弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 合法化と価格の変化|2010カリフォルニア大麻論争2

<<   作成日時 : 2010/07/11 23:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

カリフォルニア州では、大麻合法化法案の採否を問う住民投票に向けて、大麻をめぐる議論が活発化しています。合法化は大麻の消費状況をどのように変化させ、また大麻課税によって公共予算にどんな変化がもたらされるのか。7月7日に発表されたランド社の研究報告書『状況変化?:カリフォルニア州での大麻合法化が大麻消費と公共予算に及ぼす影響を予測する』を読みながら、2010年カリフォルニア大麻合法化問題について、考えています。
[参照]
@報道発表
ランド社>News Release>Legalizing Marijuana in California Would Sharply Lower the Price of the Drug(July 7, 2010)
http://www.rand.org/news/press/2010/07/07/
A研究報告書(PDFで全文を読むことができます)
http://www.rand.org/pubs/occasional_papers/OP315/

●合法化による価格の変化
仮にカリフォルニア州で大麻が合法化されたなら、大麻の価格は劇的に下落するだろう。この報告書は、大麻合法化による最大の影響として、栽培者が違法栽培から合法栽培に移行することによって、大麻の価格が劇的に低下することをあげています。
現在では不法薬物である大麻。その価格や製造コストなどは、必ずしも正確に把握されていないようです。本書15〜20頁では、科学的妥当性のある試算をするために、実に詳細な論理モデルを作成しています。試算の条件の一部をかいつまんで紹介しましょう。

<現在の価格>
本書で価格について考察する際に基準とするのはシンセミアの1オンス当たりの価格とされています。その理由は、現在、州内で生産される大麻の相当割合をシンセミアが占めており、仮に合法化された場合にも中心はシンセミアになると思われるからです。
カリフォルニア州では、現状でのシンセミアの価格は、1オンス当たり300から450ドルです(日本円に換算すると1グラム当たり930円から1400円程度)。
<合法化された場合の価格>
オランダの政策や、既存の医療用大麻政策でも、大規模な大麻栽培を合法化した例はなく、信頼できるデータは存在しないため、本書では、異なる4タイプの栽培方法を想定して、生産コストの計算をしています。合法化によってコストに変化が生じます。たとえば、違法な作業に人をつかせる場合と異なり、人件費は大幅に安くなる。また、機械化、自動化などによるコストの削減も可能になります。
これらの要素を積算し、物流コストなども織り込むと、生産者の出荷価格は1オンス当たり約38ドル(日本円に換算すれば1グラム当たり約118円)。これは、課税という要素を抜いて比較すると現在のシンセミア販売価格の10〜20%に相当する数字です。
<課税による価格調整>
カリフォルニア州で提示されている合法化法案では、合法化された大麻に対して、高率の物品税を科すことが想定されています。税は、販売価格の調整要素であるとともに、州や自治体に歳入増加をもたらす効果が期待されています。
しかし、税収の予測は単純ではないようです。
11月の住民投票法案では、税率の決定は自治体に一任されることになっているため、自治体によって税率に幅が生じることになるでしょう。低税率の自治体には、大麻ツアー客が押し寄せることになるかもしれません。また、税率が高くなれば、グレーなマーケットが成長し、課税逃れの手段が次々と登場することになるおそれもあります。さらに、1オンス当たり50ドルと固定された税を科すなら、生産者やユーザーは、より効力の高い大麻へ移行し、消費量の増加が抑えられるという動きもみられるかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
カリフォルニアといえば、医療大麻解禁の期待の星、N田君が治療の拠点を置くところです。
どうか皆さん、彼を助けてあげて下さい!
少しでも(出来ればたくさん)ドネして下さい!
皆さんの力でこそ、7月12日は彼の予言通り日本で大麻が解禁される革命記念日になります。
日本のために敢然と独りで闘う彼にドネを!!
チャンドラ(本物)
2010/07/12 01:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
合法化と価格の変化|2010カリフォルニア大麻論争2 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる