弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS ケタミンという麻薬

<<   作成日時 : 2010/02/15 23:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

麻薬のケタミンを使用したとして起訴されていた歌手の公判が開かれたと、ニュースが伝えています。
<ニュースから>
●麻薬使用の歌手詩音に有罪判決=「思うように歌えず」と証言−横浜地裁
麻薬のケタミンを使用したとして、麻薬取締法違反(使用)罪に問われた歌手詩音被告の初公判が15日、横浜地裁で即日結審し、杉山正明裁判官は「反省し、更生の態度を示している」などとして、懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)を言い渡した。被告は起訴内容を認めた上で、「のどが悪くなり、自分が思うように歌えなくなって苦悩していた」と涙ながらに告白。(記事の抜粋)
2月15日17時6分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100215-00000069-jij-soci

さて、この機会にケタミンという麻薬について、ざっとまとめておきましょう。ケタミンは化学構造にPCPと共通する部分があり、特有の幻覚をもたらす薬物です。基本的な情報は、ウィキペディアに比較的詳しく載っているので、ここでは、その周辺について。

ケタミン Ketamine 
2-(2-クロロフェニル)-2-(メチルアミノ)シクロヘキサノン
2006(平成18)年3月23日に麻薬に指定(施行は平成19年1月1日)
画像

●実用されていた薬品の麻薬指定
ケタミンは麻酔薬として使用されてきた医薬品で、とくに動物用麻酔薬として広く使用されていました。麻薬に指定されるなかには、化学原料や試験用としての用途をもつものもありますが、ケタミンの場合はとくに動物用医薬品としての広く利用されており、これを麻薬として規制することで、さまざまな領域で不都合が起きることを懸念する声もありました。
実際に広く使われていた薬品が麻薬として規制されることになると、代替品への切り替え、在庫の整理、保管体制の整備、取り扱い資格者の配備など多くの準備が必要になります。平成18年3月にケタミンが麻薬に指定されてから、施行まで9ヶ月以上の時間をおいたのも、こうした準備を整えるためです。

●香港から東アジアへ乱用の拡大
ケタミンの乱用がとくに広まっているのは香港です。2008年ころには、香港では乱用第1位の薬物としてケタミンがあげられ、とくに若年層で乱用が広まっていることが危惧されています。香港から始まったケタミン乱用の波は、中国南部地域にも乱用が拡大しています。国連薬物犯罪事務所(UNODC)の東アジアワークショップの資料によれば、中国ではヘロインよりケタミンの押収量が多いと報告されています。中国でのケタミン押収は2007年では6.1トン、2008年では5.3トン。(Global SMART Programme Regional Workshop for East Asia,July 2009)
当ブログ2009年8月2日に香港でのケタミン乱用拡大に関する記事があります。
[香港でケタミン乱用が拡大]
http://33765910.at.webry.info/200908/article_2.html

●粉末状で密売されているケタミン
乱用目的で密売されているケタミンは、主に粉末状のもので、覚せい剤と同じような透明袋入りで密売され、ケタミン、K、スペシャルKなどの名前で呼ばれています。動物麻酔に使われる注射液も乱用目的で出回ることがあります。
画像

↑粉末状のケタミン(Wikimedia Commons)

●エクスタシー錠剤に含まれているケタミン
ケタミンは、MDMA錠剤やメタンフェタミン錠剤に配合されて出回っていることもよくあります。含まれている薬物の種類や量は製品ごとに異なり、使用者の感じる作用や、身体や精神に及ぼす影響もまた多様です。
国連薬物犯罪事務所(UNODC)の2008 Global ATS Assessmentによれば、ヨーロッパ、東南アジア、日本などで行われた押収された錠剤薬物の分析研究では、いずれも、MDMAやメタンフェタミンなどとともにケタミンが配合された錠剤が多数確認されています。
画像

↑MDMAとケタミンのはいった錠剤の例

●ケタミンと犯罪
2008年のケタミン事犯の検挙件数は108 件、そのうち暴力団構成員等によるものは33 件、来日外国人によるものは、13 件と報告されています(警察庁組織犯罪対策部薬物銃器対策課『平成20年中の薬物・銃器情勢』 2009)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ケタミンという麻薬 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる