弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 大麻合法化と事件・事故|コロラド州より

<<   作成日時 : 2015/03/04 22:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

2014年1月に米コロラド州で娯楽用大麻販売が開始されて丸1年が経過しました。大麻が街で販売されるようになると、どんなことが起きるのか、様々な観点から注目を集めてきましたが、各方面から発表された集計から、コロラド州の大麻合法化の最初の1年を概観しておきましょう。

●州都デンバーでは、犯罪が減少
大麻の販売を許容すれば、販売店の周辺には良からぬ集団がたむろし、その一帯がさまざまな犯罪の温床になるのではないか・・・。こうした懸念から合法化に反対する人も多く、コロラド州で娯楽用大麻の販売が開始されて以来、この地域の犯罪動向の変化は注目を集めてきました。今のところ、1年経過時点での大まかな数字が把握されたに過ぎませんが、少なくとも、犯罪の増加は起きていないようです。

まず、少量の大麻所持や小規模な栽培が合法化されたことで、薬物関連犯罪が大きく減少したことは、もちろんです。しかし、それにとどまりません。
州都デンバーでは、2013年と比べて暴力犯が1.0%減、財産犯は7.9%減少と、犯罪全体が減ったのです(下記参照@)。この地域では、従前からの医療用大麻供給所に加え、2014年には娯楽用大麻販売店の開店が相次ぎ、スターバックスの数より多い、といわれるほど大麻販売店が増加していますが、地域の犯罪率はむしろ減少したわけです。
画像

↑デンバー市内の合法大麻販売店の分布
+医療用大麻供給所、$娯楽用大麻販売店
デンバー市サイト(商業免許センター)より転載
http://www.denvergov.org/businesslicensing/DenverBusinessLicensingCenter/RetailMarijuana/tabid/445028/Default.aspx

医療用大麻で先行するカリフォルニア州では、供給所の急増と周辺の犯罪情勢に関する研究が多数行われてきましたが、そのひとつ、サクラメント地域の医療用大麻供給所の増加と犯罪率との関係を検討した下記の論文は、「医療用大麻供給所の密度と、暴力犯、財産犯との間には何の関係も見られなかった。」と結論付け、さらに供給所が整備するビデオカメラやドアマンといった他の要因が、犯罪抑止に結びついているのかもしれないと、大変興味深い指摘をしています(下記参照A)。

●薬物運転の動向に注目
大麻販売にあたって懸念されてきたもう1点が、薬物運転です。コロラド州では、運転者の血中THC濃度が1ミリリットル中5ナノグラム以上であれば、DUI(Driving Under Influence)法で検挙されることになっています。これは、大麻合法化州法とセットで導入されたDUI法の改正によるもので、大麻影響下での自動車運転禁止が明確化されました。違反者は検挙され、違反が重なると運転免許の停止や再取得制限などの処分を受けることになっています。

さて、州パトロール隊から発表された、注目の2014年度の状況をみると、DUI違反検挙者5,546人のうち12.2%が大麻影響下運転によるものでした(下記参照B)。
・大麻を含む薬物・アルコールによる違反者・・12.2%
・うち大麻のみの違反者・・・・・・・・・・・ 6.4%
なお、DUI違反者のうち大麻関連の統計値が集計されたのは、2014年が初めてで、従前との比較はできません。また、この数値は州パトロール隊による摘発分だけで、地域警察や保安局による摘発数が含まれていないため、部分的なデータですが、今後の推移が注目されます。

●お断り
こうした報告をまとめるためには、本来、州当局が発表したデータそのものを入手して、分析しなければなりません。インターネット上には、州政府が発表した様々なデータが掲載されています。
ところが、私のPCから、何故かコロラド州政府のサイトにアクセスできないのです。セキュリティ設定によるものらしいのですが、今のところ、私の手におえる解決策がみつかっていません。やむなく、報道や関連情報を頼りに一連の記事をまとめているため、不完全なところもあると思います。ご容赦ください。
どなたか、Colorado.gov: The Official State Web Portalへのアクセス、私でもできる簡単な方法をご存じでしたら、お教えください。

[参照]
@デンバー警察の犯罪集計値
Denver Police Department /2014 Crime Statistics & Maps /Citywide Data
http://www.denvergov.org/Portals/720/documents/statistics/2014/UCR_Citywide_Reported%20_Offenses_2014.pdf
A医療用大麻供給所と犯罪の関係に関する論文
Kepple NJ, Freisthler B.,Exploring the ecological association between crime and medical marijuana dispensaries, J Stud Alcohol Drugs. 2012 Jul;73(4):523-30.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22630790
BDenver Postの記事(Jan 29, 2015)
Marijuana involved in 12 percent of Colorado State Patrol DUI cases
http://www.denverpost.com/news/ci_27421987/marijuana-involved-12-percent-colorado-state-patrol-dui

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
もしかするとブラウザの言語の設定じゃないかと思います。
IEなら、設定ウィンドウで「言語」のボタンを押し、優先順位の設定画面で、英語を日本語よりも上の位置に持ってくるように移動する(英語がリストになければ追加)という方法が有効な可能性もあります。

私はIEでもFFでもhttp://www.colorado.gov/は普通に表示されるので、そちらのトラブルの理由が何なのかはわかりませんが、ちょっといろいろ試してみます。
滅智蓮寺 熾
2015/03/05 14:57
場合によっては、別のブラウザを使ってアクセスしてみるという手が有効である可能性もあります。
https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/
滅智蓮寺 熾
2015/03/05 15:00
プロバイダによってアクセスできない可能性があるのでは?
サイトが消えたりする事件も増えています。
私は文民統制だと思っています。

未指定薬物を税関が勝手に止めているのは法令違反では?
m
2015/03/06 13:02

ブログには度々、大麻が合法化あるいは規制緩和されると、その街に売人が増えて犯罪の温床になるのでは?との記事があります。
しかし結論は、売人が増えないとあります。
欧米都市部で見聞する限り、大麻合法化、規制緩和された都市では、夜間帯のゴロツキ数が、確実に減少しました。

むしろホームレスの姿が目立ちます。


ダウンタウンからのゴロツキ排除、街の浄化に成功した、ひとつの具体策例だと思います。

神流美 王井門
2015/03/06 15:34
大麻が自由に吸えると何か恐ろしいことが起きるのではないか、という妄想に捕われているほうが問題のようにも見えます。
1970年代から、オランダでは個人使用の範囲の所持売買は訴追されない、逮捕されなくなっています。事実上、大麻が売り買いされ自由に喫煙されている状態です。それが、もうかれこれ40年くらい続いているのです。産まれたときから大麻があったという大人がいるんです。オランダは?どうにかなりましたか?
国家レベルの大麻合法化だったら、ウルグアイがそれを行っています。むしろ考察すべきはそちらだと思うのですが。
日鷲
2015/03/07 00:28
難しい問題だと思います。娯楽用を合法化すると当然それにともなう交通事故が増発します。
ただ、3.11以降無辜の癌患者が増加しており、これからさらに増加するでしょう。
末期癌疼痛緩和ぐらいは認めてもいいというのが個人的見解です。もっとも法改正論になってきますが。。
流星
2015/03/08 22:05
http://www.cpr.org/news/story/meth-use-colorado-has-police-and-outreach-groups-scrambling
2012年大麻合法化後メタンフェタミンの逮捕者が約2倍になっている
日本で大麻を解禁した場合、覚醒剤の消費が増える可能性が非常に高い
猫次
2015/07/25 05:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
大麻合法化と事件・事故|コロラド州より 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる