弁護士小森榮の薬物問題ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 大麻栽培の予備罪での摘発を積極化・その2

<<   作成日時 : 2009/10/05 00:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 11

●大麻取締法違反:ネットで種購入し栽培 6人起訴−−高松北署 /香川
高松北署は、インターネットを利用して大麻種子を購入し、大麻草を栽培したなどとして、今年6〜8月に県内の20〜30代の男6人を大麻取締法違反(所持など)の疑いで逮捕し、これまでに1キロ近くの乾燥大麻や大麻草を押収したと発表した。
同署によると、6人はいずれも、08年12月から09年2月にかけて同様のインターネットのサイトを見て種子を購入。自宅や山林などで乾燥大麻を育てるなどして起訴された。同署は、44グラムの乾燥大麻と23本の大麻草(945グラム相当)を押収した。
警視庁が3月、このサイトの顧客リストを各県警などに情報提供した。
県警は「インターネットでの種子の取引自体は、法律の取り締まり対象にはなっていないのが現状だ。しかし、栽培は犯罪。購入者の目的は明らかで、積極的に取り締まりたい」としている。(毎日新聞香川版10月3日朝刊)
10月3日17時1分配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091003-00000297-mailo-l37

昨年来、栽培に使われると知りながら大麻種子を販売したとして、店舗やインターネットで大麻種子を販売していた業者の摘発が続きました。
大麻の種子の販売業者に対する捜査、検挙が一段落したいま、今度は、押収された顧客リストに基づいた捜査が続けられているというニュースが、五月雨のように続いています。私が保存しておいた地方ニュースの抜粋を下に並べてみます。

●ネットで種子購入⇒栽培、大麻所持容疑で13人逮捕 / 福岡
福岡県警は、輸入雑貨販売会社から購入した大麻種子を育て乾燥大麻を所持していたとして、 13人を 大麻取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕したと発表した。
発表によると、13人(25〜47歳)は2007年4〜11月、 神奈川県警に摘発された東京都内の輸入雑貨販売会社の従業員の男(有罪判決確定)からインターネットで大麻種子を購入、自宅などで栽培して乾燥大麻を所持していた疑い。同県警が押収した同社の顧客リスト(07年4〜11月分)を基に、福岡県警は同法違反(栽培予備)容疑を初適用して33人の購入者宅などを捜索。 県内では逮捕された13人のほかに20人が種子を購入していたが、 大麻の栽培や所持は確認できなかったという。(2009年5月9日 読売新聞福岡版)

●大麻の種子所持で男摘発、栽培予備容疑、県内で初めて / 石川
大麻を栽培する目的で大麻草の種子を不法に所持したとして、大聖寺署は、大麻取締法違反(栽培予備)の疑いで加賀市の男を金沢地検小松支部に書類送致した。同署によると、大麻種子の所持で栽培予備罪を適用し、摘発したケースは、石川県内で初めて。同署によると、捜索した際、透明なビニール袋に入った種子を見つけた。大麻そのものは発見できなかったが、男が「大麻を自分で育てて吸おうと、種子を持っていた」と供述したため、同署は栽培予備罪を適用して立件した。(北國新聞 2009年2月6日)

●栽培目的大麻の種購入、男4人の自宅捜索 / 茨城 
インターネット取引で大麻草の種を購入、栽培しようとしたとして、県警が大麻取締法違反(栽培予備)容疑で、県内の20−30代の男4人の自宅を家宅捜索し、大麻草の種や栽培道具を押収していたことが分かった。県警は押収した種の分析を進めている。大麻栽培の予備容疑での摘発は異例。県警は昨年秋、4人の自宅を家宅捜索。いずれの部屋からも種に加えプランターや照明器具など栽培に必要な器材が見つかった。
4人は調べに対し、いずれも「ネットで種を買った。栽培するつもりだった」と話しているという。県警は4人の自宅から押収した種が実際に発芽した段階で、4人を同法違反(栽培予備)容疑で立件する方針。(茨城新聞 2009年1月30日 本紙朝刊 )

顧客リストを分析し、購入者を特定するにはかなりの手間がかかります。捜索した結果、大麻が栽培されていたり、所持していた場合は現行犯逮捕となるでしょうが、栽培予備罪での立件となると、犯罪の立証は複雑なものになり、捜査活動の苦労も増えるわけです。

捜査機関が、負担の大きいこうした捜査活動を、淡々とそしてコツコツと続けているということは、社会に対する警告なのです。大麻の栽培は犯罪であり、安直な気持ちで大麻の種子を入手することは、栽培に手を染める第一歩であると、捜査機関は、いま、社会に向けてメッセージを送り出しているわけです。
ところが、こうしたメッセージを真剣に受け取ってくれない人もいます。私が担当した栽培事件の中にも、こうした業者から種子を購入して栽培していた人の例が、最近もありますが、自分が種子を購入した業者が摘発されたという報道に接しても、「まさか、自分が捜査の対象になるはずはない。」とタカをくくっていたとか。

大麻の種子を買った諸君、あなたが種子を購入した記録は、すでに捜査機関に押収されているかも知れません。次の捜索対象は、あなたかも知れないのです。一番の対策は、あなたが持っている種子や、大麻栽培につながるものをすべて処分して、身の回りをクリーンに保つこと。不安を抱え、周囲の人たちの様子を疑い、家族や友人に秘密の壁を作ってまで、大麻を栽培し、大麻を使う必要など、ないでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
正攻法(法改正)まで間接的に邪魔してるよ。
予備罪での逮捕なんて
共産党のビラ配り逮捕とどこがちがうのか?
大麻と無縁なのに法律がおかしいて言うだけで
社会から孤立しかねないですよね。





ノマトリ
2009/10/05 12:26
大麻の種子を手に入れ自分で育ててる人達って、
要は、暴力団とのつながりや、覚せい剤との
つながりを嫌う一般市民たちって事でしょ?
当局は一体、何と戦っているのですかね。
理解に苦しみます。
はなもげ
2009/10/05 13:40
大麻の種子の所持は、規制されていません。単に「栽培するつまりだった」という供述で、栽培予備罪が適用されれば、「種子の所持」を規制している事になり、捜査機関が立法しているのと、同じです。
少なくとも栽培の意図と栽培のための用具や準備が客観的に示す必要があると思います。
こんな逮捕を、無批判に受け入れる事は間違っています。



のら猫
2009/10/05 15:07
予備罪適用を容認すれば
次は出版社のガサ入れですかね?
プロバイダーへの自主規制?
ネット規制の口実がほしい人もいるよね。
ノマトリ
2009/10/05 17:42
起訴猶予になることをわかっていってやってるのは税金の無駄使い?
麻取りの存在自体が怪しいので仕事してるふりをしてるの?
シンジケート
2009/10/05 20:40
難しい問題ですが、警察はもっと力をいれて捜査をするべき事件が山積みだとおもいますね、最近公表されたひき逃げ事件の時効や未解決、殺人事件の未解決とかの方が余程悪質で厳しく捜査し取り締まるべきだと思いますよね。アメリカじゃぁ大統領だって吸った事あると言ってるし、罪にならない国もたくさんあるのにね。簡単に検挙できるからですかね?
おやじん
2009/10/07 17:01
一般人(大麻)を捕まえてる方が楽だもんね。
点数かせぎだったり。。。
暴力団は怖いけど、大学生は素直ですよね。
いれぐい・いれぐい
もんだい
2009/10/07 21:48
おやじんさんの意見に賛成

飛び石理論とかなんとか言われてますが、まずハードドラッグとソフトドラッグの区別もできない論評は読み飽きました
nobukent
2009/10/07 21:59
大麻事犯の検挙率が上がったのは、警察の身勝手な「検挙率を上げて汚名を挽回しよう」キャンペーンに大麻種子購入者リストが利用されたってだけ。彼らは、人に重大な迷惑をかけて捕まったわけじゃない。
まして大麻が治安悪化に大きな影響を与えてるからじゃない。

要は、司法機関の幹部どもの視線の先にあるものは、国民の幸せじゃないです。おのれどもの安泰です。
その証拠に、なぜ街で道を聞かれるような立場の警官に限って自殺が多いのでしょうか??
警察内部の上司からのモラハラ・上司の違法同然の行為・上司の権力への迎合があまりにひどいからでしょう。そして誰も自殺した警察官のために闘ってはくれません。正義感を持つ警官ほど、やってられなくなるんでしょうね。

たかが種の購入者に対してガサ入れ続行したって、この国の治安は1%もよくなりませんよ。だって本当にひどいことしてる人たちは権力にまもられているから。
司法は国民の味方ではない
2009/10/08 12:59
9月12日放送 NHK総合追跡!A to Z
なぜ市民が大麻を 〜違法薬物ネットワークを追う〜
http://www.nhk.or.jp/tsuiseki/file/list/090912.html
では、’厚生労働省の麻薬捜査チーム・通称「麻薬Gメン」は今年に入って捜査方針を大転換。摘発のターゲットを従来の暴力団などから一般市民にシフトした。'ことや大麻が密売人によって覚せい剤の入り口として利用されている実態が紹介されています。この方針は、犯罪組織を太らせるだけでしょう。厚生労働省は一体誰の為に大麻を取り締まっているのでしょう。
野中
2009/10/14 04:54
麻薬に関する単一条約。これを世界では基本にしており個人の使用については刑罰化しない方針で日本をのぞく先進国は足並みを揃えています。この条約は主に「麻薬の不正取引を処罰する立法措置を義務づけるために各国で共通認識を統一して作られたもの。」ですから、本来であれば「暴力団」を厳しく取り締まっていくべきであり、そちらに販売ルートの門戸を開く事ではありません。認識を改めないと先進国として恥ずかしいです。。
(^^)/"
2009/10/16 11:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
大麻栽培の予備罪での摘発を積極化・その2 弁護士小森榮の薬物問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる