弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 営利目的の大麻栽培グループ摘発

<<   作成日時 : 2014/04/26 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

民家を賃借し、大麻を栽培していたグループが摘発されました。グループは、2008年ごろから東京都内や埼玉県で順次民家を賃借し、大麻を栽培してきた模様。東京を拠点にする4人が栽培を担当、静岡県内に住む3人が密売の仲介をしていたとみられています。

<ニュースから>*****
●大麻密売団を逮捕 栽培道具など押収 静岡県警、捜査班
静岡南署、県警薬物銃器対策課と埼玉、長崎両県警の合同捜査班は25日までに、東京都内などを拠点に大麻を栽培して密売していたとして、大麻取締法違反の疑いで焼津、島田両市の3人や都内在住の2人など33〜43歳の男計7人を逮捕した。関係先からは大麻53本と乾燥大麻約235グラム、栽培道具などを押収した。
・・・(略)合同捜査班によると、グループは東京都台東区や埼玉県川口市、同県越谷市で一軒家を借りて室内で大麻を栽培し、東京、静岡など1都5県に住む20〜40代の男女17人に密売したとされる。
捜査関係者によると、無職の男ら都内を拠点にしている4人が栽培を担当し、建設作業員の男ら静岡県内の3人は密売の仲介をしていたとみられる。(以下略)
@S[アットエス] by 静岡新聞 4月26日(土)7時48分配信
*****

●大麻栽培に使われた建物の損害は
日本では、建物内での大規模な大麻栽培の摘発は稀ですが、大麻使用が広まっている欧米では、大麻栽培拠点の摘発は日常化しています。しかも、栽培拠点に使われる住宅のほとんどは、貸家です。

そこで問題になるのが、一般の住宅が大麻栽培に使われてしまったことで、建物に発生するダメージです。貸家の大家さんが損害を被るだけでなく、大麻栽培ハウスに使われた後、この家に新たに住む住人にも、様々な影響が及びかねないといいます。
平均すると年間23件の大麻栽培を摘発しているオタワ警察(カナダ)は、ホームページで大麻栽培に使われた住宅の住所を公開し、大麻栽培によって住宅が被る損害や、住人への悪影響について、詳細な情報を提供しています(下記参照@〜B)。
画像

↑大麻栽培による住宅のダメージ
オタワ警察(カナダ)のホームページより
http://www.ottawapolice.ca/en/servingottawa/sectionsandunits/drugs/types_of_damage.aspx

オタワ警察のホームページに掲載された記事をベースに、かいつまんで紹介します。
大麻の大量栽培が住宅に及ぼす、最も深刻な問題として、建物構造部の損傷が挙げられます。室内を大きく改造して大規模な栽培をするとなると、梁、柱、基礎部分などに穴を開けて、電力配線、給排水、換気ダクトなどを取り付けることもあるといいます。また、高温・多湿の室内環境を保つことから、木部にゆがみや腐食が生じやすく、建物の構造に少なからぬダメージが発生します。

次に、火災の危険性です。室内で大量の大麻を栽培するには、照明や空調に大量の電力を使用します。大麻栽培ハウスは、一般の住宅の3倍から10倍の電力を所費するといいます。そこで、電力を送電線から直接取り込む違法配線がよく行われるわけですが、こうした違法工事による漏電や、照明器具などの加熱から、火災が発生しやすくなります。火災発生によって建物内部で行われていた大麻栽培が発覚したという例は、珍しくありません。

第3に、大量に使う殺虫剤や消毒剤、あるいは高温・多湿の室内に発生したカビや細菌、害虫などによる健康被害も無視できません。栽培をやめた後にも、カーペットや壁紙に染み込んだ化学成分やカビなどによって、健康被害が発生することもあるといいます。

大麻栽培ハウスの存在は、近隣住宅地の治安や健康環境などに様々な悪影響をもたらす、とんだ厄介者だといえます。さらに、栽培をやめた後にも、少なからぬ悪影響が残るとすれば、次の住人や隣近所への影響も、少なくないようです。
あなたの周辺に、大麻栽培ハウスが潜んでいないか、気にかけてみませんか。

[参照]
オタワ警察(カナダ)のホームページより
@大麻栽培による建物のダメージ(Types of Damage Caused by Grow Houses)
http://www.ottawapolice.ca/en/servingottawa/sectionsandunits/drugs/types_of_damage.aspx
A大麻栽培拠点の見分け方(How to Spot a Marijuana Grow Operation)
http://www.ottawapolice.ca/en/ServingOttawa/SectionsAndUnits/Drugs/grow_operation.aspx
B大麻栽培の摘発箇所(Locations of Dismantled Marijuana Grow Operations)
http://www.ottawapolice.ca/en/ServingOttawa/SectionsAndUnits/Drugs/GrowOp.aspx

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
これは、室内栽培による家屋の損傷を問題として訴えているのでしょうか。大麻の有害性や違法性とは関係ありませんね。
「大麻の室内栽培は家を腐らす!」というような新手のキャンペーンとか?

大麻に限らず室内で植物を栽培するのなら、水を使うから湿度が上がり、照明を使うから電設に気をつけなければならず、それらをクリアーすれば家屋にさほどの損傷はありません。賃貸なら、現状復帰できる程度のことです。

室内栽培に限らず、家屋に損傷を及ぼす住み方、利用のしかた、火災に成り易い要因はあります。しかしそれらに犯罪性は無い。せいぜいが賃貸契約違反だ。

紹介するほどの記事なのだろうか。
日鷲
2014/05/11 17:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
営利目的の大麻栽培グループ摘発 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる