弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS ネット通販を利用、米国からの大麻密輸を摘発

<<   作成日時 : 2014/02/27 23:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ネット通販の利用者宛てに、誤配送を装って大麻を隠した商品を送り付け、転送してもらうという凝った手口で、米国から大麻を密輸したグループの受取役が逮捕されました。米国での発送役と、日本での受取役の役割分担と、前例のない凝った手口で注目を集めていますが、本格的な薬物犯罪組織による密輸とは、どこか異質なものを感じる密輸グループです。

<ニュースから>*****
●通販サイト利用、誤発送装う=大麻密輸容疑、男2人逮捕―警視庁
インターネットの大手通信販売サイトの利用者に米国から誤った商品を発送したように装い、大麻を隠した荷物を転送させ、密輸したとして、警視庁組織犯罪対策5課などは27日までに、大麻取締法違反(営利目的輸入)容疑で、横浜市港北区・・・、職業不詳K容疑者(24)ら男2人を逮捕した。
K容疑者は「全く知らない」などと容疑を否認。同課は2人が密輸グループのメンバーで指示役は米国にいるとみて捜査を進めている。これまでに、同様の手口が5件あり、約3.8キロ(末端価格1900万円相当)の大麻が密輸されたという。
逮捕容疑は昨年11月5〜8日、乾燥大麻約1キロ(同500万円相当)を隠した郵便物を東京都日野市の20代の女子大学生が住むマンションに郵送し、米国から輸入した疑い。
昨年11月、取引相手と直接連絡ができる大手通販サイトに出品されていたブランドバッグを女子大生が注文。その後、出品者から「間違えてスポーツ器具を送った。別の場所に転送してほしい」とのメールがきたため、中身を見ずに転送したという。 
時事通信 2月27日(木)12時23分配信
*****

●愛好者が一気に密輸犯に飛躍してしまう理由
近年、日本に密輸される乾燥大麻は減少していて、2013年中に全国の税関で摘発された乾燥大麻の密輸入は52件、押収量はわずかに12キログラムでした。そのなかで目につくのが、米国からの密輸です。乾燥大麻の摘発件数の半分弱(22件)、押収量でいうと92%(12キログラム)が米国からの密輸なのです。

米国は、大麻の巨大消費地ですが、決して主要な産地というわけではなく、当然、大麻の取引価格も、産地に比べ高価です。消費市場で入手した高価な大麻に、さらに高額なコストをかけて密輸するというのは、どうみても、本格的な薬物犯罪組織が手掛ける密輸とは思えません。
密輸の量が比較的少量なのも、本格的な薬物犯罪組織のやり方と異なる点です。税関で摘発された米国発の大麻密輸事件では、単純平均すると1件当たりの密輸重量は500グラム強、上記の事件で健康器具の中に隠されていた乾燥大麻は約1キロでした。大麻は、他の薬物に比べて1グラム当たりの価格が安いため、少量の密輸では十分な収益を見込むことは難しいのです。
いま、日本の税関で摘発されている大麻密輸のほとんどは、薬物犯罪組織とは無縁な市民の手で行われる、いわばシロウト密輸だといえるでしょう。

もともと犯罪と無縁な市民を魅了し、一足飛びに、薬物密輸という重大犯罪に走らせてしまう背景には、日本と米国で大きく違う大麻の密売状況があります。日本に比べて乱用者がはるかに多い米国では、大麻の入手は比較的容易で、しかも密売価格は格段に安いのです。
密売されている乾燥大麻をカリフォルニアあたりで入手すれば、1グラム当たり500円程度、1キロで50万円といったところでしょうか。これを日本に持ち込むと、末端密売価格にして1キロで約400万円程度、密売組織にまとめて売り渡すとしても、130〜150万円程度で売りさばくことができるでしょう。
この価格差は、大掛かりな犯罪組織を引き付けるには明らかに不足ですが、短絡的な若者たちの感覚を麻痺させてしまうくらいの魔力をもっているようです。金儲けに魅入られた若者たちの意識からは、犯罪というタブーも、摘発のリスクも消えてしまいます。

たしかに日本では、欧米に比べて、薬物の密売価格はすべて高額です。でもこの高価格は、日本の厳しい取り締まりを反映したものなのです。水際で薬物密輸を阻止する守りが固く、薬物の流通が世界規模に拡大している中でも、外国から流入する薬物が比較的少ないことや、国内でも薬物密売に対する取り締まりが厳しいことなど、薬物の流通を妨げる多くの圧力が働いているから、この高価格が維持されているのです。

価格の高い日本への密輸には、特に高いリスクがつきまとっています。薬物のもたらす収益に魅せられて、短絡的な犯行に走りがちな若者に、このシビアな現実がなんとか伝わってほしいと願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
大麻は麻薬じゃない!!
おい
2014/03/21 01:01
米国の特にカリフォルニアはオランダと並ぶ高品質大麻の産地だぞ!笑
知ったかすんなよ!
他の薬物と勘違いしてないか?

2015/01/14 04:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
ネット通販を利用、米国からの大麻密輸を摘発 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる