弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS またしても大麻の簡易検査ミスで誤認逮捕

<<   作成日時 : 2010/09/08 23:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 5

<ニュースから>
●大麻試薬反応で確認怠る 専門学校生を誤認逮捕 警視庁
警視庁は7日、新宿署が大麻取締法違反(所持)の現行犯で逮捕した埼玉県内の専門学校の男性について、誤認逮捕だったと明らかにした。
組織犯罪対策総務課によると、同日午後2時35分ごろ、新宿区内の路上で、巡回中の警察官が男性に所持品検査を実施。タバコの箱の中に大麻のような葉が入った紙包みを発見した。駆けつけた新宿署組織犯罪対策課の男性警部補が大麻反応の試薬で予試験を行い、同容疑で現行犯逮捕した。
しかし、署内で再度、試薬を確認したところ、陰性だったことが判明。本鑑定でも陰性反応が出たため、逮捕から約2時間半後に男性を釈放したという。
試薬は陽性の場合、上澄み液が透明で下部が紫色に反応するが、警部補が試薬反応の確認を怠ったとみられる。組織犯罪対策総務課は「捜査の適正を欠いたとしか言いようがない。再発防止に努めたい」としている。
MSN産経ニュース(2010.9.7 22:50)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100907/crm1009072251042-n1.htm

●また同じパターンが繰り返されました
捜査手続きのミスによる誤認逮捕は、本来ゼロでなければならないものなのに、まったく同じパターンで誤認逮捕が繰り返されていることに、私は憤りを感じています。大麻所持事犯者の現行犯逮捕に関連して、簡易検査(予試験)結果の判定の誤りによる誤認逮捕が、私が把握しているものだけでも数件あるのです。下記の過去記事を参照してください。
私が責めている相手は、過ちをしてしまった警察官ではなく、まったく同じ単純ミスが繰り返されているのに、基本的な道具や手続きを見直そうとしない、硬直化した警察組織です。
捜査員が不慣れであったり、不注意であったりすることが、誤認に直結してしまうのは、@現行の簡易検査(予試験)の手法やキットの完成度が低いか、A無理に捜査現場で簡易検査を強行する捜査手順に問題があるか、B捜査員のトレーニング制度がうまく機能していないか・・・具体的な解決が必要な事態ではないでしょうか。

<当ブログ内の過去の記事>
●薬物乱用事件に現行犯逮捕は必要か|大麻所持で誤認逮捕(2009年11月1日)
http://33765910.at.webry.info/200911/article_1.html

●大麻の簡易検査とは
大麻らしいものがみつかった場合、それが大麻であるかどうかを知るには、正式な鑑定をしなくてはなりません。鑑定は、普通、高度な分析機器を備えた科学捜査研究所で、専門知識をもった技術職員によって行われます。
いっぽう、捜査現場で行われる簡易検査(犯罪捜査では「予試験」という)とは、試薬等を用いて、発見された物が大麻であることを一次的に認定し、今後の捜査活動を容易にすることを目的に行うものです。簡単にいえば、捜査現場で簡単な試験を行い、大麻であるかどうかをある程度の精度でみわけるもので、捜査官が現場で取り扱うことができるよう、キットになっている試薬を使用します。
簡易検査には、特定の薬物に対して特有の反応色を示す性質のあるものが、試薬として使われます。大麻の場合、もっとも広く使われるのがデュケノア試薬と呼ばれるもので、試薬が大麻の成分であるTHC(テトラヒドロカンナビノール)と反応して、呈色反応を示すものです。具体的には、大麻に3種の液を順に加えて反応させた後、しばらくすると、液体が上下2層に分かれ、上層は透明な薄い紫色、下層は不透明な青紫色を呈します。

●問題点は
判定のポイントは、試薬を加えた液体が、上下2層に分かれ、その下層が青紫色を呈していること。文字にすると簡単ですが、実はこの見極めが少し難しいのです。
上記の過去記事でも書いたことですが、大麻の簡易検査の呈色反応は微妙なもので、薄暗い車両の中などでは、判断を誤ることが危惧されます。
捜査現場での簡易検査を行う場所として、もっとも多いのが捜査車両の座席でしょう。被疑者の両側に捜査員が座り、被疑者の目の前で新しいキットを開封し、被疑者に見せながら、説明しながら、手順どおりに進めなくてはなりません。しかも、持ち運びの便を考えてか、このキットはチマチマしたサイズに作られており、小さな瓶を開けたり、空になった瓶を除いたり・・・。さらに3種の液体のなかには劇薬の塩酸もあり、取り扱いに注意が必要です。安定した置き場所も確保されない車両内の座席で、こうした作業をすることの煩雑さは大変なものでしょう。さらに捜査員は、狭い捜査車両の中で、被疑者を警護し、簡易検査を実施し、その過程を写真に撮り、時には群がってくる野次馬にも注意を払わなくてはなりません。どう考えても、こうした検査を行うには、明らかに不都合な場所なのです。

なぜ、捜査現場にこだわるのでしょう。尿の任意提出手続きが一般的に警察署内で行われるのに対して、物の簡易検査は多くが捜査現場で行われています。こうした手続きを捜査現場ですることの意味が、私には理解できません。捜査現場で簡易検査を行い、その場で現行犯逮捕することにこだわらなければ、いろいろな問題が一気に解決するではありませんか。
でも、もしも、捜査現場で簡易試験を行う必要があるならば、車両の設備や、検査キットを抜本的に改良すればいいではありませんか。外国には、もっと取り扱いの簡単なキットもあります。

さて、最後に私の持論を付け加えます。そもそも、少量の大麻の単純所持事犯者を現行犯逮捕する必要がありますか。その場では任意提出の手続きをするにとどめて、鑑定結果が出た後で、令状を得て通常逮捕すればこうした誤認逮捕は防ぐことができます。私がこれまでに出会った大麻事犯者を思い浮かべると、あえて現行犯逮捕が必要なケースはごく一部に限られるような気がします。現行犯逮捕にこだわることをやめませんか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
小森先生
いつも勉強させて頂いています。ありがとうございます。
ちょっと気になった点があり、この場をお借りして質問させて下さい。
本記事に、小森先生は持論として次のようにお書きになっています。

>そもそも、少量の大麻の単純所持事犯者を現行犯逮捕する必要がありますか。

小森先生は少量の大麻の単純所持を「現行犯逮捕」することに異を唱えておられますが、そもそも、そのような行為を、「現行犯」としてではなくても、逮捕する必要があるでしょうか。
先生のお考えを教えて頂きたく、お願い申し上げます。
白坂@THCJapan
2010/09/10 12:53
少量の大麻の単純所持で逮捕する必要はありません。
単純明快
2010/09/10 22:33
第18回国際エイズ会議に向けて用意された薬物政策に関するウィーン宣言の宣言文仮訳
http://asajp.at.webry.info/201007/article_1.html
以下抜粋
'ウィーン宣言
 違法薬物使用者を犯罪者とみなすことはHIV感染の流行に拍車をかけ、保健の面でも社会的にも非常に大きな問題をもたらす。薬物政策を転換する必要がある。'

'薬物禁止政策が自ら掲げた目標を達成できず、非常に大きな弊害をもたらしていることは明らかなのに、現在の政策を支持する人たちによってそのエビデンスはしばしば否定されてきた'

国連レベルでは、薬物の個人使用の問題は、刑事罰で取り締まることではなく、日本でのアルコール問題のように、保健衛生の問題であるという認識が共有されており、警察は使用者よりも密売人や犯罪組織にフォーカスするようになっているようです。

一方我が国では、未だに大麻の個人使用目的の少量の所持にさえ刑事罰を適用するお粗末さ。
野中
2010/09/11 18:41
ご参考までに
'総説の結論3: 個人的使用罪は、刑事制裁を必要としない これらの説明を支持して、いくつかの調査は、プライベートな使用、あるいはそのような目的の為の所持についての刑事制裁は取り消されるべきであり、犯罪免除施策、あるいは違反金を科すこと、あるいは個人使用を非犯罪化すること、あるいは只単に、強制的な健康評価を課すことを代わりに創設することを提案した。これらの結論は主として、少量の大麻使用者を有罪とすることは、総体的に社会に対して利益よりも遥かに大きな害を引き起こし(e.g. Jamaica, 2001)、先に述べたような代替処置が犯罪の汚名とそのような措置の正当な理由とならない普及した行為(個人的使用目的の所持)による拘禁の脅威を解消する(US National Commission on Marihuana and Drug Abuse, 1973)という確信に基づいている。
個人的使用罪は、刑事制裁を必要としない'
Chapter 7: Cannabis control in Europe
Danilo Ballotta, Henri Bergeron and Brendan Hughes (2008), A cannabis reader: global issues and local experiences, Monograph series 8, Volume 1, European Monitoring Centre for Drugs and Drug Addiction, Lisbon.p107より抜粋
http://www.emcdda.europa.eu/attachements.cfm/att_53377_EN_emcdda-cannabis-mon-vol1-ch7-web.pdf
野中
2010/09/11 19:35
試験薬1000円位だと、週刊誌に載っていたが(税金無駄使いするな!)、それより、誤認逮捕なら、損害賠償請求をしっかり、するべきかな、弁護士だし。
ま、なんもせんで、警察に貸しを作るのも、いい手かも。なんにも千円・・・。
ちゃんちゃん^^v
なんにも千円・・・。
2012/10/06 02:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
またしても大麻の簡易検査ミスで誤認逮捕 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる