academy of Sciencesの機関誌の最新号に発表されたもので、米疾病管理センター(CDC)のデータの分析を通じて得た論考です(下記参照@)。

年齢でいえば人生の中盤にあたる45〜54歳、人種では白人(非ヒスパニック)、アメリカ社会の中心層ともいえる層の死亡率が、1999年以降2014年まで一貫して上昇し続けているのです。
死亡率を押し上げている原因は、薬物・アルコールによる中毒、自殺、慢性の肝臓疾患による死亡の増加だといいます。なかでも最終学歴が高卒以下の人たちでは、死亡率の上昇が特に顕著だそうです。
画像

↑45−54歳白人(非ヒスパニック)層の死亡原因

いっぽう、この年代の健康状況データでは、関節痛が多いことが目立っています。2011年−2013年調査では、45-54歳の白人層(非ヒスパニック)の3人に1人は、関節痛があると回答しており、また7人に1人の割合で坐骨神経痛を抱えています。そして、ここでも、最終学歴の低い層ほど、慢性痛に悩まされているという結果が出ています。

格差が広がる米国社会で、社会の中間層を構成している人たちが、次第に経済弱者に転落し、健康を害し、慢性的な痛みを抱えながら鎮痛薬やアルコールに頼り、やがてオーバードーズで命を落とす人も出て来る・・・。
この研究が浮かび上がらせるのは、あまりにも痛ましい現代アメリカ社会の姿かもしれません。
ニューヨークタイムズは、11月2日付でこの論文を紹介し、この層の人たちは、親たちの世代が60年代から70年代にやってきたとおりに生きて行けば、安定した仕事と年金にありつけると思ってきたのに、裏切られ、ある人は自殺に追いやられ、あるいは鎮痛薬やアルコールで緩慢な自殺をしようとしていると論じています。世帯主が高卒の中間層世帯では、インフレ調整後の実質所得が、この15年で19%減少したということです。
この記事は、カリフォルニア大バークレー校のリー教授のこんなコメントで締めくくられています。「論文でこれほど心を動かされることはめったにない。とても悲しい内容だ。」(下記参照A)

この夏のオキシコドン輸入事件の際にも触れましたが、米国では、最近オキシコドンなどのオピオイド鎮痛薬の乱用が深刻化しています。
引き続き、次回では、米国の最近の鎮痛薬事情を紹介したいと思います。

[参照]
@発表された論文
Anne Case and Angus Deaton, Rising morbidity and mortality in midlife among white non-Hispanic Americans in the 21st century, PNAS, vol. 112 no. 44, November 3, 2015
http://www.pnas.org/content/early/2015/10/29/1518393112.full.pdf
Aニューヨークタイムズの記事
Death Rates Rising for Middle-Aged White Americans, Study Finds(Nov. 2, 2015)
http://www.nytimes.com/2015/11/03/health/death-rates-rising-for-middle-aged-white-americans-study-finds.html?_r=0

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
やっと本質に近づいてきましたね。

生きてて何かいいことでもあるのか?
株主の配当のために働き、疲れ果て、テレビやネットの向こうのファンタジーにイライラし、目の前の厄介ごとにうんざりする。

自らに銃口を向けたとき、ドラッグが微笑んだ。
一旦銃をおいて注射器を手にしたとき、久しぶりの幸福感に満たされた。

そういうこと。
m
2015/11/06 23:04
想像力って大事だと思います。
手の中のビー玉をダイヤモンドみたに思えるような力があれば、お金が無くても幸福になれます。
布団の中で、目をつぶってハワイの海辺を空想してフラダンスをしてみたりとか・・健康さえあればそれで幸せですよね。
理想を捨ててはダメです
2015/11/07 05:48
今の事務次官たちが鉄道省の官吏を知らないはずない
偶然こんな大騒ぎになるんけ?
誰か答えるべきなのでは? 
事務次官
2015/11/07 07:05
日本人と大麻について調べていました
昭和23年までは規制がなく大麻は民間薬だったって本当ですか?抗がん作用があるのにもったいないです 
真面目な質問
2015/11/07 07:34
南国の島では長寿の人が多いです。お正月に炬燵で談笑しながら亡くなった方の話は有名です。
東洋医学をもっと普及させたいですね。以上
東洋医学研究
2015/11/07 13:19
お大師様信仰だった祖母の影響を受けて、今日まで元気で過ごせたように思っています。病気がちだった若い頃スイカを煮詰めて薬を作ってくださった方がいました。
小森先生と同じ名前の方でずっとお礼を言おうと思っていました。漢方薬ってよく効きます。ありがとう御座いました。ほんとに奇跡みたいで、すごく嬉しいです。
                  11月 8日 


松原 沙矢
2015/11/08 13:48
西洋医学と日本古来の民間薬の相乗効果で病気は治りやすくなると思います。ドクダミ茶を飲むと手術痕の回復も早いそうです。上手に取り入れることが大事みたいです。
ドクダミとビワ茶
2015/11/11 09:44
ダイエットのためには高たんぱく低カロリーの食事が重要です。私は、魚肉ソーセージとさば味噌缶をよく食べます。ご飯はお茶碗軽く1杯。キャベツをおやつにして
ダイエットコーラを飲み4か月で4キロの減量に成功しました。関節痛治りました。希望を捨ててはダメです!
グルコサミンとコンドロイチン
2015/11/11 13:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
中間層の苦難とオピオイド鎮痛薬|向精神薬問題 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる