弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 復活を夢見る危険ドラッグ業者たち

<<   作成日時 : 2015/08/21 23:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

麻薬のα-PVPを輸入したグループが摘発されました。逮捕された4人のなかには、危険ドラッグの世界でかつて人気を集めた製品の製造業者も含まれていて、グループのリーダー格とみられています。

<ニュースから>*****
●危険ドラッグ原料を密輸容疑=「伝説のブレンダー」ら逮捕―福井県警など
危険ドラッグを製造・販売する目的で原料の麻薬を密輸したとして、福井県警と近畿厚生局麻薬取締部、大阪税関の合同捜査本部は20日、麻薬取締法違反(営利目的輸入)容疑などで横浜市中区・・の無職M(54)、福井市・・の会社員O(37)両容疑者ら男4人を逮捕したと発表した。
福井地検は4人を同法違反罪で起訴した。
・・・県警組織犯罪対策課などによると、M容疑者は2010年ごろに危険ドラッグがまん延するきっかけとなったハーブ「HADES(ハデス)」を製造し、「伝説のブレンダー」と呼ばれていた。(以下省略)
時事通信 8月20日(木)18時25分配信
*****

「HADES」とはまた、ずいぶん懐かしい製品名に出くわしたものです。
危険ドラッグの市場拡大とともに、国内調合品が流通し始めたころのブランドのひとつで、2012年ころには、次々と成分を切り替えた製品が市場に出ていましたが、同年10月にα-PVPが指定薬物に指定されたころから、みかけなくなりましたね。
最後のころの「第6世代」を名乗っていた製品から検出された成分は、α-PVPと、既に麻薬として規制されていたMDPV。先行して流通していた製品には AM2201、AM2233、メトキセタミンなども使われていました。

2013年にα-PVPが麻薬に指定された際に、この物質を含有する製品例としてこの名前があがっていました(下の図)。
画像

↑厚労省発表資料の一部
「α-PVP検出製品」2013年1月30日

危険ドラッグ市場が急速に縮小し始めた昨年の夏以降、危険ドラッグを扱う業者の動きも大きく変化しました。新たな規制導入のペースが加速するとともに、閉店に追い込まれる販売店が続出し、インターネットの販売サイトも次々に閉鎖・・・。そんな連鎖の中で、危険ドラッグを取り扱ってきた販売業者、製造業者の多くが、このビジネスから身をひいたことでしょう。

でも、一度は廃業した業者のなかには、かつての繁栄ぶりが忘れられず、再び危険ドラッグに手を伸ばす人もありそうです。
国内には、今でも機会があれば危険ドラッグを入手しようと願うユーザーがいるし、日本のすぐ外には、今でも危険ドラッグ成分の供給ネットワークが脈々と活動しているのです。復活のチャンスをうかがう人たちは、決して少なくないでしょう。

興味深いのは上のニュースで、かつての製造業者が用意した成分が、現在では麻薬になっているα-PVPだった点です。今やすっかりアングラ化した日本の危険ドラッグ市場は、未規制成分へのこだわりをかなぐり捨てて、「昔の名品ドラッグ」を求める市場に変化してしまったようです。

これまで、日本の危険ドラッグ市場で人気を集めてきた成分がいくつかあります。法規制の導入によって、一度は市場から退場した人気成分ですが、その作用を忘れていないユーザーもまだいるでしょう。そして、こうした成分を使って人気製品を送り出してきた人たちの脳裏には、その思い出が刻みつけられていることでしょう。
今や、覚せい剤と同じように世間の目を盗んで密売されている危険ドラッグの世界では、ユーザーも売り手も、もはや法規制を気にすることはなくなりました。昔の名品、昔の人気成分に対する需要は、意外に根強いのかもしれません。

どんなに厳しく取締まっても、覚せい剤の密売人を一掃することが難しいように、アングラ化した危険ドラッグも、当面はしぶとく生き延びていくことになるでしょう。これからの日本の乱用薬物市場は、品質主義を貫き、高価格を維持する覚せい剤市場と、成分の内容や純度にはこだわらず、割安な価格で提供される危険ドラッグという、二層構造になっていくのかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ブルジョアジードラッグ
プラレタリアドラッグ

m
2015/08/23 10:40
PTSDの治療にも効果があるそうですね。沖縄を富裕層特区にしてジュゴンやイルカと戯れていたら、心の傷も癒せると思います。沖縄がモナコみたいに経済発展すれば世界が平和になると思うのです。せいこ
カンナビノイドとは?
2015/09/08 22:24
状況から判断すれば個別的自衛権で対応できると思うのです。戦争が起こる理由は、オス蜂のような本能があるからだと言う人もいます。それが真実ならばいっそ遊技場を作れば被害を防げるのではないでしょうか?
被害者をつくらないビジネスを一生懸命考えています。
戦争ビジネスから脱却しよう!
2015/09/09 23:06
今日テレビで戦争ごっこ特区があるのを知りました。
元帥とか将軍になってみたい願望を満たせる遊技場を作れば犠牲者なしの成長市場になれるかもしれないですね。
環境破壊を阻止することにもなります。
いいアイデアかも!そして日本のイメージを変えていけたらいいですよね。
↑戦争ごっこで被害者ゼロ!
2015/09/21 19:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
復活を夢見る危険ドラッグ業者たち 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる