弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS ベトナム人グループによる大麻栽培

<<   作成日時 : 2011/02/19 22:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

地方都市の普通の民家が、実は大麻の大量栽培に使われていた・・・今度は群馬県の安中市で「大麻工場」が摘発されました。

<ニュースから>
●大麻栽培:3民家で990本押収 4容疑者を逮捕−−安中など /群馬
県内の3民家で大麻草計約990本を栽培していたとして、県警組織犯罪対策1課などは17日、日本人の男1人とベトナム国籍の男3人を大麻取締法違反(営利目的栽培)容疑で逮捕した。
・・・(略)・・・同課によると、ベトナム国籍の3容疑者は「頼まれて栽培していた」と供述しており、販売ルートなどを調べている。一方、日本人のH容疑者は「家を貸していたのは間違いないが、大麻草の栽培は知らなかった」と否認しているという。
同課によると、民家はいずれも2階建てで、大麻草は室内栽培されていた。ベトナム国籍の3容疑者は互いに顔見知りで、遅くとも昨年秋ごろから栽培をしていたとみられる。3民家からは鉢植えされた約1・2メートルの大麻草計約480本と、苗計約510本が押収された。(2011年2月19日・記事の一部)
毎日新聞群馬版(毎日jp)
http://mainichi.jp/area/gunma/news/20110219ddlk10040196000c.html

2009年以来ベトナム人グループによる大量栽培事件の摘発が続いています。カナダ、アメリカ、ヨーロッパと広がっているアジア系グループによる大麻の栽培が、いよいよ日本でも本格的に動き出しているのでしょうか。
ベトナム人を中心にした東南アジア系の大麻栽培グループの活動が、最初に話題になったのは、たしかカナダだったと思います。バンクーバーのあるブリティッシュコロンビア州を中心に、ベトナム人グループによる高THC大麻の室内栽培が多発し、やがてその活動拠点が米国にも拡大しました。米国はいま、北部諸州ではカナダから進出してきたアジア系グループによる室内栽培が広がり、南部ではメキシコ系グループによる大規模な屋外栽培が拡大しているのです。

アメリカ司法省の薬物情報センターがまとめた、『2009年版国内の大麻栽培アセスメントDomestic Cannabis Cultivation Assessment 2009』のなかに、ベトナム系グループによる大麻栽培に言及した箇所があるので、紹介しておきます。
「特定の犯罪組織による室内栽培が、全国的な室内栽培の増加の原因となった。アジア系犯罪組織(カナダから移動してきたものを含む)が、主に大規模な室内栽培を行っている(2頁)。」
「高THC大麻栽培の主力はアジア系犯罪組織である。カナダで大麻栽培を行っているのはアジア系、イタリア系、暴走族などの犯罪組織で、BCバッズなど高THC大麻の有利な市場に向けて大麻を栽培し、主に暴走族とアジア系犯罪組織が大麻の大量取引を行っている。アジア系、とくに中国系、ベトナム系の組織は、その高度なテクニックで高THC大麻の栽培を支配している。ロイヤル・カナディアン・マウンテンポリスによると、アジア系組織の高度なテクニックによって、室内での高レベルのTHCを含む大麻の栽培を可能になっている。実際、カナダ産大麻のTHC含有は2006年では10.25%である。摘発実績をみると、こうしたグループは高品質大麻による多大な利益を利用して、アメリカ合衆国から武器やコカインを購入するなど、他の不法活動を行っていることがわかる(26頁)。」
[出典]
Domestic Cannabis Cultivation Assessment 2009
NATIONAL DRUG INTELLIGENCE CENTER / U.S. DEPARTMENT OF JUSTICE
National Drug Intelligence Cente Publication Date: July 2009
http://www.justice.gov/ndic/pubs37/37035/index.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
素晴らしい!こういう人達に近所に住んでもらいたいものですね。釈放・不起訴となるよう、母ちゃん連合の人達の署名を集めているところです。
チャンドラ(本物)
2011/02/19 22:55
チャンドラ(本物)こと @akunetaroへ

http://twitter.com/akunetaro
通りすがり
2011/02/20 12:49
私は大麻が悪い物とは全く思っていないので、息子たちと一緒に吸っていることを隠すつもりなど全くありません。それを赤裸々に書いているだけなのに不快に思う理解不能な偽チャンドラがいるようです。
チャンドラ(本物)
2011/02/20 19:03
チャンドラ(本物)ことakunetaroは大麻の素晴らしさを全否定する荒らしです。皆さん、気を付けて下さい。

大麻は全く有害作用がなく、それどころか、癌を治す作用や、癌になりにくくなる作用を持つ素晴らしい植物です。大麻によって癌が治るのはもはや海外では周知の事実です。論より証拠で皮膚癌が大麻クリームで完治した映像まであります。私の仲間にさえ、皮膚癌にも色々あるとか懐疑的な意見を口にする人がいますが、大麻賛美は、し足りないことはあっても、し過ぎることは全くありません。「大麻否定=ダメセン並の前時代的遺物の発想」「大麻賛美=世界の常識が分かっている柔軟な発想」なのです。
通りすがり
2011/02/21 14:46
大麻を燃やすことで作ることが出来る電力は、原発のそれを容易に上回ります。これからの時代は原発に頼らず、大麻力発電が主流になります。地球温暖化もあり得ません。周辺住民は大麻の香りで脳内お花畑、ラテン化計画に弾みがつくこと、間違いなしです。
通りすがり
2011/02/23 11:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベトナム人グループによる大麻栽培 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる