弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS ベトナム系グループによる大型大麻栽培事件

<<   作成日時 : 2014/04/14 23:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

兵庫県で、廃工場の建物や民家などを使った大麻栽培が摘発され、ベトナム人のグループが逮捕されました。押収された大麻草は、1300本以上とか。
この数年、兵庫県や群馬県で、ベトナム人のグループによる大麻栽培事件の摘発が続いています。

<ニュースから>*****
民家で大麻栽培容疑、1300本押収 ベトナム人ら逮捕
兵庫県姫路市と加西市の民家で密売用の大麻を栽培したとして、兵庫県警組織犯罪対策課と姫路、加西署などは14日までに、大麻取締法違反の疑いで、無職H容疑者(34)らベトナム国籍の男女6人を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。
関係先から約1300本の大麻草が見つかっており、県警による押収量としては、記録のある1998年以降で最多とみられる。
・・・捜査関係者によると、6人は共謀し3月24日、姫路市仁豊野と加西市福住町の民家で、大麻草を営利目的で栽培していた疑い。
県警は「ベトナム人グループが民家で大麻を栽培している」との情報に基づき、3月24日に4人を現行犯逮捕。翌日、ほかの2人も逮捕した。
民家からは園芸用ポットで育てられた大麻草や苗のほか、照明や配電などの機材、乾燥大麻も見つかったという。男らは住み込みで空調や水、調光などの世話をしていたとみられる(以下略)。
神戸新聞NEXT 4月14日(月)15時1分配信
*****

ベトナム系移民の一部グループと大麻の室内栽培の結びつきは、おそらく1980年代のカナダから始まったようです。
2009年に米法務省が発表した「国内の大麻栽培アセスメントDomestic Cannabis Cultivation」という資料には、カナダ産の高THC大麻、いわゆるBCバッズの生産者として最大のグループはアジア系組織―とりわけ中国系とベトナム系の集団であるという指摘があります。親族のつながりをベースにしたグループは、その卓越した栽培技術でカナダの室内栽培をリードし、カナダ産大麻のTHC濃度を向上させてきたというのです[下記参照@]。
やがてアジア系移民グループは、大麻栽培の技術とともにその勢力範囲を米国内にも広げ、米国で摘発される室内栽培事件に、頻繁にベトナム系と思われる名前が登場するようになりました。たとえば、2006年にワシントン州シアトルでDEAが摘発した事案は、ベトナム系の栽培グループに対して1年越しの内偵を続けた結果、12か所の住宅を捜索し、合計4000本の大麻草を押収したというものです[下記参照A]。

そして2007年ころから、今度は英国で大麻の室内栽培の増加が問題になり始め、「大麻栽培工場」と呼ばれる栽培施設が次々に摘発されましたが、そこでも、栽培犯として頻繁にアジア系移民が登場するようになったのです。この流れは現在でも続いており、つい最近も、イングランド東部で1300本の栽培が摘発された事件で、ベトナム人少年が国外退去処分になったというニュースがありました(下記参照B)。

日本でベトナム人による大麻の室内栽培が話題になり始めたのは、2009年春頃のことでした。千葉県や群馬県で次々に摘発されたのは、民家を利用した大麻の室内栽培施設で、1軒あたり数百本の大麻草が押収されていました。
その後も、同じような摘発例が続きました。しかも、ベトナム人のグループが、近隣エリア内に複数の栽培拠点を設け、合計して1000本前後の大麻草を栽培していたという大型事案の摘発も続きました。

これまでの摘発例をみると、その手法には、目立った特徴があります。
窓を目張りして外光を遮断し、室内にはエアダクトを張り巡らせて室温や通風を調整しています。また、独自の配電盤を使って、エアコンや配水ポンプ、換気装置などをコントロール。さらに大量に使用する電力は、戸別の引き込み線を使わずに送電線から直接引き込むという、電力窃盗の手口も見つかっています。こうした装置を取り付け、違法な電気配線をするノウハウも、カナダや米国、英国で報じられてきたアジア系移民グループによる手口と共通したものです。そして、高THCの高級大麻を生産するノウハウも、欧米のケースと共通しているのでしょう。

多数のベトナム系移民のなかでも、大麻栽培に関わっているのはほんの一握りの人たちなのでしょうが、この人たちが世界各地に散らばり、大麻市場を変えているようです。

[参照]
@National Drug Intelligence Center/U.S. Department of Justice, DOMESTIC CANNABIS CULTIVATION ASSESSMENT, P.26, 2009
A DEA, News Release>Indoor Marijuana Cultivation Ring Dismantled(October 20, 2006)
http://www.justice.gov/dea/pubs/states/newsrel/seattle102006.html
BBBC>Long Melford cannabis factory: 18-year-old faces deportation(13 March 2014)
http://www.bbc.com/news/uk-england-suffolk-26559681

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベトナム系グループによる大型大麻栽培事件 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる