弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS まだ続く大型大麻栽培摘発、今度は神戸市で300鉢

<<   作成日時 : 2013/12/27 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

またひとつ、大麻の栽培拠点が暴かれました。今回の摘発は、神戸市の民家でベトナム人が300鉢を栽培したというもの。
乱用市場に出回っている乾燥大麻のルートをたどって、根源をつきとめる丹念な捜査が、各地で進められているのでしょう。

<ニュースから>*****
●垂水の民家に大麻工場 ベトナム人容疑者を逮捕 県警
神戸市垂水区の民家で大麻草を栽培したとして、兵庫県警薬物銃器対策課と垂水署が大麻取締法違反(営利目的栽培)の疑いでベトナム国籍の男を逮捕し、この民家から約300鉢の大麻草を押収していたことが26日、捜査関係者への取材で分かった。
男は11月中旬、同区の2階建て民家で、営利目的で大麻草を栽培していた疑いが持たれている。容疑を認めているという。民家は賃貸物件で、室内には栽培用の照明や給水設備があった。
11月中旬の夜、所有者から「家賃が滞納され、借り主と連絡がつかない」と垂水署に通報があり、安否確認のため署員が訪問。玄関の鍵が所有者に無断で換えられており、署員が勝手口から入ろうとすると、屋内から男が突然飛び出し、逃走したという。
同署が周辺を探し、やぶに潜んでいる男を見つけ、逮捕した。男は今月上旬、いったん処分保留で釈放後、同法違反(所持)の疑いで再逮捕されている。男は賃貸契約の名義人ではなかった。
神戸新聞NEXT 2013/12/26 16:01
*****

●2013年は大規模な大麻栽培事犯の検挙が続いた
今年10月以降、立て続けに大型の大麻栽培事件の摘発が報じられています。そういえば、今年の春にも、同じようなニュースが続きました。いずれも、営利目的での大量栽培事案として捜査されたといいます。
12月に報道されたビニールハウス栽培の事件以外は、室内栽培です。賃借した民家をはじめ、ビルや倉庫、工場と様々な建物が利用されていますが、窓を塞いで外光を遮断し、強力な照明や換気装置を備えた人工空間で室内栽培する方法がとられています。
大規模な室内栽培施設を「大麻工場」と呼び始めたのは英国のメディアですが、まさに「工場」と呼びたい規模のものが、わが国でも出現し始めています。

■12月 沖縄県、ビニールハウスで128株栽培
ビニールハウスを建て大麻草128株を営利目的で栽培したとして、沖縄県恩納村の無職男性が逮捕された。押収された大麻草は、乾燥大麻に換算すると約30キロ(末端価格1億5000万円)に相当する。容疑者は3年前から本格的に大麻草の栽培を始め、「知人に売ったりあげたりするためと、自分で使って楽しむために栽培した」と供述しているという。 

■11月 神奈川県綾瀬市 2か所の倉庫で500鉢以上を栽培
大麻を大量に栽培していた倉庫が摘発され、男ら5人が逮捕された。警察によると、容疑者らは神奈川・綾瀬市などの倉庫で大麻を販売する目的で大量に栽培し、所持していた疑いが持たれている。警察は倉庫2か所を摘発し、大麻草の鉢植え500鉢以上と大量の乾燥大麻を押収した。

■11月 兵庫県加古川市 民家で189鉢栽培 ベトナム人逮捕
加古川市の民家で大量の大麻草を栽培したとして、兵庫県警などは、ベトナム国籍の容疑者を大麻取締法違反(営利目的栽培)容疑の現行犯で逮捕したと発表した。容疑者は加古川市内の2階建て民家の1、2階の計4部屋に鉢植えを置き、ライトで照らして189株を栽培していたという。容疑者は7月から民家を借りていた。

■10月 岡山県倉敷市 賃借の自宅で243本栽培、店員など3人逮捕
密売目的で自宅で大麻を栽培したとして、岡山県警などは、アルバイト店員ら3容疑者を逮捕。家宅捜索で乾燥大麻約6・2キロ、栽培中の大麻草243本などを押収した。3人は高校時代や仕事を通じた知り合い。家宅捜索したところ、2階の3部屋が「栽培工場」に改造され、液体の配合飼料を加えた水を循環させるなどして水耕栽培しているのを見つけた。

■10月 仙台市宮城野区 建設会社の社屋内で栽培、毎月1キロ生産
大量の大麻草を栽培し、宅配便を使って全国に販売していたグループが警視庁に摘発された。逮捕されたのは、宮城県仙台市の建設会社社長ら4人。容疑者らは、昨年11月ごろから、仙台市内の建設会社のビルに水の循環施設や照明を設け、160個の植木鉢で大麻草を栽培。乾燥大麻を毎月1キロ生産し、100グラム当たり15万円で関東や東北などの業者に卸し、1500万円以上を売り上げていたとみられる。

■5月 神奈川県横須賀市 賃借した工場で大麻草330本栽培
横須賀市浦賀の貸し工場で、大麻草約330本を営利目的で栽培するとともに、乾燥大麻3キロ余りを所持していたとして、いずれも無職男性2人が逮捕された。2人は借り上げた工場で鉢植えの大麻草を栽培。部屋からは大麻草の育成に使用したとみられる複数台の加湿器や除草剤などが見つかった。

■5月 神戸市中央区 自宅で86本栽培、イスラエル人ら逮捕
自宅の一室で大麻草86本を販売目的で栽培したとして、イスラエル国籍の自称ウェブデザイナーらが逮捕された。数年前から一戸建ての自宅の一室にエアコンや園芸用ライトなどを設置し、「大麻製造工場」に改造していた。容疑者は、密売組織での大麻の栽培役だったとみられている。

■4月 群馬県みどり市 民家で214本栽培、ベトナム人2人逮捕
埼玉、群馬両県警は、いずれもベトナム国籍の2人を現行犯逮捕し、送検した。両県警は、大麻の栽培、製造工場とみられる群馬県みどり市大間々町大間々の民家を捜索し、大麻草214本を押収した。民家は2階建てで窓は全て目張りされ、室内に鉢を並べて高圧ランプで照らしていた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まだ続く大型大麻栽培摘発、今度は神戸市で300鉢 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる