弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 合法化で大麻価格は大幅下落か|2010カリフォルニア大麻論争1

<<   作成日時 : 2010/07/10 21:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 1

2009年、カリフォルニア州議会に提出されたいわゆる大麻合法化法案は、本会議に持ち込まれることなく時間切れとなりましたが、論争は今年に持ち越され、11月には住民投票でも、大麻合法化が問われることになっています。
「カリフォルニア州で大麻が合法化されるなら、大麻の価格は80パーセント以上下落する」・・・。大麻合法化法案をめぐる2010年の議論に波紋を投げかける研究報告が、7月7日にランド社から発表されました。カリフォルニア州での大麻合法化が、大麻の消費状況をどのように変化させ、また大麻課税によって公共予算にどんな変化がもたらされるのか。この研究は、いま、大麻をめぐって重要な決定を下そうとしている州民と政策担当者に判断基準を提供するためのものだといいます。
ランド社の公表資料を読みながら、カリフォルニア大麻合法化問題2010について、考えてみたいと思います。

[カリフォルニア州と大麻規制]
大麻は国連の麻薬単一条約で規制対象とされており、条約に加盟している世界の諸国では、法的規制の下に置かれています。アメリカ合衆国でも、もちろん大麻は規制薬物であり、その栽培や流通、所持などが取り締まられています。
しかし近年では、世界各国で薬物使用者に対する罰則を見直す動きがあり、アメリカでも州によって規制のあり方に差がでています。アメリカでは現在、@一定量以下の薬物所持事犯に対しては拘禁刑を回避して罰金刑で対処すること、A医療目的での大麻使用に対して刑事罰を適用しないことが、有力な流れとなっています。
カリフォルニア州はこうした流れの先駆けとなっており、1975年に米国で最初に、1オンス以下の大麻所持に対する罰則を拘禁刑から100ドルの罰金を科す軽罪に引き下げました。また1966年には、医療目的での大麻栽培と所持を許容した最初の州となりました。

[問題の概要]
現在、カリフォルニア州で提示されているのは、次の2法案です。
@アミノ議員がカリフォルニア州議会に提出した第2254議案。21歳以上の者に対して大麻を合法化し、その所持、販売、栽培の取締りを州のアルコール飲料管理部門に委ねるという内容です。この法案によって、大麻販売に対して1オンス当たり50ドルを課税し、税収は薬物教育、広報、リハビリテーションの財源として使用するとされています。
A11月に行われる住民投票では、「大麻管理及び課税法2010」の採否が問われることになっています。これは21歳以上の者が、5フィート四方の土地で大麻を栽培し、最大1オンスまでの大麻を所持し、輸送することなどを合法化するもの。また、この住民投票案には、商業的な大麻栽培や販売を許可し、課税する権限を市や郡当局に付与することも盛り込まれています。

[ランド社の新しい報告書]
7月7日に発表された研究報告書
『状況変化?:カリフォルニア州での大麻合法化が大麻消費と公共予算に及ぼす影響を予測する』
Altered State?:Assessing How Marijuana Legalization in California Could Influence Marijuana Consumption and Public Budgets
画像

同社の報道発表によれば、
カリフォルニア州での大麻合法化がもたらす結果を研究するために、現在の使用状況、現在及び将来の価格、価格変動に対応する消費の変化、課税見通しと課税回避の動き、価格以外の変化要因など一連の予測に基づいてモデルを構築したといいます。

研究結果として示された主なポイントは、次のようなものです。
1、大麻の課税前価格は、実質的に80パーセント以上下落する。消費者に提示される価格は、課税率や課税方法によって大きく左右される。
2、大麻の消費は増加するが、需要の変化予測は困難であり、また課税水準も明らかでないため、具体的な数字は把握できない。
3、大麻課税による税収は、州の関係機関による予測では14億ドルとされているが、それをはるかに超えるか、あるいは下回るかもしれない。
4、従前の計算では、同州での大麻関連の法執行支出は約2億ドルとするものから19億ドルまで、幅があったが、われわれの推計ではおよそ3億ドルである。
5、カリフォルニア州での大麻合法化が、公共予算や大麻消費に及ぼす影響についてはかなりの不確実性があり、仮定条件の小さな差異が結果において大きな差を生じることもありうる。
次回から、この報告書を読み進めながら、大麻合法化について考えていきます。
[参照]
@報道発表
ランド社>News Release>Legalizing Marijuana in California Would Sharply Lower the Price of the Drug(July 7, 2010)
http://www.rand.org/news/press/2010/07/07/
A研究報告書(PDFで全文を読むことができます)
http://www.rand.org/pubs/occasional_papers/OP315/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ちなみに私の偽者はmixiでこのブログのこともこんな風に批判するとんでもない奴です。一応、どのコミュのどのトピックかは伏せておきますが。

33 2009年10月16日 22:36
小森弁護士のブログも、テレビに出るようになって一気に質が下がったね。
チャンドラ(本物)
2010/07/11 23:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
合法化で大麻価格は大幅下落か|2010カリフォルニア大麻論争1 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる