弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 薬物とオーバードーズ|2015年版世界薬物報告書

<<   作成日時 : 2015/06/30 23:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

国際麻薬乱用撲滅デーの6月26日、国連薬物犯罪事務所は「2015年版世界薬物報告書(2015 World Drug Report)」を発表しました。

2015年版は2部構成で、年次報告書に当たる第一部と、第二部の特集「代替開発」からなっています。第一部の目次を紹介しておきます。
第1部 不正薬物市場の状況と同行の分析
A 薬物使用の広がり
B 薬物使用による健康への影響
C 性別、薬物使用が健康に及ぼす結果
D 薬物使用の防止
E 薬物使用のトリートメント
F 薬物供給の広がり
G 薬物のタイプ別市場分析
 ・オピエート(あへん、ヘロイン)
 ・コカイン
 ・大麻
 ・合成薬物:アンフェタミン型興奮剤と新精神作用物質
 ・結論
画像

[参照]
国連薬物犯罪事務所「2015年版世界薬物報告書」
United Nations Office on Drugs and Crime, 2015 World Drug Report (26 June 2015)
http://www.unodc.org/wdr2015/

●薬物使用とオーバードーズによる死亡
世界の薬物使用は安定基調にあるが、依然として容認できない人数が、世界中で薬物乱用のために命を落としている・・・。
2015年版では、薬物使用と死亡の問題を取り上げています。とくに、注射使用者は、注射針を介したHIVなどの感染症や、オーバードーズのために、一般人口と比べてはるかに高い割合で命を落としているといいます。

従来、オーバードーズによる死亡は、ヘロインの麻薬使用の場合に特に多い問題と考えられてきました。ヘロインなどあへん系は、強い依存性のために一度使い始めるとやめにくく、しかも使い続けるうちに耐性ができて今までの使用量では効果が感じられなくなり、知らず知らずに使用量が増えてしまい、オーバードーズに至ることが多いのです。
本報告書では、ヘロイン使用者のオーバードーズや、注射針によるHIVやC型肝炎の感染などの問題について論じていますが、日本では、それほど深刻な状況になっていないので、ここでは詳しい説明は省きます。

ところが、近年になって、新しいタイプのオーバードーズが急増している地域があるのです。
まず、主に米国で起きているオピオイド系鎮痛薬によるオーバードーズです。この数年、米国では、オキシコドンなどの処方鎮痛薬による死亡者の急増が問題になっていることは、たまたま当ブログの6月20日、26日付の記事で取り上げたところです。
さて、最近の調査によると、米国でのオピオイド乱用は2013年では前年より減少したということですが、残念なことにオーバードーズによる死亡にはまだ減少の兆しは見えていないようです。
乱用が減少した要因の一つに、オピオイド鎮痛薬の代表的な製品であるオキシコンチンが、乱用されにくい製品開発を進め、薬理成分の放出をゆるやかにした徐放剤や、乱用者が好む粉末状(注射またはスニッフィングで使用)にしにくい錠剤を開発したことにあると思います。しかし、世界薬物報告書は、こうした製剤上の工夫が、乱用者のヘロインへの乗り換えを促した要因にもなったと分析しています(45ページ)。
下のグラフでもわかるように、当初は処方鎮痛薬を使ってきた人たちの一部が、最近では、ヘロインに乗り換えたことから、2010年ころから、ヘロインのオーバードーズによる死亡も急増し始めているのです。
画像

↑米国におけるヘロイン及びオピオイド鎮痛薬による死亡
青色の線はオピオイド鎮痛薬、赤色の線はヘロインによる死亡を示す
「2015年版世界薬物報告書」12ページより転載

新しいタイプのオーバードーズのもうひとつに挙げられているのが、新精神作用物質:NPS(いわゆる危険ドラッグ)による死亡の増加です。英国では、NPS関連死が2007年には9件だったものが、2013年には60件と急増しています。

―次回に続きます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
薬物とオーバードーズ|2015年版世界薬物報告書 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる