弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS バス運転手に薬物検査を|フィリピン

<<   作成日時 : 2015/08/18 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

8月12日、フィリピンのケソン市付近で高速道路を走行中のバスがコンクリート製の標識に激突し、乗客4人が死亡、18人が重軽傷を負うという事故がありました。
事故後、バス運転手は逃走しましが、数時間後に逮捕され、薬物検査の結果、覚せい剤を使っていたことが判明したことから、フィリピンでは、いまバス運転手に対する強制薬物検査が、話題になっています。
画像

↑バス事故を報じるニュース画面
CNN Philippines August 13, 2015
http://cnnphilippines.com/metro/2015/08/12/Quirino-Highway-bus-crash.html

事故後、陸運認可及び規制委員会は、事故を起こしたバス運行会社の62路線すべてについて30日間の運行停止処分を行いました。同社の運転手全員は、交通安全セミナーを受講し、薬物検査を受けなければなりません。

いっぽう、フィリピン麻薬取締局は、国内のすべてのバス運行会社に対して、全運転手の薬物検査を行うよう要請していることを明らかにしました。麻薬取締局の幹部は、記者会見で、運転手の違法薬物使用によって、多数のバス事故が起きており、こうした事故は、バス運転手の間で薬物使用が広まっていることを示しているとして、薬物検査を導入するよう訴えました。
警察も、バス会社の薬物検査実施に、全面的に協力する意向を表明しているそうです。フィリピン国家警察では、警察官の薬物乱用を防止するために、年に2回薬物検査を行っていますが、バス会社でも同様の薬物検査をする必要があると、警察幹部は語っています。

フィリピンでは、飲酒運転や薬物運転によって多数の死傷者を出す事故が次ぎ、対策の強化が問われているところです。
2013年12月、マニラ市郊外の高速道路からバスが転落した事故は、外国人を含む22人が犠牲になり、負傷者も20人以上という大惨事となりましたが、やはり運転者は薬物検査で陽性でした。

2013年には、反飲酒及び薬物運転法が成立し、アルコールや薬物などの影響下で自動車を運転した者に対する罰則が、大幅に引き上げられましたが、同法の導入と引き換えに、それまで免許証の更新時にすべての運転者に義務づけられていた、薬物検査が廃止されています。

[参照]
@CNN Philippines/ Valisno bus driver tests positive for methamphetamine(August 13, 2015)
http://cnnphilippines.com/metro/2015/08/13/Valisno-bus-driver-tests-positive-for-methamphetamine.html
AINQUIRER net./ PDEA: Test all bus drivers for drugs(August 17th, 2015)
http://newsinfo.inquirer.net/713514/pdea-test-all-bus-drivers-for-drugs

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
本来、覚醒剤は運転を安全にする作用があるはずですが、一体なんで事故が起きたのか、不思議です。
薬が抜けて一気に眠気が襲ってきたのか、幻覚を見たのか、過集中により別な物を注視していて標識に気付かなかったのか……
飛行機のパイロットの場合は眠気防止のために覚醒剤を服用する場合があるといいますが、そういえば日本ではトラックドライバーも違法覚醒剤を使って眠気を飛ばす例が多いそうで、その割に事故例は少ないと思います。
警察24時系の番組ではよく覚醒剤使用者の車がパトカーから猛スピードで逃げていますが……
滅智蓮寺 熾
2015/08/21 21:51

近年、フィリピンの違法物質は隣国マレーシアへ、不法移民と一緒に、続々と流入しています。

隣接するボルネオ島とフィリピン諸島部までの距離が近い事も、大きな要因かもしれません。

フィリピンに隣接する街、サンダカンに在る米国女流作家アグネス キース邸近くの小高い丘から遠くを望むと、フィリピン諸島部が案外間近に見れます。
こんなに近いと市民達は、隣国という感覚が薄いかもしれません。

ボルネオ島最大のダウンタウン、コタ キナバル中心部に在るフィリピンマーケットでは、違法物質、偽物ブランド品などが平然と並んでいる光景をよく見ます。

マレーシアは世界でも特に厳しい戒律のイスラム教国なのですが、フィリピン人がもたらす新たな文化流入により、最近の生活態度が少しずつ変わったと感じます。
その証拠にコンビニでは、ハラル認証印が付いたレッドブルが堂々と並んでいます。

ちょっと驚きです。

神流美 王井門
2015/08/23 01:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
バス運転手に薬物検査を|フィリピン 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる