弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 大阪市で技能職員対象に薬物検査|職場の薬物検査

<<   作成日時 : 2011/10/27 21:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

大阪市職員が覚せい剤で逮捕・・・こんなニュースが伝えられた大阪市で、また職場での薬物検査が実施されるといいます。公的な指針がはっきり示されていない中で、手探りのまま、職場での薬物検査が導入され始めています。

<ニュースから>*****
●職員2000人対象に薬物検査へ 大阪市、覚醒剤事件にからみ
自宅に覚醒剤を隠し持っていたとして、大阪府警平野署は26日、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで、大阪市環境局東部環境事業センター技能職員(45)を逮捕した。市では8月に市バスの運転手が同法違反(使用)容疑で逮捕され、バス・地下鉄の全乗務員約2800人を薬物検査し、陽性反応が出た2人を懲戒免職処分にしたばかり。市は同日、環境局についても全技能職員約2千人を対象とした薬物検査を行うと発表した。
容疑者の逮捕容疑は5日午後7時ごろ、自宅で微量の覚醒剤をポリ袋に入れて所持したとしている。
事件は、容疑者の知人女性が10月上旬、「(小板容疑者が)覚醒剤をやっているようだ。やめさせたい」と平野署に覚醒剤を持参して発覚。容疑者は調べに対し「自分で使うために持っていた」と認めているといい、同署で入手経路などを調べている。
市によると、容疑者はごみの収集・運搬業務を担当。全技能職員を対象とした薬物検査を実施する目的について、「市民サービスに直結する仕事であり、現場に緊張感を持たせるため」と説明している。
検査費用は1人当たり約1万円で、計約2千万円かかる見込み。市の担当者は「多額の費用がかかることへの問題意識はある。税金以外の手段で捻出する方法を検討したい」と述べた。
環境局の職員が逮捕されるのは平成10年以降6人目という。
MSN産経ニュース(2011.10.27 00:10)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111027/crm11102700120000-n1.htm
*****

●薬物検査はどこまで許されるのか
職場での薬物検査が、単に労働者の健康管理にとどまらず、労働者の不利益処分に直結するような場合は、はたして職場で一律に労働者に対して薬物検査を科すことが相当か、という問題がでてきます。
わが国で職場における薬物検査のあり方について明文化された唯一の指針である「労働者の個人情報保護に関する行動指針」は、「使用者は、労働者に対するアルコール検査及び薬物検査については、原則として、特別な職業上の必要性があって、本人の明確な同意を得て行う場合を除き、行ってはならない。」としているのです。[下記の参照@]」
「現場に緊張感を持たせるため」という理由が、「特別な職業上の必要性がある」場合に当るかどうか、慎重な判断が求められます。

おりから、米フロリダ州では、生活保護の申請者に対して一律に薬物検査を科す州法が制定され、その妥当性が議論されていましたが、10月24日、連邦地裁がこの法令の一時差し止めを命ずる決定を出しました。裁判所は、合衆国憲法修正第4条が禁止する「正当な理由のない捜索・押収」にあたるおそれがあると判断したと報じられています。ちなみに、日本国憲法は第35条で、同じように理由のない捜索を受けることのない権利を日本国民に保障しています。

<米国のニュースから>*****
●裁判官はフロリダ州の生活保護者薬物検査法令を破棄
生活保護申請者に対して薬物検査を科すフロリダ州の新しい法令は、憲法が禁止する「正当な理由のない捜索・押収」にあたるおそれがあるとして、連邦裁判所は、暫定的な執行停止命令を出した。薬物検査を拒否した2人の原告による提訴に基づく措置。
裁判官は、フロリダ州の薬物検査の結果は、法執行部門や乱用情報ホットラインにも反映され、民間で行われる一般的な薬物検査と比べて、実質的にプライバシー侵害を引き起こすおそれがある、としている。
この薬物検査を推進してきた州知事側は、「生活保護受給者に対する薬物検査は、給付金が子どもたちの扶養や親の就業のために使われることを確認したいという、常識に基づく方法」だといい、上訴を検討しているという。
困窮家庭の一時保護では、1人1ヶ月当たり180ドル、4人家族では364ドルが支給されるが、薬物検査で陽性になると、1年間給付が停止される。次回の検査に合格すれば停止期間が短縮される。(記事の要旨・私訳)[下記の参照A]
*****
なお、米国では、課外活動に参加する学校生徒を対象にした薬物検査も行われていますが、最近、ミズーリ州の大学の総合的な薬物検査計画に対して、連邦地裁が下した一時差し止め命令の期限延長決定がなされたというニュースもありました。
こちらは、工科大学の1年生に対して、メタンフェタミンや鎮痛処方薬のオキシコドンなど8種類の薬物の検査を科すというもので、合衆国憲法に違反するとして人権団体などが提訴しているもので、9月に出された一時差し止め命令の期限が延長されたものです。[下記の参照B]

[参照]
@わが国での薬物検査に関する指針(労働省、平成12年12月)
「労働者の個人情報保護に関する行動指針」
http://www2.mhlw.go.jp/kisya/daijin/20001220_01_d/20001220_01_d_shishin.html
Aフロリダ州の生活保護者薬物検査に関するニュース
CBSニュース>Judge blocks Fla.'s new welfare drug testing law(AP)(October 24, 2011)
http://www.cbsnews.com/8301-250_162-20124896/judge-blocks-fla.s-new-welfare-drug-testing-law/?tag=mncol;lst;8
Bミズーリ州の大学の包括的薬物検査計画に関するニュース
ABCニュース>Judge Extends Order Halting Mo. Campus Drug Tests(AP)(October 26, 2011)
http://abcnews.go.com/US/wireStory/judge-extends-order-halting-mo-campus-drug-tests-14818388

[関連過去記事・職場の薬物検査]
@日本の特殊事情への対応|職場の薬物検査1
http://33765910.at.webry.info/201108/article_3.html
A力士解雇問題の残したもの|職場の薬物検査2
http://33765910.at.webry.info/201108/article_4.html
B薬物検査とは|職場の薬物検査3
http://33765910.at.webry.info/201108/article_5.html
C簡易検査の落とし穴|職場の薬物検査4
http://33765910.at.webry.info/201108/article_7.html
D陽性結果とその判定|職場の薬物検査5
http://33765910.at.webry.info/201108/article_9.html
E警察への通報|職場の薬物検査6
http://33765910.at.webry.info/201108/article_10.html
F大阪市交通局の薬物検査が一段落
http://33765910.at.webry.info/201109/article_8.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も薬物検査が広がることを危惧しています。
今のところ、過去の検査で対象者が全員応じたのは伊丹市営バスの運転手180人ほどが検査したときだけだと思います。
大阪市の場合は、犯罪者が出ても幹部はたいした責任も取らずに現場の職員だけに無言の圧力で薬物検査を押し付けて、市民の信頼を回復しますとアピールしているように思います。
しかし、薬物検査は個人のプライバシーの領域に踏み込むものであり、日本国憲法でも特別な手続きを要するとされることを、大阪市という法を最も擁護するべき公権力が末端の労働者にすることには疑問を感じます。
教育、研修を充実させるべきではと思います。
ふーらい
2011/10/29 18:43
誤りがありました。
過去の検査で対象者が全員応じたのは、2008年に日本相撲協会が力士に行った検査もそうでした。
しかし、これは別の用事で集まった力士にいきなり採尿用の紙コップが配られたということのようです。(朝日新聞9月3日朝刊)
ふーらい
2011/11/02 19:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
大阪市で技能職員対象に薬物検査|職場の薬物検査 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる