弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS カリフォルニアの大麻合法化法案、来年まで持ち越しか

<<   作成日時 : 2010/01/14 23:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

カリフォルニア州では、大麻の使用と販売を合法化し、売り上げに課税する法案の審議が進められていますが、その成り行きはますます微妙なものになってきたようです。
地元のロサンゼルス・タイムズによれば、12日の公安委員会では、4対3でこの法案が承認されたものの、保健委員会で必要とされている公聴会が期限内に開催される見通しがたっておらず、審議は来年まで持ち越されることになりそうだとか。
●「大麻合法化法案が委員会を通過」ロサンゼルス・タイムズ2010年1月12日 
Los Angeles Times>Marijuana legalization bill approved by key Assembly committee January 12, 2010 | 10:06 p.m
http://www.latimes.com/news/local/la-me-marijuana13-2010jan13,0,6864038.story?track=rss

さらに、1月13日のロサンゼルス・タイムズは、「大麻合法化は時期尚早」とする記事を掲げ、連邦の方針と真っ向から対立する法案の審議に、もっと時間をかける必要があるという見解を示しています。
この記事は、アメリカの多くの州では、大麻を拘禁刑の対象とせず、罰金刑の軽い罪として取り扱うようになっており、またアメリカ医師会も最近、医療用大麻の評価に関する研究を開始すると発表するなど、最近のアメリカでは大麻を見直す動きもみられるが、「それでも、カリフォルニア州が一方的に大麻を合法化すると宣言するなら、深刻な懸念が起きる」としています。
「まず、州の財政危機を乗り切るためだけにこのような政策をとるのは、軽率で無謀である」といい、連邦のスケジュールT薬物である大麻を州内で合法化することの問題を説いています。オバマ政権は、各州の医療用大麻法を尊重するとしていますが、「これは単なる休戦に過ぎない」というのです。
この記事の結論は最後の部分にあるようです。「カリフォルニア州は、思い切った行動をとる前に、合法化に対する賛否両論や、薬物乱用に関連した落とし穴をすべてさらけ出す必要がある。われわれは大麻合法化について議論することを歓迎するが、この法案を支持はしない。」
<出典>
Los Angeles Times “ Legalize marijuana? Not so fast” January 13, 2010
http://www.latimes.com/news/opinion/la-ed-marijuana13-2010jan13,0,6346714.story

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
日本も大麻政策を早急に改めるべきです。
ご協力ください。

http://cannabispolicy.org/
野中
2010/01/15 16:34
法務大臣千葉景子と鳩山由紀夫宛にメールを送信しました。詳しくはブログにてご確認ください。大勢でのwebアクションも一つの方法です。後はみなさんの愛と勇気が必要です。

http://cannabispolicy.org

みなさんもご一緒に〜☆
野中
2010/01/16 17:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
カリフォルニアの大麻合法化法案、来年まで持ち越しか 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる