弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 大麻とカルテル|薬物犯罪組織の真実5

<<   作成日時 : 2010/07/30 23:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

カリフォルニア州とネバダ州の境界に広がるシエラネバダ山脈は、広大な自然林が広がる場所。山地のほとんどは、連邦や州の保有地によって占められています。
そのシエラネバダ山地の大麻栽培拠点で、メキシコのカルテルによって行われている大麻栽培をターゲット、3週間に及ぶ薬物一掃作戦が行われたというニュースがありました。

<ニュースから>
7月30日のCBCニュースが、カリフォルニア州フレズノ発として伝えているのは、「カリフォルニア州の薬物一掃作戦で17億円相当の大麻、逮捕者100名」という記事。
この作戦は、シエラネバダ山地で大麻栽培を展開している複数のメキシコ系カルテルを目標としたもので、97名にのぼる逮捕者のほとんどがメキシコ人だったということです。
450人の捜査員を投入して、3週間にわたって実施された作戦で、除去された大麻草は432,000本と報じています。
[出典]CBS NEWS>$1.7 Billion in Pot, 100 Arrests, in California Drug Sweep(July 30, 2010 7:30 AM)
http://www.cbsnews.com/8301-504083_162-20012131-504083.html

●シエラネバダ山地に進出したメキシコのカルテル
前にも紹介したことのある資料ですが、アメリカの大麻栽培状況を分析した『国内の大麻栽培アセスメント2009』のなかに、「国有地での大麻栽培」という項目があるので、その部分の概要を私の私的な翻訳で紹介します。引用は、この資料の23ページから。
「法執行機関の報告と最近の除去データによると、国有地での屋外大麻栽培が多数行われている。国有地は、しばしば、メキシコ系の薬物犯罪組織などによって、大麻栽培を展開する場所として使われる。こうした犯罪組織は、自分たちが摘発される危険を低く抑え、また土地を所有することなく、遠隔地にいながら大量の栽培をコントロールすることのメリットを享受している。」
「カリフォルニア州の公共林での大麻除去実績は、2004年には591,824本であったものが、2008年には2,456,235本と増加している。」
画像

↑『国内の大麻栽培アセスメント2009』8ページより転載
赤の丸印(大)は2万本以上の大麻が除去された栽培拠点を示している

[出典]
Domestic Cannabis Cultivation Assessment 2009
NATIONAL DRUG INTELLIGENCE CENTER / U.S. DEPARTMENT OF JUSTICE
National Drug Intelligence Cente Publication Date: July 2009
http://www.justice.gov/ndic/pubs37/37035/index.htm

当サイト内の過去の記事に、この地域での大麻栽培拠点一掃作戦の様子を伝えるCNNのビデオを貼り付けた記事があります。メキシコの犯罪組織がカリフォルニアの国有林に入り込んで、大麻栽培をしている様子をレポーターが伝えています。
[サイト内の過去の記事]
大麻が暴力団の資金源に
http://33765910.at.webry.info/200907/article_6.html

以前の記事でも述べたように、アメリカのコカイン需要が減少していることに対応して、メキシコのカルテルは、大麻やメタンフェタミンにも手を伸ばしているといわれます。メキシコ/USA国境を越えて大量の大麻が流入しているだけでなく、アメリカ国内で出前栽培までしているとは。
アメリカ合衆国は、薬物問題の解決をさぐる取り組みの中で、長年にわたり、薬物供給地域の情勢分析を続け、その結果を公表してきました。おかげで、私たちはメキシコのカルテルについて詳細な情報をいつでも入手することができます。

消費地のアメリカと供給地のメキシコや南米の関係は、そのまま、消費地の日本と供給地の東アジア・東南アジアの関係に置き換えることができそうです。残念なことに、日本に関しても、東アジア・東南アジアに関しても、データはごく限られていますが、アメリカとメキシコの関係を多角的に検討し、その延長線上で、日本と供給地の関係を類推することができるのではないかと、私は考えています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大麻とカルテル|薬物犯罪組織の真実5 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる