弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 大麻合法化の影響は?|ニューヨーク・タイムズの特集から2

<<   作成日時 : 2009/11/05 20:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

前回に続いて、ニューヨーク・タイムズの7月19日付の「もし大麻が合法化されたら、依存が増えるか?」と題した紙上討論から。5名の専門家パネラーの見解を紹介します。ここでは、パネラーの発言の一部を取り出して、その概要をお伝えしますが、できれば、原文をお読みください。
出典:The New York Times> If Marijuana Is Legal, Will Addiction Rise?
http://roomfordebate.blogs.nytimes.com/2009/07/19/if-marijuana-is-legal-will-addiction-rise/

●祖父の時代の大麻ではない
大麻の合法化に反対する主張として代表的なものが、「祖父の時代の大麻と同じではない」というもので、近年、大麻の効力が強くなり、危険性が高まっているので、禁止策を緩めることはできないという。
現在販売されている大麻は、1970年代のものよりはるかに多量のTHCを含んでいる。もしも、変化したのがTHCだけなら、ユーザーは使用量を加減すればすむ。しかし、現在の大麻は、昔のものと比べ、THCのCBD(カンナビジオール)に対する割合が変化しており、THC含有が高く、CBD含有が低くなっていて、そのためにパニック発作の率が高くなっていると思われる。THCは不安発作を促進させる傾向があり、CBDにはこれを押さえる傾向があるといわれる。大麻が合法化されるとしたら、THCと同時にCBD含有率にも制限を課すことも考えられる。大麻の効力が高まっていることは問題ではなくなる。
完全な合法化によって、ヘビーユーザーは増加するだろう。合法化された大麻産業は、アルコール産業と同様に、その収益の半分以上を物質乱用障害をもつ人によって得ることになるだろう。その対策として、使用者自身が自分で栽培するという選択肢もありうる。自己使用する個人または小規模な非営利協同組合による栽培を許可し、営利的な販売を禁止するのである。
マーク・AR・クレイマンMark A.R. Kleiman
U.C.L.A.の公共政策の教授。「薬物政策分析ジャーナルthe Journal of Drug Policy Analysis」の編集者。

●オランダの教訓
米国では、成長過程で大麻を経験することは特別なことではない。1960年以降の出生者の半分以上は、21歳までにこの薬物を経験している。米国では、単純所持での逮捕者は1991年の3倍に当たる75万人に達した。
もし大麻が合法化されたらどうなるか。コーヒーショップでの大麻販売という、オランダの事実上の合法化が、もっとも近い事例である。この国での大麻使用は、ヨーロッパの諸国より低く、過去1年で大麻を使用したのは、15-64歳のオランダ住民の6%であり、米国では11%である。
オランダが現実的な選択をしたのに比べ、米国での合法化には、より商業的な側面が含まれる可能性がある。大麻生産者の活動が拡大するのを防ぐには、自己使用目的および無償のギフト目的での栽培に対する禁止を廃止すべきだろう。闇市場が形成されるのは間違いないが、完全な商業化をせずに大麻にアクセスすることが可能になる。
合法化によって、大麻使用者は増加するだろうが、75万人という逮捕者がなくなることと比較衡量されるべきであろう。
ピーター・ロイター Peter Reuter メリーランド大学の公共政策スクールおよび犯罪学部の教授

●タバコの先例
1億人を超えるアメリカ人が法律に違反して、少なくとも1回以上大麻を使用しているのだから、これは、悪しき公共政策だといえる。
大麻が合法化されれば、現在は取り締まりによって使用を見合わせている人の一部は、大麻を使用することになるだろう。しかし、現状ではかなり厳格な罰則があるにもかかわらず、米国はすでに人口1人当たりの大麻消費量では世界をリードしていることを考えると、大規模な増加がいつまでも続くとは思えない。さらに、一部規制を伴う合法化(regulated legalization)と課税政策によって、政府は、予防プログラムと同時に、すでに大麻を乱用している人たちへのトリートメントやカウンセリングを提供することができる。公教育によって、1名も逮捕することなく、タバコの消費を半減したように、大麻使用を減らすこともできるかもしれない。
反対論でもっとも大きなものは、合法化は子どもたちに誤ったメッセージを送ることになる、というものだろう。部分的な規制を伴う合法化は、未成年者に対する大麻の供給を厳格に禁止することなしには、成立しえない。
ノーム・スタンパー Norm Stamper シアトルの前警察本部長

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
現在、私は大麻取締法の改正に向けたマーケティング戦略の一つとして、様々な掲示板に、様々な世代のターゲットに向けて、様々な内容の書き込みを行い、アクセス解析を行っています。

この活動によって、大麻問題に関心を持ってくださる方が少しでも増えれば幸いです。

ご協力いただける方は以下のリンクをクリックしてください。

http://cannabispolicy.org/

また上の書き込みを様々な掲示板に、’野中’のHNで転載していただければ幸いです。
野中
2009/12/20 06:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
大麻合法化の影響は?|ニューヨーク・タイムズの特集から2 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる