弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 大麻をめぐる状況変化|EU薬物報告書2010年版その2

<<   作成日時 : 2010/11/15 01:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

11月10日、EUの薬物問題研究機関EMCDDAが2010年版の報告書Annual report 2010を発表しました。ヨーロッパの薬物状況の変化を取り上げた2010年版を通じて、私たちの近未来に触れてみたいと思います。
薬物政策に触れた第1章、第2章は少し複雑なので、私たちにもわかりやすい第3章以下に目を通すことにしましょう。まず、報告書40−48ページの「第3章 大麻」から。
[出典]
EMCDDA ANNUAL REPORT 2010
http://www.emcdda.europa.eu/publications/annual-report/2010

●ANNUAL REPORT 2010の内容
コメンタリー 旧来の現実、新しい脅威と緊縮財政:ヨーロッパの薬物政策の現在状況
第1章 政策と法制度
第2章 ヨーロッパの薬物問題への対応―概要
第3章 大麻
第4章 アンフェタミン類、エクスタシー及び幻覚性物質
第5章 コカインとクラック・コカイン
第6章 オピオイド使用と薬物の注射使用
第7章 薬物関連の感染症と薬物関連の死亡
第8章 新しい薬物とトレンド

●ヨーロッパの大麻市場
もともとヨーロッパではモロッコ産の大麻樹脂が広く出回っていましたが、モロッコでの生産削減が順調に進み大麻樹脂の生産量が減ったことや、国内での大麻栽培が増加して乾燥大麻の供給が増えたことなどから、乾燥大麻の流通が増加しているようです。
2008年ではEU29か国すべてで大麻の栽培が報告されており、ヨーロッパで消費される大麻のうちかなりの割合が、EU内で取引されていると思われると、報告書はいいます。
出回る大麻に含まれるTHC量は、大麻樹脂では3−16%、乾燥大麻では1−10%、シンセミアのTHC量報告はオランダやUKでは16%。オランダでは乾燥大麻のTHC含有は、2004年の20%をピークとして、近年では低下傾向にあり2007年及び2008年では16%だったということです。
2008年の末端での価格は、大麻樹脂は1グラムあたり3−10ユーロ(約350−1150円)。乾燥大麻は1グラムあたり3−16ユーロ(約350−1800円)。

●使用のパターンとヘビーユーザー
ヨーロッパの15−64歳人口の22.5%(7550万人)はこれまでに1回以上大麻を使ったことがあり、過去1年以内に大麻を使った人は6.8%(2300万人)、過去1ヶ月1内に大麻を使った人は3.7%(1250万人)。
13カ国のデータを分析すると、過去1ヶ月以内に大麻を使った1250万人のうち、1ヶ月のうち大麻を使用したのは1−3日程度という人が4割、使用日数が4−10日程度という人が3割、使用日数が20日以上という人は2割強。大麻をほぼ毎日使用しているヘビーユーザーは約400万人、ヨーロッパの成人人口の1%以上に当たるということです。
しかも、ヘビーユーザーのほとんどは15−34歳の青少年層に集中しており、ヨーロッパ全体では約300万人の青少年ヘビーユーザーがいることになります。

●大麻使用者とトリートメント
ヨーロッパでは、大麻使用のために薬物トリートメントを受ける人が増えています。使用薬物で最も多いのはヘロインですが、主な使用薬物が大麻という人が、第2位になっています。
大麻使用のためにトリートメントを受ける利用者のほとんどは若年男性で、男女比は5対1、中心年齢は25歳です。通所型のトリートメントを初めて受ける利用者のうち、主に大麻使用による人の割合は、15−19歳では69%、15歳以下では83%となっています。
通所型のトリートメントを初めて受ける利用者の約半数は、大麻を連日使用している人たちです。
なお、利用者のうち20%強は、大麻の使用頻度がそれほど高くない人たちですが、刑事司法手続きを経由して参加する利用者がいることから、いわゆる機会的大麻使用者層がトリートメントを受けているものと思われます。
フランスでは、通称「大麻クリニック」というカウンセリング・センターが設けられ、薬物使用の重症度に応じた対応をしています。2007年に行われた調査研究によると、通所型利用者の半数弱は依存症候のない大麻使用者で、継続カウンセリングを必要としない人たちでした。いっぽう利用者の半数強は受け入れ時点で依存症候を示しており、継続カウンセリングを必要としています。継続カウンセリングを受けた利用者の約半数は、大麻使用が抑えられたと報告しているといいます。
なお、この報告書には、最新研究の紹介などのコラムが随所にあり、大麻と健康に関する興味深いものがいくつかあるので、次回で簡単に紹介します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大麻をめぐる状況変化|EU薬物報告書2010年版その2 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる