弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 大麻栽培の話題をとりまぜて

<<   作成日時 : 2010/08/24 23:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

<日本のニュースから>
●大津の山中に大麻畑 所持容疑で30歳男逮捕(産経ニュース2010年8月24日)
24日の産経ニュースは、滋賀県の山中で大麻草を栽培していた男が逮捕されたと伝えています。
大津北署は、男の自宅から約700メートル離れた山中を捜索。約400平方メートルの広さにわたって栽培された大麻草44本を押収、さらに捜査を進める方針。同署によると、5月中旬、容疑者の自宅近くの山中でハイキング中の男性が、大麻草のような植物が栽培されているのを発見し、通報したことから同署が捜査を始めたということです。
MSN産経ニュース>地方ニュース>滋賀
http://sankei.jp.msn.com/region/kinki/shiga/100824/shg1008240203000-n1.htm

<英国から>
●貸家を薬物製造に使わせないために、大家のためのガイド(BBCニュース2010年8月21日)
バークシャー州では、不動産オーナーのための、大麻工場や他の薬物製造拠点の特徴を見分けるガイドを作成しました。賃貸している不動産が不正薬物の製造に使われた場合のサインを見分けられるように、オーナーたちを支援する手引きです。
この手引きは、薬物に関係する不法行為を防止するよう、不動産管理者に科せられている管理義務についても触れており、地元の警察による支援体制も説明されているとか。
手引きを作成した州委員会は、不法薬物との戦いにおいて、不動産オーナーの果たす役割は大きいと語っています。
Guide to help Berkshire landlords detect drug factories
http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-berkshire-11047430

<カナダから>
●大麻栽培者は野生の熊で守りを固める(CNNニュース2010年8月19日)
カナダ西部ブリティッシュ・コロンビアの大麻栽培拠点を捜索した地元の警察は、栽培拠点の周辺をうろつく多数の黒熊に度肝を抜かれたと、CNNが伝えています。
栽培者たちは、他人を寄せ付けないために熊を使うことを思いついたらしく、ドッグフードを使って野生の熊をおびき寄せ、栽培拠点で放し飼いしていたということ。でも、警察官が捜索に踏み込んだとき、10頭ほどの野生の熊たちは、のんびり座り込んで捜索を眺めている有様で、「この熊たちのガードぶりは、かなりいいかげん」だったとか。
Police: Pot grower used bears in business
http://edition.cnn.com/video/#/video/world/2010/08/19/williams.canada.pot.bear.cbc?iref=allsearch

<アメリカから>
●とうもろこし畑に大麻を植えたのは誰だ(CBSニュース2010年8月12日)
南アイダホのとうもろこし畑で、とうもろこしの陰に隠れて、300本以上の大麻草が育っているのを農場主が見つけて届け出たと、CBSニュースが伝えています。大麻草は、末端価格にすると628,000ドル(約5250万円)相当。
大麻草は、苗の段階で誰かが農場へ持ち込んで、こっそり植えたもので、とうもろこしが収穫期を迎えるより早く、9月には刈り取りできる状態だったとか。捜査当局によれば、昨年も同じような例が少なくとも2件あり、いずれも農場主は大麻と無関係だったということです。
Crop Report: Idaho Farmer Grows $628,000 of Marijuana, And Some Corn(August 12, 2010 9:01 AM)
http://www.cbsnews.com/8301-504083_162-20013363-504083.html?tag=mncol;lst;4

<2010年上半期の大麻栽培動向は>
先日発表された『平成22年上半期の薬物・銃器情勢(暫定値)』によれば、昨年まで増加傾向にあった大麻栽培事案の検挙が、今年上半期では大幅に減少したと報告されています。
有力な捜査情報のソースだった、種子業者の摘発が一段落したことも影響しているのかもしれません。
画像

↑警察庁刑事局組織犯罪対策部薬物銃器対策課編『平成22年上半期の薬物・銃器情勢(暫定値)』6ページより転載

しかし、警察による検挙が減ったからといって、わが国での大麻栽培が減少しているとは、とても思われません。世界の主要メディアは、連日のように大麻栽培の記事を載せていますが、地域社会からもたらされた情報が、大型摘発のきっかけになっている例がたくさんあります。
人目をさけて行われる大麻栽培は、なかなか発覚しにくいものですが、強い臭いや不審な動き、窓を閉め切った建物など、どこか異様さがあるはず。あなたの周辺でも、誰かが大麻を栽培しているかもしれません。地域社会に薬物をはびこらせないために、大切なのは市民の目です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
弁護士というより、役人のようになってきましたね。
とても残念です。
このサイト意味が分からなくなってきました。
シンジケート
2010/08/25 11:32
シンジケートさんに
同感です
; )
2010/08/25 12:16
自分は先生に共感する事がとても多くあるのですが、それでもこの考え方には共感出来ないッス。


もっと全体を見て考えたら良いのになぁと、思いました。
コデイン中毒
2010/08/25 16:37
私もクマ飼いたいです。
餌付けできるなら警官を襲うわけないんですね。
でもクマの飼育は法律で禁止されてるので大型犬で我慢します。
トーリス・ガリ
2010/12/28 15:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
大麻栽培の話題をとりまぜて 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる