弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 国際麻薬統制委員会(INCB)2009年次報告書|大麻の種子に関する決議案

<<   作成日時 : 2010/03/30 01:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

前回このブログで取り上げた、厚生労働省の新しい公開情報を読んだついでに、国際麻薬統制委員会(INCB)のサイトで、新しい年次報告書を読んでいました。毎年発表されている年次報告書の2009年版が、最近掲載されたばかりなので、ちょうどよいタイミングです。
私がこの報告書で、真っ先に探したのは、昨年、日本が委員会に提案したというResolution 52/5のその後に関する情報です。

いま、世界の大麻需給が根本的に変わろうとしている、その根源を探っていくと、高THC大麻の種子がインターネットなどを通じて販売され、これを入手して栽培することが広まっている現象に突き当たります。世界の薬物コントロールが伝統的に大麻の種子(けしの種子も)を除外してきたことには相応の理由があるわけですが、その種子の国際的な流通を監視し、抑制するための国際的なプログラムがあるべきだと、私はずっと考えていました。
昨年、たまたま雑誌の記事を読んでいて、わが国が国連麻薬委員会において、国際機関が大麻に関する情報を収集・分析して、各国に提供するしくみをつくること、各国は不正目的の大麻の種子の輸出入をしないように努力すること等の決議案を提案し、採択されたと知って以来、Resolution 52/5の行方が気になっていました。

さて、この項目は、2009年時報告書の18ページに「大麻の種子の不正目的利用Use of cannabis seeds for illicit purposes」として掲載されているので、その部分の概要を私の個人的な仮訳で紹介します。

●大麻の種子の不正目的利用
72 麻薬委員会はResolution 52/5において、委員会が他の国際機関と協力して、インターネットを通じた大麻種子の販売を含む大麻種子に対する規制の情報を収集し、その情報を締約国と共有することを求めた。

73 要請された情報を収集するために、当委員会は大麻の種子に関する規制についての質問状をすべての政府に送付した。質問状は、各国で、大麻種子が大麻植物の不正栽培に利用されるのを防ぐための法令または規制措置があるかどうかを明らかにし、大麻種子を規制する多様な規制の詳述を得て、世界の国々で活用するためのものである。

74 多くの政府が、大麻植物の不法栽培の増加、とくに室内栽培の増加と、ある種の大麻植物でのTHC含有の増加を報告している。大麻種子は国際的な薬物統制で規制されておらず、ひろく出回っていることが、この現象の要因のひとつである。当委員会は、大麻種子がインターネットを通じてひろく販売され、出回っていることを深く懸念している。大麻種子を販売するインターネット・サイトやその関連の広告は、明らかに不法栽培を刺激している。1988年の麻薬及び向精神薬の不正取引の防止に関する国際連合条約の第3条1項(c) (iii)は、大麻の不法栽培を行い、または他人を扇動したり勧誘して不法栽培させ、大麻を不法使用させる行為を犯罪とするよう締約国に求めていることについて、当委員会は注意を促す。当委員会は、各政府が、1988年条約の条項を遵守し、大麻の種子の不法な目的のための販売に対して適切な措置をとるよう要請する。(2009年次報告書18頁、小森榮による私訳)

[出典]
●Report of the International Narcotics Control Board for 2009
  http://www.incb.org/incb/en/annual-report-2009.html

[参照]
●当ブログでResolution 52/5に触れた記事
  http://33765910.at.webry.info/200911/article_23.html

●International Narcotics Control Board (INCB)
  http://www.incb.org/
●Resolution 52/5の本文(INCB サイト内)
  http://www.incb.org/pdf/e/narcotics/questionnaires/CND_Resolution-English_52_5.pdf
●Resolution 52/5に関して締約国に送られた質問状(INCB サイト内)
 ttp://www.incb.org/pdf/e/narcotics/questionnaires/Questionnaire-English-cannabis-seeds.pdf

さて、大麻の種子問題、第2幕へ向かって、もっと考えましょう。世間では、もうこの問題を忘れておられる方もあるかもしれませんが、私はまだまだ取り組み中です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国際麻薬統制委員会(INCB)2009年次報告書|大麻の種子に関する決議案 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる